<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

堀田義夫のやぶにらみ論法 71 堂々とした老人に!   

堀田義夫の「やぶにらみ論法」(71)   
【堂々とした老人に!】

 「年を重ねるだけで人は老いない。理想を失うとき、人は初めて老いる」といったのは、詩人のサミエル・ウルマン(アメリカの無名の詩人)だ。この詩を座右の銘にしていたのがマッカーサー。それを松下幸之助がインタビューで紹介して一躍有名になった詩です。
 ところが最近の自分を振り返ると、固有名詞はすぐ出てこない。覚えたことも、聞いたこともすぐ忘れる。「俺も惚けたなー」とつくづく思う。だが近頃は、どうせ年をとるなら「堂々とした老人」になろうと開き直ることにした。忘れることを怖れるより、どんどん新しいことに挑戦することの方が大切だと気づいたからです。
 いま応用講座で、画像処理や作品制作について仲間たちと学んでいる。もう若くないし、脳の容量にも限界があるから、思うように理解できない。そこで体得したことが、必死で機能を覚え、覚えた技法で作画しても作品にはならないということだ。まず、「自分が思っていること・やりたいこと」が明確でないと、覚えたことも聞いたこともすぐ忘れてしまう。知識としては教えてもらえるが、知恵は教えてもらえないからです。
 そこで、自分が何をやりたいか?といった目的をはっきりさせて、コンピュータの操作や画像処理のテクニックを身につけるのが有効なことに気づいた。ただ、一人で黙々とやっているだけでは、それは自己満足に終わり、脳への刺激にはならない。その点では応用講座は仲間からの刺激が多いのが有り難い。
 脳への刺激を考えるなら、展覧会に出品する、個展を開く、画集を発行する、コンテストに応募する、人を教える。などといったことが非常に有効な手段になると思う。何をやるにせよ、やったことを発表する場や、人から評価される機会、人に見られていることを意識できる状況を自ら作り出す。そのことによって脳の活性化が図れる。私自身は、そうした仲間たちに囲まれて、堂々とした老人になろうと思うのです。
 「青春とは、人生のある期間をいうのではなく、心の様相をいうのだ。優れた想像力、逞しい意志、燃ゆる情熱……こういう様相を青春というのだ。」とサミエル・ウルマンは詠っている。 
 また、
   人は信念とともに若く  疑惑とともに老いる
人は自信とともに若く  恐怖とともに老いる
希望ある限り若く    失望とともに老い朽ちる
(後略)

 今回はサミエル・ウルマンの詩が、マッカーサー元帥の座右の銘であったと聞くが、これは私たち年寄りにとっても「堂々とした老人」になるための座右の銘であるように思えたので紹介しました。
f0018492_17115787.jpg

by yumehaitatu | 2012-05-05 22:17 | やぶにらみ | Comments(0)

5月例会作品   

みんなで仲良く 渡邉澄晴
戦争もない核被害もない平和の世界の願望で創りました。
f0018492_21505790.jpg



雨の中のバラ 荒城優子
雨にぬれたみずみずしいバラに感動して!
f0018492_21525234.jpg



編込まれた里 臼木敏夫
千年変はらぬ 里景色
f0018492_21542823.jpg



どぶ板通り暮色 谷口勝太郎
応用講座で習った”カットアウト”、”ネオン光彩”のフィルター(アーティスティック)を使い夕暮れ時の”どぶ板通りの風景”を作成しました。
f0018492_2156180.jpg



