2018年12月玉手箱   

2018年12月玉手箱

00 原画 西垣憲明:モニメント


f0018492_21081087.jpg
5人のクリエーターの作品

01 羽太 皓 不思議な館

f0018492_21080560.jpg

02 永島 明 モニメント

f0018492_21080153.jpg
03 西垣憲明 ガラス窓越しの風景

f0018492_21075686.jpg

04 長尾勝利 輪の想い

f0018492_21075224.jpg

05 橋本和成 海辺のアクロバット

f0018492_21053858.jpg
自由参加者

A1 大川元一 相撲

f0018492_21074774.jpg
A2 古殿絹枝 夏の思い出
f0018492_21074163.jpg

A3 渡利升秋 もっと高く

f0018492_21073685.jpg

A4 荒島謙一 ヒップホップ台

f0018492_21073010.jpg

A5 刑部正 親子橋.

f0018492_21072242.jpg

A6 宮丸哲夫 はてな?

f0018492_21061593.jpg

A7 小間康嗣


f0018492_21060266.jpg




# by yumehaitatu | 2018-12-08 13:00 | 玉手箱 | Comments(0)

18年12月例会作品   

◆ 渡辺澄晴 椿の舞い
今年の9月で3回目の30歳の誕生日を迎えました。で、椿の花と葉で舞ってもらいました。
f0018492_16523378.jpg
◆ 大川元一 鬼哭啾啾(きこくしゅうしゅう)
鬼哭啾啾(きこくしゅうしゅう)とは、鬼気迫るような恐ろしい気配のことを言います。この写真は半世紀近く前にニューヨークの高層ホテルの窓から撮ったフィルム写真を加工した物です。当時、このような高層階から下を見るという経験が無かったため、とても恐ろしかったことを憶えています。
f0018492_16523472.jpg
◆ 荒城優子 耀
さ~!暖かいLIFEへ
f0018492_16523297.jpg
◆ 杉山利雄 紅葉
上から鳴子狭 山形新幹線 只見川 阿仁駅近く 4景。
f0018492_16523224.jpg
◆ 加藤豁子 ドロップ
4枚の画像を重ねて作りました。
f0018492_16523298.jpg
◆ 臼木敏夫 地上に降る曼荼羅華
慈しみ合う人々に 天上からの贈り物
f0018492_16523348.jpg
◆ 古殿絹枝 おれ、ねこ
おれ、ねこ~♪ おれ、ねこ。ここ、おれのうち。ここ、落ち着く寝床。これ、いつものごはん。これ、スペシャルごはん。
f0018492_16523322.jpg
◆ 林美江子 華 レディー
表参道 裏通りのブティック マヌカンの衣装を夜会風にイメージアップし華やかな雰囲気にしてみました。
f0018492_16523364.jpg
◆ 早瀬きせら ダリを見た日
変わったオーナーの、変わった趣味満載のレストランバーで撮りました。
f0018492_08353940.jpg
◆ 西垣憲明  厳戒態勢
東名高速のSAに行ったら警察官が一杯いて驚いた。これから高速道路でパレードが行われるとのことであった。
f0018492_08353950.jpg
◆ 前島文子  食中花
世界の花展で撮った食虫花にグラデーションで作画しました。
f0018492_08353949.jpg
◆ 安田達也  面神楽を舞う
神楽殿で奉納中の面神楽を後幕シンクロで撮りました。
f0018492_08591027.jpg
◆ 高張一司  沼の精
描画モード、消しゴム、コピースタンプツールでつくりました。
f0018492_08591169.jpg
◆ 本山栄子  花遊び(バラ)
鎌倉文学館で撮ったバラで作りました。
f0018492_08591011.jpg
◆ 堀節子  逃げろ―
下校時の女子生徒をハローインの大コウモリが追いかけていました。
f0018492_13460309.jpg
◆ 大嶋丁未子  小さな舞台
鎌倉銭洗い弁天にいく途中にある家の窓辺を撮影しました、季節により雛人形や花など何時もおしゃれな空間です。
f0018492_20151090.jpg
◆ 長尾勝利  原宿かいわい
原宿プラザビル二階の鏡天井からのストレート写真です。
f0018492_20151013.jpg
◆ 五嶋和夫  終焉
船溜まりに残された廃船。舵輪が「まだ走れるよ!」と言っているようでした。
f0018492_20151199.jpg
◆ 宮丸哲夫  ぬりゑも楽し
着色されていたか、どうかは不明ですが。
f0018492_22215306.jpg
◆ 多田正司  墓場
山梨県塩山「ころ柿の里」で枯れ葉に埋もれた廃車に終焉を感じ、車を錆びた感じに修正して近くにあったお墓にも来てもらい作画しました。
f0018492_22215408.jpg
◆ 菅野俊雄  孤城
孤立の古城、浮かぶ月下の湖上。他に人智の影もなし。
f0018492_22215403.jpg
◆ 荒島謙一  酉の市(でかい!)
第三の酉の市で大きな飾を買った社長、部下がスマホで撮影ご満悦の社長をパチリ
f0018492_12190691.jpg
◆ 腰高和雄  ライバル
逆光で撮り、夜景に加工しクリスマスカードの様に作画してみました。
f0018492_12190665.jpg
◆ 曽我知克  光跡
ゲートブリッジの上空をかすめて羽田空港に着陸する飛行機の光跡を撮したものです。
f0018492_12190519.jpg
◆ 戸塚文雄  仮面のつぶやき
先月と同じ階調反転機能を使った作品です。 写真素材は「箱根ガラスの森美術館」の売店に飾ってあった 不気味な仮面。 階調反転によって出現する様々なカラー色、人間の眼には 決して見えない非現実の世界の面白さにハマっています。 暫くこの面白さを作品として探求したいと思います。
f0018492_12190545.jpg
◆ 永島明  摩天楼
西新宿高層ビル群のひとつ、美しいデザインです。
f0018492_09311442.jpg
◆ 羽太皓  真夜中のスキャット
11月例会の日に馬車道で撮った写真です。ガラス越しに撮った時計とディスプレイの人形を3枚重ね、不要な所は消し古びた感じを出すため黒と白の線はマウスで書きました。
f0018492_09311495.jpg
◆ 渡利升秋  ベールの羅漢
木製金塗りの500羅漢。まぶしさにベールをつけてみた。
f0018492_09311463.jpg
◆ 小間康嗣  極楽世界図
久しぶりに飛行機に乗り雲海に出ましたので極楽世界を撮ってきました。
f0018492_09311494.jpg
◆ 月岡悦子  秋バラ
秋バラの少し寂しい雰囲気を出したいと思い、色を落としてみました。
f0018492_09311371.jpg
◆ 和田政夫  門出
身内の子供から母親の作ったウエデングドレスで写真を撮って欲しいと依頼があり、千葉の館山の少し変わったところで撮影してみました。
f0018492_17142982.jpg
◆ 高橋玲子  過日
兄が弟の面倒を何時も見ているのだろうなと、思われる情景と壁画が面白くて、、、、
f0018492_17142853.jpg
◆ 武藤英雄  seven stars
九州一周4泊5日の豪華な旅に出発する列車です。
f0018492_19532046.jpg
◆ 永田廉  逆震
今年は心痛む大変な災害ありました。来年は穏やか年でありますように。
f0018492_20452855.jpg
◆ 形部正  満月
友人が宿泊したホテルの部屋から魚眼レンズで撮影したが,当日は生憎の曇り空。後日、横浜港の満月の空を撮影し入れ替えた。初めてのトライであったが面白い経験でした。
f0018492_20452984.jpg
◆ 小室光弘  風に吹かれて・・
「風」というテーマを前提に・・風といえば、やはりボブ・ディランの「Blowin'in the wind」という曲が浮かびます。彼がノーベル文学賞を受賞したこともあり、この曲を思い浮かべなら作ってみました。この歌詞の中に「風」を感じてほしいのですが・・
f0018492_20483744.jpg
◆ 大木伊都子  新時代の足音
11月例会の帰りに山下公園でイルミネーションを撮影。元年の足音が聞こえてきましたが、幸多き新時代の到来を願ってスイレンのイルミネーションで花道を飾りました。
f0018492_22500845.jpg
◆ 向山康三  静穏のとき
石垣島、茜色に染まり静かな夕景でした。
f0018492_13453780.jpg
◆ 金城敬子  高原の朝
奥軽井沢のホテルの屋上から撮影しました。レベル補正・明るさ・コントラストを使いました。
f0018492_13453728.jpg
◆ 北川俊子  デイゴ散り敷きて
f0018492_13453764.jpg
◆ 飛田敏男  蜃気楼
夕方の氷見海岸から写しました、晴れてれば絶景の中央アルプスが見えるポイントですが、曇り空の合間かた光が差し込みました。
f0018492_13453750.jpg
◆ 髙橋洋子  客待ち
賑わう通りにお店がある、客は無い様子。店を賑やかにして客を待つ。
f0018492_21324159.jpg
◆ 佐々木茂  湖南三山善水寺の紅葉
琵琶湖近くの湖南三山の紅葉を見てきました。Virtual Painterでアレンジしてみました。
f0018492_21324115.jpg
◆ 堀田義夫  明日も良い日を…
沼津漁港のモニュメントが微笑みかけているように見えた。
f0018492_21324250.jpg

# by yumehaitatu | 2018-12-06 21:00 | 18年12月例会作品 | Comments(0)

デジ研 スケジュール   


f0018492_22063380.jpg
連絡先:メールアドレス
「デジ研事務局」


f0018492_1459795.jpg
<写真展情報>


○キャノンフォトクラブ東京第5写真展第21回季節のめぐりあい

11月30日()~12月6日()日曜休館

ギャラリー・アートグラフ (東京・銀座2-9-14)

出展者:佐々木


横浜開港アンデパンダン展

1月8日(火)〜14日(月)

横浜市民ギャラリー

出展者:岩原



<デジタルフォト研究会の行事>


12月の予定

12月研究会予定12月8日(上大岡)

横浜市消費生活総合センター 会議室2・3

13:1513:30  連絡事項、その他

13:3013:50  デジフォト玉手箱

13:5015:00  会員作品講評

15:00~15:15  休憩

151516:45 会員作品講評


12月11「この指とまれの」ご案内 事業局

横浜山手西洋館/元町界隈

集合日時:1211日(火)14

集合場所:石川町駅元町口(南口)

この時期だけの各国(エストニア、イギリス、イタリア、モナコ、ドイツ、フィンランド、スペイン、エクアドル)のXmasデコレーションを楽しみましょう。


1月の予定

20191月研究会予定112 (上大岡)

横浜市消費生活総合センター会議室2・3ゆめおおおかオフィスタワー5階

13:1513:30 連絡事項、その他

13:3014:30 特別講座:丹地保堯氏デジタル写真について

14:3014:45 休憩

14:4516:45 会員作品講評

2019年度新年会のご案内 事業局

2019112日(土)例会終了後17時~

目利きの銀次上大岡店 TEL045-840-1588

会費:4000円…会場で集金します

月の予定

§2月研究会予定2月2日(関内)

横浜市青少年育成センター第1研修室

関内ホール地下2

開催時間:13:1517:30























# by yumehaitatu | 2018-12-05 16:11 | スケジュール | Comments(0)

やぶにらみ論法110  【運・不運】 堀田義夫   

やぶにらみ論法110  【運・不運】 堀田義夫

「フォトシティ・さがみはら」で当研究会の杉本鉄雄さんが銀賞を射止めた。本人の話によると友人と格安旅行で香港に一泊二日、14000円の旅行をしたとき写した写真で、賞金10万円を獲得して差し引き86000円のお小遣いを得たという。

同じ展覧会で銅賞を受賞した牛木実さんも東海道五十三次「神奈川沖浪裏」という版画に触発されて、江ノ島で写した写真を出品して5万円の賞金を獲得した。

だが、この人は撮影に夢中で、突然の大波に見舞われ全身ずぶ濡れになり、28万円もした高級カメラは無残にもオジャンなり、賞金5万円では差し引き23万円の持ち出しになったとこぼしていた。

本人たちからこの話を聞いたとき、人の運・不運ってあるんだなーと失礼だが大笑いしてしまった。また本人たちも、別に賞金稼ぎが目的でないから、軽い気持ちで裏話を語ってくれたのでしょう。

この両者には「賞金が目的で応募しているんじゃない!」(それが目的の人もいるだろうが…)

自分の作品が他人と競い合い、権威ある人によって認められたという承認欲や自分の存在感を確認したいといった軽い気持ちだから笑い話で済まされたんだと思うのです。

だが、ここで取り上げる「権威ある人…」と思われている人が本当に権威を持っているかといえば、実際にはそうではない。

私の経験でも、ある市民展の審査を依頼されたとき、主催者側から、「市民展なので、高度な技術力・専門的な知識がなければ理解できないような作品を高く評価されても困る。市民に私も出品したいという気をもってもらいたいという私どもの思いもお酌み取りください。」

という要望をされたことがあった。

「権威ある人…」というのは主催側の傀儡といった面もあり、実は権威者…ではないのです。

最近ある市民展を鑑賞した。そこで感じたことは上位入賞した5点の内の4点が組写真だった。

私には、なぜ組写真にしなければならないのか、その必然性を感じない。同じような場面の写真を、ただ並べただけといった印象で、作意が冗漫だ。

出品経験者によると、入賞するには組み写真じゃなければ入賞しないという伝説があるらしい。

下位に入賞した佳作8点はすべて単写真だった。審査員の資質にもよるのだろうけれど、この極端な組み写真有利な審査結果は素人目には写りが良いかもしれないが、真剣に表現者として写真を学ぶ人にとっては不運なことだ。こんな審査結果を「権威ある…」人の評価として一喜一憂してはならない。

「権威ある人…」と思い込まれていることで、いちばん不運なことは、文化活動の一環として行われる市民展が、前号踏襲といった時流を読めない「権威ある人」によって歪められてしまうことは不運だ。

1970年頃までは写真展に出品するなんていったら、現像や焼き付けはもちろん、作者の表現意図も明確で作者のメッセージが伝わる作品が多かった。

1970年後半の頃からカラーフィルムの普及で、現像や焼き付けの技術はアマチュアの愛好者には秘匿されて、企業で行われるようになった。

そうしたことから写真表現は画一化されて表現力を培う風土が途絶えてしまったように思われる。

2000年頃から普及し始めたデジタルカメラは、確かにフィルムカメラの延長線上で生まれたものに違いないが、道具が変わればやり方も結果も違って当たり前、表現領域を拡大したデジタルフォトを学ぼうともせず、前時代的感覚、写真界に長く携わったという経験で「権威者…」風を吹かされてはたまったものではない。

そうした意味で冒頭あげた二人の作家のようにすべては運・不運と達観することだ。
「思案に余るとき」

f0018492_23525811.png


# by yumehaitatu | 2018-11-03 23:57 | やぶにらみ | Comments(0)

18年11月例会作品   

◆ 渡辺澄晴 バラの舞い
ピンクのバラを背景に赤いバラと緑の葉を変形して構成しました。
f0018492_11401242.jpg
◆ 大川元一 飛絮漂花
飛絮漂花(ひじょひょうか)とは、特に遊女などに身を落とすことをいい、女性がつらい境遇で見込みもないまま苦労することを言います。写真はルーブルで撮ったもので、遊女ではないかもしれませんが、ふと、この四字熟語を思い出しました。
f0018492_09303459.jpg
◆ 杉山利雄 アスカ出航
シャツターを遅くしてアスカをブラシました。
f0018492_19282080.jpg
◆ 荒城優子 ざわめき
異常な気象はおさまるのでしょうか!!!
f0018492_09333724.jpg
◆ 古殿絹枝 Happy Halloween
お菓子くれないと脅かしちゃうぞ!」でお菓子をもらったら、みんなでお菓子パーティのはじまりはじまり~
f0018492_09333745.jpg
◆ 臼木敏夫 小春の日
白い足 三浦大根 小春の日
f0018492_09370690.jpg
◆ 堀節子 異次元への入り口
床に映った光の環の中に向かって親子が歩いてゆきます、環の中に入ったら異次元に落ちてしまうのではとフット思いました。
f0018492_10341373.jpg
◆ 加藤豁子 集合
乗ったエレベーターの天井の映り込みを撮り角度補正しました。
f0018492_11401179.jpg
◆ 月岡悦子 野菊の咲く頃
竹林の美しさと、初秋に咲く野菊の可憐さを表したいと思いました。
f0018492_11401117.jpg
◆ 西垣憲明  秋
日光の戦場ヶ原に行ったら紅葉が綺麗であった。鳥たちも紅葉の下の川面で秋を満喫しているようであった。
f0018492_11401286.jpg
◆ 寺村博行  煙と夕焼
煙は微かに揺らいでいる。光は赤く爛れている。
f0018492_09172301.jpg
◆ 北川俊子  大道芸
デジ研の野毛の大道芸撮影会の時の一枚です。
f0018492_09172305.jpg
◆ 小間康嗣  千手観音バスケ
プロバスケ試合、横浜ビー・コルセアーズ 対 島根スサノオマジックの1シーンが千手観音像の様に見えました。
f0018492_09172151.jpg
◆ 高張一司  小春日和
銀座の工事中?のビルの壁に楽しげな絵が描かれていました。写真を3点入れて、パフォーマンスに参加しました。
f0018492_19284668.jpg
◆ 高橋玲子  ツーリスト
新宿歌舞伎町を歩く二人の派手な外国人を街の派手な色彩ので撮って見ました。
f0018492_10101357.jpg
◆ 武藤英雄  ベリーダンス
ベリーダンスの激しい動きを回転や放射を使って表現してみました。真ん中の女性にピントを合わせて作画しました。
f0018492_19284952.jpg
◆ 腰高和雄  the lips(リップ)
背景画の口元とモデルの口元が印象的でした。
f0018492_10094000.jpg
◆ 永島明  瞑想ー蓮華
蓮の花は題材として絶えず追いかけています。また瞑想というイメージも様々な角度から捉えてゆきたいと考えています。
f0018492_00442008.jpg
◆ 大嶋丁未子  無言のひと時
銀座で撮影しました、ブルーを入れて静寂な感じをイメージしました。
f0018492_00442033.jpg
◆ 堀田義夫  思案に余るとき
友人の絵描きの作品に私の作品をコラボしました。
f0018492_10342213.jpg
◆ 宮丸哲夫  嫁も・・・・
晩秋
f0018492_10094013.jpg
◆ 神鷹徹  夕暮れ
江ノ島観光の帰り道、江ノ島大橋で思わぬ光景に出会いました。
f0018492_10165565.jpg
◆ 髙橋洋子  賑わう日
テレビでハロウィーンが街を賑わしていた。卓上でのハロウィーンらしきを飾ってみました。
f0018492_10094083.jpg
◆ 戸塚文雄  カラフルな雨傘
大阪 千里中央のモールに施された数百本のカラフルな雨傘。俯瞰構図で撮影した画像のカラフルさを強調し更に周りの景色を目立たなくしたかったので、画像の階調反転機能を使い暗く不明瞭になるようにカラーオーバーレイで調整しました。
f0018492_10165618.jpg
◆ 荒島謙一  ターミネーター
古い写真ですが精巧にできていました金属片を集めたようですが迫力がありました。
f0018492_10165409.jpg
◆ 西林俊朗  いやぁ照れちゃうなぁ
漁が休みの漁師のおじさんと暫くの雑談。東京湾ではあまり若い漁師を見ることが無い。おじさんと、何処で、何が撮れるのなどたわいない雑談をしている間、柔和な表情、やさしい目が気になったので、スナップを撮らしてほしいと頼んだところ、いやぁ照れちゃうなぁ、と言いながら応じてくれた。
f0018492_10165487.jpg
◆ 菅野俊雄  夕映えの幻影
氷に閉じ込められた伝説の女王と宮殿の幻影が、夕映えの中に浮かび上がっている。宮殿、女王の顔はMB3Dで作画しました。
f0018492_10165557.jpg
◆ 渡利升秋  故障かな!
目の前で写真を撮ってくれると言う人がシャッターが下りないと真剣な顔でカメラに取り組んでいる。その様子をフクロウで表現した。
f0018492_10165534.jpg
◆ 形部正  悠久の屋久杉
屋久杉とは樹齢1000年以上を指すとの事であるが、その生命力と次代に繋ぐ継続力に圧倒される。
f0018492_10184955.jpg
◆ 長尾勝利  空中輸送時代
イメージ画像を作成してみました。
f0018492_10165529.jpg
◆ 大木伊都子  神秘の秋
早朝の奥日光湯畑を撮影。幻想的な青が印象的で霞む山紅葉が彩を添えていました。記憶色でより幻想的に描いてみました。
f0018492_13123122.jpg
◆ 羽太皓  街角
この指撮影会の作品です。この日一日のために作り上げた演出は、恐ろしいほど念入りで成りきっていた。カットアウトとテクスチャで仕上げました。
f0018492_00015483.jpg
◆ 金城敬子  休憩中
ぼかし、グラデーションをかけました
f0018492_00015454.jpg
◆ 本山栄子  仲良し
横浜イングリッシュガーデンで撮りました。
f0018492_12184566.jpg
◆ 和田政夫  覚悟
雪の日、寒行托鉢に出発る修行僧が気持を引き締める姿には、何か覚悟のようなものを感じました。最近10日ほど入院しました。
f0018492_16421581.jpg
◆ 向山康三  待つ
横須賀どぶ板、路地裏の寂れたショットバー。
f0018492_22474548.jpg
◆ 知久誠  瞬光
どっしりとした寺院に暗雲立ち込め、迫力のある雷鳴がとどろきました。
f0018492_22474406.jpg
◆ 松浦孔政  憩いのひととき
40年ほど前に撮影した画像を印画紙からスキャンして、再レタッチしてみました。
f0018492_22474592.jpg
◆ 多田正司  二つの顔を持つ女
川崎ハロウィンで撮った女性の顔半分に影が出来ていて見ようによってはもう一つの顔にも見えました。
f0018492_16261624.jpg
◆ 佐々木茂  戸隠高原鏡池の紅葉
信州の紅葉を訪ねてみました。鏡池の水面に映る紅葉が綺麗でした。
f0018492_16261650.jpg
◆ 飛田敏男  雷鳥の里
写真は、立山から雄山山頂の手前26ooメートル付近の雷鳥を撮りました。 ちなみに、雷鳥は余り人を怖がりませんね?勿論、雷鳥の良い人は分かるかも知れません。
f0018492_16261671.jpg


