<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

フォトドリーム展 in Tokyo 2012   

デジタルフォト研究会写真展 「フォトドリーム展2012 in Tokyo」
期間:2012年9月13日(木)~9月19日(水)
無限に広がる表現の多様さに挑戦して、各自の感性と技術を駆使した作品。

本会は会員全員が互いに育み合う「共育」をモットーに、デジタルフォトの技術向上と会員相互の親睦を図ることを目的にして、2003年に設立しました。来年で10周年を迎え、現在会員が65名で、以下の活動を行っています。
1.例会
原則、毎月第1土曜日に横浜市内で開催。会員による作品制作内容の解説、作品研究・講評、講演会他。
2.PC分科会(基礎講座・応用講座)Photoshopを使ってデジタルフォトを学びます。
3.作品展の開催
毎年、横浜市内のギャラリー等で「夢の配達人展」と「フォトドリーム展」を開催。
4.撮影会など
日帰り撮影会、会員による自主撮影会、撮影会作品のコンテストを開催。


展示作品を掲載します


煩悩 堀田義夫
f0018492_2016374.jpg


●月下美人と月 渡辺澄晴
f0018492_20184224.jpg


●ひこばえデビュー 芦川福男
f0018492_2051371.jpg


●東京 陸・海・空ショー 阿部功
f0018492_20521222.jpg


●flow colors 荒城優子
f0018492_20541346.jpg


●アール・アンダーバー・アール 池上晃
f0018492_20203714.jpg


●ルピナス咲くテカポ湖 一宮勝
f0018492_2056192.jpg


●不穏 伊藤彰洋
f0018492_20215068.jpg


●風光る 大木伊都子
f0018492_20224374.jpg


●夕べの祈り 大川元一
f0018492_20581966.jpg


●幻想 大嶋丁未子
f0018492_20595093.jpg


●合流地点 越智祥之
f0018492_2102935.jpg


●叫び 加藤慶治
f0018492_212073.jpg


●刻 加藤豁子
f0018492_20271175.jpg


●水面に映えるオブジェ 神鷹徹
f0018492_20294232.jpg


●夕焼け 神尾寛
f0018492_2134762.jpg


●幻想 北川俊子
f0018492_2154017.jpg


●桜の下で 金城敬子
f0018492_2173795.jpg


●押し花・花葉づくし 小間康嗣
f0018492_2192279.jpg


●月の砂漠 斉藤智徳
f0018492_21111972.jpg


●倦怠期 菅野俊雄
f0018492_21132380.jpg


●途切れた線路 杉本鉄雄
f0018492_21144939.jpg


●水郷寸景 曽我知克
f0018492_21161169.jpg


●だまし絵BOX 高橋一弘
f0018492_21172920.jpg


●宙からの訪問者 高橋洋子
f0018492_20313946.jpg


●春なのに 高橋礼子
f0018492_2119474.jpg


●FACE 高橋玲子
f0018492_21195937.jpg


●藤咲く頃に 高張一司
f0018492_21222130.jpg


●お遍路さんは行く 田崎龍一
f0018492_22252571.jpg


●原宿街角 多田正司
f0018492_22265597.jpg


●どぶ板通り暮色 谷口勝太郎
f0018492_22285033.jpg


●蛍 月岡悦子
f0018492_2229367.jpg


●裏通り 寺村博行
f0018492_2231529.jpg


●おしゃれな街角 西垣憲明
f0018492_22325536.jpg


●ノスタルジック・ヨコハマ 橋本和成
f0018492_22334270.jpg


●とんがり屋根の町 林美江子
f0018492_2235285.jpg


●昼下がり 深瀬彊
f0018492_20321793.jpg


●フラワー・アレンジメント 堀節子
