<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

やぶにらみ論法【フォト五七五】(84)   

やぶにらみ論法【フォト五七五】(84)    2014年4月

 「五七五」という短詩形は世界に誇れる日本文化だろう。先日、参加16団体、参加者260名という大規模な写真展を見た。あらゆるジャンルの作品が陳列され「写真表現の見本市」のような印象だ。これを五七五の知恵で感想を述べる。
 もともとアマチュア写真家は職業写真家が生業として写真を撮っているのとは違い、写真というメディアを利用して人生を楽しむための趣味人である。川柳に「生きざまはみんな違って趣味の友」というのがあるが、出品者はそれぞれ過去は違った境遇で生きてきた。そしていま写真という趣味を楽しんでいる。豊かな人生経験がいろいろの作品を生み、見本市のような印象を与えるのだろう。
 アマチュアが写真を楽しむとき三つのパターンがある。一つは記録者、報告者としての観点から作画する人たち、二つ目は技術面に重きを置いて精進している人たち、三つ目は写真というメディアを使って創造的作品を作る人たちである。
 出品者の分類では、デジタル写真はいじくりすぎて嫌いという否定派、逆にデジタルだと、こんなことまでできるんだと興味を持った肯定派。そして、花が好き、富士山が好きと被写体の魅力の虜になっている人、あるいは、祭りやイベントといった写す目的のはっきりした行事ものといったように、展示作品は多様多彩。だから出品者側の価値観も多様だ。
 この展覧会のもたらす効果は、ひと頃オリエンテーリングという競技が流行った。地図と磁石を持たされて目的地までいかに早く着けるかを競うものだ。競技のコツは、いつも自分の位置を知ることで、自分がどこにいるのかわからなければ磁石も地図も役に立たないからだ。
 その競技と同じで、この展覧会のメリットは、自分たちのクラブが写真界の流れの中でどの辺の位置にいるのかを知る。そして自分たちの活動の軌跡の間違いを検証し、必要なら軌道修正する。間違っていなければ自信をもって、更に速度を増して前進する勇気を与える役割を果すことができることだ。
 だが、先ほども紹介したように、「生きざまはみんな違って趣味の友」というようにいろいろの人の集まりだから、運営は並大抵ではない。その陰には「輪の中の笑顔に幹事やめられず」といったように、面倒な幹事役を引き受けてくれた人たちの献身的な犠牲の上で成り立っているのである。
 訪れた鑑賞者の一人が、「これ写真?」という疑問を投げかけてきた。うちのクラブでは先生がこんなのは絶対認めてくれない。という嘆き節も耳にした。一般の人が写真は難しいものと思っている部分は、実は技術的な部分なのだ。技術的なことを駆使して写真を撮っている人は、天賦の才能に恵まれた人かと思われている。だからそうした先生は、写真の内容よりも、ピントがいい、トーンが素晴らしい、うまいフレーミングだ。といったように技術の善し悪しを云々するが、新しい傾向の作品を「前例がないと新芽は摘み取られ」といった具合に、新しい感性の芽を摘みとってしまう。
 また、「わたしの作品ですがどうでしょう」と声をかけられた。わたしには言いようのないつまらない写真だ。一瞬困ったが「欠点と言わず個性とフォローする」という五七五が頭をよぎり、その場をしのいだ。
f0018492_1084481.jpg

by yumehaitatu | 2014-05-03 20:46 | やぶにらみ | Comments(0)

14年5月例会作品   

◆ 椿一輪 渡辺澄晴
赤い椿を主体に葉を回転・変形して和服模様にデザインしました。
f0018492_21475487.jpg



◆ 鳥交わす 大川元一
今月で「た」行も終わり、「と」でまとめました。「留まらぬ 時を惜しみて 鳥交わす」近くの公園で鳥たちが戯れていました。生々流転の世の中で、子孫を残すために必死に活動している鳥たちが無性にいとしく思えました。
f0018492_0471280.jpg



