<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

写真雑学42 ニューヨーク一人旅 渡辺澄晴   

宣言
行くか行くまいか?ためらっていたニューヨーク行きがついに実現した。半世紀50年という節目のいいニューヨークの取材は数年まえから心に決めていた。だが、ここへ来て決断できなかったのは、昨年の夏に路上を歩いていて信号を急いで渡る折、右足の筋を切るという怪我をしたからである。医師からは「運動不足」が原因だといわれた。「もし外国でこんな怪我でもしたら・・」そんな不安が頭を過ぎったのである。しかし、どうしても行きたい気持ちはそれ以上に強かった。そのためには体力をつけることだ。「年寄りの冷や水」と冷やかされながらも、自宅駅の近くにあるスポーツジムにトレーニングに通うことにした。そして昨年9月、新宿シリウスで2012フォトドリーム展のオプニングパーテーの際、乾杯に先立って「来年は50年目のニューヨークを撮りに行く、その写真展もやりたい、・・」と、皆さんの前で宣言し後戻りできないようにプレッシャーをかけた。出発は5月9日。ボストンマラソン中、爆発事件が起きた25日後である。
行きはよいよい
成田空港を発って13時間、無事ケネディー空港に到着、いよいよ入国手続き。持参荷物はメインカメラ、サブカメラ、友人に寄贈するカメラ、特別使用のミラーレスカメラ計4台とパソコン、ハードディスク、それぞれのバッテリーチャージャー、コード類等。それらがリユックにギッシリ詰まっていた。これが一人旅の辛さだ。ボストンであんな事件のあった後である。「検査は厳しいのでは」孤立無援の緊張の瞬間であった。パスポートと入国書類を係官に手渡すと、2つの荷物に目も触れず。「OK」の一言、入国手続きは気抜けのするほどあっけなく終わった。そして出国ロビーで現地滞在の写真家・棚井文雄氏の迎いを受けた。
帰りは厳しい検査
滞在期間中は初夏、初冬、夕立と写真日和に恵まれ、撮影は順調に終わりいよいよ帰国。棚井氏とは空港ロビーで別れ、再び一人旅になった。入国があっさりしていたので出国はもっと簡単と思っていたが、出国検査はなぜか厳しかった。帽子、上着、履いていた靴、ズボンのベルトとポケットの物を全部箱に入れ手荷物と一緒にベルトの上に乗せさせられた。問題はリックの中身だった。係官はカメラ、レンズを箱に並べ、その箱を持って奥に消えたのである。カメラ没収なんて事は先ずあるわけはないが、もしそうならば、せめてデーターを入力したパソコンとハードデスクだけでも返してほしい。そんな事を考えたほどの不安と緊張の時間だった。もちろん荷物はすべて戻ったが、なぜ奥に持っていったのか、理由は定かでない。

f0018492_10424149.jpg

by yumehaitatu | 2013-06-01 20:49 | 写真雑学 | Comments(0)

13年6月例会作品   

◆ 2人の世界 渡辺澄晴
3組のアベックがそれぞれの行動をとっていたんで、その3組3様の2人世界をスナップ。
f0018492_2218161.jpg



◆ 最高峰 荒城優子
憧れのヒマヤラ。
f0018492_22201741.jpg



◆ 芥子坊主 大川元一
今月の「韻」は「け」です。これは中々苦労しました。「渓流に今朝も健気な芥子坊主」那須高原で撮影した渓流をかなり加工して、芥子坊主と組み合わせました。
f0018492_22274075.jpg



