<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

16年4月例会作品   

◆ 渡辺澄晴 杜の妖精
カマキリの幼虫で構成した妖精。少女の顔です。
f0018492_11494683.jpg

◆ 齊藤智徳 硫黄山の硫気孔
北海道 川湯温泉付近 硫黄山の噴気孔から噴出する蒸気と硫黄の固まりを近くによって撮影したものでストレートの写真です。
f0018492_11505147.jpg

◆ 佐藤正二 モダンウォール
地味な外壁を派手に仕上げました、下階はまだ工事中。
f0018492_11514669.jpg

◆ 前島文子 河童池
09年の八ヶ岳撮影会に撮った三分の一湧水池を河童池にして見ました。
f0018492_11525147.jpg

◆ 堀節子 夕照の干潟
夕陽に照らしだされた干潟がきれいでした。
f0018492_11534755.jpg

◆ 臼木敏夫 駆けだす春
あめつちの潤う時ぞ それっ!
f0018492_11543591.jpg

◆ 大川元一 臘八会(ろうはちえ)
12月の季語になってしまいましたが、臘八会とは「釈迦が雪山で六年間苦行をして下山。菩提樹下で暁の明星を仰いで悟りをひらいたという日であり、禅宗では法会が営まれる」とあります。六地蔵は彩度と明度を調整し、ポスタリゼーションで強調しました。
f0018492_11552568.jpg

◆ 加藤豁子 ウインドー
銀座裏で撮ったウインドーディスプレーを2枚重ねてレイヤーマスクで調整しました。
f0018492_11561973.jpg

◆ 本山栄子 花遊び(雲南黄梅)
グラデーションと描画モード使って色を変えて作りました。
f0018492_2237347.jpg

◆ 安田達也 マラソンの応援
横浜マラソン・第6給水所で、日本バーテンダー協会々員が応援。バーテンダーのみなさん、とにかくかっこいい。
f0018492_22375648.jpg

◆ 早瀬きせら  Stay up late !
赤レンガ横の新港ふ頭前にオープンした、お洒落な街 マリン&ウオークで撮りました。タイトルは壁に描かれている文字で「宵っぱり」 という意味です。
f0018492_2238493.jpg

◆ 武藤英雄  ギャル
パラソルをさした二人のギャルと色とりどりの花を利用した多重露光や画像合成で人物を花模様に作画しました。
f0018492_22483323.jpg

◆ 高張一司  キャニオン
古いレコードジャケットをベースに峡谷の画像ともう1枚のレイヤーを重ねました。
f0018492_22492129.jpg

◆ 古殿絹枝  春の眼ざめ
春の到来。虫たちは活発に動き始めています。朝日を浴びてクモが輝いていましたので思わずカメラを向けてカシャッ。以前学習したRefletで水辺に揺れる画像にして、ブラシで蜘蛛の巣を足しました。
f0018492_22502023.jpg

◆ 西垣憲明  ストリート
六本木にある洒落たストリートがあり感動した。
f0018492_22511031.jpg

◆ 谷口勝太郎  祇園花見小路
作成した線画に色付けしました。
f0018492_22522100.jpg

◆ 小間康嗣  競走
羽田空港で飛行機と船の競走をイメージしました。
f0018492_22525077.jpg

◆ 腰高和雄  鉄道機関車操作員
貨物、客車を牽引するための、電気機関車と蒸気機関車の切り替え作業。
f0018492_22534723.jpg

◆ 大嶋丁未子  ふる里の秋
モノクロで霧の朝をイメージしました。
f0018492_22275898.jpg

◆ 寺村博行  パプリカの記憶
パプリカは瞑想する。
f0018492_9481177.jpg

◆ 荒城優子  Warp Space
たくさんの星の島々を 宝石のように胸にちりばめー   A。Poe
f0018492_22572877.jpg

◆ 羽太皓  記念写真
昨年の馬車道まつりの1コマです。歴史博物館の前での撮影会、カメラマンが多いのでモデルの目線がばらばらでそれなりに面白い。建物は大理石ですが古さを出すためにかすれたレンガ色にしました。ここで写した5枚の写真をまとめて1枚にしました。
f0018492_2258227.jpg