# by yumehaitatu | 2018-11-01 21:00 | 18年11月例会作品 | Comments(0)

写真雑学70 写真小論        渡辺澄晴   

写真雑学70 写真小論                 渡辺澄晴

異常気象

横浜の高島屋で開催していた横浜名流華道展を見に行ってきた。豪華な華道展だった。なかでも、生き生きとした斑入りの長い葉に、白い穂のススキを主体にした素朴な作品が印象的だった。我が家にも同種のススキが鉢植えにしてあるが、あんなに綺麗な葉には育っていないし、いまだ穂の出る気配すらない。馬鹿暑かった異常気象によるものなのだろうか。

ボウフラのいない池

金魚の生息を記録するために作った小さな池は、猫に襲われ今ではトンボの生息池になっている。ボウフラが湧かないようにと、メダカを放流したが、そのメダカもいなくなった。いつの間にか池にトンボが卵を産み,そのヤゴがボウフラやメダカを捕食していたからである。ヤゴは6月から7月かけて羽化していく、そのトンボも今年は少なかった。これも異常気象によるものなのか。

チャッカリ自書のセールス

古い話になるが、新宿の朝日カルチャーセンターから「花の撮り方の講義をしてくれないか」という要請があった。新宿の住友ビルの4階にある事務所を訪ねると、教室のジャンルは各流儀の生け花と、日本画・油絵・彫刻・美術・文学・語学など、写真は初級中級があり、その写真の中に「花を写す」教室を別に設けたいということだった。センターの係員と相談して『光と色のシンフォニー』をキャッチフレーズに募集。教科書に私の著した研光新社刊【花の四季を写す】を使うことを提案した。カメラもようやく露出計が内蔵され、花を撮るのに適したレンズが各社から発売されていた。センター側は余分な手間が省けるといって私の本を使うことに賛成してくれた。実はこの年(昭和585月)に発行した単行本が【花の四季を写す】だったのである。

昭和55年から61年に掛けてハウツーものの単行本、一眼レフと交換レンズ、接写の技法、ネイチャーフォトテクニック、花の四季を写すなどを書いていた。以後、接写教室には接写の技法。風景教室にはネイチャーフォトテクニックか一眼レフと交換レンズなど、写真教室内容によって私の単行本(980円)を買ってもらった。          トンボの羽化

f0018492_10551800.jpg



# by yumehaitatu | 2018-10-06 10:51 | 写真雑学 | Comments(0)

18年10月例会作品   

◆ 渡辺澄晴 スカシユリ
家に咲いた透かしゆりをフィルターの回転、波形,などを使い図案化しました。
f0018492_08480046.jpg
◆ 大川元一 鎧袖一触
鎧袖一触とは、「きわめてたやすく相手をうちまかすことのたとえ」とあります。どこかの国の大統領が目指していることかもしれません。ドレスデンの壁画と、ウィスキー「ロイヤルサルート」のパッケージを利用しました。
f0018492_08480027.jpg
◆ 杉山利雄 豪華客船4景
自動車運搬船。ダイヤモンドプリンス。はめ込みました。
f0018492_08480013.jpg
◆ 臼木敏夫 追憶
明眸 皓歯 今いずくにか在る
f0018492_08475996.jpg
◆ 加藤豁子 ツイン
ウインドーディスプレーと店内展示の2枚の画像で表現してみました。
f0018492_08481963.jpg
◆ 古殿絹枝 知らぬが仏
川崎 柿生の浄慶寺にはたくさんの羅漢像があります。あまりの高笑いに思わずこちらも吸い込まれます。
f0018492_08481830.jpg
◆ 前島文子 縄張り
浜離宮庭園の木に久里浜花の国の猫を配置しました。少しカットアウトしました。
f0018492_08481883.jpg
◆ 荒城優子 日本の力
ひたぶるの心
f0018492_08481879.jpg
◆ 月岡悦子 願い
今年の夏は台風や地震が多く、今なお辛い目に合って居る方がたくさんいます。清津峡で撮った観音様を使って、少しでも早い日常が取り戻せるようにとの願いを込めて作画しました。
f0018492_08481865.jpg
◆ 田中登美子 里の秋
実りの秋を迎え ソバの花も彼岸花も美しく、落ち着いた雰囲気の秋を感じます。
f0018492_08481838.jpg
◆ 早瀬きせら サロメの恋
エアリアルシルクというリボンを使った官能的なダンスです。
f0018492_08481905.jpg
◆ 北川俊子 デイゴさん兄弟
朝のラジオ体操の帰りに山手資料館に咲いているデイゴの花が道に散っていたのを拾ってきて食卓の上で写しました。可愛い実もついています。
f0018492_14460750.jpg
◆ 小間康嗣 仁王様
枯れ葉で仁王様のカラダ、頭髪、目、瞳、眉毛、歯,舌、爪、腰巻を描きました。
f0018492_10343482.jpg
◆ 腰高和雄 マスク
箱根ガラスの森美術館内で撮りました飾り物を作画しました。
f0018492_18443473.jpg
◆ 高張一司 水澄む秋
アートフィルターで撮った奥入瀬の光景を1部加工。偶然ですが、先月の佐々木さんの作品と同じ場所でした。
f0018492_18444465.jpg
◆ 西垣憲明  秋祭り
旅館に宿泊した時、旅館のイベントで祭りの太鼓が披露された。秋祭りを感じた。
f0018492_11084558.jpg
◆ 高橋玲子  風船はどこへ
夜の銀座で風船を持って通り過ぎて行く人の一瞬を撮りました。
f0018492_11084589.jpg
◆ 松浦孔政  水を求めて
40年ほど前に撮影した画像を印画紙からスキャンして、再レタッチしてみました。
f0018492_11084572.jpg
◆ 大嶋丁未子 夕焼け小焼けで
日吉商店街で撮影した2枚の写真に庭で撮影したコスモスを合成し描画モードで調整しました。
f0018492_11084345.jpg
◆ 飛田敏男 涸沢ヒュッテの秋
眼下にヘリコプターが飛び、丁度紅葉をバックに良い写真が撮れました。年々紅葉の時期が早くなります。
f0018492_11084435.jpg
◆ 本山栄子 秋の訪れ
芝離宮庭園で撮りました。絵画風に作りました。
f0018492_11201673.jpg
◆ 加藤慶治 さすがプロ
イヤモンド・プリンセスに乗船した時にプリンセスの劇場で撮影したものです。二人のアクロバットダンスです。
f0018492_08495336.jpg
◆ 堀節子 悲しい彼岸
6月に親しくしていた従妹が無くなり今年のお彼岸は悲しいお彼岸でした、青空に咲くヒガンバナは妖艶でなぜか引きつけられますが、雨に濡れた花は、きれいなだけに依り寂しさを感じます、今年のお彼岸は雨が多い事も重なって悲しいお彼岸でした。
f0018492_08495391.jpg
◆ 向山康三 無残な焼跡
f0018492_08495496.jpg
◆ 戸塚文雄 羽田空港ー宇宙へ!
羽田空港国際線ターミナル、通路の一角に天の川?をイメージしたイルミネーションが有り、先日発表のあった民間宇宙旅行のニュースと重なり「将来は羽田空港からも宇宙へ飛び立てる日が来るのだろうなー」と想いを馳せて作品にして見ました。
f0018492_08495352.jpg
◆ 長尾勝利 美女かかしにトンボ
近くの田んぼでバンダナを、巻いた美女かかしを撮影しました。
f0018492_18094957.jpg
◆ 渡利升秋 猫とカメラ
古いカメラがガラクタと一緒に放置されていた。いつ頃のカメラなのか猫は知らない。
f0018492_18094814.jpg
◆ 菅野俊雄 時空のトンネルホール
MB3Dの作画から、ワームホール(wormhole;時空のある一点から別の離れた一点へと直結する空間領域のトンネルのような抜け道)をイメージし、SF風作品に作画してみました。
f0018492_23403211.jpg
◆ 荒島謙一 お話しましょう
宵のみやふらふら裏道でお囃子が、獅子に子供が突然近づき話しかけた一瞬で自分の好きなスナップでした。
f0018492_23403231.jpg
◆ 羽太皓 日が暮れて
日が暮れる頃の雰囲気を、夕焼けこやけの音符で表現しました。
f0018492_08282398.jpg
◆ 曽我知克 帰国
数少なくなった Boeing 747 の羽田離陸の一コマです。
f0018492_07313990.jpg
◆ 宮丸哲夫 女は泣くな!
なだめる一言
f0018492_22172263.jpg
◆ 永島明 ペイザントリーカフェのウェイトレス
1984年、ロンドン、チェルシー、キングスロードの保存建物を利用したカフェ。当時はパンクファッション真っ盛りでした。
f0018492_22172258.jpg
◆ 多田正司 雨日
横須賀どぶ板通りの店の中から雨降る洋風の通りを撮りました。
f0018492_22172195.jpg
◆ 佐々木茂 中禅寺湖千手ヶ浜の紅葉
10月中旬の中禅寺湖の紅葉です。Photoshopで色調調整をしました。
f0018492_22172107.jpg
◆ 堀田義夫 弔う
f0018492_01215362.jpg
◆ 大木伊都子 Dance Dance Dance
厚木Dance Legend(コンテスト)で撮影。優勝チーム「三丸大サーカス」は若さ弾けるパフォーマンスでした。背景にみなとみらいギャラリー通路の壁面をぶらし、色調を変えて使いました。
f0018492_01215324.jpg
◆ 五嶋和夫 あらし
あらら・・・、野点傘が嵐でおちょこに。
f0018492_08095258.jpg
◆ 田崎龍一 狂った行進
ハンガリーでは時々面白いディスプレイを見かける。この店の名前は「狂った行進」(創業2013年)とあり、マネキン達が今にも歩き出すようなディスプレイに、思わずギョッとなった。
f0018492_09434277.jpg
◆ 安田達也 夢ひらく地下街
JR川崎駅の地下街風景です。
f0018492_09434202.jpg
◆ 寺村博行 夕焼のカプリチオ
夕焼にいろんなものを乗せてみたが、いささか纏まりに欠けてしまった。
f0018492_10405870.jpg
◆ 金城敬子 何してるの?
野毛の大道芸で、不思議そうに眺めていましたので、この題名にしました
f0018492_14130486.jpg

# by yumehaitatu | 2018-10-04 21:00 | 18年10月例会作品 | Comments(0)

やぶにらみ論法「褒めちぎる」(109)  堀田義夫   

  やぶにらみ論法「褒めちぎる」(109)   

 連日35度~40度近い猛暑が続く中、昨日、浜口タカシ君が他界した知らせを受けた。長いつきあいと私と同い年だったことからショックだった。

 「人間いつかは終わりが来る 前進しながら終わるんだ」と詠った坂村真民さんの詩を実践した行動力ある写真家だった。残念だが仕方ない。

 丁度その日は、写真仲間との会合に参加していた。そして話題にされたことは「キミは近頃、人を褒めすぎじゃないか、昔のキミを知っている人たちはその変節ぶりに驚いている」というのだ。

 人間は経験を重ねれば、考え方も変わる、変わらなければ成長はない!と思っているから、そうした指摘に痛痒を感じない。しかし少し言い訳したい。

 テレビを見ていたら「褒めちぎる教習所」という番組で、ある自動車学校のことが紹介されていた。

 昔は自動車教習所の教官は意地が悪くて威張っていた。ところが最近は若者の車離れや社会構造の変化でどこの教習所でも経営に苦しんでいる。そこで他社との違いを打ち出すことを検討した結果、冒頭の「褒めちぎる教習所」というポリシーを打ち出しすことにしたという。

 教えることは欠点を指摘して直させるのではない、良いところを見つけて「褒めちぎる」ことだと実践した。生徒はやる気を持ち、教官の好感度はアップし、業績が上がったという内容だった。

 NHKテレビの「チコちゃんに叱られる」という雑学クイズ番組で、「ボヤーと生きてんじゃねーよ!」という台詞が出てくるが、まったくその通りで考えれば、教わる側の立場に立って考えれば、発想はまったく変わってくる。

 写真の趣味だって同じ、私も若かった頃は相手の欠点を指摘して、自分の知っていることを押しつけてきた。

 考えれば、欠点を指摘されれば、相手は萎縮する。 その結果、お前さんなんかには言われたくない!、あるいは大きなお世話と思う人もいる。

 逆に褒められれば相手は心安らぐだろうし、自信も持つ、そして更に努力する。結果的には、好循環を手にできると気づいた。

 そしてこの褒めちぎることにチョッとコツがあることも覚えた。それは「つぶやき褒めだ」。わざとらしさを感じさせずに、素直に受け取られるために、必要なテクニックだと知った。

 褒めるには、作品をよく見て理解しないと、どう褒めて良いかわからない。

 写真クラブなどで指導する人たちの姿を見ると、自分の「好き・嫌い」といった印象で指導している人がいる。そうした人の話には内容が伴わない。

 褒める姿勢を持てば作品をじっくり見て、相手と同じ視点に立てるように思う。

 この反語に「褒め殺し」という言葉がある。褒められてその気になり天狗になって、人生を誤ることだ。しかしそれは仕方がない。それは、その程度の器量しか持ち合わせない人であり、教える人の責任として押しつけられものではない。