◆ 春風 高橋一弘
4月初旬の突風が吹く夕方、横浜公園で”光と風”の共演を撮りました。
f0018492_18462220.jpg



◆ 涼風鼎談 臼木敏夫
噂話に花が咲く・・・ 種を蒔いたり仕込んだり。
f0018492_0251781.jpg



◆ 恐怖 渡部義範
自作のモザイク画から押し出し手法で作ってみました。
f0018492_0261618.jpg



◆ 陶酔 加藤豁子
野毛大道芸で撮りました。バック左側の建物を修正しました。
f0018492_22531634.jpg



◆ 超気持ちいい! 田崎龍一
タイ(チェンマイ)のナイトバザールでの光景。背景に「輪郭検出」をかけました。
f0018492_225716100.jpg



◆ 鯉のぼりの滝登り? 横田千露
袋田の滝を見ました。鯉のぼりが滝を登るかの様に風にはためいていました。
f0018492_23121267.jpg



◆ おいで おいで 高張一司
小さいクラゲを合成し、親クラゲが子クラゲを呼んでいる雰囲気にしました。トーンカーブで黒をしめ、アンシャープマスクで触手の赤を 強調。
f0018492_23132724.jpg



◆ 三社祭り白鷺の舞 齊藤智徳
三社祭りの大行列で白鷺の舞と芸者衆の行列の美しさをグラデーションを使い表現してみました。
f0018492_22324519.jpg



◆ 薔薇に囲まれて 本山栄子
横浜イングリッシュガーデンの薔薇が、とても綺麗でした。
f0018492_22335896.jpg



◆ アリん子種運び幾星霜 芦川福男
北東北のカタクリは、栗山の林床に群生。造園主はアリん子。種子を巣に運び、誘因物を口にするが、種子は傷付けられることなく、巣外に放り出される。カタクリの生き残り戦略!?
この撮影は絞り開放、林床中央部にピントを合わせショット。次に、フィルター・カットアウトを選ぶ。
f0018492_22353830.jpg



◆ Fragrance(香り) 大木伊都子
ヴェルニー公園で撮ったバラです。ハイパスで淡い色合いに落ち着かせ、ソフトライトで明るく仕上げました。ブラシで香り立つ白バラの香りを表現しました。
f0018492_22364972.jpg



◆ 湘南夕景 腰高和雄
稲村ヶ崎の夕景に、ウインドサ-フインを貼り付けて作画しました。
f0018492_0211587.jpg



◆ みなと夜景 武藤英雄
さわやかな季節となり夜の大桟橋は夜景見物の人出で賑わっていました。撮影はランドマークタワーとベイブリッジを写し込み光芒も加えてみなと横浜の夜の情景を印象的にしました。
f0018492_0163388.jpg



◆ ダウンタウン 谷口勝太郎
銀座の裏通りをグラデーションマップで華やいだ風景に置き換えました。
f0018492_0173121.jpg



◆ あじさい 林美江子
庭にアジサイが咲きだしました、去年撮ったアジサイにネット柄を合成しました。
f0018492_2475556.jpg



◆ 天に招待 佐藤正二
人ごみのざわめきの中でも気持ちにゆとりができる天井。
f0018492_2484079.jpg



◆ 朝霧の中 大嶋丁未子
ベランダで育てたケマンソウ(タイツリソウ)を朝霧の高原に咲くイメージで作画しました。
f0018492_2494376.jpg



◆ 花キューブ 佐々木茂
春の野の花を使ってキューブを作り、並べてみました。工夫をしたところは、キューブの上下や横を透明にして、中が見えるようにしたところです。背景も苦労したところです。キューブと合っているでしょうか?
f0018492_1126854.jpg



◆ 湖畔 宮丸哲夫
春の公園です。
f0018492_11273955.jpg



◆ ボイジャー・オブ・ザ・シーズ入港 多田正司
5月に大型客船ボイジャー・オブ・ザ・シーズの撮影チャンスに恵まれました。快晴で富士山もくっきり見えて大黒ふ頭に停留していたボイジャー・オブ・ザ・シーズの入港をイメージして合成しました。
f0018492_1128373.jpg