◆ 向山康三  妖しい隠れ家
バリで見つけたコレクションから作ってみました。
f0018492_9491642.jpg

◆ 月岡悦子  目覚め
貝母(ばいも)の花が、土の温みを感じて咲きだす雰囲気を表したいと思いました。
f0018492_9502367.jpg

◆ 多田正司  春の便り
ひな祭りの頃訪れた南足柄郷土資料館の前には残雪の中に菜の花を抱えて春を待っているようなひな人形が飾ってありました。ポストもあって春の便りを待っているようでした。
f0018492_9512569.jpg

◆ 曽我知克  着陸
羽田空港に着陸するボーイング767の機体下面に、接地する滑走路端のマークが映り込んだ瞬間です。
f0018492_9521232.jpg

◆ 千村道夫  白い雲
住んでいる街を歩いていたら、白い雲が浮かんでいたので撮影しました。めったに見られない光景でした。
f0018492_2275788.jpg

◆ 永田廉  カメラアイ
目線で画面構成を描く基本のポーズ
f0018492_228482.jpg

◆ 高橋玲子  宮殿
ストレイトです
f0018492_2293945.jpg

◆ 中村孝太郎  追憶
大地の太陽眩しいばかりの彩り、そんな光景も今は記憶の片隅へ
f0018492_22104868.jpg

◆ 堀井裕子  Iove
二枚の写真を合成し、フォルムと刺激的な色で大人のIoveを表現しました。
f0018492_22113814.jpg

◆ 荒島謙一 鯉の滝登り
今年から始まったよさこい竜馬。目を引いたのはこの大旗鯉のぼりが素晴らしいので何とかしたいと本来ないところに入れてみた。
f0018492_22124661.jpg

◆ 堀田義夫 湖畔に遊ぶ
屏風仕立てで作画しました。
f0018492_22133530.jpg

◆ 和田政夫 S氏の憂鬱な日々
人は不安の中で前進と後退を繰り返し、生きている。
f0018492_22285437.jpg

◆ 渡利升秋 水を飲む
水面の模様に、横浜美術館の彫像を合成し、金色にした。
f0018492_22295037.jpg

◆ 長尾勝利 トンネルを抜けると河津
伊豆にいつた際河津で撮影しました。
f0018492_134106.jpg

◆ 田中登美子 春が来た
料亭の雰囲気に枝垂桜がよく似合ってたので、雰囲気を出してみました。
f0018492_13563.jpg

◆ 小林紀夫 熱き青春
若さ溢れる少女たちの躍動感が印象的でした、赤い文字部分以外はストレートです。
f0018492_1361439.jpg

◆ 池上晃 A級戦犯容疑者の孫の政治を許さない
重篤な核災があった福島県浪江町の帰還困難区域、復興予算で造られた津波用避難階段。りっぱですねー、ところで一体誰が使うのでしょう?FUKUSHIMA IS UNDER OBLIVION (NOT CONTROL).
f0018492_1371048.jpg

◆ 菅野俊雄 魔界に迷いこむ
空が映る奇妙な部屋に迷い込んだ娘。懸命に歩くも出口が遠い・・・。3Dフラクタルソフトで作画して夢想し、空と能面と女性を加えて合成してみました。
f0018492_138783.jpg

◆ 佐々木茂 明智平のアカヤシオ
奥日光の明智平に咲くアカヤシオです。5月連休頃が見頃です。山雪の残る山並みは日光白根です。
f0018492_139152.jpg

◆ 大木伊都子 静心なく花の散るらむ
4月になると桜が描きたくなります。雅叙園で撮った屏風に桜をアレンジし、書を入れました。
ひさかたの光のどけき春の日に しづこころなく花の散るらむ (紀友則)
f0018492_2135914.jpg
◆ 髙橋洋子 此れも芸?
大道芸が有り、その一つにゴム手袋を被り膨らませている、しかも鼻息でです。風船に色を付けてみました。
f0018492_2152045.jpg

◆ 金城敬子 春ですね
背景は裏磐梯、リスは伊豆のお寺の庭で撮りました。2枚を合成しました。
f0018492_2171259.jpg

◆ 橋本和成 満開
鼬川の桜、川沿いのイタチの像の目が青空の青に染まって印象的だった。
f0018492_2182494.jpg

◆ 高橋礼子 舞う

f0018492_2110574.jpg

by yumehaitatu | 2016-03-31 17:00 | 16年04月例会作品 | Comments(0)

