<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

写真雑学58 乾杯 渡辺澄晴   

写真雑学58 乾杯

近頃、パーティーでは乾杯の音頭を仰せつかることが多い。わがデジタルフォト研究会でも会の長老ということもあり、私の乾杯が定番になっているようだ。大変光栄な役だと思う。もう一つ私の所属している写真団体の日本写真作家協会(JPA)でも、会の写真展のオープニングや総会のパーテーィには私が乾杯役を担当している。各地から集まる写友や写真界のお歴々を前にしての乾杯の音頭をとるのは、僭越と思いながら楽しみにしている。

長い一言

この会の式次第は、まず会長の挨拶から始まり来賓の祝辞、賛助会員の紹介と挨拶などが酒と料理を前に延々と続くのである。司会者の口からは「次に○○のA様から一言」と必ず一言が入るが、挨拶側は決して一言で終わることはない。やっと終わったと思ったら、「次に○○を代表して・・」このころになると会場から「まだあるの」「もーいいよ」などの囁きが聞こえてくる。こんなタイミングに「大変お待たせしました。ここで乾杯に・・・」と、司会者から乾杯役の紹介があると、「やれやれやっと乾杯・・」と、ほっとしたように会場は和やかにどよめくのである。そして≪乾杯≫!この≪乾杯≫は会場の殆どの人が待ちあぐんでいたセレモニー開始の一瞬である。

救急車

そのJPA展オプニングパーテーィの、乾杯役の大役を務める3日前の昨年12月11日。受け持っている写真クラブの年内最後の勉強会を終え、帰路に向かう途中だった。駅の下り階段で足を踏み外して転げ落ち、顔面と胸部を強打して一瞬気を失い、救急車のお世話になってしまった。病院で頭部のCTや胸部のレントゲン、心電図などの検査を受けた。医師から「お名前は」「生年月日は」「今日は何日でしょう」等時間を追って何度も質問された。それらのことは、はっきり答えたので、4日で退院することができた。頭部も胸部も異常がなかったことは、本当に不幸中の幸いだったと思う。しかし、退院はしたものの15針縫った顔ははれ上がり、とても人前に出る様相ではなかった。

思えば昨年は、年明けから写真展の準備で多忙だった。その最中、妻が緊急の入院。走り出した写真展を止めるわけにもいかず、最悪のことも考慮しながら決行をきめた。幸い周囲の人に支えられながら無事写真展を終え、妻も退院してやれやれと安堵したその直後、こんどは自宅の玄関口で右足を強打して病院に通い、全治まで2か月もかかった。そして10月にはビルの階段で転んで顎を打ち、その打撲の腫れが目だたなくなるまで、外出時にはマスクでカムフラージュしていた。

二度あることは三度ある

ことわざ通り、三度目の怪我は前述のように大きかった。いずれの原因も歳相応の振る舞いをしていなかったことにある。転ぶということは歩行時、足のつま先が上がっていないこと。つまり歩行動作の老化である。これからは駅やデパートなどの階段の昇り降りは必ずエレベーターやエスカレータを利用して、2度と転倒などしないよう日頃の行動には歳を考え十分に注意したいと決めている。そして次なる≪乾杯≫に備えたいと思う。

f0018492_13211997.jpg


by yumehaitatu | 2016-02-06 17:11 | 写真雑学 | Comments(0)

16年2月例会作品   

◆ 渡辺澄晴 柿の造形
鈴なりの柿の木を極座標。その一部を切り取り構成しました。
f0018492_2341425.jpg

◆ 前島文子 宇宙人からの贈り物
銀座のウインドーの飾りとネットから宇宙人らしき人物を入れました。
f0018492_11565881.jpg

◆ 臼木敏夫 遥かなり北方領土
ロシアに蚕食された日本の国土です。
f0018492_1158271.jpg

◆ 加藤豁子 夕暮れ
山手トンネルを石川町側から撮りました。
f0018492_11593895.jpg

◆ 千村道夫 光景
見逃してしまうような光景だったが、何か気になり戻って撮影しました。
f0018492_1203765.jpg

◆ 安田達也 忙しい指導者
いなりっこ発表会当日、指導者は世話役として多忙です。
f0018492_1213984.jpg

◆ 大川元一 ルイの恋
今月は「ル」です。「羸老(るいろう)の ルクセンブルグに ルイの恋」ルクセンブルグの現アンリ大公は母ジョセフィーヌ・シャルロットの猛反対を押し切って、平民のマリア・テレサと結婚しましたが、その息子のルイも19歳で平民と結婚したのです。町並みは古いままですが、新風を吹き込んだルイの結婚は皆が祝福しまた。写真は新市街から見た旧市街です。
f0018492_17521671.jpg