◆ Wonder 荒城優子
何か嬉しいサプライズがありそう!!!!!
f0018492_14531684.jpg



◆ 日体大の縄跳び 渡部義範
桜木町イベント広場で日体大の学生が新しい縄跳びを披露していました、髪長の生徒の頭が面白かったので、狙ってみました。
f0018492_1455161.jpg



◆ 桜月夜 臼木敏夫
今宵逢ふ人 みな美しき
f0018492_1458374.jpg



◆ しだれ桜 齊藤智徳
長野県飯田市麻績神社の石塚古墳(横穴式円墳・6世紀後半築造と推定)の上に咲く枝垂れ桜(石塚桜)の老木を撮影。古代の貴婦人が舞を舞っているように見えたのは気のせいか? ストレート写真です。
f0018492_22521910.jpg



◆ 万華鏡もどき 前島文子
天井がガラスのエスカレーターで撮った写真にマネキンを貼り付けました。
f0018492_22532521.jpg



◆ マネキン人形の世界 谷口勝太郎
ショウウインドウから抜け出したマネキン人形の世界をイメージして作成しました。
f0018492_22542265.jpg



◆ ねぇ~寒気がしない? 高橋一弘
口から放水し始めた恐竜に、別撮りのベンチに座るカップルを合成しました。
f0018492_22554878.jpg



◆ 花の命は短くて・・・・ 早瀬美枝
大岡川に浮かぶ桜の花びらをモチーフに、裸婦を合成しました。
f0018492_22564193.jpg



◆ 咲いた!咲いた! 加藤豁子
色鉛筆で加工し、レーヤーマスクで少し消して元の画像を出しました。
f0018492_1021303.jpg



◆ 光景 千村道夫
カラーで撮影しましたが、思ったイメージに仕上がらなかったのでモノクロにしました。
f0018492_1022307.jpg



◆ 翼よ、あれがドナウだ 田崎龍一
セスナ機でブダペスト上空を遊覧飛行した。高所恐怖症の震えに耐えながら、暫し、鳥になった気分を味わった。
f0018492_10232296.jpg



◆ おっかない本 高張一司
怖い顔で本を読んでいるので、これは怖い本を読んでいると想像。指先ツールで周りを変形させて奇怪な雰囲気に。
f0018492_102418100.jpg



◆ 風を感じますか? 古殿絹枝
薫風が吹く頃になりました。オーバーレイで作ったガラス瓶の浮き彫り模様を楽しんでいます。
f0018492_1025035.jpg



◆ 祈りを終えて 堀節子
雨引き観音の境内のお経の声がし無くなったら、間もなくガタガタと下駄の音がして、お坊さんが退座して行きました。草履で静かに帰るのかと思ってましたのに意外でした、なんだか観音様も薄ら笑いをしている様でした。
f0018492_23301514.jpg



◆ 落花の頃 高橋礼子
今年は天候不順で、お目当ての美しい姿が見られませんでした。
f0018492_23311141.jpg



◆ 食べられたくないの! 神鷹徹
食べられたくないの!
f0018492_23321053.jpg



◆ 夕顔 林美江子
背景(ブルーネット)に、去年種から育てた夕顔を思い出しながら仕上げました。
f0018492_2333619.jpg



◆ 開かれた扉 向山康三
開かれた扉のむこうにある雲と床の模様を中心に心象的なイメージで作画しました。
f0018492_23493388.jpg



◆ 花の雨 武藤英雄
向こうから歩いてきた女性が適当な位置にくるまで待ってシャッターを切りました。女性の差していた傘が黒だったので色の置き換えで明るい色に変えました。
f0018492_23502985.jpg



◆ どっちへ行くの? 渡利升秋
「左右カメラ」を使って、交差点を行く車を撮影したら、進行方向がわからなくなった。
f0018492_23511611.jpg



◆ 春の宵 芦川福男
サクラの京都を訪ねる。 宿では、朝食のおばんざいに、ことのほか、力こぶを入れていた。寺社も、競って夜の景色を魅せようと工夫を凝らす。写真は、ライトアップの二条城内、「米蔵門」から撮りました。
f0018492_2352549.jpg