デジタルフォト玉手箱 2016年4月   

デジタルフォト玉手箱
●原画
f0018492_17263610.jpg
■1.腰高和雄  蜘蛛の糸

f0018492_17261360.jpg
■2.小間康嗣  おいらんと女郎蜘蛛
f0018492_17283285.jpg
■3.神鷹徹  蜘蛛巣城主
f0018492_17293356.jpg
■4.北川俊子  ハロ−ウィンに参加してます
f0018492_17300016.jpg
■5.金城敬子  降ってくる
f0018492_17302294.jpg
▲a1.加藤豁子  誘惑
f0018492_17304524.jpg
▲a2.月岡悦子 待ち伏せ
f0018492_17310780.jpg
▲a3.渡利升秋 競艶
f0018492_17312718.jpg
▲a4.永田廉 プリズムをバックに
f0018492_17320364.jpg
▲a5.渡辺澄春  我慢
f0018492_17322312.jpg

by yumehaitatu | 2016-03-31 16:33 | 玉手箱 | Comments(0)

やぶにらみ論法(94)  100点仕事と60点仕事   

100点仕事と60点仕事(94 2016/02/08

今年の抱負に、「生きているうちに 働けるうちに 日が暮れぬうちに」という相田みつをさんの詩を掲げた。

川柳に 「年老いて 飲み込み悪い 喉と脳」 というのがあったが、年を重ねるごとに,やらなければならない仕事を先送りにしてきたと感じたからだ。

 思いついたこと、やらなければならないことも若い頃に比べると、失敗しないように、人から認められるようにと思う途端に、だんだん臆病になってきた。

 ところがこの考えは誤りであることに気付いた。それは仕事はすべて100点を取らなければダメ!という妄想を持っていたからである。

 60点でも良い、その60点をたたき台に、残り40点は他人との議論を進めながら埋めていく、いわゆる他力本願の気持ちでやるんだと余裕を持った方がよいと気づいた。

 こうした考えをわたしの主宰する写真団体瓢蟲社の柱として「意見は言うべし、決定には従うべし」と織り込み済みと自分では思っていたが、実行がともなっていなかったと思った。

 人が議論をするとき、脳は交戦状態になる。このことは若さを保ち、少しでも惚けを遅らせる最も有効な方法であると思っているから大いに歓迎したいのだが、戦前の教育を受けた私らは、聖徳太子の「和をもって貴し」と教えられ、他人と協調する、仲良くすることを美徳と教育されてきた。だから無闇に人と言い争わないことを心がけた。

 ところが敗戦後はそうした風潮は影を潜めて、欧米風に自己主張の風潮が定着し「徹底的に議論を戦わすことによって、良い結論が得られる」といった考えが定着した。そして私もその考えに従い主宰する写真団体瓢蟲社の活動に、その思想を取り込んだのである。

 だが、実際に「よりよい意見」をぶっけられても、「俺の意見を否定しゃがって!」 と、憤りを感じるのが一般的な人間の反応だ。そのため議論は脳を交戦状態にすると前述したのである。

 議論などというものは、口の達者な声の大きい人が、その場を制圧する。だから私は「徹底的に議論をすれば,良い結果が生まれる」とは、単純に思っていない。

 議論慣れした人なら、自分の考えのどこが間違っているかに気付き、考え方を変えることができるが、どうも日本人は議論下手が多い。また、自分の意見は間違ったと気づいても修正したがらない。それは自分の考えは間違っていない! と100点満点の評価を期待するからだろう。

 ところが最近目にした書物に「一流の店長ほど休みを多く取る」ということが紹介されていた。内容は、自分でする仕事と、他人に任せる仕事を上手に仕分けるから、結果としてすべてを自分でやらなくても、スムーズに権限委譲ができて、チームワークがよくなり業績を上げることができた。すなわち60%の仕事しかしなくてすむ。と

 ところが真面目な人や向上心の高い人ほど、何でも自分でやらないと気が済まない。「自分がやった方が早い」と、100点満点を目標にする。しかし、こうした人には後継者は育てられないと思うのだ。

 本研究会の2016年度の総会で、活動内容の説明を聞きながら、この「一流の店長」の姿がオーバーラップした。これからも一流店長はじめ一流役員さんによろしくご教導願いたいと思った次第である。
f0018492_11033118.jpg

by yumehaitatu | 2016-03-05 17:00 | やぶにらみ | Comments(0)