 たかが写友と酒の席の雑談をテーマに本稿をまとめた。チコちゃんに叱られないように、「ボヤー…」としないで些細なことだが、テーマとした。

 いま私は「きょういく」と「きょうよう」を自分に課して日々生活している。

 即ち「今日も行くところがある」「今日は用事がある」と人との出逢いを楽しみ、頑張っているのだ。 
                    糸屋

f0018492_17582956.jpg


# by yumehaitatu | 2018-09-01 12:00 | やぶにらみ | Comments(0)

18年09月例会作品   

◆ 渡辺澄晴 朝の誘い
夏の朝5時頃の撮影です。モノクロと二極化、回転のフィルターを使って遊んでみました。
f0018492_09370163.jpg
◆ 杉山利雄 鉄道4景
イエロウードクター半分半転して一両のドクターイエロウを作つて作品にしました。
f0018492_09370178.jpg
◆ 臼木敏夫 幼い母
貧しくても平気 男は威張って居る 皆んなが屈託なく笑う
f0018492_09370251.jpg
◆ 加藤豁子 暮れ行く街
2枚の画像を重ねフイルター・レイヤーマスク・描画モードで加工しました。
f0018492_09370250.jpg
◆ 西垣憲明  花火満開
諏訪湖で花火が打ち上げられ旅行客が、夕涼みがてら湖畔で花火を楽しんでいた。色々打ち上げられた花火を1枚に濃縮してみました。
f0018492_09370248.jpg
◆ 武藤英雄  シネマの時代
昭和はシネマの全盛期でもありました。ラーメン博物館のレトロな映画館や手書きの映画の看板には感慨もひとしをのものがあります。
f0018492_10041682.jpg
◆ 堀節子  水の女神
今年の夏は例年にない猛暑の毎日で辟易しました、せめて作品だけでも涼しげな物をと作画いたしました。
f0018492_10041690.jpg
◆ 荒城優子  Wonderful!
この異常な気象はいつまで続く。。。。?
f0018492_10041768.jpg
◆ 早瀬きせら  威風堂々
イベントで、真っ赤な番傘とインパクトのあるコスチュームに魅せられて撮りました。
f0018492_10041632.jpg
◆ 安田達也  参道鳥瞰
浅草寺の参道を上から見る機会がありました。
f0018492_17550091.jpg
◆ 月岡悦子  想い出釜山
釜山ロッテモールの屋上に飾られていた写真ブースと、同じ場所から撮った映り込みのある写真を合成しました。
f0018492_17550889.jpg
◆ 小間康嗣  熱中症対策
道路脇のお地蔵さまに善意のお水が供えてありました。
f0018492_23534136.jpg
◆ 高張一司  朝の檜原湖
カメラのアートフィルターで撮影。水面はナチュラルで撮った画像を貼り付け若干加工しました。
f0018492_10032942.jpg
◆ 本山栄子  ほんのり
うっすらとした優しい感じに仕上げました。
f0018492_10032914.jpg
◆ 松浦孔政  Water drop
水滴をとらえてみました。
f0018492_00215017.jpg
◆ 腰高和雄  築地市場印象
10月豊洲新市場に移転が決まり、古き良き築地市場の姿を少しでも思い止める様に作画しました。
f0018492_10033039.jpg
◆ 大嶋丁未子  夏行く
新宿三丁目、店のドアを撮りました水滴の画像と合成し秋を待つ思いで作りました。
f0018492_10033056.jpg
◆ 向山康三  幽玄の世界と幻影
幽玄の美の世界に密かに忍び寄る影
f0018492_10033089.jpg
◆ 多田正司  異空間
野毛のジャズ喫茶の天井に貼られていたポスターと野毛の店先のマネキンを合成して感じた異空間を表現してみました。
f0018492_10032989.jpg
◆ 渡利升秋  逃走
“トンダバナシ”があったもんだ弁護士接見後に逃走されるなんて、もう3週間、羽根でも生えているのか!強盗犯。
f0018492_21545384.jpg
◆ 古殿絹枝  新涼
これはまた、てえへん!!ほんまかいな! ほんまです。あまりの暑さに曲がってしもうた。
f0018492_21544445.jpg
◆ 羽太皓  窓
3月下旬、ガラスの森美術館で写した作品です。1枚ガラスの窓の外の景色が奇麗なので、中央にガラスの枝のようなオブジェの花瓶が邪魔でしたが撮りました。花瓶をやや右にずらし、更に右に窓枠を付け、頭の中の景色に変えました。左の人物の写真は外の景色を不透明度で残しながら調節作画しました。
f0018492_21544410.jpg
◆ 堀田義夫  夏の夜の夢
連夜の酷暑に人生の終末を感じている。
f0018492_22255154.jpg
◆ 長尾勝利  空を飛ぶロボット
童心に帰って、イメージ画像を作成しました。
f0018492_22255159.jpg
◆ 西林俊朗  どっから来た?
普段はライブやイベントの撮影で、人物写真を撮ることが多いが、スナップ写真を撮ることが少なくなった。古い写真を整理していると、ほとんどがスナップ写真である。写真はスナップが原点であると思う。最近は、肖像権の問題があったりするが、意識してスナップを撮ろうと思っている。これは、道の駅の近くの田んぼの畦道で草刈りをしているおばさんに会った時のものだが、最近の高画素デジタルではシャープさが目立つので、ごくわずかであるが小径の粒子を付加してみた。
f0018492_22255127.jpg
◆ 和田政夫  ケンケンパー
デジ研の撮影会の後、利尻ラーメンの昆布だしの味が忘れられなく、ラー博に再訪。この遊びは時代を超えて愛されています。
f0018492_18592600.jpg
◆ 宮丸哲夫  フリーファッション
流行に先立ちワクチンを作りましたが
f0018492_18592716.jpg
◆ 戸塚文雄  嘆きの天使!
みなとみらいにある首の無い白磁像、私には嘆いている天使に見えてしまい、この白磁像をモチーフにして、嘆いている姿のイメージを伝えるために目頭からこぼれ出る涙と涙滴を加え作品に仕上げました。
f0018492_18592708.jpg
◆ 高橋玲子  ストリート
歩くぶれた男性とバックの絵と斜めに入った影を狙ってみました。
f0018492_18592755.jpg
◆ 菅野俊雄  流星の夜のサイバータウン
夏の星空の幻想です。3Dフラクタル画像のサイバータウンをMB3Dで作画し、星空と流星を加え合成しました。
f0018492_18592782.jpg
◆ 佐々木茂  夏の奥入瀬渓流銚子大滝
7月の連休に青森を旅しました。奥入瀬渓流の銚子大滝です。絵画風味で味付けしました。
f0018492_18592777.jpg
◆ 寺村博行  白露
f0018492_22323736.jpg
◆ 田崎龍一  記憶
かつて、ユダヤ人の共同体があったハンガリーの街に、彼・彼女らの生存を記録したミュージアムがあった。
f0018492_22004977.jpg
◆ 荒島謙一  阿波踊り
先月に続き阿波踊り本体が行く動きを入れるべく一部多重露光余分なところは削除補正して仕上げる。
f0018492_22004947.jpg
◆ 金城敬子  ビルの片隅で
オフィスビルにある池、2枚の写真を合成しました
f0018492_22005084.jpg
◆ 永田廉  海中探索
地上では猛暑・海面下ではお魚と戯れ気持ち良いでしょう。
f0018492_22005081.jpg
◆ 五嶋和夫  Exodus (エクソダス)
異界からの脱出を必死に試みています。
f0018492_11575359.jpg
◆ 髙橋洋子  シルエット
スクリーンの様に見える出入口、親子のシルエットが暗い店内に写り。通路は水に濡れていた。
f0018492_11575439.jpg
◆ 大木伊都子  天まで届け
長崎「江迎千灯籠まつり」で撮影。約3,300個の灯籠で飾られた日本一高い灯籠タワー(約25m)、その下では幻想的な龍踊り、よさこい踊りが繰り広げられました。無病息災の願いよ、天まで届け!
f0018492_11575333.jpg

# by yumehaitatu | 2018-08-30 21:00 | 18年09月例会作品

国内パソコン業界の様変わり 橋本 和成   

パソコン談義 その8 【国内パソコン業界の様変わり】

皆さんがお持ちのパソコン(PC)は国内メーカーブランドが多いと思いますが購入の際、何を基準に決めているのでしょうか。恐らく、メンテナンスサービスに期待をもって決めたと思います。近年その期待が裏切られるかも知れません。

店頭に並んでいるブランドに海外ブランドが参入しており、国内ブランドの製品も、その製造拠点が海外に移転していることは周知の通りですが、製造会社自体も変ってきています。

世界のあらゆる分野で中国資本が入り込んでいる現状ですがPCの世界でもご多聞に漏れず浸透しています。

スマホを代表とする通信機器の機能がパソコンと競合する中、この10年余りで国内PCメーカーは撤退や再編の波に曝されてきました。

2007年に日立が家庭用PCから撤退。2010年にはシャープがPCから手を引きました。2011年には中国レノボ・グループとNECが合弁会社を設立、NECブランドで製造・販売を行うようになりました。2014年ソニーも企業再生ファンドに譲渡、新会社「VAIO」を設立。2017年には富士通もPC事業に中国レノボ・グループが出資し、合弁会社ができました。

更に、今年6月シャープが東芝のPC事業を買収する計画が発表されました。シャープは2016年に経営不振から台湾・鴻海精密工業の傘下に入っており、今回、PC事業に再参入することになります。今後、東芝ブランドがどうなるのかは今のところ不明です。

パソコンの基幹部品は当初から日本以外の海外で製造され、各社はそれらを共通して使っています。製品の品質の良否は殆ど組み立ての製造管理の差にあるのが現状です。従って、ユーザーはメーカー(ブランド)に対して、デザインの好みは別として、製品の品質よりもメンテナンスサービスに期待をしているといってよいと思います。

更に、パソコンはソフトが絡む複雑な機器であり、通常の電子機器とは異なりユーザーが期待するのは単に機器の故障に対するメンテナンス以外にソフトがらみの不具合に対するメンテナンスサービスに期待しています。このソフトがらみの不具合に対して外資系のメーカーは国内では不評をかっているため経営主体が変わった後の対応が懸念されます。



# by yumehaitatu | 2018-08-04 15:27 | 写真雑学 | Comments(0)

18年08月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  漁港のオブジェ
漁港には漁網やロープ、ブイなどが船出を待っている。その一部の漁網を切り取りました。
f0018492_17455190.jpg
◆ 大川元一  異口同音
異口同音とは、多くの人が同じ言葉を口にすることです。最近のニュースを見ると、実に多くの人たちが同じ言葉を口にしていることが多いのに驚きます。
f0018492_17455661.jpg
◆ 杉山利雄  マリンスポーツ
パノマラにはめ込み&コピーして作品作りました。
f0018492_17461070.jpg
◆ 古殿絹枝  天使の散歩道
改装した‘大船フラワーセンター’。ルピナスの満開状態に出会い思わずシャッターを切りました。
f0018492_17460377.jpg
◆ 臼木敏夫  日暮れて道遠し
宿昔青雲の志 蹉跎たり白髪の年  ああ 躓きよろめく爺となって仕舞いました
f0018492_17461986.jpg
◆ 加藤豁子  造られた夜
新横浜ラーメン博物館の狭い通り道撮った4枚の画像を重ねました。
f0018492_17463360.jpg

◆ 前島文子  夕暮れ
葛西臨海公園の風景にグラデーションで夕景をだしまいた。
f0018492_21145299.jpg
◆ 荒城優子  突然の雨
激しい暑さどうしたのかな?
f0018492_21145609.jpg
◆ 渡利升秋  雨あがりの漁港
雨上がりの漁港をソラリゼーション風のモノクロにして臨場感を出した。
f0018492_20162582.jpg
◆ 安田達也  過ぎし日々を想う
この船も初めて海に浮かんだ日は華やかに祝福されただろうに。
f0018492_18492047.jpg
◆ 高張一司  涼を呼ぶ
涼しい気分になりたくて作りました。北斎の「神奈川沖浪裏」には、所々に撮影した波をなぞりました。
f0018492_18492439.jpg
◆ 西垣憲明  お盆だ!
銀座のショウウインドウにお盆の提灯がたくさん飾ってあり、その前を親子が通りかかった。子供がお盆だと叫んでいる様だ。
f0018492_18490902.jpg
◆ 高橋玲子  裏通り
裏の小道のゆったり流れている時間の一瞬を切り取ってみました。
f0018492_23013680.jpg
◆ 早瀬きせら  あらまア!
南アフリカのサファリドライブで撮りました。
f0018492_22583877.jpg
◆ 腰高和雄  ルージュ
CP+のモデルを撮りモノクロに変換し、口元だけに色付けして作画。
f0018492_20352995.jpg
◆ 月岡悦子  もの思い
日本民家園の行燈のある部屋を撮り、別の所で撮った美人画を切り取り、秋の夜長に物思いにふける女性を作画しました。
f0018492_20353554.jpg
◆ 堀節子  月下の道行
千葉撮影会で撮ったものを、二人でどこかに逃避行と粋な設定にして作画してみました。
f0018492_00590001.jpg
◆ 宮丸哲夫  イメージの縄文
今年は縄文ブームでしょうか?
f0018492_22182938.jpg
◆ 永島明  デジタルかわら版 桜木町俯瞰の図
デジタルならではの版画風作品を作ってみました。落款も自分で彫りました。
f0018492_22183376.jpg
◆ 本山栄子  初夏のいろ
明治神宮の花菖蒲が見ごろでした。
f0018492_22183840.jpg
◆ 大嶋丁未子  黄昏
銀座で撮影した写真を3枚合成しました街の夕景をイメージしました。
f0018492_22184291.jpg
◆ 曽我知克  ブルーインパルス
航空自衛隊静浜基地60周年記念航空祭で撮影したものです。
f0018492_22184715.jpg
◆ 戸塚文雄  リニューアル
大阪伊丹空港が改装され、交通拠点からお洒落な空間へと変貌。レストランの壁の造形とカラーリングの美しさに魅了され撮った1枚の色合いを自分の好みに合わせ作品としました。
f0018492_00033434.jpg
◆ 長尾勝利  漁港を見下ろす神木
千葉房総の撮影時、小高い丘に一本の木が漁港を見守る神木にみえた。
f0018492_00035197.jpg
◆ 向山康三  禊の海へ
今年の浜降祭でのスナップです。
f0018492_20163472.jpg
◆ 和田政夫  マン・レイへのオマージュ
マン・レイの有名な作品 (ガラスの涙)・(アングルのバァイオリン)・(天文台の時間ー愛人たち)の3作品をモチーフにして制作しました。
f0018492_00161565.jpg
◆ 寺村博行  虫喰い
ヤツデは元来虫の付きにくい植物かと思っていたら見事な喰われようで、感動さえ覚えた
f0018492_20164304.jpg
◆ 田崎龍一  不吉な予感
ブダペストの丘に立つマーチャーシュ教会。迫り来る嵐を避けようと、人々が教会に集まってくる(イメージ)。
f0018492_00590767.jpg
◆ 髙橋洋子  夏の宵
最近は歩いていても板作りの塀や建物が少ない、ふと見つけた一コマ、色々と思いが膨らみ、仏の使い地蔵と観音のお出まし。
f0018492_00591191.jpg
◆ 荒島謙一  三味線
阿波踊り現地では騒動してるようで、近場來るとの情報一枚近場でもキレイとこを見れました。ラッキー
f0018492_00591587.jpg
◆ 神鷹徹  素敵なビール
夏はビールだ美味しく飲もう。
f0018492_00591940.jpg
◆ 大木伊都子  涼
上野動物園で撮影。真夏の動物園、白くま君はミストシャワーに張り付いて涼をとっていました。色相とブラシで涼しさを演出しました。
f0018492_02131203.jpg
◆ 堀田義夫  痩躯
自分のセルフポートレートのように思えた。
f0018492_00162596.jpg
◆ 永田廉 ワニの肉 
猛暑を乗り切るスタミナ肉はこれだ。とてもジューシイで美味しいそうです。
f0018492_00191683.jpg
◆ 金城敬子  猛暑日
連日の暑さに我慢できず、噴水の中へ!!
f0018492_00192545.jpg
◆ 五嶋和夫  らせん
月の砂漠記念館の窓越しに見た螺旋階段が印象に残りました。
f0018492_16402870.jpg
◆ 小間康嗣  ラクビーの塗り絵
背景は東京競馬場の観客ですが一人一人色付けしました。
f0018492_16403695.jpg
◆ 多田正司  役目を終えて
中禅寺湖に配船になった遊覧ボートが野ざらしになっていたので役目を終えた遊覧ボートの墓標をイメージしてみました。
f0018492_16404639.jpg
◆ 菅野俊雄  エイリアンの椅子
3Dフラクタルの画像からエイリアンのロボットを幻想しました。星空以外はMB3Dで作成した画像です。
f0018492_16405420.jpg

# by yumehaitatu | 2018-08-02 21:00 | 18年08月例会作品

やぶにらみ論法 「教えない!」  堀田義夫   

やぶにらみ論法 「教えない!」         堀田義夫

 久しぶりに昔の写真仲間と一杯やった。その折に「堀田君は昔から教えることは下手だった。評判は良くなかったよな~」と言われた。そうした風評は私自身の耳にも入っていたので否定する気もないし、教え下手は自認する。

 その風評の一例は「うちの先生は撮影会にきてもなにも教えてくれない。黙って自分の写真を撮っているだけだが、どこどこの○○先生は聞くところによると、なにを写せばいいか、ここから狙え!、絞りは?シャッタースピードはこれくらいと手取り足取りで教えてもらえる。とても勉強になる」と言うのです。

 そうしたことが耳に入れながらも、そうしようと思わなかった。私には自分のコピーのような作家を再生産するつもりはないし、また、変な作品しか写さない作家の真似をしようとする人のいないこともあって、自分の思いを押しつけることを避けてきた。

 私の絵の師匠は「自分から学ぶ気持ちにならなければ、教えても無駄だから教えない、

これはどうしよう、これはどうしよう、と常に自分で考え頭を使わない人は、俺にはどうしようもない、そうした人には教えることはない」と常に言っていた。このことは学ぶ側に、やりたいことを自分で知っていることの大切さを求めているのだと思いました。

 同じようなことを孔子も論語の中で「いくら真剣に教えたいと思っても、学ぶ気持ちのない人は、どうしょうもない」と言って教えることを拒んでいます。

 こうした人たちは、自分から学ぶ気持ちにならなければ教えても無駄だから教えない。と言っているように思います。すなわち学ぶ姿勢を問題にしています。

 ところが私の写真の師匠は「知識は本読めば得られる、技術は経験を積めば解決する、良い指導者は、その人がやろうとしていることを察し、その人の持っている良い芽を見つけて気づかせ、その背中を押して、その芽が枯れないように育てるための助言者であることが好ましい」。と教えると言うことは押しつける姿勢を過ちだと問題にしていました。

 写真もデジタルフォトが普及すれにつれて写真クラブなどでも積極的にその技術を学ぼうとする風潮が浸透してきました。

 当研究会でも、あるベテランが依頼されてレタッチの習得を目的とした講座に招かれた。どうせ教えるなら、最も優れいると思えるソフトを使って、参加者から感謝されるような講座にしようと臨みました。

 ところが、参加者たちは自分が知りたいと思っていることと違和感を感じて回を重ねるごとに減って終いには消滅してしまったのです。

 指導者は最も進化したソフトで教えようとした。参加者は指導者のその熱意を理解できないで戸惑い、せっかく学ぼうという意欲は萎えて、長続きしなかった。このことは教える姿勢と学ぶ姿勢の食い違いによるものです。

「相手がなにを知りたいのか?」ということに対して、その知りたいことに応えることが大事です。教え下手は駄目だが、教わり下手であってもいけません。心したいと思います。
               「砦」
f0018492_16051612.jpg


# by yumehaitatu | 2018-07-07 10:00 | やぶにらみ | Comments(0)

18年07月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  自撮り
自撮りをしている若い2人です。背景のバラを同じ色の〇で増やしました。
f0018492_10320401.jpg
◆ 大川元一  一期一会
一生に一度の出会いは大切にしなければなりません。家に迷い込んで来て20年以上も共に暮らした愛猫「ミケ」の想い出は忘れられません。
f0018492_10321009.jpg
◆ 杉山利雄  相模川鯉泳ぎ
相模川のこいのぼりおろす時川に鯉が浸かってしまいますのでタイトル鯉泳ぎにしました。
f0018492_10321694.jpg
◆ 古殿絹枝 鯛釣り草の円舞曲
ハートの形の花が咲く‘鯛釣り草’。咲いている様が可愛いので画面いっぱいに乱舞させました。
f0018492_10322905.jpg
◆ 臼木敏夫 緑陰放談
果てるともない長話 俺カエル
f0018492_10323303.jpg
◆ 加藤豁子 大正ロマン
大正時代築の和風住宅の風呂場の窓と床と蘭の花を合成しました。
f0018492_10324839.jpg
◆ 前島文子 七夕
応用講座宿題の写真を使用して季節の題材を作ってみました。
f0018492_10325341.jpg
◆ 齊藤智徳 湯の湖朝景
12月末 早朝 奥日光の「湯の湖」に撮影に出掛け 雪の降った山頂に朝日が当たるのを待っていた所 寒いので けあらし が発生し夜中に降った雪と朝日にかがやく雪山の美しいコントラストが素敵でした。
f0018492_22330925.jpg
◆ 早瀬きせら 眼力
深川祭りで撮りました。キリッとした目力が印象的でした。
f0018492_12571422.jpg
◆ 安田達也 風の置き土産
房総半島・御宿にある「月の砂漠公園」の砂浜です。
f0018492_08401400.jpg