f0018492_20332733.jpg


●好奇心 宮丸哲夫
f0018492_22363984.jpg


●赤提灯 武藤英雄
f0018492_22382914.jpg


●秘密の要塞 向山康三
f0018492_22392642.jpg


●花遊び(おだまき) 本山栄子
f0018492_22404970.jpg


●三浦海岸のポスター 安田達也
f0018492_2242526.jpg


●ハプニング 山本治子
f0018492_22441967.jpg


●浅草寺庭園 横溝和夫
f0018492_2036012.jpg


●鬼ごっこ 渡部よしのり
f0018492_22444495.jpg

●輝くマヌカン 渡利升秋
f0018492_20482879.jpg

by yumehaitatu | 2012-11-10 22:52 | フォトドリーム展 | Comments(0)

やぶにらみ74 『しなやかに自分流を貫く』 堀田義夫   

 『しなやかに自分流を貫く』
 写真サークルで撮影会に参加したときのことだが、バスの中で幹事さんから 「今日の撮影会についてアドバイスをお願いします」 といわれた。確かに撮影会に参加したとなれば 「上手な写真を撮りたい」 と思うのは当然です。しかし私は写真のウデを上げようと頑張ったのは、撮影から仕上げまでの技術が難しかった時代のことで、そうしたことがすべて容易になった今日では、ウデ自慢は流行らないと思っています。
 だから 「現場に立ち会わなければ、何をアドバイスしてよいかわからない。とにかくフィルムの時代と違うのだから、自分がよいと思ったら、バンバン撮ることです」と曖昧な話しか出来なかった。 自分が良いと思ったらバンバン撮ることだといったのは、私は「撮ろうかどうか迷ったとき、先ずシャッターを切る」ということにしています。このことは、以前にある場所を、撮っておくべきかどうかを迷った末、結局撮らなかったことがあったのです。ところが、後日作品集を作るときに、その写真があれば構成に役だったのにと、悔やんだことがありました。後の祭りです。そのことがあって以来、「迷ったときは撮る!」と決めたのです。
 デジタルカメラは小さなカードにフィルムなら10 本分くらいの写真を写し込むことが出来るのだから、迷っていてはもったいない、どんどん撮っておく方が良いのです。
 よく、被写体をしっかり観察して撮る。ということがいわれます。たとえば、花の写真を撮るとき斜光線を選ぶか逆光線を選ぶか、カメラアングルをどうするか構図はどうするか、主題に対して背景をどう処理しようかといった、上手に撮るために画面構成考えることを 「観察」と思われているようですが、そうではないのです。何が被写体であれ、そういったことは、いかに上手に画面構成を纏めるかの工夫であって、「観察」ではない。「観察」とは、被写体の何を写真化するか、そこからいかに想像力を膨らませるかということだと思っているからです。
 私は 「撮影会」 というのは旅行気分でその場のそのときの発見だと思っています。そうした意味で撮影会というのは私にとっては、いつも小さな探検家気分にさせてくれます。
 「おっ、面白いところを見つけたね」 「こういうのって、ふつう撮らないよ」 「でも、何となく気になるなあ」「チョッと抽象的だけど、そこがいいのかもね」「この写真、なんか変な写真だけど、いいんだよなあ」「想像力をかき立てるっていうか、詩を読むって気分になる。そういう魅力があるよね」と仲間たちに言ってもらえる写真を撮りたいと思っているのです。
 だから、私には被写体を説明しているだけの写真はつまらないのです。ところが人に言わせれば、私のような写真は独りよがりの写真で、良くないという人がいますが、私は独りよがりでいいと思っています。それが個性につながるのです。個性を感じられない写真は、他人も面白がっちゃくれないと思うからです。
ですから、冒頭の 「今日の撮影会についてのアドバイス……」 という幹事さんの依頼に対して曖昧な話しか出来なかったのです。傑作を撮ろうなんて思わずに、しなやかに自分流を貫くことをお勧めします。
f0018492_21532335.jpg

by yumehaitatu | 2012-11-03 23:57 | やぶにらみ | Comments(0)

