<   2008年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧   

堀田義夫の「やぶにらみ論法」(47)~器用と不器用~   

 毎月、研究会で会員が発表される作品は刺激に富んだもので楽しみです。また、何よりありがたいのは、役員の人達のお骨折りで開設されている当研究会のブログです。後日ブログを開けばそのときの感動を再確認できるからです。
 そうした作品を見ていますと、「器用にまとめたソツのない作品」と「不器用だが魅力的な作品」があることに気づきます。
 「デジタルフォト研究会」だから、なんとしてもデジタル処理をしたものでなければならないと思うのでしょうか、器用にデジタル処理をした作品に人気があるようです。
 私はそうは思っていないのです。デジタル処理をすることは作者の「作意・想い」といったことを強く打ち出すための手段でしかなくて、作品の価値とはあまり関係ないと思うからです。
 だから器用にデジタル処理をした作品よりも、デジタル処理は不器用でも中身の濃い作品に目がとまります。
 関西落語の大御所に桂文珍という師匠がいます。若い頃、落語にシンセサイザーやレザー光線などを取り入れた舞台は革新的で印象に残っています。ですから当時は時代の寵児としてマスコミなどに登場する機会も多く、テレビやラジオは週に17本ものレギュラー番組を抱えていたそうです。
 そんなとき、松竹喜劇の大看板、藤山寛美さんと対談したことがあったそうです。話題がテレビの話しに及んだとき、藤山寛美さんの口から意外な言葉が出たそうです。
 「あんさん怖いことやりまんなー そんなモン いずれ終わりますねん。そんなことに浮ついておらんで、自分の道をしっかり見ておかんとあかんでー」といわれたことが胸に突き刺さったそうです。
 さらに「器用な芸は飽きられる。不器用なやつほど、努力するから芸に厚みが増すモンや!」と諭されたそうです。以来、「わしは落語家だ、落語しか生きられん男や」と悟って不器用に生きることを決意したといいます。
 私が育てられたのは「瓢蟲社」という写真クラブですが、瓢蟲社の四天王として認められるようになっても、いつも、そのビリッカス。
 先生からみれば不器用なやつ!と見ておられたに違いありません。そうしたことを仲間に告げたら、ある男が「君は器用じゃない、だから人が10回やるなら、20回やれば人並みになる。30回やれば人並み以上になれる」といってくれました。それからはできるだけその忠告を実践するようにしています。
 不器用だから、いろいろと悔やんだり落ち込んだり、失敗したりしたことが全て自分を塗り込めています。これからはその塗り込められている模様を、“漆塗りの職人”が行う研ぎの工程と同じように研ぎ出す努力をしようとしています。研ぎ出すことによって、身に付いたいろいろの模様がきれいに浮き出してくれることを期待しながら……
                 <光のステージ>
f0018492_22261137.jpg

by yumehaitatu | 2008-02-29 22:20 | やぶにらみ | Comments(0)