◆ 高張一司 雨の日
アジサイの花柄の上に置かれていたビニール傘と紫陽花を合成しました。
f0018492_22443433.jpg
◆ 荒城優子 Run across
円と角が出会いました❣
f0018492_22443870.jpg
◆ 宮丸哲夫 ちょっとポーズ
耕作放棄地、撮影スポットにいいかも。
f0018492_13083977.jpg
◆ 腰高和雄 キャラバン
月の砂漠公園のラクダを、向きを変えた4枚を並べてキャラバンを作画しました。
f0018492_08401928.jpg
◆ 月岡悦子 白百合の丘
静岡県可睡ゆり園で撮った写真に、ニックコレクションの中の、ズームを使って広さを出してみました。
f0018492_11225574.jpg
◆ 田中登美子 仕事人
港で廃船の処理をしている人。私はグラスファイバー製で簡単に壊れる船を複雑な思いで見ていました。
f0018492_21594726.jpg
◆ 大嶋丁未子 街アート
都心のビル街に冬陽がさしこみ、助六の絵が暖かく感じました。
f0018492_23462162.jpg
◆ 小間康嗣 昔の報道写真
高等学校柔道選手権の様子を鉛筆画風に加工すると昔の報道写真の様になりました。
f0018492_23462676.jpg
◆ 向山康三 Red flash
f0018492_23191671.jpg
◆ 曽我知克 レッドブル・エアレース
レッドブル・エアレース千葉 2018で撮影したものです。
f0018492_23193098.jpg
◆ 和田政夫 危険な遊び
f0018492_00331084.jpg
◆ 戸塚文雄 大迫力!
鳴門海峡の渦潮。春の大潮、絶好の時期に乗船した観潮船から撮影しました。渦の部分は変形フィルターを使用して迫力がでるように加工しました。
f0018492_00331577.jpg
◆ 荒島謙一 子供囃子が行く
夏祭りの主役子供たちが先頭で小太鼓をたたきながら進む見栄を切る直前が撮れました。
f0018492_00332512.jpg
◆ 長尾勝利 蘇ったインカの少女
インカ時代の少女が時空を超えて現在の少女に蘇った、イメージ画像を作成しました。
f0018492_00332824.jpg
◆ 永島明 桃紅さん、ごめんなさい。
昨年飛騨高山へ旅行、吉島家住宅を見学した折にちょっといたずら心が働きました。室内の至る所に篠田桃紅氏の作品が展示されていました。この部屋はちょうど通り抜けの段差のある部屋で何も飾られていなかったので、ちゃっかり自分の作品を飾ってみました。
f0018492_00333273.jpg
◆ 羽太皓 夕刻の宴(うたげ)
大岡川から海に繋がる運河に、逆行を浴びて観光用ボートが下っていました。曖昧なレタッチで出しましたが、ソフトと最近のデータが入っているパソコンが壊れ修理中でここ止まりでお願いします。
f0018492_00333723.jpg
◆ 永田廉 水芭蕉
夏が来れば・・・思わず口ずさんでしまいます。
f0018492_22332926.jpg
◆ 本山栄子 花遊びシャクヤク
手作りレイヤーの上にシャクヤクの花を載せました。
f0018492_22333829.jpg
◆ 五嶋和夫 ブルーローズ
西洋館のベッドに飾られた布製のバラ、幻と言われていたブルーローズに作画してみました。
f0018492_20184920.jpg
◆ 髙橋洋子 真夏日
街で見かけた飲料水、真夏日には最高で喉越しも良く回復力も有るようだ。
f0018492_20185568.jpg
◆ 堀田義夫 引く潮
人生の引き潮にさしかかりました。でもまだ余力を感じますので頑張ります、今後とよろしく!と言うメッセージを発信したい。
f0018492_20190372.jpg
◆ 知久誠 何して遊ぶ
退屈そうな少年に犬が優しい眼差しで問いかけているようにしました。
f0018492_00344016.jpg
◆ 渡利升秋 羅漢と龍
梅雨があけ、熱い夏がやってきた。
f0018492_00344806.jpg
◆ 菅野俊雄 花魁模様
豪華な櫛、笄で飾った花魁の秘めた心の底を、櫛、笄模様の中に幻想してみました。
f0018492_09221681.jpg
◆ 多田正司 夜のとばりが降りる頃
夕暮れ時に赤提灯が浮きたって夜の始まる雰囲気の良い写真が撮れたので昔懐かしい流しの女性と犬を配して作画しました。
f0018492_09222051.jpg
◆ 寺村博行 サーカス
厚木の街が好きで時々出かけるがある日広場で、高い棹の上での曲芸に出会った。携帯カメラで数十枚をゲットした。
f0018492_09222517.jpg
◆ 金城敬子 青い屋並み
青い屋根の町がめずらしかったので撮りました。
f0018492_17132440.jpg
◆ 佐々木茂 雨に唄えば
シアターオーブで上演された「雨に唄えば」の舞台です。SilverEfexでモノクロ化しました。
f0018492_17152280.jpg
◆ 田崎龍一 地下鉄入り口
ハンガリーの地下鉄入り口。改札を通りエスカレーターで下ると、そこはプラットホームになっている。
f0018492_18261817.jpg
◆ 大木伊都子 お願いごとは何?
平塚七夕祭りで撮影。カップルの短冊を覗き込む風船オラフの表情が面白くて撮りました。夜の七夕飾りと昼間の短冊飾りを合成し、絵作りしました。「お願い事は何?」
f0018492_18262248.jpg
◆ 高橋玲 アフタヌーン
f0018492_18334304.jpg
◆ 西垣憲明  特技
上野は芸術のるつぼである。公園の路上で水を使ってうまく絵を描いていた。素晴らしい。
f0018492_22203957.jpg

# by yumehaitatu | 2018-07-05 21:00 | 18年07月例会作品

写真雑学69 東京オリンピック1964年    渡辺澄晴   

 1960年代の、報道カメラマンの常用カメラは日本では、アメリカのグラフレックス社が戦前に売り出した(スピードグラヒィック)だった。カメラを支える左手には大きなフラッシュが付けられていた大判カメラである。一目で報道カメラマンと分かる憧れのカメラだった。しかし大きく重く、操作性の悪いカメラだから、動きの早いスポーツ写真にはそぐわない。そのことで「1964年の東京オリンピック前後のカメラ事情を聞かせてほしい」と、朝日新聞経済部の記者の取材を受けた。すでに、アメリカでは35フイルムが使える小型の一眼レフカメラに切り替えていた。その一眼レフカメラが、ニコンFだった。

 このカメラに1964年の東京オリンピックのために、Fに搭載して連写できる「モータードライブ」を開発した。ところがそのモータードライブが故障続出でお手上げの状態だった。このトラブルの情報は、スピグラカメラが主力の日本からでは得られなかったので、1962915日(私の33歳の誕生日)に、原因究明と処理のためにニューヨーク行きを命じられた。半年ほどで、幾つかのトラブルの原因を突き止めることができ、仕事は順調に進み普段の生活にも余裕ができた。その頃ニューヨークでは日本の坂本九が歌った「上を向いて歩こう」(すき焼きソング)が大流行。街を歩いていても、この歌が耳に飛び込んできた。

間もなく卒寿

 着任まもなく震撼させるニュースがテレビからまいこんだ。ミサイルを積んだソ連船が、キューバに向かう途中で、アメリカとソ連・キューバとの一触即発の危機。翌年の19631122日には、ケネディ大統領がダラスで暗殺されるというビッグニュース。アパルトヘイト(人種差別)。64年にはベトナム戦争。そして東京オリンピック。などなど、内外とも慌ただしい時代だった。

 1ドルが360円、自腹で東京とニューヨークを往復するのはとても無理。ファックスもメールもあるにはあったが・・・、妻子を日本に残しての独身生活は辛く不便だった。こんな精神的な苦痛を癒してくれたのが、カメラを持ってニューヨークの街を撮ることだった。休みになると、広角レンズと望遠レンズを着けた2台のニコンFを首から下げて撮り歩いた。肩にずっしり食い込む重いカメラを2台、(時に3台)も30歳半ばの若さと撮影の楽しさが、ゴルフやドライブに仲間から誘われても断る理由となって、ひたすらカメラを持って街をほっつき歩いた。が、今は違う。カメラは重く感じ、1人で撮影に出かけるのが億劫になった。4か月後には卒寿を迎える。第2回の東京オリンピックまであと2年余。若いころは階段を駆け上ったり、駆け下りたりしたりが、今はエレベータ・エスカレーターを愛用している。カメラも軽い物に変え、もうひと踏ん張りしてみたい。

「1963年NY」

  写真左は200ミリ望遠レンズ 右の写真は28ミリ広角レンズを使用

f0018492_18492680.jpg




# by yumehaitatu | 2018-06-02 10:00 | 写真雑学 | Comments(0)

18年06月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  もみくちゃ
浅草三社祭。浅草寺の前で興奮したもみくちゃの雰囲気を撮りました。
f0018492_08524764.jpg
◆ 杉山利雄  ダイヤモンド富士
ダイヤモンド富士を追っかけて作品を作りました。
f0018492_08525903.jpg
◆ 大川元一  気宇壮大
ダイヤモンド富士を追っかけて作品を作りました。
f0018492_08530987.jpg
◆ 臼木敏夫  水無月
番の鳥は囀り ゆったりと茅花は流れる
f0018492_08531692.jpg
◆ 加藤豁子  人波(ひとなみ)
行き交う人々が映り込んでいるウインドーを撮りフイルター加工・焼き込みをしました。
f0018492_23305817.jpg
◆ 荒城優子  横浜night a
ますます美しく輝く魔法のcity‼
f0018492_23310456.jpg
◆ 堀節子  春が終わる
春の象徴の花、タンポポも咲き終わり、姿を変え愛らしい綿毛となって飛び立つ旅支度をしていました、そんな姿をデザインしました。
f0018492_23310856.jpg
◆ 田中登美子  ハッピージャンプ
ラ・マンチャ地方のドン・キホーテの風車の村で出会ったウェディングカップルに幸せのアピールをお願いしました。
f0018492_23311359.jpg
◆ 安田達也  夜の太鼓橋
ライトアップされた称名寺の太鼓橋を空想で膨らませました。
f0018492_16421145.jpg
◆ 齊藤智徳  濃溝の滝
5月7日千葉県濃溝の滝で撮影、雨模様の天気でした。
f0018492_16421572.jpg
◆ 曽我知克  ブルーインパルス
航空自衛隊静浜基地航空祭での撮影です。
f0018492_16422031.jpg
◆ 武藤英雄  静の舞
鎌倉八幡宮の舞殿で優雅に舞う姿を油彩やテクスチャ等を使って絵画(油絵)風にしてみました。
f0018492_16422654.jpg
◆ 早瀬きせら  ユートピア
コスプレイベントで撮りました。
f0018492_17060513.jpg

◆ 本山栄子  満開
横須賀しょうぶ園の白い藤がとても綺麗でした。
f0018492_16423437.jpg
◆ 高張一司  春惜しむ
二本松市・合戦場のしだれ桜に着物の帯を合成し、描画モードを輝度にしました。
f0018492_10113748.jpg
◆ 月岡悦子  バラの香
淡いピンク色のバラの花が私は好きです。香りが感じられるような作品にしたいと思いました。
f0018492_10114187.jpg
◆ 前島文子  津軽三味線
恐山の背景にねぷたと今年の津軽三味線日本一の奏者を配置しました。
f0018492_18370918.jpg
◆ 高橋玲  ストリート
ストレイトです。
f0018492_10125496.jpg
◆ 大嶋丁未子  仮面の憂鬱
前にレタッチした作品を再度挑戦し虚ろな感じにしてみました。
f0018492_18372116.jpg
◆ 腰高和雄  修行僧
梅雨の中、東茶屋街を行く修行僧の姿を作画しました。
f0018492_18372891.jpg
◆ 小間康嗣  くすぐり反則切り絵
悪質タックルではありませんがこれも反則です。
f0018492_18373396.jpg
◆ 西垣憲明   五月晴れ
都電荒川線沿いにはバラが沢山植えられており、それが五月晴れに映えてきれいであった。
f0018492_18373884.jpg
◆ 戸塚文雄   みらいにつづく路
みなとみらい大桟橋、館内に向かう通路です。ブルーライトに照らされて、まるで宇宙船!レイヤーのカラーオーバーレイ機能を使い色調を調整して作品に仕上げました。みらい=希望、なのに下りの構図は気になるところですが!
f0018492_10272242.jpg
◆ 大木伊都子   時空を越えて
桜木町の大道芸でプロポーズを待ち続ける悲しい花嫁がいました。「愛は時空を越える」をテーマにジューンブライドを合成とブラシで描きました。
f0018492_18375496.jpg
◆ 長尾勝利   ナスカの地上絵
ナスカの地上絵を観て、インカ帝国時代のイメージ画像を作成しました。
f0018492_10270680.jpg
◆ 和田政夫   墓標
ここは漁具の墓場です。
f0018492_10271273.jpg
◆ 荒島謙一   掘ったぜ!
ジャガ芋掘りに二人連れて出かける天気よしほとんど自分がほとんど掘ったが下のと自慢げにポーズを取った。
f0018492_10271794.jpg
◆ 西林俊朗   ポートレート
最近のカメラは、高画素・高感度化が進んでおり、少々暗くても補助光なしで撮影できることが多い。この写真は、少し前のもので、屋外撮影中に降雨で、照明のない屋内に入ったところ、外からのかすかな光に映し出されたモデルが奇麗だったので、最高感度で撮影した。さすがに光が当たってないので、発色が乏しく、ノイズも相当出ており、通常ならば没となるところである。フィルム時代には、高感度フィルムの増感処理で、粒状感が・・・という表現もあった。モノクロにして、ガウス処理で暈かすのではなく、半径を最小にしてアンシャープネス処理をする。全くダメ、という人もいるが、目を近づけて見なければ、結構いい感じになると自分では思っている。
f0018492_08275208.jpg
◆ 飛田敏男   競う
全日本モトクロス大会の関東エリアの決勝戦でした。砂埃と泥はねで大変でした。
f0018492_08280132.jpg
◆ 寺村博行   アプラクサス
鳥は卵からぬけ出ようと戦う。卵は世界だ。生まれようと欲するものは世界を破壊しなければならない。鳥は神に向かって飛ぶ。神の名をアプラクサスという。
f0018492_08281253.jpg
◆ 羽太皓   赤い残像
日帰り撮影会での船形漁港での残像をパートカラーにしました。
f0018492_08313605.jpg
◆ 宮丸哲夫   ひととき
良い雰囲気を感じまして
f0018492_09470247.jpg
◆ 堀田義夫   縋る
何かに縋りたい!そうした日常の想いを表現しました。
f0018492_09471838.jpg
◆ 髙橋洋子   深海の餌時間
大きな水族館の餌の時間、鮫が縦泳ぎで大きな口を開け食べていた、迫力が有り周りの魚が小さく見えた。
f0018492_11064772.jpg
◆ 多田正司   大空に泳げ!
5月は鯉のぼりの季節です。大空に悠々と泳いでもらおうと思いました。
f0018492_17014256.jpg
◆ 向山康三   覗く
心に忍び寄る不安のようなもをつくってみました。
f0018492_17014905.jpg
◆ 永田廉   アヤメの組体操
アヤメのお花を見ていたら組体操を連想して楽しみながらこの構図になりました。
f0018492_17074746.jpg
◆ 知久誠   春を刻む
北国白馬の青い空と残雪の山にやっと花が咲き、春爛漫です。遅い春を胸に刻み込みました。
f0018492_17075196.jpg
◆ 金城敬子   初夏の散策
蓼科高原のイングリッシュガーデンです。人物は入れ替えました。
f0018492_17075406.jpg
◆ 菅野俊雄   宇宙へ旅立ちのとき
小惑星上の無人のコントロールセンターから見た、スペースシップと母船の合流の瞬間。いよいよ宇宙への旅立ち。無人コントロールセンター、スペースシップ、母船はMB3Dで作画しました。
f0018492_17080109.jpg
◆ 渡利升秋   石州鬼瓦
日本三大瓦産地の石州、高温で焼き上げる瓦は硬さと強さがある。驚いたことに鬼瓦の頭部は屋根瓦でできてる。
f0018492_17080637.jpg
◆ 田崎龍一   きらめく
4月のバラトン湖(ハンガリー)で。湖面は煌めき、海水浴場の監視塔は、ひっそり静まり、湖畔にはアシが茂っていた。
f0018492_17083560.jpg
◆ 五嶋和夫   疾走ー何処(いづこ)へ
トンネルの中でバス車中から撮影した画像を重ねて作画してみました。
f0018492_17084117.jpg
◆ 佐々木茂  Burn The Floor 2016
Burn The Floor 2016の舞台です。SilverEfexでモノクロ化しました。
f0018492_23064455.jpg

# by yumehaitatu | 2018-05-31 21:00 | 18年06月例会作品

やぶにらみ論法107【写真を読む】 堀田義夫   

今日(415)の新聞の文芸欄に、【春光を弾きてヨット向き変える】という高張一司さんの俳句が載っていた。高張さんの友人で、写真家でもあり俳人でもある浅井愼平さんから、高張さんはカメラをもらって写真を始めたという話を前に伺っていた。

当会の分科会「フォト575」では大木伊都子さんとともに指導的立場で活躍されている。この二人の作品は独特な洗練された感性で制作され、大いに啓発され学ばせられる。私は俳句に造詣があるわけではないが、常々その短詩系文学の表現と写真の表現が似ている気がしている。直接的ではなく比喩的表現という点が似ていると思うのです。

同氏の別の作品に【泣かした子あやす天狗や秋祭り】という傑作がある。天狗の面をかぶった男が可愛らしい子供の頭をさすったか、あやすつもりで顔を近づけたのか?。怖さにおびえた子供が大泣きをしてしまい、天狗様が慌てふためいている情景を思い起こさせる。このように作者のメッセージが明確に伝えられれば読む人の心をつかむ。

午後、知人から「○○クラブ写真展」の案内がきていたのを思いだし出かけた。会場を一巡していると、知り合いの著名な写真家に出会い、しばらく立ち話をしたのだが、【そこに行ってきました!そこを撮ってきました!】という作品ばかりで何で撮ったかのメッセージが聞こえてこない面白くない展覧会だという感想を聞かされた。

かつて【作者のメッセージが聞こえない写真はゴミだ!】と切って捨てた有名な写真家の言葉を思い起こした。

ところが私にとって写真展は学びの場なのです。

発表された作品のモチーフやテーマ、コンセプトといった切り口を読み、剽窃や気づきのヒントを得るために行くのです。

その展覧会が前出の著名な写真家がいうメッセージが聞こえない面白くない展覧会だとしても、それはそれでいいと思っている。頼まれもしないのに余計な意見や講評を言う義理もないし、つまらないと思ったら無視すればいいだけの話だから…。

いま私が主宰する写真団体の趣意は【①教師なし先輩あり、教育なし研究あり。②来るもの拒まず、去る者追わず。③意見は言うべし、決定には従うべし。】としています。

写真が好きだから撮っていて、写真の表現形式は自由だから型どおりでない、それぞれがそれぞれの方法で撮っている写真を持ち寄って、見せ合い、語り合って展覧会を開いたり写真集をまとめていくという手法をとっている。そして創立から65年が経ちました。

この趣意の遵守はいまでも間違いではないと確信して実行しています。

写真展や写真集を見て、うまい撮り方をするための作例写真という見方しかできないというのは何とも情けない。作品を見てなにを感じ、なにを読み取るのか、といったことが抜け落ちていたら、写真は薄っぺらなただの画像です。私たちは、そうした作品の発しているメッセージを読むことを学んでいます。

