<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

堀田義夫「やぶにらみ論法」(78) 奇跡を生む資格を取得   

堀田義夫の「やぶにらみ論法」(78)

奇跡を生む資格を取得   
 最近、アドベンチャースキーヤーの三浦雄一郎さんが80才を超えてエベレストに登頂したニュースに接して、その自らの可能性を追求する姿勢に感動した。
 また、当会顧問の渡邊澄晴先生も5月に20㎏に及ぶ撮影機材を担いでニューヨークに取材に行かれた。このことにも驚いた。
 私も先月、田崎龍一・西垣憲明・大嶋丁未子・堀井裕子さんら写友と山形・秋田の県境にある鳥海山周辺の撮影に行った。
 田崎さんのお骨折りで遊佐町の観光協会の職員が終日撮影地の案内をしてくれた。夜は役所の企画課・教育委員会・観光協会・ハンガリー友好協会山形県支部事務局長など多くの方と会食し歓談する機会も得た。その際、当日の撮影を案内してくれた観光協会の職員が私の年齢を知って、とても信じられないと大変驚いていた。
 こうしたことを考えると、人間の脳細胞には80才を超えて何か行動を起こすと、人に感動を与えたり、行動力に対する驚き、尊敬するという図式が組み込まれているように思える。
 もしそうだとすれば、80才という年齢に達すると、何をやっても奇跡を生む年代ということになる。言い換えると「奇跡を生む資格を取得」したということのようだ。
 ところで、シニアエージにとって写真という文化は親しみやすいせいか、多くの仲間に恵まれるが、長寿社会になった現在ではその幅は広い。定年を迎えシニアエージの仲間入りしても、60代はどうして良いか中々馴染めない。いってみればシニア「年少組」である。周辺に気を遣いながら見よう見まねでシニア生活に溶け込んでいく時期だ。
 70代は「年中組」に成長に、年少組の面倒をみる立場になる。やがて80代になると卒業{終末活動期}の道を歩むようになる。
 そうした考え方が一般的図式だろうが、私は、冒頭に掲げた三浦雄一郎さんの「自らの可能性を追い続けようとする生きざま」を見習いたい。あるいは、詩人の坂村真民さんに「人間いつかは終わりが来る 前進しながら終わるのだ」という作品があるように、理想としてはそうでありたい。と思っている。
 ところで三浦雄一郎さんの登頂の第一声は、「私が登ったのではない、サポーターの人たちの力が、私を登らせてくれたのだ」と聞いて、周辺の人たちへの感謝の気持ちを表したその言葉にまた感動した。
 渡邊澄晴先生も「かつての友人がニューヨークで活動していて、私の渡米のサポーターをしてくれるというから、50年ぶりの取材の決心がついた」と語っておられるが、まさにその通りで、奇跡を生む資格を得たからといって、自分一人の力では何も出来ない。
 私も今回の鳥海山周辺の撮影では前出のサポーターたちの励ましで実現したと思って、感謝している。ただ、「奇跡を生む資格取得者」という免許証には、権限・権力の行使権は付与されていない。だからシニアエージでは70代すなわち、「年中組」がいちばん威張ってすべてを取り仕切らねばならないのである。
<遊佐海岸16羅漢>
f0018492_22465652.jpg

  

by yumehaitatu | 2013-07-06 22:07 | やぶにらみ | Comments(0)

13年7月例会作品   

◆ Oh! Beautiful 渡辺澄晴
ビルを16ミリ魚眼レンズで、観光客を300ミリで撮影して組み合わせました。
f0018492_23371373.jpg



◆ 蝶と花 荒城優子
きれいで楽しいことばかりじゃない世の中!
f0018492_8165140.jpg



◆ 来し方の径(こしかたのみち) 大川元一
今月の「韻」は「こ」です。去年今年(こぞことし) 来し方恋し(こしかたこいし) この小径(このこみち)横浜の新羽近くの丘の道と、その近くの道祖神とを組み合わせました。
f0018492_81741100.jpg



◆ 天使の瞑想 加藤豁子
西武ドームの世界の薔薇展で撮った薔薇と天使の像の2枚を重ねグラデーションで飾りました。
f0018492_23323727.jpg



◆ おや!何かな~ 高橋一弘
部屋の中で遊んでいる可愛い子供を、子供の目線に合わせて撮りました。ローアングルが作品に効果をもたらしたか?が課題です。
f0018492_23345262.jpg