堀田義夫のやぶにらみ論法 ~カビ生えた概念から脱却~   

~カビ生えた概念から脱却~
 仲間たちが昨年末「堀田義夫のいま」展を開いてくれた。「なにもいまさら……」と思ってはいたが、やってみればいろいろ勉強になった。その中からいくつか私の考えと違う意見を紹介してみよう。
 その① 「写真としては作りすぎじゃないの?」
 ある洋画家が言ったことだが、私は「絵空事」という言葉をこの人は知っているのだろうかと思った。絵画は画家の作意が加えられ、実物そのものの説明として描かれるのではない。
 写生とかスケッチをタブロー(フランス語で習作ではない完成作品をさす)とは言わない。写真に作意が加わることを否定するようではアーチストとして失格と断じたい。
 その② 「これって写真なの?」 といった反応も多かった。
それは「写真」という字句から真実を写すから写真。嘘がないから写真。といった概念が邪魔するのだろう。それは写真の特性の一つかも知れないが、欧米ではフォトグラム(光りで描く)と呼ぶ。私は光で描くことを主体に作品を作ったから仮に写真に分類しているだけだ。
 絵画でも板きれや新聞紙を貼り付けた作品や布を貼り付けたもの、音楽でも尺八とオーケストラのコラボレーション(共同・協力)といったように、異分野とのコラボレーションで新しい表現を試みることなどが現代の傾向である。文明の豊かな恩恵を受けて、新しい表現を開拓して行く姿勢こそ問われるのではなかろうか。
 その③ 「ずいぶん時間がかかるのでしょうね、私なんかにはとてもやっていられない世界」といった声もあった。
写真はシャッターを押して、ラボに画像処理を委ねて、そこからなんとか見られる写真を選んで、「ハイ!それまでよ!」といったことで満足感を味わっている人にとっては、確かに「時間」というのは大問題なのだろう。
アンセル・アダムスという写真家は「ネガは楽譜であり、プリントは演奏である。それらを巧みに演奏することは作者の感性だ。写真家が他のアーチストと同じように作品に時間を惜しまず制作に没頭すれば、もっと面白く可能性のある仕事ができるはず」と述べている。 
 また過日、横濱そごう美術館で切り絵作家・藤城清治「光りと影の世界展」を見た。現在83才という高齢にもかかわらず、ある作品の立木の葉っぱだけを6万枚切り抜き、2年の歳月を要したということを知った。
 別に時間をかけたから良いとはいわないが、自分の想いを作品に封じ込めようと思えばある程度の時間がかかるのはやむを得ない。その時間が惜しい、嫌だという人は、言い替えると自分の作品を自分で作ろうとせず、他人の力で自分の想いに比較的近い作品を選んでいるだけなのである。
f0018492_2263518.jpg

by yumehaitatu | 2008-02-02 23:29 | やぶにらみ | Comments(0)

3月1日(土)研究会(予定)   

3月1日(土)の研究会

会場、開催時間は2月と同じです。

会場:かながわ労働プラザ 4F 第3会議室
    (JR石川町駅下車3分)
 14時30分~15時  連絡事項等
 15時~15時40分 会員作品解説 
 15時50分~17時10分 会員作品研究<時間が長くなています。> 
 17時10分~17時30分 ご意見番記入、整理整頓

by yumehaitatu | 2008-02-02 23:27 | 次回研究会 | Comments(0)

復興への願い 高橋一弘   

阪神大震災の復興を願って始まった「神戸ルミナリエ」を初めて訪れ感激しました。美しいイルミネーションの個所だけをレタッチして、 イメージに近づけました。
f0018492_23105277.jpg

by yumehaitatu | 2008-02-02 23:11 | 08年02月研究会作品 | Comments(0)

宝剣岳燃える 谷口勝太郎   

宝剣岳の上空を赤い夕日を浴びた雲が燃え上がるように、立ち上っていく様子を作成した。2.5次元的に表現した。
f0018492_234145.jpg

by yumehaitatu | 2008-02-02 23:10 | 08年02月研究会作品 | Comments(1)

狙う 渡部義範   

鳶同士の獲物を狙った争奪戦はさながら、戦争中の隼戦闘機編隊とグラマン戦闘機編隊の空中戦を思い出しながらの撮影だった。
f0018492_2392629.jpg

by yumehaitatu | 2008-02-02 23:09 | 08年02月研究会作品 | Comments(3)

谷中にて 越智祥之   

昨12月の谷中の撮影会にて指人形を作っているお店を発見。ショーウインドーに楽しい展示の人形を撮影しました。ガラスのハレーションを出来るだけ目立たないように処理をした点とメインの笹が暗すぎたので明るくしました。
f0018492_2381379.jpg

by yumehaitatu | 2008-02-02 23:08 | 08年02月研究会作品 | Comments(2)

からすうり 堀節子   

過日エプサイトで講習を受けた時、スキャナーで作品作りを習いました。 早速挑戦してみました。> エプサイトで拝見した作品のように和紙に漉き込むことは出来ませんので、PCで和紙を作り合成して見ました。
f0018492_2364095.jpg

by yumehaitatu | 2008-02-02 23:06 | 08年02月研究会作品 | Comments(0)

庭の水滴 本間信行   

急遽判る範囲で作品を作って見ました。フィルターのみの加工です。
f0018492_2352824.jpg

by yumehaitatu | 2008-02-02 23:05 | 08年02月研究会作品 | Comments(0)

窓越しの春 高張一司   

応用講座で学んだ描画モードを活用してネオンの窓越しに見た光景に演出しました。
f0018492_232617.jpg

by yumehaitatu | 2008-02-02 23:02 | 08年02月研究会作品 | Comments(2)