            <守られて>

f0018492_11050851.png


# by yumehaitatu | 2018-05-05 07:23 | やぶにらみ | Comments(0)

2018年5月玉手箱   

原画 

f0018492_06485965.jpg


田中登美子 淡墨桜を見守っています
f0018492_06524591.jpg


寺村博行 福の神
f0018492_06535544.jpg


月岡悦子 不思議な世界

f0018492_06543954.jpg


多田正司 モデル
f0018492_06563113.jpg


前島文子 いい湯だなー

f0018492_06571563.jpg



小間康嗣 あの世で密会
f0018492_06584483.jpg


古殿絹枝 よいやさのよいやさ
f0018492_07001782.jpg


腰高和雄 慈母観音菩薩
f0018492_07023158.jpg


松尾エリカ 坊やよいこだ寝んねしな
f0018492_07034195.jpg


五嶋和夫 仲間に入れてネ
f0018492_07051832.jpg


荒島謙一 埋蔵物発掘
f0018492_07061577.jpg


向山康三 仲間たち
f0018492_07082443.jpg


渡利升秋 整列
f0018492_07090898.jpg


本山榮子 春になりました
f0018492_07100442.jpg


加藤慶治 これからの人生
f0018492_07111032.jpg


宮丸哲夫 ベンチ
f0018492_07120966.jpg


堀口彰洋 夢の統一
f0018492_07143626.jpg


渡辺澄晴 無題
f0018492_07154571.jpg




































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































# by yumehaitatu | 2018-05-05 07:16 | 玉手箱 | Comments(0)

18年05月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  六面六相
いててて 苦しい 休みたい もうだめだ 交代してくれ 無理をすることはないよ。
f0018492_18124379.jpg
◆ 大川元一  夷険一節
夷険一節とは、平和で順調な時も逆境にある時も節操を変えないことを意味します。 この言葉を、飼い犬として可愛がられていた時も、主人を亡くして野良犬となった後も、ひたすら元の主人を待ち続けたハチ公に捧げたいと思います。
f0018492_19525546.jpg
◆ 杉山利雄  ダイヤモンド富士
森戸海岸のダイヤモンド富士です。
f0018492_11382898.jpg
◆ 臼木敏夫  薫風
薫風渡る いいな~~
f0018492_11383575.jpg
◆ 加藤豁子  存在
カメラのエフェクトで撮った画像を色調補正しました。
f0018492_11384433.jpg
◆ 荒城優子  ゼロから始める異世界
f0018492_11385426.jpg
◆ 武藤英雄  ブライダルナイト
結婚式をあげたカップルが大桟橋で記念撮影をしていたので撮らせて貰いました。多重露光と画像合成を組み合わせて華やぎを演出してみました。
f0018492_11390653.jpg
◆ 前島文子  黄金の島
荒崎海岸を黄金の島にして漫画の主人公を配置しました。
f0018492_09043798.jpg
◆ 古殿絹枝  プリマ
我家の近くにあるバレースタジオの看板を素材にし、グラデーションと自分で描いた落書きをテクスチャーに入れてみました。
f0018492_09050213.jpg
◆ 月岡悦子  春の息吹
横浜公園で、噴水をバックに白いマーガレットの写真を2枚撮り合成しました。お天気良かったので、春の空気が漂っていました。
f0018492_09050650.jpg
◆ 早瀬きせら  異空間
スチームパンクのコスプレを撮りました。
f0018492_09050851.jpg
◆ 齊藤智徳  うすずみ一本桜
4月1日 天気が良かったので自宅から近い秦野市蓑毛の農家の庭に咲く淡墨桜の撮影に出掛けました 丁度満開でした。
f0018492_10194909.jpg
◆ 高張一司  伊豆の踊子・初夏
古い映画ポスターが淋しかったので、菜の花を入れ、海もすこし変えました。
f0018492_18371774.jpg
◆ 腰高和雄  お宮参り
歩きやすくするため、ポックリより靴(ズック)に履き替えました。
f0018492_18372678.jpg
◆ 高橋玲  球体の街
ストレイトです。
f0018492_08270956.jpg
◆ 向山康三  巡りゆく日々
仏写真家サラ・ムーン展での感動を再現してみたくなり挑戦してみました。
f0018492_08274443.jpg
◆ 堀節子  4月に夏日
4月20日夏日を記録した日、かき氷をかっ込んでいるおばさんがいました、しかも「店前での飲食はご遠慮ください」の張り紙の前で。
f0018492_08262541.jpg
◆ 永田廉  花筏
水面にハラハラと浮かぶ桜の花びらの風情にサクラはいろいろと美しさを楽しませてくれますね。
f0018492_08263016.jpg
◆ 大嶋丁未子  早春
栄区の「いたち川」撮影会で撮りました、新芽が花のように感じモノクロにしてみました。
f0018492_18133179.jpg
◆ 佐々木茂  エディンバラ近郊にて
エディンバラ近郊で移動するバスの中から撮ったものです。SilverEfexでモノクロ化しました。フィルムタイプをイルフォード3200にして粒子を荒くしました。
f0018492_10194506.jpg
◆ 長尾勝利  冬の千枚田
今年2月千葉の大山千枚田を撮影しまし、その中の一枚をモノクロ画像にしてみました。
f0018492_18135097.jpg
◆ 小間康嗣  加賀獅子
髪の毛を切り抜く手法を復習するためにこの画像を選びました。
f0018492_18135996.jpg
◆ 曽我知克  惜春
新宿御苑で撮影したものです。
f0018492_18141577.jpg

◆ 宮丸哲夫  花壇
絵画風になるというので試してみました、が。
f0018492_20364557.jpg
◆ 永島明  ある少女の記憶
女性の記憶を、赤と青のコントラスト中に閉じ込めてみました。
f0018492_20365339.jpg
◆ 西林俊朗  富士を背にする横浜港
秋の午後遅く、千葉からの帰りに海ほたるに立ち寄った。風が強く、見通しはよいものの、気温が比較的高かったことから、視界はよくないが、富士を背にした横浜港の逆光でのシルエットが印象的であった。大黒ふ頭からランドマークタワー、ベイブリッジ、山下ふ頭までの横浜港のシルエットと背景の富士の姿を、高画素デジタル画像とデジタル現像を駆使して、作品に仕上げた。
f0018492_20373822.jpg
◆ 羽太皓  人間美術館「ゲロニカ」
野毛の大道芸で毎年同じ出し物で人気のある大道芸がいる。見物人を引きずり出して面白可笑しく、一瞬の芸術として作品を造りあげるにだから大変な頭の持ち主である。下地はピカソの「ゲルニカ」。5人の観客と彼の想像した「ゲルニカ」の配置はいじらず原画のように切り抜いたものです。グラデーシヨンで表現しました。
f0018492_10175200.jpg
◆ 五嶋和夫  花電車
春らしく、花のトンネルを走らせてみました。
f0018492_10190208.jpg
◆ 髙橋洋子  窓辺の造形
光り輝く窓辺、店内から見たら楽しげな窓辺に見えた。
f0018492_10190622.jpg
◆ 安田達也  リボン妖変・2
CPプラスで見た新体操・リボン、空想を膨らませました。
f0018492_10191184.jpg
◆ 松浦孔政  不安な旅立ち
新しいことへのチャレンジには不安がつきものです。そんな気持ちを表現。
f0018492_10191538.jpg
◆ 金城敬子  鯉もお花見かな?
大岡川の桜に鯉を入れました。
f0018492_10191953.jpg
◆ 渡利升秋  蟲の塚
解剖学者の養老孟司さんたちが、近代文明はおびただしい蟲を殺してきた、それに気づいて蟲の塚を建てた。
f0018492_10192262.jpg
◆ 堀口彰洋  拡大鏡
視線に特徴があったので誇張してみた。
f0018492_10192613.jpg
◆ 多田正司  春の競演
上野不忍池で柳や桜の花を重なるように撮って春らしくハイキー調に仕上げました。
f0018492_10193084.jpg
◆ 本山栄子  花遊び(カトレア)
因島温室センターで撮ったカトレアです。バックを変えて遊んでえみました。
f0018492_10193370.jpg
◆ 西垣憲明   横須賀にクラシックカーが来た!
3月17日に横須賀三笠公園に75台のクラッシクカーが勢揃いした。たくさんの市民が集まりピカピカのクラシックカーを見て興奮している様子がうかがえる。
f0018492_14333468.jpg
◆ 堀田義夫   春を謳う
情景描写ではない、生理的な体感描写を試みました。
f0018492_18143642.jpg
◆ 知久誠   待ちこがれた桜春
信濃の国のお地蔵さんたちにもやっと春が来ました。
f0018492_14334464.jpg
◆ 神鷹徹   素敵なロッカー
こんなロッカーあっても良いな!
f0018492_14373766.jpg
◆ 大木伊都子   花降る
三井寺に桜を撮りに行きましたが、終盤で雪のように花びらが降っていました。その様子をフィルタのウォーターペーパをかけて、日本画風に描きました。
f0018492_14334890.jpg
◆ 菅野俊雄   地球脱出スペースシップ
夕映えの無人都市の遺跡ドームから、地球を脱出するスペースシップを見上げる人。夕映えの空をBG処理した遺跡ドーム、無人都市、スペースシップはMB3Dで作画し、見上げる人は彫刻の森から来てもらいました。
f0018492_16524845.jpg
◆ 飛田敏男   救助
上高地の涸沢カールにて朝焼けが穂高連峰を照らす中爆音が響き、光の中に入るヘリを捉えた奥穂高の遭難救助に向かう。
f0018492_16525178.jpg
◆ 田崎龍一   夏到来
4月下旬にハンガリーを訪れた。海のないこの国で「ハンガリーの海」と言われるバラトン湖は、すでに初夏。ヨットが帆をあげ、夏のレースに備えているかのよう。
f0018492_16525321.jpg
◆ 荒島謙一   あ、動いた!
大道芸の一コマ宇宙飛行士、お金を入れると動く、最初は動かない子供が不思議そうに見守る。
f0018492_18144079.jpg

# by yumehaitatu | 2018-05-03 21:00 | 18年05月例会作品 | Comments(0)

18年04月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  つばき
にわに咲いた一重の椿です。色を願望の色に変えました。
f0018492_22213493.jpg
◆ 杉山利雄  航跡
3枚の写真合成貼り付けして作品にしました。
f0018492_11170632.jpg
◆ 臼木敏夫  朧月夜
げに一刻も千金の 眺めを何にたとふべき
f0018492_11171081.jpg
◆ 前島文子  急がなくちゃ
応用講座で指導を受けて作品にしました。
f0018492_11173052.jpg
◆ 加藤豁子  春のかおり
ウインドーディスプレー・蘭の花2枚の画像を各々描画
f0018492_11173581.jpg
◆ 古殿絹枝  桜の舞踏会
早くも花びらが散り始めました。まるでその様は白いドレスで円舞曲を舞うようです。
f0018492_11173978.jpg
◆ 大川元一  泰然自若
都内某所にあった映画館の看板です。既に閉館したのでしょうか、時代の移り変わりに頓着せず、昔のまま立っていました。
f0018492_17373562.jpg
◆ 荒城優子  不思議な宇宙
チャレンジをつづけたい!!!
f0018492_17373956.jpg
◆ 早瀬きせら  大丈夫?
ハンガリーの公園にあった面白オブジェを、心配そうに見ている子供たちが印象的でした。
f0018492_23565520.jpg
◆ 堀節子  春爛漫
三浦海岸の河津桜を撮りレタッチしてみました。
f0018492_23570052.jpg
◆ 齊藤智徳  吹雪の根北峠
R244号根北峠(コンポク峠、標津町(シベツ町)と斜里町の境にある峠)が昨日からの吹雪で真っ白になり空は白く霞んでいた。
f0018492_08494423.jpg
◆ 月岡悦子  愛を編む
黄金町バザールに置かれていたタペストリーの絵を写真に撮り、洋服の色を変え、顔の汚れを取りトリミングしました。最後にバラの花をつけました。
f0018492_22250277.jpg
◆ 西垣憲明   我ふるさと
私が故郷を後にして56年が経ちます。昨年初めて桜の開花時期に帰省しましたら、桜の木がこんなにあるかと思うほど、故郷が桜に埋もれてました。
f0018492_22224104.jpg
◆ 田中登美子   春近し
近所の公園の池に春を感じました。
f0018492_22224775.jpg
◆ 羽太皓   不可解な館
海の防波堤に描かれていた絵を3枚使い、不思議な部屋を意識して組み合わせました。弱かったので洋館と仮面で全体を強調しました。テクスチャライザーとモザイクタイルを使い分けて深みを出しました。
f0018492_08354783.jpg
◆ 向山康三   彼方へ
横浜港シンボルタワー3枚の原画から合成しました。
f0018492_08361490.jpg
◆ 腰高和雄   桜花と鳩
蒔田公園の桜と鳩のスナップです。
f0018492_08362289.jpg
◆ 大嶋丁未子   オリーブと海
昨秋に小豆島で撮影しました、オリーブと青い海を思い作品にしてみました。
f0018492_23271712.jpg

◆ 高張一司   川の蘇州の
世界遺産にもなっている蘇州の川。絵画風にしてみました。
f0018492_08363020.jpg
◆ 大木伊都子   イースターバニー
お宮参りで撮った孫バニーをホテルに掛けてあったタペストリーに入れました。宝船を引いて誕生を祝う華やかなアレンジにしてみました。
f0018492_18160968.jpg
◆ 高橋玲   記憶の襞
カラーをモノクロにしました。
f0018492_18161875.jpg
◆ 渡利升秋   素晴らしい門出
小田原尊徳神社の結婚式に出会った。鳩と満開の桜に見守られて素晴らしい門出になるだろう。
f0018492_23283287.jpg
◆ 曽我知克   雪解け水
大雪の後、雪解け水が自宅の軒先ではじけている様を撮ったものです。
f0018492_23285140.jpg
◆ 長尾勝利   神楽坂路地
神楽坂路地の石畳が建築物の玄関に似合って居たので、撮影、黄昏時風に加工してみました。
f0018492_23290054.jpg
◆ 小間康嗣   かしら持ち
北陸の加賀獅子祭りでかしらを持つ人の表情にひかれる。
f0018492_23293485.jpg
◆ 宮丸哲夫   春の木
花がポロポロと落ちて、春。
f0018492_23294636.jpg
◆ 荒島謙一   滑るー
公園で真剣に何回も滑る孫に思わずシヤッターを~
f0018492_23300817.jpg
◆ 永島明   FORCE INFINITY
例年、文化学園大学付属の中学高等学校の学園祭で、ファッションショーの写真を撮っています。今迄一般に公開することはありませんでしたが、今回は了承を得て初めて作品にしてみました。
f0018492_23301741.jpg
◆ 多田正司   見つめる女
銀座のショーウインドーに飾ってあったモノクロのイラストの女をグラデーションマップやフィルターを使い、妖艶な女のイメージ表現をしました。
f0018492_23302772.jpg
◆ 和田政夫   蝶人間
f0018492_23303754.jpg
◆ 五嶋和夫   腹自慢
鎌倉のお寺にあった布袋様とたぬきの像、それぞれお腹が自慢のようでしたので作画してみました。
f0018492_23305183.jpg
◆ 佐々木茂   白い路地裏
昔、スペインのコルドバでカラーフィルムで撮った写真をモノクロ化しました。ハイキーに仕上げました。
f0018492_21423582.jpg
◆ 髙橋洋子   人形達の寄合い
手作りの人形達が縁側で勢ぞろい、村の寄り合いの様に見えた。等身大でそれぞれの表情が面白く楽しげ。
f0018492_21424375.jpg
◆ 堀田義夫   慈悲の願い
守られて生きていることを実感しています。
f0018492_21425056.jpg
◆ 本山栄子   春が来た
子供たちが楽しそうに縄跳びをしていました。
f0018492_22330449.jpg
◆ 神鷹徹   CP+のスナップ
2018年CP+のスナップ写真で作品にしてみました。
f0018492_22331536.jpg
◆ 寺村博行   美味な風景
レイヤーを数えると62有った。自己最高記録であるが何百というレイヤーを駆使する方々には全く及ばない。しかし疲れた。
f0018492_22332133.jpg
◆ 金城敬子   秋色に染まる
お天気が悪くくすんだ色になっていました。「カラーの適用」を使って色を出しました。
f0018492_08553965.jpg
◆ 松尾エリカ   白い夕暮れ
富士屋ホテル花御殿から本館を望む。休業前に雪の富士屋ホテルを撮りたいと願っていて、箱根に大雪が降った日に「きっとキャンセルが出るはず」と一か八かで向かいました。狙い通り宿泊できました。「いつまでもそのままでいてくれるわけではない」古い建物やホテルに惹かれます。
f0018492_08554952.jpg
◆ 菅野俊雄   夢のお城
夕映えに染まる雲上にお城を建ててみました。お城はMB3Dで作画し、入道雲、雲海、夕映えの空、少女の画像を合成し、雲のブラシで部分修正しました。
f0018492_08053179.jpg
◆ 田崎龍一   見上げてごらん
2月に美人林(新潟)を訪れた。深雪の中、若いブナの枝木が高く伸びているさまを下から超広角レンズで覗くと、まるで、天まで伸びていくようだった。(階調を反転)
f0018492_08560549.jpg
◆ 知久誠   花吹雪
桜満開。時折の風が吹く中、芸妓さんが現れました。
f0018492_17220462.jpg
◆ 永田廉   タワー
きれいなさくらに囲まれた塔に幸せを感じました。
f0018492_17221130.jpg
◆ 西林俊朗   烏帽子岩
新入会で初めての出品です。現時点では、フォトショップ等による、写真データの加工や合成は行っていません。デジタル写真のPC処理は、基本的には、フィルム写真でも可能な現像・焼き付けの範囲で行っています。基本的な使用ソフトは、ニコンの現像ソフトです。(Capture NX2, Capture NX-D) 現在では、フィルム時代では考えられない様なレベルの現像処理が可能なので、フィルム写真とは全く異なったデジタル写真の世界だと感じています。この写真は、数年前の10月末に宮古の浄土ヶ浜に行った時のもので、小雨が降り、強風が吹く、悪天候でしたが、夕方少し暗くなりかける中、時折来る大波が岩に当たり砕ける様子、強風の中を飛ぶカモメ?、風に流される雲の景色が印象深く、この3点がちょうどよいバランスになるまで,雨が降る寒風の中30分くらい頑張って撮影したものです。画像は、無処理のRAWデータを自分なりのそれぞれのベストの状態に見えるよう、現像処理をしています。雲のグラデーション、砕ける波頭の白さ、荒々しい岩肌等々です。
f0018492_19410469.jpg

# by yumehaitatu | 2018-04-05 21:00 | 18年04月例会作品 | Comments(0)

やぶにらみ論法106 「プロ失格」   


やぶにらみ論法 「プロ失格」
  

 30代も前半の頃の話だが、「堀田君という男の作品を数年見ているが、写真で飯を食おうという気持ちはないのかね」とあるスタジオの社長が私の師匠に聞いたそうです。

 その師匠が「君にその気があるなら話してあげようか」というので、二つ返事でお願いしてしまった。

 紹介状を手に乃木坂にあったそのスタジオに行き社長にお目にかかった。緊張している私に社長は気さくにいろいろ話をしながら、「君、このスタジオの中の機材を自由に使っていいからこれを撮ってみてくれ」と一升瓶を持ってきた。キッコーマンという醤油瓶だった。これは俺の実力を試そうとしているんだなと直感した。

 そこで私は考えた。真横から水平に写せばピント合わせは楽だけど立体感の表現できないので、少し斜め上から写したいがそうすると被写界深度の関係でピントが届かないし、キーストン効果で先細りの画像になってしまって、ボリューム感が削がれて安定感の乏しい画像になってしまう。そう思ったのでアオリが効くキャビネの暗箱を借りて乾板で2枚写した。

 そこにコーヒーが運ばれてきた。すると社長は今度はローライフレックスを持ち出し、運ばれてきたコーヒーを写せという。腹の中でむっとしたが仕方がない実地試験だと自分に言い聞かせて写した。

 すると社長はスタッフにすぐ焼き付けるように指示をした。そして雑談をしている間に四つ切りに引き伸ばされた写真が45枚社長の手元に届いた。

 ピントも露出もしっかり合っているし写り映えがよい。当時は露出もピント合わせも、写真家の勘に頼っていた時代だ。腹の中で我ながらといった自信のある出来映えだ。

 その写真を手に取った社長は「これでは当社では使い物にならんね、この瓶に白く写っている丸いものは何なのかね、なに?スタジオ内のライトの映り込み?、そんなものは写さなくていい。このコーヒーは温かいのかね? 香りはいいのかね? そうしたことが感じられないのが残念だ。まあ最初はそんなもんだよ、もし、やる気があるのなら見習いとして2/3ヶ月やってみるかね?」と…。