12年11月例会作品   

◆ 瞳 渡辺澄晴
バラとモデルを組み合わせ、瞳を強調しました。
f0018492_2134710.jpg



◆ 明かり 荒城優子
秋深く灯火恋しい日々です。
f0018492_657124.jpg



◆ カラフルな部屋 高橋一弘
とある現在美術館のカラフルな部屋です。壁面の女性と床の飾りものを加えて、全体にノイズを加えて少々ビジュアル化ました。
f0018492_23254338.jpg



◆ 京衣(きょうきぬ)の春 芦川福男
4月下旬、吉野から京都へ花めぐり。中で、龍安寺塔頭・西源寺で湯豆腐を食す。 前庭は、糸ザクラはじめ、満艦飾だった。そこで、糸ザクラの白と揺らぎを強調するには、上辺から右下へ『多重』が有効と判断
f0018492_23462560.jpg



◆ 郷愁 加藤豁子
ぽつんと古い建物が街並みに混じっていたのを撮り、少し加工、ピクトランでプリントしました。
f0018492_15244716.jpg



◆ 秋茜 大川元一
先月に引き続いて、今月は「あ」の韻を含ませた俳句で作品を作ってみました。今月も日本風の仕上がりを意識して、色紙に扇面をあしらいました。
f0018492_9331618.jpg



◆ 遡上 臼木敏夫
堰を跳び越えるカラフト鱒。
f0018492_21124444.jpg



◆ 農婦 伊藤彰洋
エッジのポスタリゼーション・カットアウト・照明効果を使い絵画風に仕上げました。
f0018492_2110102.jpg



◆ メリーゴーラウンド 高張一司
フィルター効果で目立たせたいところを強調しました。
f0018492_17271390.jpg



◆ さ~、どうする! 腰高和雄
「佐原の大祭」でのスナップ。ゲームに夢中で遊ぶ子供達の、表情を撮りました。
f0018492_17282283.jpg



◆ 扇子を持つ女(ひと) 堀節子
美人のバックがうるさかったのでぼかして、モノクロにしました。別に撮った扇子を合成しました。
f0018492_2023047.jpg



◆ 森の妖怪 林美江子
銀座四丁目に位置する正面のウィンドウディスプレイを撮りました。
f0018492_1616885.jpg



◆ 水玉交差点 谷口勝太郎
水玉模様が映し出されている車の情景をレイヤーマスクで合成しました。
f0018492_1925453.jpg



◆ 秋到来 西垣憲明
夏街を歩くとウインドウは秋の衣装が飾ってあり秋がきたのだとの思いを入れて色を秋らしくし、フラクタル画像を少し入れ秋風を出してみた。
f0018492_2171560.jpg



◆ 熱演(インド舞踏) 渡部義範
10/13、山下公園野外舞踏会で撮影しました。後ろの踊子は貼り付け。
f0018492_22375812.jpg



◆ 的中 大木伊都子
寒川神社流鏑馬を撮影。馬の力強い表情を照明効果で強調。素焼きの的がはじけ飛ぶ様をブラシで華やかに演出した。
f0018492_22455823.jpg



◆ お月様の掃除 神鷹徹
もうすぐ十五夜・掃除をしなくっちゃ!(マンガ的表現です)。
f0018492_186992.jpg



◆ 中秋の名月 小間康嗣
草花で作画しました。こだわりは月見ダンゴをタンポポの綿帽子で作りました。
f0018492_21131090.jpg



◆ 津軽じょんがら 寺村博行
津軽を旅行しました。その土地で聴く津軽三味線じょんがら節は、こちら(都会)で聴くより響くものがありました。
f0018492_17412618.jpg



◆ レ・タッチ 武藤英雄
尾瀬の風景写真を「選択範囲内をペースト」を使って画像縮小しパソコンの画面に嵌めこみ合成しました。
f0018492_11235951.jpg



