<   2011年 06月 ( 43 )   > この月の画像一覧   

写真雑学30「シャープな映像」 渡辺澄晴   

 またまたピントのお話し 
今年の7月24日で、現行のアナログテレビの放送は終了し、地上デジタル放送にかわります。この事は機会あるごとに関係機関から啓蒙を受けてきました。液晶ハイビジョン画像は横長の16:9のワイド画面で、走査線は1080本。ブラウン管画面は4:3で走査線は525本。有効画素数は200万個に対し35万個。当然、画像の違いもはっきりわかります。カメラもフイルムを使っていたアナログ時代からデジタル化になって、画像のシャープネス(鮮鋭度)は数段向上しました。
解像力 
単に解像力といえばレンズの解像力とフイルムの解像力を合わせたものをいいます。デジタルカメラではレンズの解像力とカメラの画素数の総合です。小型カメラではレンズの性能がいくら好くてもフイルムの画面サイズが小さいので解像力に限界があり、大きく引き伸ばすと粒子の荒れも加わってボケたような切れ味の悪い画像になりました。そのため風景写真など、シャープな描写を求められる被写体などはフイルムサイズの大きい大版カメラが使われていました。
食わず嫌いとカメラ無知
フイルムの数倍の解像力をもっているデジタルカメラは、大きく引き伸ばしても、大判カメラに匹敵するシャープネスを持っています。しかし未だにフイルムカメラに固執し、返す刀で「デジダルカメラで写した写真は硬過ぎる」「被写界深度が深か過ぎる」「ボケ味が悪い」等々、実際に使ってみて思うのか?人から聞いた受け売りなのか?わけの分からないことを言う人がいます。フイルム時代の常備レンズとデジタル一眼レフカメラの常備レンズの違い、フイルムと撮像素子の違いなどを説明すれば殆どの人は納得してくれますが、食わず嫌いとカメラ音痴の人には時間の解決を待つほかないでしょう。フイルム時代のノスタルジアはその時代を過ごした我々としては懐かしい思い出です。そのことはいつまでも楽しく語り合いたいものです。
2011 フォトドリーム展の総括的採点
今回の作品展は、グルメ的な見方でいうと、「パリパリとした揚げたての天ぷら」です。歯ごたえのあるお世辞抜きに素晴らしい作品展でした。技術、アイデアとも目を見張る作品が多くありました。人の作品を採点する場合、内容は異なっても常に自分の作品を念頭に置き比較評価します。先ず1にピント2にピント、そして3.4が創造と構成です。今年も「俺より上手い作品はそうは出てこないだろう」と高をくくって出展しました。が、そのプライドはもう過去のものになりました。揚げたてのてんぷらのようなパリパリとしたピント。お皿えの盛り付けも見事でした。
<港のバラ>
f0018492_11524563.jpg

by yumehaitatu | 2011-06-05 12:14 | 写真雑学 | Comments(0)

北国は吹雪の桜 横田千露   

被災地は4月雪が降りました。新一年生に成れない子もいました。
f0018492_1014816.jpg

by yumehaitatu | 2011-06-05 10:14 | 11年6月研究会作品 | Comments(0)

もみじ狩り・(般若と小面) 渡邉澄晴   

女性の嫉妬が怨霊と化したその激しさを表現した面。
f0018492_10124045.jpg

by yumehaitatu | 2011-06-05 10:12 | 11年6月研究会作品 | Comments(0)

Black Sheep 高橋一弘   

ドイツのある街で見かけたウォールペインティングです。現世では想像できない衝撃的な表現で、まさにBlack Sheep(厄介者)の世界です。
f0018492_10104795.jpg

by yumehaitatu | 2011-06-05 10:11 | 11年6月研究会作品 | Comments(0)

いやだ~~ 臼木敏夫   

世の中は 常かくのみと かつ知れど・・・
f0018492_0331845.jpg

by yumehaitatu | 2011-06-05 00:33 | 11年6月研究会作品 | Comments(0)

ラブラブ 加藤豁子   

応用講座で教えて頂いたApophysisのハートをカップルの後姿の写真に重ねました。
f0018492_032442.jpg

by yumehaitatu | 2011-06-05 00:32 | 11年6月研究会作品 | Comments(0)

鎮魂の港 大川元一   

一昨年気仙沼に家族旅行をした際、早朝に起きて漁港の日の出を撮影しました。撮影したホテルは高台にありましたが、眼下の市場などの建物は全て津波で崩壊したようです。鎮魂の気持ちを込めて、北鎌倉の浄智寺の仏様を配してみました。
f0018492_0304868.jpg

by yumehaitatu | 2011-06-05 00:31 | 11年6月研究会作品 | Comments(0)

あ!・来た~ 堀節子   

大災害の一ヶ月前に青森八戸の「えんぶり祭り」で撮りました。今か今かと行列が来るのを待っている子達、この子達は皆無事だったのだろうか、家族は、友達は、家は。二度と会うことも無い子達ですが無事を祈るのみです。
f0018492_029217.jpg

by yumehaitatu | 2011-06-05 00:29 | 11年6月研究会作品 | Comments(0)

春の嵐 渡部よしのり   

強風に晒された雉鳩は爪を立てて、枝に止まっている脚の強さと、雨風を凌ぐ羽毛の効用で小さいながらも自然界に生きる強さを見ることが出来ました。背景の風は合成です。
f0018492_0275811.jpg

by yumehaitatu | 2011-06-05 00:28 | 11年6月研究会作品 | Comments(0)

記念碑 田崎龍一   

ハンガリーの初代国王へローマ教皇が王冠を授ける像。大理石の像と空は、別々のグラデーションツールでペイントした。(ハンガリーにて)
f0018492_0263254.jpg

by yumehaitatu | 2011-06-05 00:26 | 11年6月研究会作品 | Comments(0)