<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

やぶにらみ76 堀田義夫   

センスは誰にでもある!
 
 先日仲間たちと奈良に撮影に行った。行き帰りの車内では、写真談義に花が咲いた。そうした中で、「私にはセンスがないから……」と自分を卑下したような発言を耳にしたのです。
 だが、本当に自分にはセンスがないと思っているのだろうかとチョッと淋しい気がした。あるいは本当は、本心からは、そう思っていないのかもしれないという気もした。センスということはそれほど手に入れることが難しいのか。
 だいたい「センス」という言葉にはどんな意味合いが隠されているのだろうか?辞書をひいたら『微妙な味わいを感じ取る力』とでていた。
 私たちが写真を撮るとき、当たり前のものをじっくり観察して、「微妙な違い」「チョッとした違和感」を見つけて作画するでしょう。周りの人には「普通のもの」が、本人にとって「特別な何か」に見えるといったことがある。まさに「人と違うセンス」なのです。だから、センスのない人なんか、いないというのが私の持論です。
 先日、森光子さんの訃報をテレビで知った。そのとき思い出したことが、片平なぎさという女優が初めて主役を演じることになったので、大先輩の森さんに、どんなことに気を付けて望むべきかと尋ねた。森さんは「台本をよく読んで、その台本のどの部分が気に入ったか? もし気に入った部分が見付かったら、そこをどのように演じるかを真剣に工夫しなさい。すべてを巧く演じようとすれば、するほどお客さんは疲れてしまうから、自分が気に入った部分に、全神経を集中させて演じなさい」とアドバイスされたという話が伝えられている。
 この話は印象的で、写真の世界にも通じると思ったので、私の「夢ノート」に記されている。
写真経験が長くても、なかなかセンスの磨かれない人は、「被写体に写真を撮らされている」からです。もし、目の前にある被写体に自分の心を結びつけて、自分の気持ちを大切に、「楽しかった」「面白かった」「不思議だった」「美しかった」といったことを、どのように伝えようかと努力すれば、その人なりのセンスは磨かれるのです。
 作品ならば、作者は「作為を伝える最低限の努力をする」ことを心がける。そうすれば、その人なりのセンスは磨かれるのです。写真は巧く撮ることも必要だが、「気持ちの伝え方」はもっと重要だと思っています。
 センスの磨き方にはいろいろあるだろう。今回のように仲間と撮影を共にする場合などは「こんなもの見つけたよ!」とか「これなんだろう?」と楽しく会話を重ねながら、自分の欠けている部分を補うことが出来る。この仲間との刺激がセンスを磨く上ではいちばんの決め手であるようだ。
 もう一つ大事なことは、「思い切り」が肝心。私は今回の撮影にマンネリ化した視覚経験から抜け出したいと思って、風景写真はすべて16㎜の超広角レンズで写す!といった使用機材を制限し、限られた条件で撮影をした。これもセンスの磨き方かと思って実行したのである。
f0018492_21455254.jpg

by yumehaitatu | 2013-01-12 23:59 | やぶにらみ | Comments(0)

13年1月例会作品   

◆ 年賀状 渡辺澄晴
平成25年の年賀状です。横浜八景島シーパラダイスで撮影。
f0018492_23555645.jpg



◆ 海髪(うご)の海 大川元一
「あ」から始めた以上、後に引けなくなってしまいました。今月は「う」です。撮影場所は松島湾ですが、幸いにも津波の被害は少なかったようです。海髪はイギス科の海藻の一種で海苔の一種で、普段は岩の上などに定着していますが、津波で海面に浮きあがってきた様子を、船窓から眺めているイメージで作りました。
f0018492_2357536.jpg



◆ 春の兆し 荒城優子
寒波本番、じっとこらえて前へ!
f0018492_951477.jpg



◆ 発射! 高橋一弘
平和な日本にあってこんなことはあり得ないのですが、パロディ風に作画しました。
f0018492_18433193.jpg



◆ 蘭の花 加藤豁子
昨年「世界の蘭展」で撮った画像を4枚使って作りました。
f0018492_23465632.jpg



◆ 柿さん(三)兄弟 臼木敏夫
わわわぁ~ 吹雪だ~~
f0018492_23475576.jpg



◆ 柿食えば鐘が鳴る 渡部義範
鳥たちもお寺(上大岡・真光寺)の鐘の音を聞いて新年を迎えた事でしょう。
f0018492_8394080.jpg



◆ バリの赤瓦 芦川福男
バリ島ホテルの熱帯スイレン池に映り込んだ屋根瓦の赤に魅せられて撮った。年中開花の様子と常夏の強い日差しを表したかった。参考に、丈1㍍余の大トカゲも池を住処としていた。
f0018492_8405041.jpg



