<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

写真雑学61     反骨のボクサー     渡辺澄晴   

写真雑学61     反骨のボクサー     渡辺澄晴

 東京オリンピックを2年後に控えた1962915日、社命によりニコンのニューヨーク現地法人に転勤した。妻と2歳の長男を日本に残しての単身赴任だった。偶然にもこの日は私の33歳の誕生日でもあった。その頃の日本経済は1ドルが360円の時代で、まだ急成長以前。勤務先のオフィスは、マンハッタン5番街111番地。ブルックリンのアパートから地下鉄に乗って30分の所にあった。

 赴任して間もなく、UPI通信社の依頼でシカゴに飛んだ。世界ヘビー級チャンピオンフロイド・パターソン対ソニー・リストンとのタイトルマッチを、リングの上から撮影したいというUPI通信社の依頼によるものであった。野球場の特設リングに250枚撮りカメラを5台取り付け、それらをリングサイドからカメラマンが1人で操作する工事である。今なら何でもないことだが、当時としては画期的な企画だった。試合は1ラウンドでチャンピオンのパターソンがリングに沈んでしまうあっけない結果だった。翌朝新聞紙上にはノックアウトの連続場面がユニークなアングルで載っていた。

嬉しいパニック 1960年、ローマオリンピックで金メタルを獲得したモハメド・アリがプロに転向し1964年、前述のソニー・リストンを破り世界ヘビー級の王者となった。そのモハメド・アリが1976616日プロレスラー、アントニオ猪木とによる格闘技戦で来日した。テレビでは羽田空港に2000人のファンが押し寄せ、大混乱の様子が報じられた。その彼を「ニコンの工場(品川‣大井)に呼ぼう」と、いうことになった。「来るわけがない」「駄目でもともと」「無理は承知」」で、交渉したところ、あっさりOKの返事がきた。まるで狐につままれたようだった。

 試合を2日後に控えた超多忙をさいてモハメッド・アリが乗った車が工場に到着した。休む間もなくニコンF3の組み立てラインを見学したが、その途中従業員の作業着にサインしたり女性社員にボクシングのポーズをしたりのサービス。他の職場の人たちは社内放送の制止も聞かず仕事を放棄して見学通路に待ちはだかる嬉しいパニックのひと時だった。帰りには、ささやかな土産だが、ニコンF3を寄贈した。そのモハメッド・アリが去る6月3日に亡くなった。

 人種差別を受けた悔しさから獲得した金メタルを川に投げ捨てたり、ベトナム戦争に反対し、兵役拒否で禁固5年と1万ドルの罰金を科せられ、その後も信念を曲げずに戦い続け、1971年に最高裁判所で無罪を勝ち取った反骨のボクサーモハメッド・アリさん。謹んでご冥福をお祈りします。
f0018492_17561042.jpg

by yumehaitatu | 2016-08-06 17:45 | 写真雑学 | Comments(0)

16年8月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  ばら模様
ばら一輪と葉に見立てた緑を配し、図案化しました。
f0018492_17495036.jpg

◆ 大川元一   Blackeyed-susans
Bless Both Beautiful Blackeyed-susans
Blackeyed-susanは日本ではルドベキアと呼ばれている外来種の菊の名前です。女性は、「女優志願」等のスーザン・ストラバーグ(Susan Strasberg)で、背景をセピアカラーにして、落ち付いたイメージを出してみました。
f0018492_1751999.jpg

◆ 加藤豁子   涼しさを!
盆が過ぎると・・・ 海は荒れるし水母も出るぞ
f0018492_859398.jpg

◆ 臼木敏夫   荒れる海
羽田空港で撮った画像を先月教えて頂いたHDRトーン他をして涼し気にしました。
f0018492_904570.jpg

◆ 西垣憲明  生命力
鎌倉文学館にある樹木の根が素晴らしく立派で、生命力の凄さを感じた。
f0018492_915116.jpg

◆ 前島文子  信号機
小湊線牛久駅の信号機が手書きのようでした。
f0018492_925035.jpg

◆ 荒城優子  レタスの中
何がでてくるのかな?
f0018492_94146.jpg

◆ 永田廉  タイムスリップ
江の島で見つけたマンホールのふたです。オリンピックセーリング会場を昔物語、銅版画風にレタッチしました。
f0018492_952487.jpg

◆ 高橋玲  鳴らない電話
ストレイトです。
f0018492_965468.jpg

◆ 高張一司  教会
教会の外観と内部を合成しました。
f0018492_981721.jpg

◆ 早瀬きせら  あら 恥ずかしい!
二年に一度、伊勢佐木町モールを30基のお神輿が練り歩く、お三の宮のお祭で 撮りました。
f0018492_99404.jpg

