<   2008年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧   

堀田義夫の「やぶにらみ論法」55   

推敲の勧め
 私のもう一つの趣味は絵を描くことですが、その先生が、「写生とかスケッチが自分の背の高さ位の量や経験を踏まないと満足な絵は描けない」と常に修練を積むことを勧めます。
 それでいて、「絵はいくらスケッチがうまくても、写生が上手でも、それを作品とはいわない。写生やスケッチは作品を生むための手段であって作品とは別だ」と矛盾したようなことをおっしゃる。
 友人に俳句をたしなむ人がいて、一句が作品として完成するまでにはいろいろな手順があるという。たとえば吟行に出かけたとき、いきなり完成した作品が生まれるということはなかなか難しい。譬えできたとしても、後になって納得がいかなくなることがよくある。だから一句を作りっぱなしにしないで、必ず見直すことがとても大切なのだと語っていました。
 この両者のご意見を整理すると、技術力習得のための努力は大切だが、それだけでは納得した作品にはなりにくいということでしょう。
 写真の場合は特にそうです。「よい被写体や条件に恵まれ感激してシャッターを切って、後はラボに任せ、出来上がったプリントを選んで、ハイ!それまぁでよ~」といった傾向が横行しています。そこで、絵でも俳句でも後でいろいろ考えを練り上げるように、写真も自分の表現しようと思って考えていることをもっと大切にしてみてはどうだろうか。
 私は自分の作品を見直し検討したり練り上げることを気障ったらしく「推敲」すると人に話すことがあります。「推敲」というのは主に文学の分野で使われますが、その考えは写真にも当てはまることだと思います。
 それでは自分の作品を「推敲」するとき、どのようなことに留意するかといいますと、おおよそ次のようなことです。
① 既に評価の定まっている作品のなぞりで満足していないか。
② 事物の説明をしようとしてトリミングに甘さがないか。(ルポ的な写真なら別だが…)
③ 旧来の経験的な見方、考え方から脱して、新しさに挑む姿勢が見えるか。 
④ 新しいメカニズムが生み出した新しい表現領域の獲得に応えられたか。
⑤ 技術力・技能力に溺れていないか(アーチストではあってもアルチザンではないんだから…)
⑥ 作家としてのオリジナリティが打ち出せたか。
想いが込められたか。
 今年の「夢の配達人展」の私の作品を見た人が、「ずいぶん時間がかかったでしょう?」と呆れ顔で質問した人がいた。たしかにそうした意味では「推敲」を重ねることは時間はかかるかも知れない。撮影してから10数年たったものもあるんだから…、 しかし、時間が問題なのではない。「推敲」を重ねることによって、よいと思われる作品にする努力が必要なのではないかと思っています。
<温暖化>
f0018492_23283339.jpg

    

by yumehaitatu | 2008-11-01 23:28 | やぶにらみ | Comments(0)

写真雑学 ライティングⅡ 渡辺澄晴   

半逆光による人物写真
 半逆光ぎみの光を主光としたライティングを一般にレンブラントライティングと言っています。肖像画家として名声を博した17世紀の代表的オランダの画家、レンブラントが好んでもちいたライティングです。このライティングは立体感を強め、顔の彫りを深くし、性格描写に向いています。
 人物だけでなく花の撮影にも効果があります。前回の月下美人のように、薄い花びらを透過する光で、明暗のある立体効果が表現できます。
人物写真は、日が射しているとき、順光系の光線は、顔や首に見苦しい陰が出てしまうので、どうしても逆光系が主力になります。一般には、明暗比は1対3から1対4くらいが理想的です。具体的な数字でいうと適正な露出を1とするとハイライトの部分は1.5倍から2倍明るくします。また、明暗差の中間に露出を合わせれば、明部と暗部に立体的な濃度差が生まれます。
 逆光系では銀レフ(反射板)を使い、モデルの目にキャッチライトを入れることも重要です。銀レフは弱めに当てます。あんまり効いてないのでは、と思うくらいがちょうどよいのです。銀レフの効果は、暗部の光量不足を補うことにあります。 
 ポートレートのアップの場合は、肌の質感が大切な要素となるので露出には十分注意することが必要です。
作例写真は、明るい窓際にモデルを配し、右側から銀レフを使いました。この場合の輝度差は1対4です。
f0018492_23255865.jpg

by yumehaitatu | 2008-11-01 23:26 | 写真雑学 | Comments(0)