 「この男、写真で飯を食っていこうという気があるか?」ということを「センスがいいから写真界で働かない手はない!」と激励されたかのように受け取り、「好きなことをやって給料をもらえるなら楽しかろう」という私の思い上がった気持ちをいっぺんに打ち砕いた瞬間である。

 「写真が好きだから、それで飯を食うプロになる!」という想いが違っていたのである。それで飯を食うためには、クライアントやアートディレクターの声が聞こえるような写真じゃないといけないのである。好きな写真を楽しむには、それを職業にしてはならない。

 秋山正太郎さんが「堀田君、我々プロがアマチュアに影響を与えることもあるけど僕は逆に、アマチュア恐るべし!と思っているよ、なぜなら、自分流を貫けるから真にその人の個性的作品が生まれると思っている」と話されたことを思い出し、「プロ失格」を自認し、下手でもいいアマチュアとして生涯、写真を楽しんでいこうと思っている。

f0018492_22272378.jpg


# by yumehaitatu | 2018-03-03 17:00 | やぶにらみ | Comments(0)

18年03月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  西陣織
派手な色の模様と色々細工して作ってみました。
f0018492_23283766.jpg
◆ 杉山利雄  ダイヤモンド富士
ゲイトブリッチの夜景を合成して富士ダイヤモンド作成しました。
f0018492_09572329.jpg
◆ 臼木敏夫  鶏を割(さ)くに牛刀を用ふ
ど派手な事がお好きだね~~
f0018492_09573701.jpg
◆ 本山栄子  さわやか
背景がうるさかったので、花だけを取り出して作りました。
f0018492_09574261.jpg
◆ 古殿絹枝  幽玄の美
わが国を代表する古典‘源氏物語’を題材に平安王朝絵巻をイメージして描きました。
f0018492_09574401.jpg
◆ 加藤豁子  今日は雛祭り
意外なバックの所に飾られていた雛様を撮りました。1:1にトリミング。
f0018492_09574886.jpg
◆ 荒城優子  Wave space
春ですね。クレイジーです。
f0018492_09575149.jpg
◆ 齊藤智徳  滝行
神奈川県南足柄市夕日の滝での滝行を撮影にでかけました。水温は零下2度ほどでかなり冷たかったが元気よく滝の水に打たれ修行をしていました。
f0018492_09575572.jpg
◆ 早瀬きせら  魔風
先日の雪の赤レンガに、雪女を合成しました。
f0018492_10375576.jpg
◆ 松尾エリカ 濡衣(ぬれぎぬ) 
あなた間違ってるわよ!と先に言った方が勝ち。
f0018492_10381380.jpg
◆ 羽太皓 麦振りをする頃
東南アジアの観光客の行かない農村地帯の田舎に行くと、良く見かける光景です。刈り取った麦を乾し、叩いて大きな竹網のザルから落とすと、麦殻は風で飛ばされ麦は足元に落ちる。脱穀の手作業だ。古びた感じを出すためにモノクロとセピアの中間色を探し、黄ばみを出し雰囲気を出すために下部を少し消した。
f0018492_22533440.jpg
◆ 月岡悦子 ひな祭り
根岸に旧柳下邸があります。ひな祭りの頃にひな壇のそばに飾ってあった着物に雛人形を入れてみました。
f0018492_21380782.jpg
◆ 高張一司 待春(たいしゅん)
4枚のレイヤーの構成で、作りました。
f0018492_21361168.jpg
◆ 西垣憲明  光のページェント
雪を見ながら温泉に浸かりたく、湯西川温泉に行った。ちょうど夜ライトアップされており、幻想的で綺麗であった。
f0018492_21361629.jpg
◆ 前島文子  オブジェ
海ほたるのオブジェです
f0018492_21361999.jpg
◆ 安田達也  チャッキラコ奉納
1月15日、三浦市三崎の海南神社の神殿前、竜神様の祠前でチャッキラコ奉納がありました。
f0018492_23285572.jpg
◆ 小間康嗣  ブロックの手
手のひらを一杯に広げてブロックしてました。
f0018492_08294341.jpg
◆ 大嶋丁未子  春遠からじ
古い作品の色を変えて春を待つ思いを出してみました。
f0018492_18235968.jpg
◆ 永田廉  夕景
タイミングよく屋形船の出会いにシャッターを押しました。
f0018492_18240671.jpg
◆ 腰高和雄  下町風情
浅草裏道りでのスナップです。
f0018492_18241163.jpg
◆ 長尾勝利 錆びた空間
北品川撮影会時、路地奥の古い資材置場の画像を、合成加工してみました。
f0018492_18241648.jpg
◆ 堀田義夫 記憶に生きるアイドル
横須賀のどぶ板横町の歩道に埋め込まれた手形。ジャズ歌手の雪村いずみだった。
f0018492_18242100.jpg
◆ 多田正司 水鏡
赤レンガ広場が大潮で海水が満たし、水鏡の様でした。
f0018492_18242567.jpg
◆ 向山康三 不安な日々
心臓手術で入院中の自撮りです。
f0018492_18242965.jpg
◆ 戸塚文雄 ライトアップ白川郷
撮影時の寒さ・冷たさを表現したく、寒色の青を基調にモノトーン風にインパクトのある写真に仕上げてみました。 元RAW画像をLrで現像。①自動補正 ➁色温度調整 ③露光量調整 ④露光量±1.5の画像を作成 ⑤3枚の画像をHDR合成 ⑥Psで明るさ調整
f0018492_18400238.jpg
◆ 荒島謙一 こら待て坊主!
千村さんを偲んでどぶ板での作品です。ポスターに合わせ子供を
f0018492_18243302.jpg
◆ 菅野俊雄 氷の女王
凍りつく世界に氷の女王が吐出す氷結バブルが光っている。寒い朝の氷結から幻想しました。氷結バブル、鏡に映る女と背景の丸円柱の世界はMB3Dで作画し、合成しました。
f0018492_18243880.jpg
◆ 宮丸哲夫 巣ごもり
お隣の玄関脇。筆塗りしました。
f0018492_18244589.jpg
◆ 永島明 彼岸の桜
新潟県津南町中子の桜。この地区は豪雪地帯のため、まだ雪が残る5月の連休あたりに桜が満開となる。空と湖面を落とし桜と雪の白さを際立たせてみた。
f0018492_23355154.jpg
◆ 松浦孔政 雪の夜の夢
「雪の日に酔っ払って外に出たら虎になってしまいました」という妄想で作成しました。
f0018492_23355776.jpg
◆ 曽我知克 天体幻想-皆既月食
本年1月31日の皆既月食を撮影したものです。
f0018492_23360146.jpg
◆ 田崎龍一 川のギャラリー
染めの産地として有名であった新宿の落合・中井地区、川で染め物を水洗いする様子を現代に甦らせるイベントが行われていた。
f0018492_09284450.jpg
◆ 渡利升秋 跳ね返る変な影
強い太陽光を跳ね返すガラス戸。あたかも向こうから太陽が照っているように人影を作る。
f0018492_09285118.jpg
◆ 五嶋和夫 時の移ろい
コスモクロックの時刻が変わるタイミングを狙い、露光間ズームで撮影してみました。
f0018492_07592290.jpg
◆ 髙橋洋子 板目の変化
昔はよく見かけた木目のお家、木の節目が美しく感じて、田舎の風景を思い出します。
f0018492_07592760.jpg
◆ 神鷹徹 SF空間
ビルのエスカレータ空間を、「SF的空間」に加工してみました。
f0018492_07593127.jpg
◆ 佐々木茂 マッターホルンと礼拝堂
昔、アルプスをハイキングしたときに撮ったものです。礼拝堂と白い雲を強調するためにSilver Efexを使ってモノクロ化しました。
f0018492_07593573.jpg
◆ 知久誠 待ちくたびれて
雪の日、来ぬ人をいつまでも待つ。雪は自作ブラシで降らせました。
f0018492_07594082.jpg
◆ 寺村博行  モデルM
はじめ失敗かと思ったが捨てるに忍びず ‥‥ 周辺部はとばした。
f0018492_18210084.jpg

# by yumehaitatu | 2018-03-01 21:00 | 18年03月例会作品 | Comments(0)

写真雑学68  あの日、あの時、あの笑顔    渡辺澄晴   

写真雑学68  あの日、あの時、あの笑顔     渡辺澄晴

群馬県・桐生市在留の写真家の斎藤利江さんから、新年の挨拶と共に2冊の本が送られてきた。一冊は小学館発行の月間人気漫画(西願良平画)「三丁目の夕日」の最新号で、その付録として斎藤利江さんが撮影した160枚に分けて掲載した「三丁目の街角スナップ」昭和30年代の春夏秋冬という写真集だった。その内容は「三丁目の夕日」の各卷に写真と文章を提供したもので、今回は過去10年間の掲載分から選んで一冊にまとめたもの。彼女は中学、高校時代に趣味として写真を撮り、カメラ雑誌やコンテストに入選、10代ころまでプロカメラマンを目指していたが、高校を卒業する寸前に父の猛反対に会い夢を断念した。彼女の父は綱広といい私の写真の先輩である。

60歳の誕生日に見つかった父からのプレゼント

斎藤さんは、父が亡くなって10数年後、遺品の整理をしていると「利江のネガ」と書かれたクッキーの缶を発見。写真家になることに猛反対していた父に処分されたと諦めていたネガはカビが生えぬように大切に保管されていたのである。何よりも代えがたい父、綱広さんからの60歳誕生日の、最高のプレゼントだった。桐生で彼女と会った時、その写真とネガを見せてくれた。チャンバラごっこ、祭り、運動会、紙芝居などなど子供たちの遊ぶ四季折々の、昭和の世界を克明に捉えたものだった。中でも花嫁さんを見つめる子供たちは、その昔カメラ雑誌(カメラ毎日一等賞)で見たもので、強烈に私の脳裏に焼き付いていていた作品だった。

写真弘社の柳沢社長を紹介し、半年後に桐生の公民館であの日、あの時、あの笑顔の写真展が開催された。このことを地元紙やNHKが取り上げると、当時の花嫁さんも孫を連れてに来たり、チャンバラの子供たちも夫婦で見に来たりで、会期中公民館は大賑わいだった。以後東京のニコンサロン(当時京橋)で開いた写真展では朝夕のゴールデンタイムにNHKが紹介、その影響でニコンサロンは始まって以来の盛況になり、銀座4丁目の交番や近くのカメラ店に「ニコンサロンはどこ」という会場の問い合わせが殺到した。

今回は漫画、三丁目の夕日の付録だが、2月下旬にはA5160ページの斎藤利江写真集が小学館より発行される。定価本体1800円+税・・・ちょっと宣伝し過ぎたが、写真を見れば納得する。しかし「これが彼女の写した写真?」と、疑う人もでてくると思うが、このことは当時モデルになった花嫁さんやチャンバラごっこ子供たちが、30数年ぶりで再開した「斎藤利江」を囲んで、当時のことを思い出して懇親していることでも証明できる。

カメラも、現代のように押せば写るというようなカメラではない。絞り?は、シャッタースピード?は、フイルムの感度は?と、露出を考え撮影した撮影基本知識なければ撮れない時代に写しもの。写された写真はそうした難度を乗り越えたフットワークのきいた実にうまいスナップ写真である。

f0018492_21291610.jpg


# by yumehaitatu | 2018-02-03 12:00 | 写真雑学 | Comments(0)

18年02月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  駐車場
富士5合目より南アルプスを背景に撮りました。
f0018492_09594304.jpg
◆ 杉山利雄  東京駅夜景
東京駅夜景三脚使用出来ないのでブレを気お付けて撮影しました、パノマラ写真をつくりました。
f0018492_09594818.jpg
◆ 大川元一  乾坤一擲
都筑区の「やすらぎ公園」でのスナップです。じっと木の上から機を伺っていた翡翠が、まさに乾坤一擲、獲物に向かって池に飛び込む瞬間を撮影しました。
f0018492_09595616.jpg
◆ 荒城優子  Brighten(煌めく)
煌めく年でありますように!!!
f0018492_10505863.jpg
◆ 臼木敏夫  滝凍る
春は名のみぞ 滝凍る
f0018492_10510161.jpg
◆ 加藤豁子  タウンスナップ
2枚の画像とパープルの背景を重ねてフイルター加工してから、その中の1枚画像をコピーして載せました。
f0018492_18434727.jpg
◆ 堀節子  もの思い
モデル撮影の作品をソフトレンズで撮ったように作ってみました。
f0018492_23333989.jpg
◆ 前島文子  樹氷
木の形で樹氷の形が違うので感動しました。
f0018492_23335512.jpg
◆ 田中登美子  賛否どっち派?
バルセロナでの独立賛否デモの日に遭遇しましたが、何だか穏やかで参加している様な犬がいました。
f0018492_00362340.jpg
◆ 芦川福男  珊瑚砕庭
南西諸島の島嶼は、嵐が襲来しさんご礁を攪拌する結果、さんご砕片や星砂が浜に打ち寄せられ白砂を形成するという。白砂で庭造りした伝統的住居、ブーゲブレアも老木でした。
f0018492_13335847.jpg
◆ 高張一司   何処へ
数枚の画像を合成して構成しました。
f0018492_22221418.jpg
◆ 早瀬きせら   今夜は哲学的気分
MM赤レンガで撮りました。
f0018492_22222793.jpg
◆ 月岡悦子  時を越えて
奈良県明日香村にある石舞台古墳ですが、石の大きさに驚きました。過ぎ去った時代から現代へ変わることない存在を感じました。
f0018492_22234383.jpg
◆ 安田達也  新春太鼓
寒中神輿錬成大会で撮影。背景を処理して仕上げました。
f0018492_22053657.jpg
◆ 腰高和雄  再会
若き日の印象を、作画してみました。
f0018492_01172902.jpg
◆ 小間康嗣  虹の一斉放水
横浜消防の出初式で海水のしぶきを被りながら撮った一枚です。
f0018492_01194865.jpg
◆ 松浦孔政  モネが日本庭園を描いたら
もし、モネが睡蓮のない日本庭園を描いたらという妄想を元に作成いたしました。
f0018492_01195702.jpg
◆ 齊藤智徳  厳冬の湖の夜明け
寒い日の早朝 湖に薄氷が張り湖面に美しい模様が広がった 日の出前空が濃紺に染まり湖との境目が赤く染まるにつれ山の木々の間からも赤い光が漏れ 空と木々及び湖面の光のグラデーションが見事でした。
f0018492_21051500.jpg
◆ 大嶋丁未子  傷
長浦港で撮影した古タイヤと錆びたドアの2枚を合成しました。
f0018492_21052788.jpg
◆ 向山康三  出会いのとき
成人を祝う江の島寒中神輿でのスナップです。
f0018492_21053528.jpg
◆ 本山栄子  頑張れ~
箱根駅伝復路を1位で帰って来た、青学の選手を日本橋で撮りました。
f0018492_21054395.jpg
◆ 宮丸哲夫  少年の日
公園入口で
f0018492_21173558.jpg
◆ 髙橋洋子  帯を織る
お祝いの帯を織っていた、年配のベテラン職人さんらしい。大きな機械室で機織り機の音が響いていた。
f0018492_21174129.jpg
◆ 永田廉  イナズマのおみやげ
雷の落下後、虹の出現と紅葉の出会をイメージしました。
f0018492_21180523.jpg
◆ 多田正司  山手西洋館
絵になる山手西洋館とモデルを合成して華やかな雰囲気の絵にしてみました。
f0018492_21181057.jpg
◆ 曽我知克  光のファンタジー
東京ドイツ村で撮影したもの2枚を覆い焼きカラーで重ねたものです。
f0018492_21181710.jpg
◆ 和田政夫   遅刻寸前
ストレート写真です。
f0018492_12292310.jpg
◆ 長尾勝利   アイコンタクト
羽田空港で撮影しました、整備員がコックピットに手を振っている姿が印象に残り、コミツク調の合成画像を作成してみました。
f0018492_12292955.jpg
◆ 西垣憲明   雪
雪の積もった馬のモニメントを見て、感じた感情。
f0018492_13340403.jpg
◆ 渡利升秋  願いを聞いて
イルミネーションの前の二人の思いを作画した。
f0018492_12294085.jpg
◆ 永島明  四季彩・春色
最近は四季の彩を様々な色に見立てて、日本的な少し控えめな色彩で表現し和紙にプリント、シリーズ化しています。
f0018492_12294423.jpg
◆ 菅野俊雄  石窟の仮面
石窟に時代を越えて保存された仮面(デスマスク)が、薄明りに浮かび上がるイメージです。顔面の画面はMB3DのHeight map手法で作画しました。
f0018492_17452653.jpg
◆ 橋本和成  サンタ・ライダー
クリスマスイブ、みなとみらいの交差点で信号待ちのサンタクロースの一団を撮影、照明が殆どなく赤かぶり状態の画像を修正補正した。
f0018492_17353692.jpg
◆ 金城敬子  都会のオアシス
丸の内中通りからブリックスクエアはオフィス街の憩いの場になっています。
f0018492_17354791.jpg
◆ 寺村博行  真珠の首飾り#2
f0018492_17355190.jpg
◆ 古殿絹枝  昨日見た夢_もう逃げられない
昨日見た夢_デンタルクリニック。もう逃げられない。
f0018492_17360272.jpg
◆ 荒島謙一  雪ん子
ほんとの雪ん子ではないですが顔がかわいく北の国の子供の様で思わず撮影
f0018492_17391426.jpg
◆ 佐々木茂  6月のバイブリー
イギリスのコッツウォルズ地方のバイブリーです。スケッチ風にした後、モノクロにしてみました。モノクロ化はSilver Efexで行いました。
f0018492_17484740.jpg
◆ 大木伊都子  帰港
志戸崎漁港に帆引き船を撮りに行きましたが、はるか遠くで思うように撮れません。撮りたかったイメージにアレンジしました。映り込みはフリーソフトrefletで作り、鳥ブラシを使っています。
f0018492_02590317.jpg
◆ 松尾エリカ  鳴らない電話
年下女性の、顔のないポートレートです。
f0018492_17192747.jpg
◆ 堀田義夫  居座る寒波
日射しの届かないところの冷え冷えとした感じを表現したかった。
f0018492_17194098.jpg
◆ 知久誠  3年ぶりの月
東京隅田川の夜に3年ぶりに見ることのできた赤い皆既月食を配しました。
f0018492_17194546.jpg

# by yumehaitatu | 2018-02-01 21:00 | 18年02月例会作品

やぶにらみ論法 105号 堀田義夫  「点数は後からついてくる」   

やぶにらみ論法 105  「点数は後からついてくる」  堀田義夫

 私の写真仲間に中谷はるみさんという女性がいる。この人は山梨県出身で、いまふるさと「武州・山梨」をモチーフに精力的に取材を続け、山梨県の観光大使も務めている。

 この夏、日本一過疎化が進んでいると報じられた地域をモチーフにした写真展が山梨県・早川町茂倉集落で開かれた。その展覧会の設営その他で協力した伊藤写真の社長・堀口彰洋さんに案内されて訪れました。

 展覧会に合わせて「守られて 山梨県・武田の里」という豪華な写真集も発行されました。山梨県知事も巻頭言を寄せています。私は今が“旬”の作家の一人だと思っている人です。

 その人が久しぶりに我が家を訪れて四方山ばなしをしていたのですが、そのなかで次回の作品発表のコンセプトにその地方の方言を織り込んだ仕事がしたということを話していました。

 その動機となったのは、彼女の展覧会を見にきた郷土史家の学者が、中谷さんの失われていく人間の記憶を次世代に残そうとする姿勢に共感して、分野は異なりはすれど同じように記憶から遠ざかる地域の方言を研究している自分の姿と重ね合わせ映像作家と歴史学者とのコラボレーションを提案されたという話でした。 