◆ 石仏の道 齊藤智徳
十国峠の細い道を来宮方面に向かって見晴らしの良い枯野を一人で写真を撮りながらトボトボと歩いていると、少し不安になるが等間隔に置いてある石仏に出会うとホットする。下り坂になり視界が突然開け海が見えたときは周りのススキがキラキラと美しく見え「古稀を過ぎ心に滲みる銀の風」という句が浮かんだ。
f0018492_20511670.jpg



◆ 2012年12月21日 高張一司
巷では2012年12月21日に、地球が滅亡するという噂が流れていました。
f0018492_22182787.jpg



◆ 凍てつく津軽平野 腰高和雄
厳しい真冬の津軽平野を作画。車両は、他の作品より切り取り背景に合わせて作画し貼り付けました。
f0018492_2301429.jpg



◆ 希望の年へ 堀節子
若い方たちが、希望に燃えて前に進んでゆけるような年になって欲しいと思い、願いを込めて作りました。
f0018492_9255144.jpg



◆ 朝靄の夜明け 向山康三
夜明け前の朝靄が漂う初冬の春日公園を創りました。
f0018492_9265994.jpg



◆ スターウォーズの宇宙 谷口勝太郎
フラクタル画像を組み合わせ、スターウォーズの宇宙を作成しました。
f0018492_8562460.jpg



◆ 魅惑 高橋玲子
ストレート写真です。
f0018492_15232286.jpg



◆ どんぐり森へ 林美江子
どんぐりを拾い再生? 森へ・・・・・
f0018492_15203620.jpg



◆ 声援 田崎龍一
新春恒例の箱根駅伝。警視庁のパトカーに先導されて、六郷橋をわたる選手に、沿道から大きな声援が送られる。
f0018492_029228.jpg



◆ ディナー3013(千年後のディナー) 寺村博行
宇宙人同士が会合しディナーを食する時代が来るとすれば、こんな光景になるのかな ‥‥ いろいろ疑問はあるところですが、想像を膨らませてみました。
f0018492_0301943.jpg



◆ 楽しい夜 大嶋丁未子
クリスマスイブの楽しい夜でした。
f0018492_21382086.jpg



◆ 和菓子処 佐々木茂
栃木市にあった和菓子屋さんです。栃木は蔵造りの街です。栃木駅の周辺には、昔からの古い建物や蔵が沢山残っていて 、記念館や博物館になっていたり、或いは現在でも、まだ使われていたりします。版画風にして、棟方志功を真似て一部彩色を施してみました。
f0018492_1052228.jpg



◆ 人気者 武藤英雄
深大寺の鬼太郎茶屋の裏手にある鬼太郎ゆかりの妖怪などのキャラクターを使い又某TV局のインタビューシーンや門前の石仏なども入れて漫画チェックな作品にしてみました。
f0018492_10563934.jpg



◆ ベルの音が聞こえる 堀田義夫
この指止まれで写しました。クリスマスの賑やかな雰囲気が感じられれば良いのですが……
f0018492_11415890.jpg



◆ マーチングバンド 横田千露
お隣の小学生が全国大会に出ます。
f0018492_1548417.jpg



◆ いざ見参! 荒島謙一
外人の子供が武者から刀借りて楽しそうに片方が真剣に相手してる。真ん中に逆光を当てた。
f0018492_21303920.jpg



◆ 流し目 高橋礼子
見ている先に何があるのでしょう。
f0018492_213148100.jpg



◆ 夜明け前 多田正司
おなじみのサンタですが原画を朝焼け的にして空、月、星を合成してプレゼントを置いたサンタが帰る刻をイメージしました。
f0018492_21331537.jpg