◆ 騙し絵 臼木敏夫
何かが変だ~~
f0018492_23363131.jpg



◆ 狙い定めて 渡部義範
6月8日ヨコハマ開港記念日の催しの中で「ふくろう」を近くで撮影することができました。夜景がお似合いだと思い合成作品を作ってみました。
f0018492_2229929.jpg



◆ 修復工事 田崎龍一
2011年11月のタイ洪水で被害をうけたアユタヤ遺跡では、炎天下の中、修復工事が行われていた。
f0018492_2230972.jpg



◆ 新感覚イタリアントマト 芦川福男
施設周年栽培トマト「桃太郎」の次は、「湘南ポモロン」と農業技術センター。新感覚クッキングトマトの収穫風景を撮った。原画をフィルター: Artistic-Palette Knifeで制作。
f0018492_20484731.jpg



◆ ブラックホール 堀節子
ブラックホールから突然仁王様が飛び出てきました、何をしに来たのでしょうか、今の世界の世直しでしょうか。
f0018492_20502842.jpg



◆ 野島岬の素潜り漁 齊藤智徳
デジ研撮影会で南房総に行き 白浜野島岬の素潜り漁風景を遠くに見て岩場を歩いて岬の先端近くまで行って撮影しました。
f0018492_20513369.jpg



◆ 酒蔵の町 谷口勝太郎
伏見の酒蔵の町をグラデーションマップで表現しました。
f0018492_20524497.jpg



◆ ラブコール 腰高和雄
城山公園「孔雀園」での作品、雄の孔雀が羽を広げ、牝を追いかけている姿を作画しました。
f0018492_22571252.jpg



◆ 夜のステンドグラス 北川俊子
赤レンガ倉庫の光のイヴェントをスタックで作りました。
f0018492_1555544.jpg



◆ 参道 西垣憲明
羽黒山の五重塔にある参道が雨に濡れ、素晴らしく綺麗で撮影した。照明効果を利用した。
f0018492_1557781.jpg



◆ 吉祥図 小間康嗣
夏もこれから本番と言うのに来年の迎春用に三段表装掛軸を作りました。
f0018492_15592260.jpg



◆ 老い蛍 大木伊都子
原画は下田ペリーロードで昼間撮りました。Elementsのスマートブラシツール(反転夜)で暗くアレンジ。蛍に見立てたガス灯にブラシで明かりを入れて、句を添えました。「老い蛍 ともしび消えむと 光り増し」
f0018492_1601910.jpg



◆ 三つ編みの 林美江子
電柱に張ってあったポスターを・・・背景を選び合成しました。
f0018492_1602268.jpg



◆ 玉手箱 宮丸哲夫
童謡“浦島太郎”の素材を集めました。
f0018492_0491489.jpg



◆ ブルーな部屋 向山康三
山手の洋館と八景島シーパラダイスで撮った数枚の画像を合成しました。
f0018492_0501155.jpg



◆ ペリカン 武藤英雄
八景島シーパラダイスのペリカンの大きな嘴がとても印象的でした。空に投げた餌に向かって大きな口をあけて待ち構える姿がとてもユーモラスでした。
f0018492_051193.jpg



◆ 妙義山さくらの里 佐々木茂
妙義山のさくらの里、八重桜が咲いて大変綺麗でした。水彩画風のにじみが出るようにアレンジしてみました。
f0018492_205246.jpg



◆ みなとみらい 池上晃
みなとみらい21地区で撮影。自転車置き場と空を多重露光で撮影しました。抒情的風景を目指しました。
f0018492_20532230.jpg



◆ 蛍の唄 月岡悦子
小さな鐘と言われるホタルブクロから軽やかに鐘の音が聞こえて、楽しそうに飛び回る蛍達の光景をイメージしました。
f0018492_20591646.jpg



◆ 夜化粧 渡利升秋
イベント「デジタル掛け軸」が行われた赤レンガ倉庫がプロジェクションマップにより色づけされた。画像処理「グラデーションマップ」で、鮮やかな色合いに加工し、照明効果で光をあてた。
f0018492_2115266.jpg