都会の花 加藤豁子
ウインドーを撮った画像に蘭の花を飾りました
f0018492_21573298.jpg



草萌える頃 渡部よしのり
馬の博物館公園で小さな馬の調教している所を撮影しました。
f0018492_21585567.jpg



群遊 田崎龍一
相模川の高田橋で毎年行われる「泳げ鯉のぼり相模川」の一こま。自由変形を使用した。
f0018492_21595796.jpg



桜 齊藤智徳
小田原城のお堀に映った桜と散った花びらを美しく表現してみました
f0018492_2205614.jpg



森の教会 小間康嗣
押し花をイメージして全て枯葉、草花を貼り付けました。上空の鳥は木の新芽です。
f0018492_2215775.jpg



月が追いかけて来る 岸勝彦
竹林から、竹取物語を連想、かぐや姫を月が追いかけて来る
f0018492_223282.jpg



ちょっと出ました 腰高和雄
エレメント10のガイド「枠からのはみ出し効果」を参考にして作画しました。
f0018492_2243495.jpg



風光る 大木伊都子
スカイツリーがオープンし、下町に新しい風が吹き渡っています。原画は墨田公園の池に映ったスカイツリーと桜です。フラクタルや3D効果で風を表現しました。
f0018492_2253217.jpg



尽きぬ灯り 高張一司
やさしいまなざしのイエスとマリア。フィルターからインク画を使ってみました。
f0018492_2262933.jpg



ゼブラ 伊藤彰洋
影のゼブラ模様と色彩のコントラストに魅かれました。
f0018492_2274736.jpg



摩天楼 三浦隆典
ビルがビルを映し込み面白い情景を撮りました。夕日に映えているのではなくビルの色が写し込まれています。
f0018492_2285130.jpg



風 宮丸哲夫
北京の公園です
f0018492_2210929.jpg



湯立ちの日 荒島謙一
湯立ちのお湯ををかけてもらうのに待ち切れず眠ってしまったおばさんが良く寝てるは!
f0018492_22122095.jpg



追想 寺村博行
夕陽を眺めながら、想い出を追ってみました。
f0018492_22132873.jpg



春うらら 本山栄子
不忍池の長閑な様子を絵画風に仕上げました。
f0018492_22143622.jpg



名残の花 山本治子
幹の上に散った花にふと枯れ行く花の美を見つけて・・・・。
f0018492_22155896.jpg



胡蝶蘭ファンタジー 松崎浩次郎
水晶フイルター、オーバーレイのあとグラデーション。背景をブラシで作成。
f0018492_22183617.jpg



カーボーイ 武藤英雄
富士サファリのミニチュァ牧場で乗馬の世話をしていたテンガロンハットの牧童が気に入ったので声をかけて写真を何枚か撮らせて貰いました。表情が渋くて西部劇に登場するカーボーイのようでした。
f0018492_22194249.jpg



秘すればはな 高橋礼子
ガラスを使いました
f0018492_22205380.jpg



花飾り 林美江子
ソメイヨシノの花びらが舞い散って淡いピンクの桜が可憐に咲いてました。新宿御苑にて。
f0018492_22214314.jpg



焼亡(じょうもう)の舞 安田達也
湯河原町の土肥祭で、源頼朝の挙兵をサポートした土肥実平を称えて焼亡(じょうもう)の舞が披露されました。
f0018492_2223031.jpg



光のリボン 渡利升秋
大船フラワーセンターのモデル撮影会のモデルに光のリボンをつけていました。
f0018492_2224788.jpg



狙う 堀田義夫
照明効果だけを使って作画意図を強調しました。
f0018492_22262512.jpg



ひこ生えの艶 芦川福男
京都御苑「出水の小川」地区。紅白の八重ザクラが散り急ぐ。人目につかぬひこ生え2輪のみ花色楚々 
f0018492_22271155.jpg



桜の下で 金城敬子
桜が咲き春の楽しさを表現しました。人物は輪郭の検出.五線譜はブラシツールです
f0018492_22282942.jpg



ルビー星の魔女 菅野俊雄
双子顔の冠、額に宝石の妖しい魔女が、ルビーの玉座に座っている。窓越しに、地上のドームの基地と天空に張られた網目バリアー。フラクタル画像をSFファンタジーふうにイメージし合成してみました。
f0018492_22314521.jpg

f0018492_9191552.jpg



全員集合 曽我知克
何が目的なのか、全頭が団子になった様子が面白くシャッターを切りました。RAW の現像時に階調とコントラストを調整し、開いた後でハイパスでシャープ感を出しています。
f0018492_22332343.jpg



