<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

写真雑学54 カメラ屋からのメッセージ   渡辺澄晴   

写真雑学54 カメラ屋からのメッセージ   渡辺澄晴
老いの一徹

「カメラ屋からのメッセージというハウツー本を書きたいが・・」と、横浜市内のカメラ店の社長T氏から突然電話で相談をうけた。平成6年の夏、まだフイルム全盛期の頃である。「店頭で顧客の相手をしているうちにどうしても書かなければ」という気持ちになったのだという。出版は自費でもという熱心なもので、電話口で話す彼の出版構想は止め処なく大きく膨らんでいた。一冊のハウツーものをまとめるにはかなりの労力と、調査など、もろもろのファクターをクリアしなければならない。自分の経験からハウツー本はそんな簡単なものではない。半ば見縊りと驚きを感じながら、彼の熱っぽい相談にも「大変ですよ」「慎重に」と繰り返し、出版を思い止まるような返事をしてその日の電話を終えた。

正直なところ出版はあきらめたのではないかと思っていた。ところが電話を受けてから約1年が過ぎた頃、ひさしぶりにT氏から電話がきた。「以前お話しした件、やっと書き上げました。原稿を送るから目を通して欲しい・・。」とのことだった。老いの一徹というか、根性というか、彼はついに書いてしまったのである。間もなく原稿が送られてきた。岡山へ行く新幹線の車中でその原稿をみた。目次を見ると、カメラのこと、レンズのこと、フイルム・照明・構図の知識と多岐にわたる写真全体の項目が書き述べられていた。

だがハウツー記事の難しさはイラストと作例写真にある。このような類の本はなるべく文字を少なくイラストと写真作例を多く取り入れないと読者には理解されない。それは大変な作業である。「どうするつもりだ!」と心配した。ところがそんな心配は無用だった。次に届いた原稿は、そのイラストと作例写真を多く入れたものだった。〈カメラやのおやじからのメッセージ〉のサブタイトルに〈本格派を目指すための知識とテクニック〉というメインタイトル通り、本格派カメラマンへのハウツー本である。【あとがきの稿の終わり当たってには、「活字離れの時代に発行しても読む人はいないだろうという忠告を聞く度に『読んでくださる人は必ずいる』と自分に言い聞かせながら、やっと脱稿の日を向かえることができました。」・・・A4判155ページの初心者にも分かりやすい「カメラの知識とテクニック」が見事に出来上がったのである。

写真の基本は昔も今も同じ

とにかくカメラは変わってしまった。若い時からカメラに親しんできた中高年の方にはそんな印象を強く感じることだろう。フイルムを使わず、すべての機能はマイクロコンピューターによって制御されている。フイルム全盛期に書いた本だから、今頃こんな本は通用しないだろうと思うだろう。しかし、家族の写真や旅行の記録写真だけでは物足りず、作品といわれる写真を写してみたいとなるとカメラの機能の働きを、より効果的に使いこなさなければならない。つまり、ハイテクカメラの知識を深め、撮影にどう生かすか、ということになる。

ISO感度・絞り値・シャッタースピードと露出のこと被写界深度・パンフォーカス・ライティング・ストロボ・発色・望遠レンズ・広角レンズ・ズームレンズ等々。基本的なことは今も昔も変わらない。「写真の基本を知らなくてうまい写真が撮れるわけがない。」カメラ屋のおやじT氏は今もこの本を教科書にして教室を開いている
f0018492_20501249.jpg



画像

by yumehaitatu | 2015-06-06 17:00 | 写真雑学

15年06月例会作品   

◆ 傘の行進 渡辺澄晴
傘の行進 渡辺澄晴 雨の日の新宿御苑。中国の観光客が傘をさして桜見物。後列の3人と手前の傘は追加しました。
f0018492_2245611.jpg

◆ 光彩陸離 高橋一弘
静寂の中、ポルトガル・バターリャ大聖堂のステンドグラスを透して、見事な光彩に出会いました。

f0018492_22204673.jpg

◆ ショッピングの街 加藤慶治
元町で建築中のための囲いの塀に素敵なイラストが施されており、これを撮影し、明るくしお化粧しました。
f0018492_22455466.jpg