◆ 雅 越智祥之
12月にエリスマン邸で撮ったクリスマス用オブジェに能面を加えて「雅」ぽくしてみました。
f0018492_21341162.jpg



◆ 師走 月岡悦子
年末の忙しさで駆けまわるお坊さんの姿が、次の年の干支の蛇に追いかけられているように見えました。
f0018492_8283939.jpg



◆ 上々吉 大木伊都子
1月7日寒川神社で獅子舞を撮影。縁起物のミカンがカメラにも向かって飛んできました。一茶の「わが春も上々吉ぞ梅の花」を添えて新年の作品としました。
f0018492_1044061.jpg



◆ ふすま絵 小間康嗣
温かい沖縄の花をふすま絵風に浅浮彫りで仕上げました。
f0018492_12553976.jpg



◆ 妖精達のXマス 髙橋洋子
イルミネーションで彩る森で妖精達が集う。夢の世界を描き、妖精は木のコブで表現しています。
f0018492_16375894.jpg



◆ 「お正月」の歌 神鷹徹
電線に留まる鳩を見てましたら、音符のように感じましたので表現してみました。
f0018492_16392086.jpg



◆ 何だ!このビル 渡利升秋
ビルの画像に「フィルターの押し出し」処理をして元の画像と描画モード「差の絶対値」でブレンドしたら、変てこなビルが出来上がった。
f0018492_17573683.jpg



◆ 湖に咲く花 金城敬子
フラクタルで作った花を湖面に咲かせました。
f0018492_22403835.jpg



◆ 春よ来い 宮丸哲夫
冬型気圧配置にイメージを重ねました。
f0018492_20311421.jpg



◆ 訓練飛行終了 曽我知克
浜松基地航空祭前日の練習日の撮影です。生憎の雨でスローシャッターが切れるような体勢では無かったので ISO を上げて高速シャッターにし、フィルターのボケの移動で流しました。
f0018492_019214.jpg



◆ 12月の撮影会にて 池上晃
「月、樹木、水面」という日本の伝統的絵画のアイテムと、オフィスビル、観覧車、イルミネーションという日本の今どきのアイテムの合体を試みました。
f0018492_21101478.jpg



◆ 情熱 長尾勝利
バラの花の色を自分のイメージで、画像合成してみました。
f0018492_21112390.jpg



◆ 竜眼に糸玉 菅野俊雄
フラクタル画像を合成し、深山に潜む竜が睫毛に糸玉を引っかけたイメージに幻想してみました。
f0018492_1444657.jpg



◆ 冬支度 西垣憲明
昨年北海道へ行った時の広大な土地の風景である。冬にそなえて、収穫物の上にブルーシートが掛けてあり冬支度の準備を感じた。シートの色を変え、人物をトッピングした。
f0018492_10371263.jpg



◆ 静物クリスマス 美安紀子
水彩画で描いた作品を写真から水彩画で作成してみました。
f0018492_1039580.jpg



◆ 東京駅発宇宙行き 橋本和成
改修完成した東京駅を3枚の写真でパノラマ化し、汐留の旧国鉄新橋駅跡地にある機関車のイルミネーションを配置して幻想的な画作りとしました。
f0018492_2039374.jpg



◆ 晴れ姿 加藤慶治
舞台での太鼓うちで、マイクが多く、わずらわしいので、消しました。
f0018492_23205196.jpg



◆ 森の貌 伊藤彰洋
温室で曇ったレンズを逆光に向けソフトフォーカスに使いました。奄美大島の画家田中一村風に作画しました。
f0018492_23225199.jpg



◆ 虹の花 古殿絹枝
明けましておめでとうございます。よろしくお願いします。
f0018492_2324472.jpg



by yumehaitatu | 2013-01-12 23:55 | 13年1月例会作品 | Comments(0)

2013年1月玉手箱   

原画提供
斉藤智徳さん
f0018492_23593978.jpg



菅野俊雄さん
f0018492_23584414.jpg



曽我知克さん
f0018492_003012.jpg



高橋一弘さん
f0018492_014100.jpg



高橋洋子さん
f0018492_013867.jpg



斉藤智徳さん
f0018492_02188.jpg



by yumehaitatu | 2013-01-12 23:52 | 玉手箱 | Comments(0)