◆ 夜の黄色いカフェ 佐々木茂
10年前、フランスを旅してプロバンスに行った時、ゴッホの「夜のカフェテラス」に似たゴッホのカフェがありました。昼間の写真ですが、夜の雰囲気に変え、油絵風にしてみました。
f0018492_17373916.jpg



◆ 木枯らし一号 月岡悦子
街角で見かけたマネキン人形が、セーターをたくさん着せられている様子を見て、木枯らし吹く冬の到来をイメージして作りました。
f0018492_2071989.jpg



◆ 避暑地の出来事 渡利升秋
今年の猛暑、多くの人は涼を求めて冷房の効いている喫茶店に長い時間居座る。パソコンするひと、受験勉強をするひとなど、若きも老いも思い思いに並んでいた。
f0018492_20135198.jpg



◆ 宙に舞う 多田正司
日光の木彫りの鳥を解き放して宙に飛ばせてみました。
f0018492_2018408.jpg



◆ 恐くないよ 荒島謙一
お祭りの日、始まる時大人の人がお面を着けました、子供達はビックリ!一人がなだめました。
f0018492_22225980.jpg



◆ 涅槃寂静 堀田義夫
煩悩を解脱して、安らかな世界に遊ぶ。そんな気持ちを表したかった。
f0018492_20573519.jpg



◆ 双十節 本山栄子
関帝廟と中華学院で撮った画像を合成しました。
f0018492_20585130.jpg



◆ 秋色 宮丸哲夫
望遠で撮った鷺を切り貼りしました。
f0018492_20595347.jpg



◆ 花筏 大嶋丁未子
井の頭公園で行われた全国都市緑化フェアの会場で撮りました。
f0018492_2111296.jpg



◆ 佐原の大祭(秋祭り) 齊藤智徳
千葉県佐原の秋の大祭撮影会で撮った写真です。勇壮な山車と美しい町並みを表現してみました。
f0018492_2123186.jpg



◆ 日差しの中で 髙橋洋子
広い美術館内の空間、斜光の日差しが美しい!観覧を終りくつろいで居るテーブル席を移動した。
f0018492_2022333.jpg



◆ 戯れ 加藤慶治
日本語が通じませんでしたので、片言の英語で撮らせてもらいました。又、雀は飛んで来てもらいました。
f0018492_20234374.jpg



◆ 秋光 向山康三
夏の暑さもいつの間にか遠のきススキが逆光に輝いていました。秋の訪れをモノトーンで表現しました。
f0018492_20251439.jpg



◆ 初秋 神尾實
先月の撮影会のとき香取神宮裏の杉の大木と木漏れ日の風景を撮った写真ですが、それだけでは詰らないので江ノ島水族館でのくらげの写真のいくつかを切り取って「きのこ」とし木漏れ日の明るい所に入れてみました。
f0018492_2122592.jpg



◆ ドラゴンムーン 菅野俊雄
フラクタルから生まれた星、ドラゴンムーンが時空トンネル網を抜け、彼方の宇宙空間に飛び出そうとするイメージです。フラクタルの網目画像と合成しSF風シーンにしてみました。
f0018492_2184032.jpg



◆ 急ぎ足 高橋玲子
ストレイト写真です。色を少し濃くしました。
f0018492_1211669.jpg



◆ 初冬 橋本和成
初冬の新宿御苑、落ち葉が掃き寄せられていたのをローアングルで撮り、空間に木に残った枯葉を配してみました。
f0018492_20362968.jpg



◆ ランドマークから夏の眺望 越智祥之
8月のある日、ランドマークタワーの48Fに所用があり出かけた折りに窓越しに撮影しました。久々にフィルターのアーステスティックノ水彩画を使ってアレンジしてみました。
f0018492_20383048.jpg



◆ 秋彩 横溝和夫
ピントに難がありましたので、油彩にしてみました。
f0018492_20392515.jpg



by yumehaitatu | 2012-11-03 18:55 | 12年11月例会作品 | Comments(0)