◆ 薫風の頃 越智祥之
4月23日、横須賀の太田和つつじの丘で撮りました。空を入換えたのと、ドライブラシで雰囲気を変えてみました。
f0018492_22244561.jpg

◆ 天の岩戸と手力雄命 臼木敏夫
裳裾を乱して踊り狂う アメノウズメノミコト 官能的な姿態に・・・
f0018492_22291640.jpg

◆ 野毛裏通り 加藤豁子
野毛の小道を散策。撮った3枚の画像を重ね、色を調整しました。
f0018492_22303387.jpg

◆ 村娘 大川元一
六十年(むそとせ)を結ぶ 昔の村娘 秋田のPRモデルとして活躍している、木村伊兵衛さんの写真を拝借しました。モデルは私の高校の先輩、柴田洋子さんです。既に数年前に80歳を超えて他界されていますが、その美しさは現在の人たちと昔とを結びつけるものです。バックは大曲の花火大会の会場と花火です。
f0018492_22321166.jpg

◆ バブル 荒城優子
うつうつと眠りつ醒めつよもすがら。。。。。Kaijin.A
f0018492_15583288.jpg

◆ 幸せ〜♪ 早瀬美枝
ドイツ村のイルミネーションで、とても幸せそうなカップルに出逢いました。
f0018492_1601699.jpg

◆ さあ本番 高張一司
本番前の祭りの風景を、色鉛筆画風にしてみました。
f0018492_1612113.jpg

◆ ガラスアート 林美江子
家で撮影グラスと背景の模様(ぼけ)は蜘蛛の巣、合成しました。
f0018492_1622833.jpg

◆ 二人だけの世界 腰高和雄
12月初旬、稲村ガ崎でのスナップです。
f0018492_1632661.jpg

◆ 台無し 佐藤正二
せっかく苦心して撮った(建物の菱形ガラスブロックは全て乗算モードです)作品なのに不注意でペンキをこぼした。但、建物はクリーニングをしました。
f0018492_7322530.jpg

◆ リベンジ at ヨコハマ 松浦孔政
鳥獣戯画の世界で負けた兎が時空を超えてのリベンジ。だが、しかし。。。
f0018492_7335546.jpg

◆ 金魚の館 月岡悦子
江戸の「雅」と「粋」をテーマに開催されたすみだ水族館で、展示物の着物の柄と紙風船の金魚を使って作画しました。
f0018492_11184665.jpg

◆ 異常気象 齊藤智徳
船に乗り海上から風車のある のどかな風景を撮影したが最近の異常気象が気になりモノクロにしてフィルター「風、渦巻き等」で変形し異常気象の感じを表現。
f0018492_11194996.jpg

◆ 刻まれた壁 向山康三
小さな漁港で見つけた白いカビ模様の壁と腐りかけた海辺のブイで作画しました。
f0018492_22471093.jpg

◆ 安全地帯 高橋礼子
子ザルは、飛び回っては、親のもとへ帰ってきての繰り返しをしていました。
f0018492_22515724.jpg

◆旅客機と鯉の競泳 小間康嗣
羽田に着陸する飛行機と鯉のぼりが競泳している様に見えました。
f0018492_2233873.jpg

◆露天商 宮丸哲夫
新商品も並べました。
f0018492_2245522.jpg

◆ダイビング 神鷹徹
ゥワ~
f0018492_22423015.jpg

◆弧影 高橋玲子
ストレイトです。
f0018492_22363357.jpg

◆西日を浴びて 千村道夫
旅客機がまぶしいくらいの西日を浴びていました。サンセットまでの短い時間のベストショットが撮れてよかったです。
f0018492_22385075.jpg

◆変幻自在 武藤英雄
先日,伊勢佐木モールで大道芸を撮影しました。中国雑技団の「変面」の早業はさすがに見事でした。派手な色の衣装も印象的でしたがあえてモノクロに変換して次々に変わる仮面の表情の変化に重点を置いて捉えてみました。
f0018492_22521877.jpg