◆ 宮丸哲夫  もっと出ておいで
エンボスを使い、更に額縁も加えてみました。
f0018492_9105052.jpg

◆ 小間康嗣  江戸川情景図
江戸時代の矢切の渡しを想像して作画しました。
f0018492_912938.jpg

◆ 腰高和雄  雫に誘われ
雨蛙が雫の元へ立寄る姿を作画しました。
f0018492_9143440.jpg

◆ 古殿絹枝  花旗日記
文字を大きくすれば鮮明な画像ができます。パソコンの中の面白絵文字を使って編集してみました。
f0018492_9155118.jpg

◆ 大嶋丁未子  透明人間
コレクション画像ピンクの足跡と漁港で撮影した漁具を合成し遊んでみました。宜しくお願い致します。
f0018492_9173285.jpg

◆ 月岡悦子  漂うままに
江の島水族館で撮った3枚の写真を合成して、ゆったりと泳ぐクラゲの様子を表したいと思いました。
f0018492_9191713.jpg

◆ 荒島謙一  なぎさ連
サンバ踊り(ブラジル)見た後、やはり日本人で良かったな~阿波踊り優雅に舞ってました。
f0018492_9214598.jpg

◆ 菅野俊雄  深海遺跡
深海に無人探査機を派遣。宝珠の遺跡を発見・・・。3Dフラクタルソフト(MB3D)で複数作画し合成してみました。
f0018492_922596.jpg

◆ 曽我知克  エアーレース
強風で中止になる直前のチャレンジャークラスによるテスト飛行です。
f0018492_9235886.jpg

◆ 齊藤智徳  半島の日没
北海道 野付半島に沈み行く太陽を対岸の尾岱沼(オダイトウ)の海岸から撮影。曇り空の一瞬の晴れ間から太陽が顔を出し周囲の雲を赤く染め半島の松も見えて幻想的でした。(2016-1-28 16:30 絞り10、f 1/500, 300mm)
f0018492_15345048.jpg

◆ 中村孝太郎  元気を食う!
元気に育った高原野菜、この元気を食う!
f0018492_1536549.jpg

◆ 向山康三  望郷津軽
荒天の中、強風に耐え地を這うような小さな老木とその向こうに見える波立つ海が印象的でした。
f0018492_15371161.jpg

◆ 佐藤正二  都市動脈
都会・都市には、生活・製造などの元となる動脈(赤色表示の電気、ガス、水道等の3基幹)が、又使用済みの静脈(青色表示の下水管)が人体の血管のように張り巡らされています。これらの地下に埋蔵された配管を、人体の血管のように浮き上がらせた画像を工夫、加工してみました。
f0018492_10153937.jpg

◆ 和田政夫  花火
暑中お見舞い申し上げます
f0018492_10164991.jpg

◆ 多田正司  ショーウインドー
銀座のショーウインドーにはいつも最新ファッションのモデルたちが着飾って並んでいます。そんなモデルたちに集まってもらいました。
f0018492_10182586.jpg

◆ 長尾勝利  タケノコの想い
タケノコも、人間に発見される前に早く成長しないと食糧にされてしまいます、必死で成長します。
f0018492_1615026.jpg

◆ 小林紀夫  ピンクに包まれて
夏の水生植物蓮の花、花托の形状から「蜂」を入れて見ました。
f0018492_16161868.jpg

◆ 大木伊都子  レアモンスターGet!
上溝夏祭りで山車の上に跳ね踊る白ぎつねを見つけました。世界的大ブームのポケモンGOは現実空間にモンスターが現れるという「拡張現実」技術の紹介であり、これからどんな活用がされていくのかとワクワクします。期待を込めてポケモンGOでレアモンスターをGetしてみました。
f0018492_16172576.jpg

◆ 五嶋和夫  鉄路
闇の中から出現したヘッドライトの美しい光芒と輝く線路です。
f0018492_8271940.jpg

◆ 髙橋洋子  納涼
桜の木の葉に虫食い穴が一杯、背景を素敵な納涼船が行く様子を映しました。
f0018492_21125522.jpg

◆ 佐々木茂  夜明けの湯の湖
奥日光の湯の湖です。早朝3時半に宿を出て、湖畔に立ちました。朝焼けを期待したのですが、残念ながらこの日は、日の出を見ることはできませんでした。
f0018492_21134592.jpg

◆ 田崎龍一  雨上がる
伊豆の城ヶ崎海岸です。小舟は入れました。
f0018492_21143650.jpg

◆ 堀田義夫  初夏のたより
公園の草むらを撮りました。
f0018492_8272468.jpg

◆ 渡利升秋  マスク
樹木をミラーカメラで撮影しました
f0018492_7594381.jpg

by yumehaitatu | 2016-08-04 21:00 | 16年08月例会作品 | Comments(0)