16年3月例会作品   

◆ 渡辺澄晴 羽田沖航空ショー
羽田空港に離発着する航空機を船から撮影した一部をものをまとめました。
f0018492_22495520.jpg

◆ 加藤豁子 ある冬の日
銀座裏をお散歩photoをした時に撮った3枚を重ねてレイヤーマスクで調整して作りました。
f0018492_1723139.jpg

◆ 臼木敏夫 春の潮
日は伸びる なにか明るい・・・
f0018492_1741073.jpg

◆ 前島文子 ブラックホール
ランドマークタワーのエレベーター天井絵にアインシュタインを入れました。
f0018492_17541.jpg

◆ 田中登美子 祈り
台湾の方々の信仰心の強さを感じました。
f0018492_0482992.jpg

◆ 月岡悦子 早春
早咲きの桜とメジロの写真を撮りました。春らしい作品にしたいと思って、全体を明るくして薄いピンク色をかけました。フィルターのテクスチャーライザーを使って見ました。
f0018492_0493063.jpg

◆ 大川元一 霊峰
今月は「れ」です。 「霊峰の 玲瓏(れいろう)として 冷気満つ」 写真は忍野八海から撮った富士山です。辺りを睥睨して聳える富士の神々しさに打たれました。
f0018492_22502411.jpg

◆ 高橋礼子 油絵調1
撮影時は、とてもきれいだと思いましたが白い空などが目立ち良くありませんので油絵調にしてみました。
f0018492_0514511.jpg

◆ 荒城優子 桜の精
なにゆえに 古い鎖を切り落とさないのか!  D.I
f0018492_055868.jpg

◆ 早瀬きせら Look!
フランス領事館 後の壁の光と陰が面白かったのでポーズをとってもらい撮影し、作画しました。
f0018492_0561100.jpg

◆ 齊藤智徳 不穏な想い
経済の変動 想定外の天候の変化、格差の拡大等々により感じる時代の不穏な想いを作品にしてみました。
f0018492_057095.jpg

◆ 堀節子 貴婦人達
長崎グラバー園で華やかな衣装の女性に会いました、あまり華やか過ぎるので少しシックにしてみました。
f0018492_058067.jpg

◆ 古殿絹枝 春は曙
線を沢山描き、束ねてキュッ、広げてフワッ。ふくらましたり縮めたり、いろいろ遊ぶうちに面白線描画の出来上がり。
f0018492_05924.jpg

◆ 堀井裕子 風の戯れ
海岸で彼氏が彼女の写真を撮っていました彼女のポーズに風が戯れ思いがけない写真が撮れました。
f0018492_10382.jpg

◆ 高張一司 手を出すな
危険な男がいました
f0018492_105840.jpg

◆ 松浦孔政 アマゾネス
ライティングの勉強のために作成いたしました。
f0018492_23951.jpg

◆ 武藤英雄 異次元の入口
トンネルの向う側に風船を持った少女があらわれた。どこから来たのと尋ねるとあっちと答えた。可愛いねと言ったらはにかんだ。写真を撮らせて言うと直立不動の姿勢になった。その愛らしさあどけなさは天使のようだった。少女はきっと異次元の世界の天使に違いないと思った。
f0018492_124092.jpg

◆ 高橋玲子 時の狭間
ストレイト  周りの黒の部分を少なくしました。
f0018492_133278.jpg

◆ 腰高和雄 雪の合掌の家
残り柿を食むカラスを挿入して、作画しました。
f0018492_072848.jpg

◆ 寺村博行 夕陽のパプリカ
なぜか大好きなパプリカです。
f0018492_082430.jpg

◆ 本山栄子 早春
三渓園で見ごろの紅梅を見つけました。水彩画風に作りました。
f0018492_22513888.jpg

◆ 向山康三 秘密基地
丸の内、汐留などのイルミネーション撮影画像から作りました。
f0018492_22523494.jpg

◆ 大嶋丁未子 異常気象
昨年12月に初めて「しまなみ海道」を車で横断しました風雨が強く不安を感じました、2枚の画像で不安感を楽しんでみました。
f0018492_23112980.jpg