◆エナガのジャンプ 佐々木茂
公園で撮影したエナガです。Virtual Painter 5で手描き風にしてみました。
f0018492_22531618.jpg

◆昭和ノスタルジア 多田正司
この指とまれ川越撮影会で撮った、昭和風情の残るレトロな床屋さんの店をより古めかしくレタッチして昭和の名残りを表現してみました。
f0018492_2246575.jpg

◆高野山のシンボル 田崎龍一
先月、四国88カ所のお遍路を終えて、今年、開創1200年を迎えた高野山に参拝してきました。
f0018492_2250769.jpg

◆窓辺 大嶋丁未子
雨の日横須賀美術館で撮影した2枚の画像を合成しました、寒い撮影日でした。 
f0018492_22521941.jpg

◆カンナの咲く頃 堀田義夫
漁港の防波堤に絡みついていたツタを写しました。色合いに似合う植物をパピエコレしました。
f0018492_22533140.jpg

◆桜草と背景 寺村博行
桜草を引き立てる背景を作成してみました。
f0018492_22542685.jpg

◆小江戸・川越めぐり 中村孝太郎
小江戸めぐり車夫と客の楽しい会話が聞こえてきそうです。
f0018492_22183177.jpg

◆花遊び(睡蓮) 本山栄子
池の映り込みを元に睡蓮の葉を薄く入れ花を2輪のせました。
f0018492_2284546.jpg

◆大きなキャンバス 橋本和成
昨年9月、黄金町界隈の一画、一軒家の側面の壁をキャンバスにスプレーペイントで絵を描いていたのでシャッターを切った。
f0018492_221917.jpg

◆パゴダ幻影 菅野俊雄
秘境のパゴダ(ミャンマー様式の仏塔)をイメージして、フラクタルと3Dフラクタルで作画してみました。
f0018492_2211681.jpg

◆時の鐘がベイブリッジへ 長尾勝利
川越撮影会時、時の鐘を魚眼フイルターで撮影したが江戸時代の北前船のイメージを連想したので横浜ベイブリッジの背景に貼り付けた。
f0018492_2212054.jpg

◆五百羅漢 神尾實
川越での撮影会時「五百羅漢」のいろいろな像の写真を合成し四字熟語に纏めてみました。
f0018492_22131781.jpg

◆銀座の女 深瀬彊
夜の銀座で見つけた照明のきれいなビルと、別の場所の女性のポスターを組んで、雰囲気を作ってみました。
f0018492_22192175.jpg

◆ショーウインドウ 渡利升秋
銀座のショーウインドウに映る街並みを撮った。
f0018492_88293.jpg

◆初夏 五嶋和夫
蝶がなかなか花のところに来ないので、別々に撮り合成してみました。
f0018492_891652.jpg

◆真夜中の金銀ショー 和田政夫
真夜中の高原で見えるものは星空ばかりではない。たしか、昔こんな光景を見たことがある。
f0018492_187868.jpg

◆身投げも楽じゃない! 大木伊都子
奥能登「ヤセの断崖」を背景にトリックアートで撮影した仲間を入れました。推理小説「ゼロの焦点」の舞台、ヤセの断崖から身投げをしてはみたものの・・・。ブラックユーモアに仕上げました。
f0018492_18819100.jpg

◆主張 髙橋洋子
ウインドウの中に見えたアップルマークが主張しているようで手の中に入れモノクロにしてみました。
f0018492_189649.jpg

◆和の文化 西垣憲明
和紙を使い綺麗な照明をしているところがあった。日本の文化を感じ作品にしてみた。
f0018492_181022.jpg

◆無人駅 金城敬子
人影もない広い北海道を表現しました。グラデーションをかけ雲を入れました。
f0018492_18104887.jpg

by yumehaitatu | 2015-06-04 20:00 | 15年06月例会作品 | Comments(0)