◆ 花魁道中 多田正司
日光江戸村で撮った「花魁道中」をその時代的な印象にしたい為、絵画調にして掛け軸に収めてみました。
f0018492_21374.jpg



◆ 日干し岩 伊藤彰洋
岩の質感をモノクロの描写で強調し表現しました。
f0018492_2144379.jpg



◆ 夢の観覧車 大嶋丁未子
2種類ブラシを使い、水玉を作り夜を表現しました。
f0018492_105944.jpg



◆ 色即是空 高橋玲子
2枚の写真の合成です。
f0018492_123297.jpg



◆ 化粧と補強 佐藤正二
南海トラフ巨大地震の対策と横浜港全体の美観を保った補強工事。
f0018492_0165712.jpg



◆ Long Hair 安田達也
野毛大道芸で、ベリーダンスを踊っているロング・ヘアーのダンサーを撮りました。
f0018492_0171459.jpg



◆ 魚っちんぐ千倉 越智祥之
千葉の千倉に在った養魚場内の1コマです。水槽の中の放射水が面白かったので撮りました。手は加えていません。
f0018492_20318100.jpg



◆ 浄土 髙橋洋子
山一角が墓地になっていて、そこには浄土の世界を思わせる涅槃像や石像が一杯並ぶ。浄土の世界とはこんな所かと。
f0018492_20325842.jpg



◆ 金取りだー 荒島謙一
高見盛禁じ手の急所攻めたまらず、高見おーダメだー!と叫んでました楽しい場所でした。
f0018492_20345423.jpg



◆ 邪恋 曽我知克
野毛山大道芸の一シーンです。バックのカメラマンの群れをボカシの移動で消し、その後へ、夜叉面を配してみました。
f0018492_20352137.jpg



◆ 神代植物公園 神尾實
応用講座で習った「グラデ-ション効果とレイヤ-マスク」の復習を兼ねて、昨年11月の撮影会で撮った写真を使い合成してみました。
f0018492_20377100.jpg



◆ ラブコール 加藤慶治
デジ研日帰り撮影会 城山公園孔雀園で撮影したものです。盛んに羽を広げアッピールしていた光景です。
f0018492_1421511.jpg



◆ 妖精たちの乱舞 古殿絹枝
金沢区の称名寺は、黄菖蒲の咲き乱れる頃にはまるで琳派の世界になります。池の映り込みだけを撮ったストレート写真です。
f0018492_1432718.jpg



◆ こんな PR あっても良いな 神鷹徹
こんな PR あっても良いな。
f0018492_1442749.jpg



◆ 叫び 金城敬子
何かを叫んでいるように見えませんか?背景をコントラスト、ぼかしで調整しました。
f0018492_1455285.jpg



◆ 桜島の噴火 寺村博行
ある展覧会で拝見しました桜島の迫力ある絵画の記憶を辿りながら、応用講座で教えていただきましたグラデーションマップによる色の置き換えを使用して作画しました。
f0018492_22403662.jpg



◆ 磯の香り 長尾勝利
富浦漁港の撮影会時、岸壁から海面を撮影した画像をグラスの中に表現しました。
f0018492_22422462.jpg



◆ 旅立ち 堀井裕子
道端のタンポポが初夏の風にのって旅立ちを始めていた。キラキラと輝きながら宙を舞う光景を撮りたかったが難しく、しばし見とれた。
f0018492_18505940.jpg



◆ モンスター 高橋礼子
ハイパス、アンシャープ、浅浮彫(ソフトライト)、照明効果を使いました。
f0018492_1853167.jpg



◆ アラ綺麗! 本山栄子
薔薇を子供が見上げているように作図してみました。
f0018492_18534471.jpg



◆ お化け屋敷 橋本和成
八景島の娯楽施設。昼間の撮影だが別の施設にあった骸骨像を配し、目から光線を出し、全体に夜の雰囲気にしてみました。
f0018492_18553680.jpg



◆ 海中の楽園 堀田義夫
光の状態がよかった博物館の水槽を写しました。
f0018492_20485575.jpg



◆ 揺らぎ 小山仁
心揺れてるつもりがあまり揺れてませんか?
f0018492_20492888.jpg



by yumehaitatu | 2013-07-06 20:00 | 13年7月例会作品 | Comments(0)