◆ 荒城優子 Go! in the dark
はや時去りて時は来ぬ 春秋ここに100歳(とせ) D.ikeda
f0018492_1753897.jpg

◆ 早瀬きせら 幻想
日本橋で開催していたアートアクアリュムの金魚と、江の島水族館のクラゲを合成しました。
f0018492_17535817.jpg

◆ 高張一司 春近し
春が待ち遠しので。3枚の画像を合成しました。
f0018492_17544858.jpg

◆ 腰高和雄 修行への道
能登の見附島(別名能登の軍艦島)を背景に、雲水が修行の為に岩の道を渡ろうとしてるところを作画しました。
f0018492_17553997.jpg

◆ 武藤英雄 泰然自若
半世紀ぶりに大仏の改修作業が行われるのでその前にその姿をカメラに収めて置こうと訪れました。風雪に耐えて生じた赤さびや塵埃にまみれながらその姿は泰然自若として荘厳だった。頼朝の没後に建立されたとされる大仏には今なお頼朝の霊魂が宿っているように思われた。
f0018492_14585048.jpg

◆ 林美江子 セピア色の街
ヴェルニー公園の画像と椅子の背の柄を合成
f0018492_1501357.jpg

◆ 古殿絹枝 ROMANCE
クリッピングマスク機能で作った2種類の蝶を画面いっぱいに飛ばせてみました。
f0018492_1732184.jpg

◆ 谷口勝太郎 ファミリー
カルガモが道を横切る様子を撮影しました。 HDR風のカラフルな表現に加工しています。
f0018492_21471438.jpg

◆ 松浦孔政 旅ゆけば~♪
年賀状で初笑いをとりたく、今年の年賀状用に制作いたしました。
f0018492_21482295.jpg

◆ 羽太皓 三匹の猫
昼間写した催しの写真を、印象付けるため回りを黒くして人物にソフト感を加えただけです。
f0018492_2231522.jpg

◆ 高橋玲子 聖夜
カラーで撮ったものをモノクロにしました。
f0018492_8313956.jpg

◆ 小間康嗣 盛岡さんさ踊り
東京ドームの盛岡さんさ踊り風景です。
f0018492_8324783.jpg

◆ 高橋礼子 乱舞
とても楽しそうで見ていて気持ちが良かった。
f0018492_833474.jpg

◆ 向山康三 胡蝶蘭絵図
箱根湿生花園の蘭で遊んでみました。
f0018492_1553458.jpg

◆ 宮丸哲夫 呼ぼうよ春を
早く綱を・・・(イメージ)
f0018492_837136.jpg

◆ 荒島謙一 こわいよー
人垣をかき分け撮影、子供の恐怖顔を狙いました、ホントの顔は素敵です。
f0018492_8413778.jpg

◆ 曽我知克 エンジン全開
静岡空港で離陸直後のヘリを撮影したものです。エンジンの排気ガスで背景が揺らいでいるのがダイナミックに感じられました。
f0018492_8421372.jpg

◆ 小林紀夫 どんど焼き
願いを込めて、炎でお見送り
f0018492_8432392.jpg

◆ 寺村博行 パプリカの夢
パプリカを素材に、気の赴くままに作品にしてみました。
f0018492_8441326.jpg

◆ 中村孝太郎 夢を乗せて
江ノ島イルミネーション撮影会で発光している球体を素材に作品を作りました。
f0018492_8451888.jpg

◆ 西垣憲明 水彩画で見る信州
ステップアップ講座で佐々木講師から習った「写真から創る絵画風作品」でガッシュ(不透明水彩またはポスターカラー)で作成した。
f0018492_8461058.jpg