◆ 追想 向山康三
東京国際フォーラムの室内をバックに人物を合成しました。
f0018492_975120.jpg



◆ 静と動 小間康嗣
チューリップと高速道路インターを対比してスケッチ画風に描きました。
f0018492_1050582.jpg



◆ 欣求浄土 堀田義夫
鬱々とした気分を抜け出し、よろこびや解き放たれた気分を感じる浄土を想像しました。
f0018492_19391833.jpg



◆ 爽やかな朝 月岡悦子
早朝に三浦の海岸を散策していると、白い灯台が朝日を浴びて奇麗でしたので、やはりその朝に浜辺に居た犬を入れてその時の印象を強調しました。
f0018492_10524495.jpg



◆ 常泉寺 神尾實
3月の撮影会での常泉寺の写真を集め「みつまた」を背景にお寺の特徴が分かるように合成してみました。(私の檀那寺と同じ曹洞宗でしたので「道元禅師」の像を入れました)
f0018492_19405999.jpg



◆ 13夢配 古殿絹枝
はじめての作品展。 配達人がどんな夢を届けてくれるのでしょうね。今からワクワク、ドキドキ。
f0018492_1942299.jpg



◆ 蛙のお祭り 寺村博行
農薬の入っていない水溜りでは、元気よく食欲たっぷりに無数の蛙の子供が泳ぎ回っています。蛙族が最も元気になる季節がやってまいりました。
f0018492_23541844.jpg



◆ 白拍子の舞 越智祥之
手持ち在庫が底をついていますので南房総の撮影会の新鮮撮れ立ての孔雀園の白孔雀をご披露します。久々に絵画風にしてみました。
f0018492_23555145.jpg



◆ 自分の芸に驚く 渡利升秋
男女二人による野毛の大道芸。自分たちの演技を眺めているように合成した。
f0018492_2357729.jpg



◆ 遠い記憶 高橋玲子
2枚の合成写真です。
f0018492_2357261.jpg



◆ 無情な雨 金城敬子
水溜りに椿をいれ、ブラシツールで雨を描きました。背景はテクスチャーの砂岩でコンクリートの質感を出しました。
f0018492_19344992.jpg



◆ 浮遊体 荒島謙一
クラゲですがいつも暗い中で優雅に泳いでいます、ピントもうまく合ってるようなので。昔の紙貰ったモデラトーンアイス波光を使いました。
f0018492_19353473.jpg



◆ 城山からの風景 長尾勝利
城山城よりの風景画をグラデーションで加工ミニチュア風にしました。
f0018492_1937421.jpg



◆ 洞窟 菅野俊雄
迷い込んだフラクタル洞窟。出口はどっちだ! フラクタルで作成した画像で幻想の洞窟をイメージしてみました。
f0018492_19401698.jpg



◆ ジャグリング-ピン10本 橋本和成
ジャグリング芸人 桔梗兄弟の演技、演者と10本のピンを明快に出してみた。
f0018492_194115100.jpg



◆ 獅子ガ鼻湿原 西垣憲明
鳥海山の麓にあるブナの群生地である。今回出かけたので記念に出品した。この川には鳥海マリモがありこのマリモはコケがからみあってできる珍しいマリモである。阿寒湖のマリモは藻でできている。
f0018492_21113442.jpg



by yumehaitatu | 2013-06-01 20:00 | 13年6月例会作品 | Comments(0)

玉手箱 2013年6月   

原画 田中登美子

f0018492_16222370.jpg


作例1 「熱いひと」 高張一司
f0018492_16344853.jpg


作例2 「雷雲」 田崎龍一
f0018492_16312172.jpg


作例3 「解氷進む北極圏」 多田正司
f0018492_16331739.jpg


作例4 「ゴスミックフロント(’宇宙の渚)」 谷口勝太郎
f0018492_163712100.jpg



非公認作例 「夢フライト」
f0018492_17262375.jpg


by yumehaitatu | 2013-06-01 19:44 | 玉手箱 | Comments(0)