 こうしたことを考えると私は、写真という趣味を持ったことで、中谷さんは新しい出逢いのチャンスを手にしたと思うのです。出逢いの機会を多く持てば、優れた人財との出逢いが期待できます。そうしたことでいままでの仕事が更に深く大きく次の仕事へとつながっていくのだと思うのです。

 中谷さんは更に言葉をつなぎ「こうしたことが成功するか、失敗するか解りません、とにかくやってみます。いい結果を期待するのではありません。やった結果、その点数は後からついてくると思うんです」 とその前向きな姿勢には頭が下がりました。

 私は相田みつをさんという詩人の作品を指針に生きようとしてきました。その人の作品の中に「点数」というのがあります。

“にんげんはねぇ 人から点数をつけられるためにこの世に生まれてきたのではないんだよ にんげんが先点数は後”

 中谷さんの話は忘れかけていた私の記憶の中のこの作品を思い起こさせてくれました。巷間「専門バカ」という言葉があります。さしずめ私なんかは写真バカといわれる部類です。ですが、15年前デジタルフォト研究会を立ち上げようとしたとき従来の写真仲間だけではなく、いろいろの人たちに集まってもらい「共育」という信条の基に、いろいろと学ぶことができる機関を作りたいと思っていました。

 そのためには、デジタルフォト研究会という組織があって人が集まるのではなく、優れた人財がいることが魅力だといったデジタルフォト研究会という組織作りを望んだのです。幸いなことに順調に成長してきたと思います。

 これからも“井の中の蛙”で狭い枠組みの中でチマチマとその組織の中の常識に縛られた活動ではなくグローバルな目線で運営を考え、人財の育成や確保に努めることが出来たら良いなぁーと思っています。
「夕照の池」


# by yumehaitatu | 2018-01-06 17:00 | やぶにらみ | Comments(0)

18年01月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  行進
背景のビルや観衆をカットアウト他で整理しました。
f0018492_10571250.jpg

◆ 神鷹徹  新年のご挨拶
今年もよろしくお願いします
f0018492_18164162.jpg

◆ 早瀬きせら  今夜は何か起こりそう
東京 六義園の紅葉ライトアップです。
f0018492_17522214.jpg

◆ 杉山利雄  ランドマークタワー
ランドマークタワーのパノラマ写真ガラスがブルーの色がついているのでブルーをへらして作成しました、映り込みも気にして撮影しました。
f0018492_9152325.jpg

◆ 臼木敏夫  新しき年の初めの
初春のけふ降る雪のいや重(し)け吉事(よごと)
f0018492_9164877.jpg

◆ 芦川福男  沖縄の「1日花」
ハイビスカスを美しく撮ろうと思案投首。由布島では亜熱帯の厳しい陽が、この「赤花」の背後にあった。肉厚の葉は、照葉樹よろしく銀色。照度の緩和を図るにつれ、花房に対する光の透過量が変って見えました。ホテルに帰って売店に立ち寄ると「パイナップと赤花エキスをブレンド」したゼリー商品が目に飛び込んだ。
f0018492_23573970.jpg

◆ 加藤豁子  賀正
2枚の画像を重ね、羽子板の画像は切抜、色調補正で調整しました。
f0018492_23583895.jpg

◆ 荒城優子   Spring Light.b
あたらしい世界!!! 
f0018492_16194411.jpg

◆ 齊藤智徳   クリスマスツリー
大きなクリスマスツリーの前で自撮りしている2人のご婦人とベビーカーで寝ている可愛い子供たちを撮影しました(宮ケ瀬湖畔での景色です)
f0018492_16203294.jpg

◆ 堀節子   私は誰だ
夜の動物園の撮影に行きましたが、暗くて何も撮れなかったので、そこらのポスターを撮ってデザインしてみました。
f0018492_23293432.jpg

◆ 高張一司   本所黒江町
煎餅の箱にあった筆文字の和歌とネコをいれて旧作品をリメークしました。
f0018492_23302229.jpg

◆ 佐々木茂   初冬の裏磐梯
裏磐梯の大沢沼です。雪景色の中の映り込みが大変奇麗でした。
f0018492_0585740.jpg

◆ 永島明   松柏図
背景は金属の腐食が進んだ状態の写真。どんなに硬くて強い金属もやがては腐食してゆくのに、松柏は長い年月緑を保つことができる。その対比を象徴的に表現してみようと思いました。
f0018492_2247355.jpg

◆ 前島文子  年賀状
ツーショットのワン子からの挨拶です
f0018492_2248277.jpg

◆ 大嶋丁未子  クリスマス・イブ
ウインドーの小さな電飾を撮影しました、白、赤、紫の派手な色を落として夜の雰囲気にしました。
f0018492_7565429.jpg

◆ 腰高和雄  慈しむ
子持ち慈母観音を、慈しみ見守る阿弥陀如来を作画しました。
f0018492_7574375.jpg

◆ 小間康嗣  月面着陸
夜空に沈んだ旅客機をレベル補正で精いっぱい明るくしましたので画面が荒れてしまいました。ロゴマークは手書きで着色しました。
f0018492_7584390.jpg

◆ 田中登美子  城ケ崎
城ケ崎の岩に打ち付ける波を水彩画風に作画しました。
f0018492_22102892.jpg

◆ 宮丸哲夫  「また来年ということで・・・」
2017年、いろいろありましたが。
f0018492_2211261.jpg

◆ 古殿絹枝  春風に乗って
巨大な凧が空に浮かぶさまは壮大そのものです。今年はどんな風が吹くのでしょうか?
f0018492_22144040.jpg

◆ 曽我知克  富士遠望
落日前の茜色の空をバックに、富士山とJAL機が重なってくれたものです。
f0018492_22153995.jpg

◆ 西垣憲明   明けましておめでとうございます。
昨年はお世話になりありがとうございました。今年も宜しくお願い致します。
f0018492_22163588.jpg

◆ 多田正司   小春日和
三渓園の撮影会は暖かく小春日和でした。何組も結婚式があったようで幸せな門出の写真が撮れました。
f0018492_9513247.jpg

◆ 長尾勝利   少年の夢
少年が夢の中で横浜港内の遊覧船から見た光景を画像合成で作成してみました。
f0018492_9522328.jpg

◆ 松尾エリカ   地獄結び
元の画像は背景に水が降って青く幻想的なシーンです。全く違う、ハッとするような赤い印象にしてみようと思いました。
f0018492_953642.jpg

◆ 向山康三  迷い道
漁港の絡まるロープをモチーフにしました。
f0018492_954255.jpg

◆ 羽太皓  一人ぼっち
暮れに娘の家に行ったら、25㎝位のこんな人形があった。人形の衣装を手作り(ブランド名も刺繍)して、インスタグラムでいわゆる「インスタ映え」する写真を投稿するのが、子育て世代のママ達に流行っているらしい。娘の作成した衣装を着た人形を私も真似てスマホで、私なりのインスタ映えの写真にしてみました。これからの世代はカメラといえばスマホで、撮り方が独特で楽しさが伝わる気がした。
f0018492_9544761.jpg

◆ 渡利升秋  天使とET
ショウウインドウのデイスプレーを合成し、色合いを変えてみた。
f0018492_12394974.jpg

◆ 五嶋和夫  聖夜・光の舞
船上の人のLEDが描いた光跡にシャンパンタワーを合成してみました。
f0018492_11251782.jpg

◆ 松浦孔政  いい湯だな~2018
年賀状用に作成いたしました。
f0018492_11261259.jpg

◆ 金城敬子  木漏れ陽
三溪園撮影会で撮影したものです。トリミング、レベル補正しました。
f0018492_1127727.jpg

◆ 大木伊都子  この道
山頭火の自由律俳句「この道しかない 春の雪降る」を先の割れた古い筆で書き、北海道美瑛の写真に取り込みました。
f0018492_11512861.jpg

◆ 荒島謙一  良き日に
きれいな巫女さんに見とれてポートレイトで。一枚頂きました。
f0018492_23185685.jpg

◆ 知久誠  こら!待て
銀座の街角に現れた侵入者を撃退する子犬
f0018492_2320984.jpg

◆ 寺村博行  御年賀
HAVE A HAPPY NEW YEAR!
f0018492_23223318.jpg

◆ 月岡悦子  家に帰ろう
青梅の昭和幻燈館に飾ってあった、人形の作品3枚を撮って作りました。お仕事から帰るお父さんが、商店街の誘惑に負けそうになりますが、迎えに来た子供に「家に帰ろう」と言われて帰るところです。
f0018492_2323258.jpg

◆ 髙橋洋子  深秋の渓谷
山谷の色彩あふれる秋の情景、心和む一時です。
f0018492_1519288.jpg

◆ 本山栄子  初春の舞
1月2日に芝離宮庭園で撮った写真2枚を合成しました。
f0018492_15195424.jpg

◆ 橋本和成  虹の柱
新橋汐留、ビルの谷間の広場、年末に向けての飾りつけで虹模様の柱が建てられていた。光の当たり方で模様が動く。撮影後の処理で虹模様を強調してみました。
f0018492_16444865.jpg

◆ 菅野俊雄  望郷
「帰りたい、青い地球へ。遠く離れた宇宙の果てから地球を思う望郷の念。」 ステーション、シップ、顔面をMB3Dで作画し、地球、銀河はNASAハッブルからの画像と、SF風に合成してみました。
f0018492_16453641.jpg

# by yumehaitatu | 2018-01-04 21:00 | 18年01月例会作品 | Comments(0)

17年12月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  赤レンガの前の黄いろい自転車
赤レンガの前に並んでいた黄色い自転車が印象的だったので撮りました。
f0018492_23543684.jpg

◆ 杉山利雄  あかね色
ランドマークの夕景の富士山をパノマラ写真を作りました。
f0018492_23553434.jpg

◆ 佐々木茂  秋の水音
奥日光・竜頭の滝近くの急流の紅葉です。Virtual Painterのガッシュフィルターを使って絵画調に仕上げました。
f0018492_23564066.jpg

◆ 大川元一  疑心暗鬼
良く使用される四字熟語を写真で表現することにチャレンジしてみました。最初は「疑心暗鬼」です。広い荒野の中の道を一人の男が歩いています。疑ってかかると、その男の足跡からミサイルが発射されるのではないか、なんて妄想を抱く事もあるかもしれません。
f0018492_2357408.jpg

◆ 芦川福男  植物戯画
”北海道ガーデン街道”に加わる「上野ファーム」(旭川市)の花園散策で目を留めた深紅のオリエンタルポピーです。花弁の真上から撮影。操作するうち、黒部分を凝視すれば、🐼(パンダ)の眼と口元にも見えました!
f0018492_23584939.jpg

◆ 臼木敏夫  鬼哭啾々
恨むが如く咽ぶが如く・・・ インカの遺跡です
f0018492_00693.jpg

◆ 荒城優子  美しい地球
宇宙へ漂いたい!!!
f0018492_2111492.jpg

◆ 前島文子  青森中野紅葉山
紅葉山に登る途中に小さな神社がありましたのでそれを油絵風にしました。
f0018492_21124441.jpg

◆ 堀節子  ひと夜の逢せ
夜9時頃どこからともなく甘い良い香りがしてきました、香りの元を探りましたら作業部屋の出窓に置いてあった月下美人に真っ白な花が咲いていました、頂いてから10年目にしてやっと花が咲きました、たったひと夜の花の命でしたが咲いてくれた嬉しさと愛おしさで作品にしてみました。
f0018492_21134511.jpg

◆ 武藤英雄  飲み会
夜、野毛の飲み屋街を散策しました。仲間と楽しげに飲んでいた若者に声をかけたら快く撮らせてくれました。雰囲気を出したかったのでモノクロにしてみました。変換ソフトを使って銀塩現像で処理しました。
f0018492_21145687.jpg

◆ 加藤豁子  追憶
4枚の画像を重ねて、描画モード・レイヤーマスク・不透明度で調整しました。
f0018492_21154844.jpg

◆ 高橋玲  myself
カラーをモノクロにしました。
f0018492_8123634.jpg

◆ 早瀬きせら  ポールダンス
5mのポールの上での セクシーなダンスです。
f0018492_8165187.jpg

◆ 高張一司  大正浪漫
野毛の飲み屋街に「大正ロマン」という看板がかかっていたので、街もそれらしくノスタルジックな雰囲気に。
f0018492_8181542.jpg

◆ 安田達也  歴史博物館の装い
11月初旬、県立歴史博物館外壁にプロジェクション・マッピングが投影されました。
f0018492_046195.jpg

◆ 月岡悦子  郷愁
小池緋扇展で撮ったお人形を使って、かぐや姫が故郷に思いを募らせる場面をイメージしました。
f0018492_046486.jpg

◆ 松浦孔政  楽しい~
マンカラ(ゲーム)のルールを教わり、ハマっている一コマです。
f0018492_0473553.jpg

◆ 小間康嗣  妖精の森
10月の応用講座で大木さんの作画技法と作品に触発されてメルヘン調の作品を作りました。
f0018492_0482298.jpg

◆ 田中登美子  初冬の沼で
あまり美しくない沼の枯れ草に夕陽が当たって輝いて美しかった。
f0018492_031915.jpg

◆ 腰高和雄  レトロな店先
店先に案内嬢(牝馬)を立たせました。
f0018492_0315683.jpg

◆ 荒島謙一  パニック
子供が恐怖の瞬時が撮れました背景も流れて慌てぶりが見えれば成功しました。
f0018492_033627.jpg

◆ 向山康三  雨の日
三浦の漁港で撮った数枚からつくりました。
f0018492_21592148.jpg

◆ 大嶋丁未子  夏すぎし
猛暑の夏を思いおこしモノクロにしてみました、フイルター加工を少しかけました。
f0018492_2201328.jpg

◆ 渡利升秋  魔女の世界
花の写真を極座標で加工して背景に、魔女はブラシで手書き。お月様はポスターを切り抜き、最後にブラシでスモークをつけた。
f0018492_2214598.jpg

◆ 本山栄子  晩秋
大沼公園でリスを見つけました。
f0018492_2224752.jpg

◆ 曽我知克  コックピット
今年は雨でBIの演技が流れる中、やっと入間で撮れたものです。
f0018492_2232938.jpg

◆ 和田政夫  正体不明物体
f0018492_2243125.jpg

◆ 永島明  1/fのゆらぎ
水面の緩やかな動きに安らぎを感じて作品にしてみました。
f0018492_2252437.jpg

◆ 長尾勝利  江ノ電
電車をカラフルにしてみました。
f0018492_2262274.jpg

◆ 菅野俊雄  ドッキング
先端部システムがステーションに結合する瞬間。 MB3D作画画像を銀河世界を舞台にSF風に合成してみました。
f0018492_2271593.jpg

◆ 永田廉  秋色
きれいなホウズキに魅せられて秋色の舞を表現しました。
f0018492_228789.jpg

◆ 羽太皓  ミステリアス
デスプレイの小物を写した写真をカットアウト(エッジのポスタリゼーションやモザイクタイルなど)で強調しました。街中の大きなモニターに映り出されていた網目の画像が妙に気にいり何枚か写した中の2枚を重ねました。想像通りテクスチャーの役割をしてくれました。顔の部分に僅かに網目が残すべきか悩みましたが、消してしまいました。
f0018492_18571243.jpg

◆ 多田正司  微笑み
CP+で撮影したモデル嬢をフィルターギャラリーのテクスチャーや描画モード、その他で肖像画をイメージして作りました。
f0018492_1858034.jpg

◆ 金城敬子  世界遺産
青岸渡寺の三重の塔と那智の滝を版画風にしました。
f0018492_1745256.jpg

◆ 髙橋洋子  ハローウェンの想いで
盛り上がったハローウェンも終わり、こんな事も有ったと思い出してみました。
f0018492_1746234.jpg

◆ 宮丸哲夫  アカミミガメ
近くの水路を移動中
f0018492_17472199.jpg

◆ 寺村博行  真珠の首飾り
f0018492_1748432.jpg

◆ 神鷹徹   Xmasプレゼント
こんなプレゼント欲しいな!
f0018492_1748498.jpg

◆ 西垣憲明   筑波山山頂
筑波山山頂に行ったら晴天で素晴らしい景色であった。
f0018492_7261466.jpg

◆ 知久誠   不穏
黒い雲と赤い雲の下の遺跡が不気味に感じられます。
f0018492_21573080.jpg

◆ 松尾エリカ   オカメと日の丸の火曜サスペンス劇場
ねえオカメちゃん! アタシゼッタイ犯人はあの女だと思うのっ。
f0018492_7284390.jpg

◆ 田崎龍一   光の競演
世界の一流ブランド企業が集まる銀座には、個性的なビルが立ち並ぶ。年の瀬になると光の競演が楽しめる。
f0018492_730333.jpg

◆ 五嶋和夫   踏切
遮断機が上がったら別の世界が開けるかな・・・。
f0018492_1731274.jpg

◆ 橋本和成   冬の始まり
東京国立博物館の裏庭で水辺のススキに太陽光が差し込み光っていたのでシャッターを切った。ススキの光が映えるように画像処理をした。
f0018492_174370.jpg

◆ 大木伊都子   聖夜
野毛、飲み屋街の夜を撮りに行きました。街燈の虹色が印象的でしたのでクリスマスイブを描いてみました。12月の飲み屋街にもサンタは小さな幸せを届けてくれます。
f0018492_1755367.jpg

◆ 堀田義夫   精一杯
金昌寺の石仏
f0018492_843270.jpg

# by yumehaitatu | 2017-11-30 21:00 | 17年12月例会作品 | Comments(0)

やぶにらみ論法104【自分流を楽しむ】堀田義夫   

【自分流を楽しむ】堀田義夫

2017年の「夢の配達人展」も好評で多大な成果をあげて終わった。そして私自身大いに学ばせてもらいました。

 例えばAさんの色彩のセンスに刺激を受け、Sさんの作品の完成度の高さに学び、Hさんの可能性を追求する姿勢に感動し、Wさんの美術に対する造詣の深さに敬意を覚えるといったように実に多士済々。デジタル研究会の人財の豊かさ、魅力を強く感じました。

 こうした思いは観客から作品購入を希望されるといった形で具現化していました。他の展覧会とはこのあたりの反応は大いに違っています。

 反面、「これ写真かい?絵だと思ったよ!」「変な写真ばっかりだね」といった感想もありました。だからといってこれは如何なものかといった気はチョットもしません。

 日常会話の中で、「何とも奇妙な光景を見た」といってもその奇妙さを伝えるには一枚の写真を撮っていれば説明が簡単だけど、言葉だけで説明しようとすれば大変。写真は一目瞭然。これで解るように、写真を説明のために写しているのです。誰もが見て判る写真、言葉で説明できる写真が一般的写真というように思われているんですね。

 私は“説明していない写真が面白い”と思っています。「おっ、面白いところを見つけたね」

「こういうのって、ふつう撮らないよ」 「でも何となく気になるなぁー」というような写真が撮れたらシメタものと思っています。これは見る人の心を「つかんだ」からです。

 表現者として一番必要なことは、この「つかみ」ではないかと思っています。

 私は仲間と撮影に行ったときなど、誰も撮らないところを撮るってことが多い。たとえば小屋の羽目板、錆びた看板、コンクリートの割れ目といったふつうはそんなものは撮らないと考えられるものに「何かいいんだよねー」といった感覚で撮影する。

 それを撮ったらなんになるのか、と考えたら何も撮れなくなる。考えちゃダメ!