日本美の景観 高橋洋子
歴史有り、自然有りの京都。修学院離宮の美しさに、沸き立つ雲を入れて尚一層の迫力を出したいと思いました。
f0018492_22361127.jpg



古木老艶 横溝和夫
切っても切っても出てくる小さな枝に咲いた桜の古木を盆栽に見立てました。
f0018492_22373159.jpg



闇の中で 月岡悦子
富士サファリーパークのチーターを、もっと野生的に表現してみようと思い作りました。
f0018492_203106.jpg



桜満開 高橋玲子
ストレートしゃしんです、 しだれ桜です。
f0018492_2240191.jpg



春の午後 神尾實
富士サファリ-パ-ク撮影会で撮った写真を合成して作りました。動物の目を写した写真は全てドロンとして眠っているようなものばかりなので、園内の花壇を背景にしました。処 理 等:背景の写真の後方は駐車場で車が写っているので手前の植え込みの木をスタンプして潰しました。
f0018492_935911.jpg



ときには 小山仁
何となく、石仏が動き出したらなと自由変形を応用して作画してみました。
f0018492_2061711.jpg



ゴールデンマドンナ 越智祥之
4月28日の野毛の大道芸で初めて「ささらほうさら」というグループの金粉舞踏を撮りました。体に塗った金粉が光る中、大量の汗が滴る状況を作品にしたかったのですがーー。より金色に仕上げるために「色相・彩度」のイエローを出して彩度を上げました。
f0018492_2073360.jpg



春と飲む 長尾勝利
鯉が川面一面の桜の花びらを飲んでる様に見えました。
f0018492_2081545.jpg



ジヤクリング 一宮勝
野毛大道芸の大勢の観客の中での撮影、特に上空まで投げる場わいは写りこむバックの処理を考えながらシャッターをきつたが、この一枚だけは割と余分なくストレートに仕上げることができた。
f0018492_20101691.jpg



ロビー 橋本和成
東京国立博物館法隆寺宝物館の2階から入口ロビーを撮影。奥行遠近感を出すためレンズ補正で修正、内部の明るさと正面外部の明るさを調整、遠近感が出るようにした。
f0018492_20112931.jpg



勝負の年(とし) 加藤慶治
遊んでみました。
f0018492_2012749.jpg



冬の散歩道 向山康三
木々の間から差し込む陽射しの中、初老のご夫婦と愛犬が静かに仲良く散歩していました。
f0018492_20132912.jpg



おしゃれな街角 西垣憲明
原宿で見つけた街角の風景の一部を色付けし、おしゃれな雰囲気をだしてみた。部分的に囲み選択範囲を塗りつぶすにする。応用講座で習った様にデテールを出すため描画モードを乗算にするのがポイントである。
f0018492_20145850.jpg



雨あがり 大嶋丁未子
雨があがりブロンズ像が午後の光で輝いていた、3枚の写真を合成しました。
f0018492_2016399.jpg

by yumehaitatu | 2012-05-05 22:13 | 12年5月例会作品 | Comments(0)

玉手箱 2012年5月   

原画 荒島謙一さん提供
f0018492_11563038.jpg

作品1
「マック兄弟」 池上晃さん
f0018492_115827100.jpg

作品2
「ハイキングに行こう」 一宮勝さん
f0018492_1159436.jpg

作品3
「もうかえろう」 伊藤彰浩さん
f0018492_120076.jpg

作品4
「チチポポ生還」 臼木敏夫さん
f0018492_1205299.jpg

作品5
「純心」 大川元一さん
f0018492_1231159.jpg

by yumehaitatu | 2012-05-05 22:06 | 玉手箱 | Comments(0)