◆ 小間康嗣 春節パレード
横浜中華街での春節龍パレードを作画しました。
f0018492_22542892.jpg

◆ 谷口勝太郎 春爛漫
満開の桜を表現するため桜の切り抜きを合成しました。HDR風に加工しました。
f0018492_22564626.jpg

◆ 千村道夫 道くさ
三崎の路地で、小学生の赤いランドセルと影が印象的だったので撮影しました。
f0018492_22573612.jpg

◆ 曽我知克 夜行便
これから出発する機体が、暗闇の中で、点滅する赤色のアンティゴリジョンライトの光で浮かび上がる一瞬を撮ったものです。
f0018492_22583387.jpg

◆ 小林紀夫 氷柱
氷の造形なのでブルーを強調しました。
f0018492_22592332.jpg

◆ 羽太皓 不思議な窓
箱根彫刻の森美術館で出会った光景です。
f0018492_2301116.jpg

◆ 中村孝太郎 ワープ
抽象画作品に始めて挑戦どこで終えたら良いかわかりません。まるで迷路に入ったみたいです。
f0018492_23124292.jpg

◆ 渡利升秋 菜花畑を行く男
モノクロに変換してみました。
f0018492_2313418.jpg

◆ 長尾勝利 相鉄横浜駅ホーム
ホームの円柱広告が印象的感じたのでセピア色にしてレトロ諷な画像を作成してみました。
f0018492_23144332.jpg

◆ 荒島謙一 へんな~大根!
三浦の河津桜見物三浦大根の中にこんな変形の大根が、女児が近づいて行きました。
f0018492_2316194.jpg

◆ 和田政夫 頭の固くなった自画像
最近、心身共に固くなってきました。脳だけでも柔らかくしたいものです。顔の輪郭はレントゲンで撮った自分の実像です。
f0018492_23165258.jpg

◆ 橋本和成 歴史の跡
根岸森林公園にある旧競馬場一等観覧席跡、ツタが全体を覆い、長い歴史を思わせる。
f0018492_134943.jpg

◆ 堀田義夫 寒夜の悪夢
箱根彫刻の森美術館で写しました。
f0018492_135441.jpg

◆ 池上晃 九条を消しサル男
私なりの九条改憲反対表現です。TagxedoとPhotoshopを使いました。
f0018492_1355880.jpg

◆ 菅野俊雄 魔界への迷い道
先程の分岐で魔界の奇妙な森に迷い込んだよう。先行くメンバーは誰も気づいていない。3Dフラクタルソフトで作画して夢想し、吹雪を加えてレタッチしてみました。
f0018492_1365595.jpg

◆ 神鷹徹 HOTほっと
冬の寒い日の外出から帰り、部屋で「ホットドリンク」を飲み「ほーっと」している所を表しました。
f0018492_1375384.jpg

◆ 佐々木茂 梅の宿
桐生にある重要文化財の彦部家屋敷の梅です。版画風にし、中央の紅梅を鮮やかにしてみました。
f0018492_1384617.jpg

◆ 田崎龍一 軍艦島上陸
明治から昭和にかけて海底炭鉱によって栄えた端島(軍艦島)を、クルーズ船に乗って訪れた。40年前に閉山し現在は無人の島。世界遺産登録を機に、上陸者は増加している。
f0018492_1393637.jpg

◆ 五嶋和夫 空高く
バンジートランボリンを見ていて自分も鳥のように空高く飛べたらと思い作画してみました。きっと気分爽快。
f0018492_1402910.jpg

◆ 宮丸哲夫 イクメン
イクメンをマネキンに
f0018492_1412068.jpg

◆ 大木伊都子 littleカルメン
ダンスグループ湘南宝島のステージを撮りました。赤いバラをアレンジしてカルメンを彩りました。
f0018492_405473.jpg

◆ 多田正司 ビバ・アメリカン
お台場の「ヒストリーガレージ」で撮った写真で古き良きアメリカをイメージしてアメ車を中心に表現してみました。
f0018492_2235353.jpg

◆ 永田廉 星降る夜
Welcome MM未来
f0018492_2272362.jpg


◆ 知久誠 時空を超え
タイ アユタヤでの遺跡に悠久のたたずみを感じました。更なる遠い彼方を感じるよう僅かしかなかった星を増やし、月をも加えてみました。
f0018492_22133442.jpg
◆ 西垣憲明 カメラ女子
三浦の小松ガ池の河津桜が綺麗であった。最近は女子カメラマンが多いとのこと。
f0018492_2284844.jpg

by yumehaitatu | 2016-03-03 21:00 | 16年03月例会作品 | Comments(0)