◆ 雨天決行 腰高和雄
雨のワープステーション江戸を背景に記念撮影を作画してみました。 別に、傘無しを添付します。
f0018492_23525753.jpg



◆ 春のわたらせ渓谷鉄道 佐々木茂
わたらせ渓谷鉄道の神戸(ごうど)駅は桜と桃の花が綺麗な所です。ソフトでパステルカラーの水彩画風にしてみました。
f0018492_23534570.jpg



◆ 春うらら 中村孝太郎
やわらかな日射しの中でひっそりと咲く花、見ていると心が和みます。
f0018492_11192141.jpg



◆ ひな祭り 多田正司
小田原開成町の瀬戸屋敷と資料館で撮った人形や飾り、昔ながらの部屋を合成して回顧のひな祭り風情をイメージしてみました。
f0018492_11201055.jpg



◆ まどろみ 月岡悦子
鮮やかなピンク色で撮ったチューリップの色を削除して、一輪だけ残し今度は淡いピンク色を付けました。夢の中にいるような雰囲気を出したいと思いました。。
f0018492_22045100.jpg



◆ 春の妖精 越智祥之
相模原の城山かたくりの里で撮りました。初めて観るキバナカタクリをバックに、可憐なスノードロップの花が妖精のように咲いていましたのでこちらを主役にしてみました。少し変化を付けたくてフィルターのクラッキングを使いました。
f0018492_21204374.jpg



◆ 春の宵 大嶋丁未子
和紙の人形に色を付け藤の花を合成し藤娘をイメージしました。
f0018492_21213822.jpg



◆ 覗く眼 高橋玲子
ストレイトです。
f0018492_8501373.jpg



◆ 光芒 曽我知克
羽田空港の夕刻、進入着陸中の767が太陽と重なり、リーディングエッヂフラップのスロットから光がこぼれた瞬間です。
f0018492_21232079.jpg



◆ 東京マラソン絵図 小間康嗣
数万人が号砲一発スタートした絵図です。
f0018492_8495285.jpg



◆ 伝統芸能の伝承 安田達也
三浦市の海南神社に伝わる面神楽の練習風景です。
f0018492_1185130.jpg



◆ 雨上がり 金城敬子
江戸村の1枚です。犬を入れました。
f0018492_1194570.jpg



◆ お清め 髙橋洋子
神社のお清め処、大きな竜の口からの手水が逆光に光っていた。金色の目が強い光を放ち力づけているかのように思いた。
f0018492_11103961.jpg



◆ まだかな~ 荒島謙一
パレードを待つ家族パパお疲れ様です。色を加工してます。
f0018492_11113741.jpg



◆ 誕生 大木伊都子
ヴェルニー公園でチューリップを撮影。お宮参りのビデオ画像を親指姫のイメージで合成、ブラシでアレンジしました。
f0018492_11122183.jpg



◆ 歩道灯 長尾勝利
夕暮れ時、元町で撮影した画像を合成してみました。
f0018492_9172512.jpg



◆ 宇宙遊泳 西垣憲明
5月連休ですので宇宙遊泳しました。
f0018492_9181248.jpg



◆ 時空の裂け目 菅野俊雄
カップルの頭上高く時空の裂け目から現れたプラネット。パラレルワールドの出現。夕暮れのひつじ雲に覆われた情景に、3D画像とフラクタル画像を追加しSF風の幻想世界にしてみました。
f0018492_19303599.jpg



◆ 水面の造形 橋本和成
大岡川の夕方のスナップ、周辺の建物の影と船の航跡が入り交り夕日に反射して面白い色と形ができた。
f0018492_1931438.jpg



◆ 夜桜 花かき集め 池上晃
ライトアップされた夜桜と花街風情の光が写りこんだ川の水面を合成しました。
f0018492_19321190.jpg



◆ 街の中のオアシス 堀田義夫
JR川崎駅前のビルの側壁を見て、ほっとした気分になりましたのでそのイメージで作画しました。
f0018492_23263890.jpg



by yumehaitatu | 2014-05-03 20:41 | 14年5月例会作品 | Comments(0)