“誰もが撮るものを撮っても面白くならない、他人が撮らないものを撮る“。そんな姿勢でいる。

 創作活動は自分だけの世界です。「変なものばっかり撮っているねぇ」といわれたらホンモノだと思っています。「なぜこういうものを撮るのか解んないなぁ」といわれたら御の字です。

 最初はヘンなヤツだといわれていても続けると個性として認められ、作家として一目置かれるようになると思っています

 よい作品というものは、見る人が写真から何かを感じ取ろうとする気持ちが動くかどうかです。 「この写真なにかヘンな写真だけどいいんだよなぁ」とか「想像力をかきたてるっていうか、詩を読むって気分になる。そういう魅力があるよねぇ」といった言葉が続いたら最高。

 「言葉に出来ないものを写真にしている」言葉にできるくらいなら写真なんかやっていない。

そうした独りよがりが個性につながるのです。個性が感じられない写真は他人も面白がっちゃくれません。そう思って“自分流を楽しむ”ことにしています。


海底の葬送>


# by yumehaitatu | 2017-11-03 21:26 | やぶにらみ | Comments(0)

17年11月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  ヨットハーバー
江の島のヨット群を黒ペンで書いたように作画しました。
f0018492_10124665.jpg

◆ 杉山利雄  サンセツト
夕景の堤防の二人に太陽を合成しました。
f0018492_10133650.jpg

◆ 大川元一  赤色エレジー
絢爛豪華な衣装を纏った、美しい花魁。でも、色覚異常の人には、どのように見えるのでしょうか?赤色異常の場合をシミュレートして見ました。右半分が赤色異常のシミュレートです。
f0018492_18101346.jpg

◆ 荒城優子  Form a
あらたなる形求めて!
f0018492_1811084.jpg

◆ 臼木敏夫  隧道を抜けると
崖の上に立つ修道院
f0018492_18114783.jpg

◆ 芦川福男  Not 蝶 But 三大花
8月最終週に沖縄の離島を探勝。竹富島では「オオゴチョウ(黄胡蝶)」の花木を運転手が車内に引き入れ、「画材としてどうぞ」と、沖縄三大花の一つを例示。島は赤瓦屋根+魔除けシーサーの古民家群の保存に懸命。シーサーは口を開けたオスと閉じたメスを右左に1対、威風堂々と配置するー。「中に、魚をくわえた像も」というが、左に見えたのでメス?!
f0018492_8432255.jpg

◆ 堀節子  まあきれい
夏休みに「夜の動物園」という企画があり行ってみました、暗くて手持ちではブレてしまいキリンしか撮れませんでした、ちょうど花火大会をやっていたので合成してみました。
f0018492_8434522.jpg

◆ 加藤豁子  浮遊
蘭の画像を形と色を変えて2つにし、カーテンともみじの2枚を白黒にし不透明度等で調整してバックとし載せました。
f0018492_844360.jpg

◆ 前島文子  霧の摩周湖
摩周湖に行ったら霧が無かったので霧を作りました。
f0018492_845233.jpg

◆ 古殿絹枝  秋の微笑み
秋の野原を鮮やかに彩るコスモス。ぼかし機能で作った丸ボケと合わせてみました。
f0018492_845475.jpg

◆ 林美江子  実りの秋
ハロウィンの季節花屋さんの店先で観賞用可愛いカボチャを、色や形を選びノーマルに仕上げました。
f0018492_0333818.jpg

◆ 高張一司  庭に樽
ニッカウヰスキーの北海道・余市工場。カットアウトとエッジのポスタリゼーションを使いました。
f0018492_0344862.jpg

◆ 早瀬きせら  道行
日本で一番好きなお祭り「おわら風の盆」です
f0018492_0354340.jpg

◆ 西垣憲明   晩秋
大木講師で習った水彩画風の作画をもとに、水彩画の作品を作成した。
f0018492_142827.jpg

◆ 月岡悦子   晩秋
木とフクロウの写真2枚を合成して作りました。寒さの中でいたわりあうフクロウをイメージしました。
f0018492_154990.jpg

◆ 腰高和雄   dream(夢)
遠い昔の夢を作画してみました。
f0018492_16439.jpg

◆ 小間康嗣   東京見物
東京に住む息子か娘が親孝行で田舎の両親を東京見物に招いたシーンです。
f0018492_173828.jpg

◆ 安田達也  いなりっこ・出番前
10月1日、三浦市三崎の伝統芸能「いなりっこ」の発表会がありました。当日の楽屋風景です。
f0018492_182736.jpg

◆ 永田廉  花魁さん勢揃い
豪華絢爛の衣装で皆さんに目線の気配りでそれぞれの表情をいただきました。
f0018492_8235775.jpg

◆ 向山康三  岩牢の監視人(雷雨編)
数年前のストック作品に雷/雨を入れてみました。
f0018492_8245171.jpg

◆ 大嶋丁未子  恐怖のブルーホール
八景島シーパラで撮影した2枚の画像を合成しフイルターを使い遊んでみました。
f0018492_8254897.jpg

◆ 漆原利大  雨滴の造形
雨滴が水面に落ち、輪の中に偶然造られた水鏡に写った木の形に魅せられました。
f0018492_8264296.jpg

◆ 曽我知克  光跡
羽田空港に着陸する機体のライトを、白トビを避けて、複数回に分けて露光したものを重ねたものです。
f0018492_827303.jpg

◆ 渡利升秋  天界の花
曼珠沙華はサンスクリット語で天界の花を意味する。背景に天界をイメージし、黄金の曼珠沙華を配した。
f0018492_0474710.jpg

◆ 和田政夫  銀座新幹線
f0018492_1355450.jpg

◆ 羽太皓  赤い花
撮れと言わんばかりに店先に飾られていたディスプレイに、ハロウィンで見つけた飾りだらけの女性を組合わせました。プリントをしてみると、花の部分と人間のカットアウトを逆にするべきだと思いました。女性の顔が粗すぎてしまいました。
f0018492_9582348.jpg

◆ 高橋玲  DRINKING TIME
ストレイトです
f0018492_050880.jpg

◆ 荒島謙一  遊び終えて
夏の終り夕日を背にもう帰ろうか?まだ遊びたいなーそんな風な
f0018492_0511223.jpg

◆ 長尾勝利  姉妹の目線
ブライダル店のウインドウを姉妹が食い入るように見つめていたので撮影した。
f0018492_05262.jpg

◆ 菅野俊雄  爆風波
星の大爆発からの電磁波と粒子の衝撃で破壊された宇宙基地。 
f0018492_0525535.jpg

◆ 寺村博行  ホルスタイン
明日は牛乳を飲むぞ。
f0018492_0534145.jpg

◆ 永島明  PEACE
いたずら書きの壁面に自然の岩肌などを加工合成したものに、手書きのイラストを組み合わせました。
f0018492_0543794.jpg

◆ 宮丸哲夫  秋の空
10月の空は明るくて・・・・
f0018492_21351320.jpg

◆ 松浦孔政  ハッピーハロウィン
右の自画像を利用したく作成しました。
f0018492_9591198.jpg

◆ 多田正司  イエロー&レッドフィッシュ
クリスタルガラス水槽のエンゼルフィッシュに色とりどりのライトを当てて展示していてすごく綺麗でした。イエローとレッドに照らされた魚たちを合成して賑やかにしました。
f0018492_100121.jpg

◆ 五嶋和夫  夜の美術館
閉館作業を終えようとしている美術館、早くも夜の世界の住人たちが姿を現しました。
f0018492_1012024.jpg

◆ 本山栄子  花遊び(コスモス)
里山ガーデンで撮りました。背景が暗かったので、グラデーションを使い淡い色に仕上げました。
f0018492_1022022.jpg

◆ 金城敬子  夏の浜辺
きれいな海の風景でしたが寂しかったので、ビーチバレーを楽しむ人をイラストで入れました。背景は海の波紋で加工しました。
f0018492_1031360.jpg

◆ 橋本和成  放列
横須賀三笠桟橋から猿島に向かう途中、係留しているタグボートの傍を通過した際に撮影した。タグボートのフェンダーとして使われている古タイヤが見事に一列に並んでいたのが目立った。
f0018492_20214377.jpg
◆ 大木伊都子  秋夕焼(あきゆやけ)
平塚の海で富士山の夕景を撮りました。藤城清治の影絵風にしたく、ブラシに紅葉画像をクリッピングして絵作りしました。
f0018492_11485325.jpg

◆ 佐々木茂  秋の竜頭の滝
10月中旬、奥日光に行ってきました。今年の紅葉は、期待したとおりに綺麗でした。
f0018492_2115577.jpg

◆ 堀口彰洋  使者
博物館のハニワをモチーフに古代からの使者をイメージしました。
f0018492_21165231.jpg

◆ 小林紀夫  熱唱
上から見た彼岸花を反転しただけです。
f0018492_21174284.jpg

◆ 堀田義夫  撮影会
食堂には行ったら片隅に椅子が積み上がっていました。それをモチーフにコレクション画像を貼り込みました。
f0018492_21182839.jpg

◆ 知久誠  彩り
志賀高原にある色鮮やかな琵琶池を油絵風にしてみました。
f0018492_21191865.jpg

# by yumehaitatu | 2017-11-02 21:00 | 17年11月例会作品 | Comments(0)

17年10月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  木漏れ日
ストレート作品
f0018492_10461252.jpg

◆ 杉山利雄  ランドマーク夕景
大さん橋から、ランドマークを背景に富士山を入れて撮影しました。
f0018492_10471379.jpg

◆ 芦川福男  遠浅の色 at 星砂の浜
8月28日早朝、羽田発のANA直行便で石垣空港。高速船で西表島上原港着が正午。タクシー側の提案から、同島西部のビューポイントへ。まずは、”星砂の浜”。夏休み終盤。が、竹富島では老若のサイクル姿。加えて、91歳ばあさんから三味線入りで沖縄POPSを拝聴。
f0018492_10482521.jpg

◆ 荒城優子  静寂
秋!ゆったりと読書*****
f0018492_2219284.jpg

◆ 加藤豁子  スプーンパホーマンス
展示物を部分撮りし色調補正、三本のカラープラスプーンを並べて撮った画像をコピーし、変形 描画モード変更して重ねました。
f0018492_2220176.jpg

◆ 臼木敏夫  ♪月が鏡であったなら~~
恋いし貴方の面影を~~
f0018492_1723563.jpg

◆ 田中登美子  竿灯祭り
今年の竿灯祭りは300団体近くの参加で留学大学生も凄い技を披露してくれて圧巻でした。今回は提灯を作品にしてみました。
f0018492_8184278.jpg

◆ 堀節子  月あかり
杉林を撮った映像を月あかりで幻想的に見えたように創作してみました。
f0018492_8192833.jpg

◆ 前島文子  タイタニーク
三浦半島の小さな漁港の夕景に八景島のツーショットを連れてきました。
f0018492_1733442.jpg

◆ 林美江子  彼岸花
彼岸の頃庭の片隅で・・・クリーム色です。
f0018492_1304274.jpg

◆ 高張一司  フェイス
2日続きで秋雨が降った日の作品です。
f0018492_175268.jpg

◆ 早瀬きせら  夢一夜
京都伏見稲荷で撮った画像を作画しました 。
f0018492_184317.jpg

◆ 古殿絹枝  魔女の館
元町の裏通りに人形のお店があります。飾り窓にはグリム童話に出てくるような魔女がほとんど。Halloweenに向けて出番を待ちわびているようですね。
f0018492_177156.jpg

◆ 月岡悦子  花の香
包装紙の花柄が綺麗でしたので写真に撮り、花を切り取り形や色を変えて花瓶に生けました。花の香りが漂う感じに作りたいと思いました。
f0018492_1323583.jpg

◆ 腰高和雄  真剣眼差し
幼児・大人合わせて10名ほどが、この画を観て一瞬静まり返った。
f0018492_1333173.jpg

◆ 武藤英雄  風の囁き
風に揺れ動く風鈴を狙って多重露光しました。風と風鈴が語り合っているようでした。
f0018492_20193991.jpg

◆ 高橋玲  待て!
カラーからモノクロにしました。
f0018492_23465078.jpg

◆ 荒島謙一  コスモス満開だ!
天気の良い日満開に出くわした、若い女性が思わずスマホで撮影真後ろから撮らせてもらった。
f0018492_23474871.jpg

◆ 向山康三  レトロな町
鶴見線国道駅、昭和にタイムスリップ。
f0018492_1154187.jpg

◆ 小間康嗣  のぞき見
最高のポジションに陣取りましたが鐘、太鼓、三味線のお姉さんのお尻に邪魔されてこんな写真になりました。
f0018492_1164241.jpg

◆ 渡利升秋  MOA 3rd St.
新宿MOA 3rd St.の雑踏をHRD加工してモノクロにした。雑踏と色彩が想定してもらえればと思います。
f0018492_1174550.jpg

◆ 大川元一  RGBの北斎
一般に印刷用に使われている色のC,M,Yの代わりに、R,G,Bと黒を使って印刷した北斎の絵です。白の部分R,G,Bの点にならないような工夫を施しています。
f0018492_22312569.jpg

◆ 永田廉  朝顔ファミリー
フェンスに絡みついた朝顔、背景をアーチにそれをステンドガラス風に仕上げました。
f0018492_2232197.jpg

◆ 大嶋丁未子  小さな水族館
綺麗なガラス窓とクラゲを合成し自分だけの水族館を作りました。
f0018492_22331659.jpg

◆ 宮丸哲夫  「おっ、よそ者!!」
大きな魚が彦根城のお堀に。
f0018492_11205290.jpg

◆ 曽我知克  光跡
複数回に分けて露光したものを重ねて、長時間露光と同じ効果を出し且つ白トビを避けることをトライしたものです。
f0018492_1853114.jpg

◆ 長尾勝利  トンボ
夏の昆虫、トンボをべつの背景画像に貼り付けてみました。
f0018492_834452.jpg

◆ 和田政夫  記憶の扉
f0018492_8345267.jpg

◆ 多田正司  雨も楽しい!
銀座で急に降ってきた雨でも傘もささず、楽しそうに歩いているカップルがいました。左右に人を合成してフィルターを使い、その雰囲気を強調しました。
f0018492_8355114.jpg

◆ 菅野俊雄  古城幻影
峻険な岩峰の向こうに古城。背景は山頂で撮った岩山と遠望の山々。 MB3Dの作画画像を実景と合成してみました。
f0018492_8363973.jpg

◆ 西垣憲明  穏やかな日
三浦海岸でのどかな穏やかな日を見た。
f0018492_10195797.jpg

◆ 堀田義夫  海からの贈り物
食堂の水槽を写しました。
f0018492_13817100.jpg

◆ 佐々木茂  マッターホルンと登山電車
マッターホルンとゴルナグラード行きの登山電車です。アンティーク風なモノクロに仕上げました。
f0018492_1022634.jpg

◆ 五嶋和夫  お空、飛べるかなぁ
腰越海岸の海の家の壁に描かれた鳥の羽根が見事だったのでそれを基に人間の夢を作画してみました。
f0018492_10234188.jpg

◆ 本山栄子  一心不乱
しながわ宿場祭りの1コマです。
f0018492_10244538.jpg

◆ 知久誠  青の森
森を青くして、そこに女性がさまよう感じにしました。森は藤沢から、女性は江の島から調達しました。
f0018492_10254027.jpg

◆ 羽太皓  暇つぶし
観光地での1コマです。エッジのポスタリゼーションとテクスチャで作りました。よろしくお願い致します。
f0018492_10263824.jpg

◆ 松浦孔政  お花畑
美瑛のお花畑をファンタジー風に表現してみました。
f0018492_10273151.jpg

◆ 寺村博行  寒露
冷たい露の結ぶ頃 貴女(あなた)の眼(まなこ)に結ぶもの
f0018492_1028327.jpg

◆ 金城敬子  帰り道
影絵風に作りました。夕景に彼岸花を入れました。
f0018492_10292569.jpg

◆ 大木伊都子  暗雲
江ノ島水族館の海月館で丸い噴水と天井画を撮りました。今年はあちらこちらで洪水被害が起きています。異常気象や太陽フレアなど地球の未来に暗雲が立ちこめてきた不安をブラシを追加して描きました。
f0018492_10303169.jpg

◆ 安田達也  訓練終えて
8月27日、れんが倉庫前の海上で、横浜消防による遭難者救助の訓練が披露されました。
f0018492_10403345.jpg

◆ 田崎龍一  オンネトーの秋
雌阿寒岳の麓にある小さな湖、オンネトー。紅葉した原生林が湖面を鮮やかに染める。
f0018492_1391433.jpg

# by yumehaitatu | 2017-10-05 20:00 | 17年10月例会作品 | Comments(0)

やぶにらみ論法103 【展覧会から学ぶ】堀田義夫   

やぶにらみ論法103 【展覧会から学ぶ】堀田義夫

まもなく「夢の配達人展」があるが、最近仲間たちとグループ展を開いた。

 そこで私の個人的な観察によると、展覧会を見てくれる人たちのなかに大きな過ちを犯している人が多くいるように思えた。

 「この写真何ミリで写した?」「そんなに長いレンズじゃないよね、100㎜くらいかな?」「こうした写真はやっぱり望遠だね」「ボケ具合がいい。絞りはいくつくらいなんだろう」といった調子で、作品の内容に触れることよりも関心はもっぱら技法なのだ。

 またモノクロプリンとなると、「プリンターはなに?」「用紙はどこの製品、その銘柄は?」と執拗に聞いてくる人もいる。

 それは写真の撮り方やプリントのお勉強会とでもいった見方だ。写真展を見て、上手い撮り方をする、綺麗なプリントだといった作例写真という見方しかできないというのは情けない。いまのカメラやプリンターの性能はそうした技法の習得を必要としないほど進化している。技術力を評価していた過去の価値観は捨てるべきです。作品を見てなにを感じ何を読み取るといったことが抜け落ちていたら、写真は薄っぺらなただの画像でしか過ぎないとわたしは思っています。 驚いたことに観客の方から、「作品が作者それぞれバラバラで、見にくい!」といった指摘もあったことです。

 「風景写真が好き」「花の写真が好き」といったように写真の分野の同好会としてまとまるということも腕を競い合うという意味ではいいのかもしれないが、いまは写真の趣味はシニア世代が中心だが、コンピュータ社会の中にいる今日のシニア世代は昔の同世代とは写真の感性が違うはず。写真上達法をお勉強する時代じゃない。

 私たちは、それぞれがそれぞれの方法で撮っている写真を持ち寄って、見せ合い語り合ったりしながら、写真展を開き、写真集に纏めている。金太郎飴でもあるまいし、指導者がいて、みんながそれに右に習え!といったグループ活動は望まない。

 ○○写真が上手に撮れましたという成果発表のような写真展では、心ある写真愛好家は物足りなさを感じるだろうし、共感も得られない。それぞれの作者が何を考え、写真で何を表現しようとしているのかを見てもらいたいと思っているのに、そうした期待を裏切っては申し訳ない。

 わたしの作品について多い質問は「はじめからこうしたイメージがあったのか?」ということだった。私がその質問に「モチーフ(写そうとした動機)に遭遇したら、とりあえず写します。それを何度か見ている内にイメージが湧きます」と答えると怪訝な顔をする。

 作品を制作するということは遊び心が必要。いまのカメラは「ちゃんと写る」んです。だからちゃんと遊べば、ちゃんと遊んだ心が観客に伝わる。「こんな写真見たことない」といわれれば最高の賛辞だと思っている。と答えて煙に巻いていました。まもなく「夢配展」です。大いに遊び心を楽しんでみてください。

疑 心


# by yumehaitatu | 2017-09-02 17:00 | やぶにらみ | Comments(0)