来場者の心をとらえた「夢の配達人展2008」   

10月14日(火)、当会最大のイベント「夢の配達人展2008」が、“アートガーデンかわさき”で開幕しました。
 朝10時から始まった搬入作業も、会員相互の見事な連携で、220点余りの飾り付けが昼前に無事完了。午後からはあいにくの雨模様でしたが、熱心な来場者で初日を終えました。
 2日目からは一日平均180人前後の来場者があり、会期6日間を通じて1,107名と前回の同会場開催時に比べて5%増の来場者があり、成功裡に閉幕しました。この要因のひとつとして挙げられるのは、川崎市在住の来場者が倍増したのも大きな要因になっています。
 来場者の中には夢の配達人展を心待ちにされていた方もあって、作品の一つひとつを熱心に鑑賞されている姿が目に付きました。また、「この作品はどの様にして作画されたのだろうか?」といった熱心な質問が多かったことも今回の特色と言えましょう。
 来場者から沢山のご意見や感想をいただきましたので、その幾つかをご紹介いたします。
 先ず、東京から来られた方は、「いつも夢配展を楽しみにしています。お決まりの写真展ではなく、バラエティーに富んだ作品が多く、観賞していて実に楽しいです」とのこと。
千葉の方からは、「これは夢の配達人展ではなく、正に“夢の達人展”ですね」と、お世辞半分にしても嬉しいお言葉を頂きました。
 写真家先生も多くお見えになりました。MK先生からは「作者の個性が作品に表現されたものが多くなって、大変な進歩ですね」というご感想でした。
更に、初めてご来場のYT先生からは「どの作品も伸び伸びと表現されており、自由な雰囲気で楽しいです」と、お褒めの言葉を頂戴しました。
 他の写真クラブの方からは「ふぉと五七五のコーナー展示が良かったよ」と、初めての企画に対して良い評価をいただきました。
 地元川崎の方同士の会話の中に「横浜をテーマにした写真が多いね」という、ちょっと予期せぬ声もあったと聞いており、今後の参考にしたいと思います。
 また、洒落でもありませんが、「夢の配達人展? これは“郵政”関係の催しですか?」とマジで質問を受けて、受付で返答を困ったと聞いています。
でも、名称の認知度は年々確実に高まっているのですが、より一層の認知向上と誘客の促進が重要課題と認識しています。
 最後になりますが、会期中多くの会員各位が連日会場に詰めていただき、熱心な来客の対応に感謝申しあげます。ありがとうございました。
実行委員一同
f0018492_23201295.jpg
f0018492_23205124.jpg
f0018492_23211268.jpg
f0018492_23213261.jpg
f0018492_23215150.jpg

by yumehaitatu | 2008-11-01 23:16 | 夢の配達人展 | Comments(0)

虹色の風 横田千露   

踊り子をみつめる目、風とともに去るひと、華やかな哀愁が表現してみたかったのですが?
f0018492_2313910.jpg

by yumehaitatu | 2008-11-01 23:13 | 08年11月作品 | Comments(0)

視線 渡辺澄晴   

2名のモデルの顔をそれぞれ半分に切り上下に組ました。
f0018492_23114017.jpg

by yumehaitatu | 2008-11-01 23:10 | 08年11月作品 | Comments(0)

ハローウィンの夜 大木伊都子   

夢展期間中に川崎で開催されていたハローウィンイベントで撮影。 階段を増やし、縦長に仕上げて奥行きを出し、コウモリのドロップシャドウなどで夜を演出しました。
f0018492_22534016.jpg
f0018492_2254148.jpg

by yumehaitatu | 2008-11-01 23:07 | 08年11月作品 | Comments(0)

いくぜ! 島本巌   

横須賀のみこしパレードで、アメリカンチームのオチャメな兵士のポウズ。
f0018492_22565137.jpg

by yumehaitatu | 2008-11-01 22:57 | 08年11月作品 | Comments(0)

まなざし 谷口勝太郎   

少女の見つめているまなざしの先にある、夢の世界を描いてみました。
f0018492_22552879.jpg

by yumehaitatu | 2008-11-01 22:55 | 08年11月作品 | Comments(0)

ルージュ 林美江子   

全体の色ぐわいが思うようにいかず、何回か直してみました。ルージュの赤をひかえて脇役もと欲張ってみましたが?
f0018492_22395767.jpg

by yumehaitatu | 2008-11-01 22:40 | 08年11月作品 | Comments(0)

開演前 渡部義範   

*始まる前の舞台裏に上がらしてもらい撮影、二人で一緒に演奏する幼稚園児は小さくてピアノの上から顔が出ず蓋に写った孫達の緊張した顔をねらった。*周辺は焼き込み処理をしました。
f0018492_22382050.jpg

by yumehaitatu | 2008-11-01 22:38 | 08年11月作品 | Comments(0)