◆ 渡利升秋 看板娘
元町の看板マネキンの背景の煩雑さをなくすためにフィルター処理した。
f0018492_8484626.jpg

◆ 大嶋丁未子 氷雨
車のフロントについた雨と作り物の青いリンゴを描画モードで合成して冷たい雨の日をイメージしました。
f0018492_849442.jpg

◆ 長尾勝利 風流
修善寺虹の郷で撮影した古民家の軒下に飾られていた瓢箪が印象的だつたので少し加工し風流さを表現した。
f0018492_23554441.jpg

◆ 和田政夫 初恋
フェルメールの画法で制作してみました。
f0018492_23564164.jpg

◆ 佐々木茂 日本丸の総帆展帆
昨年10月の日本丸の総帆展帆です。コントラストが強い画面なのでHDRを使い暗部を出しました。鉛筆画を上に乗せました。
f0018492_2357338.jpg

◆ 金城敬子 朽ちる
落ちた柿と廃車。もったいない気がします。
f0018492_2352911.jpg

◆ 池上晃  कुत्ता_(クッタ~)
インドにて。कुत्ता_(クッタ~)ヒンディー語「犬」。3ショット多重露光で、動く足はぼやけ、じっとしたものは見えますことが面白い。デジ研ホームページアドレスをインドでばらまいて来たのでたくさんインド人が見るでしょう。
f0018492_237523.jpg

◆ 堀田義夫  巨大なイス
誰が座るんだろう
f0018492_2385286.jpg

◆ 月岡悦子  梯子乗り
川崎大師へ初詣に行った時、偶然出会った梯子乗りの身軽な芸は、青空に飛んで行く凧のように見えました。
f0018492_2111662.jpg

◆ 大木伊都子  皆で渡れば…
ベトナムハノイ、無法地帯の交差点を横断するには決死の覚悟が要ります。皆で渡れば怖くない??こわいよぉ~。カフェテラスのバルコニーから撮った画像をジオラマ模型風に加工しました。
f0018492_2122237.jpg

◆ 本山栄子  お雛様
応用講座で教えて頂いた金箔の上にお雛様を入れ桜をあしらいました。
f0018492_15551150.jpg

◆ 多田正司  天高く
大変珍しい連凧ならぬ連鯉のぼりが晴天の空に上がっていました。下方の空をプラスして更に連鯉のぼりとトンビを入れて賑やかにしました。
f0018492_15562148.jpg

◆ 髙橋洋子  海辺のレストラン
丘から突き出るように建っているレストランを海に近づけ景観のよい場所でお茶を。
f0018492_15571551.jpg

◆ 菅野俊雄  崩れゆく魔界の宝塔
魔界を揺るがすマグマの噴出、マグマの中心に飲み込まれていく宝塔….。3Dフラクタルソフトで作画して夢想し、レタッチしてみました。
f0018492_15581137.jpg

◆ 田崎龍一  軍艦島へ
昨年の暮れ、世界文化遺産に登録された軍艦島(正式名称は端島)を訪れた。長崎港からクルーズ船で40分程の距離にあり、この日は晴天であったので上陸できた。
f0018492_15591065.jpg

◆ 堀井裕子  モンゴルの月
モンゴルの草原で見た月が日本では見たことが無い美しさでシャッターを切りましたがそれだけではつまらないので鶴を入れて幻想的にしてみました。
f0018492_16164027.jpg

◆ 橋本和成  いらっしゃいませ
山手洋館の庭園の入り口に「Welcome」の標識があったので撮影、館内にあった鹿の作り物を入口の両脇に配置して歓迎の意を表現してみた。
f0018492_21403574.jpg

◆ 永田廉  春の訪れ
春を待つ気持ちをバレリーナに表現しました。
f0018492_2141275.jpg
◆ 知久誠  慌てて準備
長野県の富士見台高原の雲海を撮りに夜明け前に行きました。が、生憎と雲海はわずかに出ている程度でした。間もなく朝日が出る直前に2人の女性がカメラを慌ててセットしている姿がほほえましく思わずシャッターを切りました。

f0018492_2324319.jpg

by yumehaitatu | 2016-02-04 22:28 | 16年02月例会作品 | Comments(0)