デジ研 スケジュール   


f0018492_22063380.jpg
連絡先:メールアドレス
「デジ研事務局」


f0018492_1459795.jpg
<写真展情報>
○ 松尾エリカ個展「EDEN」

 10月2日( )〜10日( ) (日曜定休)

 ニコンプラザ銀座フォトスクエア

 出品者:松尾

○ 横浜カメラクラブYCC 2017写真展

 10月10日(火)〜15日( 日) 10時~午後5時

 横浜市民ギャラリー3階A室

 出品者:堀田、大嶋、小林、杉本、高橋洋子、堀口、安田

○瓢蟲社同人昔姫三人展

10月24日()~30日()

かなっくホールギャラリー B

出展者:大嶋、髙橋、堀井


○ 多田正司写真展 大衆演劇場 浅草木馬館

 10月26日( 木)〜11月1日(水)
    10:00~17:00 初日13:00~、最終日16:00まで

 ひまわりの郷ギャラリー

 出品者:多田

○ 横浜フォトネイチャー写真展2017

 会期:10月31日(火)〜11月6( 月)
    10:00~17:00 初日13:00~、最終日16:00まで

 会場:かなっくホールギャラリーB

 出品者:渡辺澄晴





<デジタルフォト研究会の行事>


9月の予定

○ステップアップ講座:横浜市市民生活活動支援センター4階

 画像の呼込からプリントまでLightroom基本の学習 杉本講師

 9月29日( ) 13:30 16:30

10月の予定

○フォト575:横浜市市民生活活動支援センター4階

 10月7日( ) 10:00 11:30


§10月研究会予定(10月7日)(上大岡) 

開催場所: 横浜市消費生活総合センター  ゆめおおおかオフィスタワー5 階 会議室2.

13:15 13:30 連絡事項、その他

13:30 14:15 夢配展作品講評 堀田先生

14:15 14:30 休憩

14:30 16:45 会員作品講評


○応用講座:会場横須賀市生涯学習センター

第1週チーム104() 13:0017:00 5階 ミーティングルーム

第3週チーム1018() 13:0017:00 5階 ミーティングルーム

第1週チーム111() 13:0017:00 5階 ミーティングルーム

Photoshop-CC 基礎講座

屛風ヶ浦地域ケアプザ 多目的ホール

1020() 15:0018:00

11月の予定

○フォト 575 横浜市市民活動支援センター4階

114() 10:0011:30


§11月研究会(114日)(桜木町)

:横浜市市民活動支援センター 4階 セミナールーム1・2

13:1513:30 連絡事項、その他

13:3014:30 講座(著作権と肖像権について)

14:3014:45 休憩

14:4516:45 会員作品講評

12月の予定

§§12月研究会(122日)(石川町)

開催場所:神奈川労働プラザ 4

開催時間:13:1516:45








# by yumehaitatu | 2017-09-23 11:28 | スケジュール | Comments(0)

やぶにらみ論法103 【展覧会から学ぶ】堀田義夫   

やぶにらみ論法103 【展覧会から学ぶ】堀田義夫

まもなく「夢の配達人展」があるが、最近仲間たちとグループ展を開いた。

 そこで私の個人的な観察によると、展覧会を見てくれる人たちのなかに大きな過ちを犯している人が多くいるように思えた。

 「この写真何ミリで写した?」「そんなに長いレンズじゃないよね、100㎜くらいかな?」「こうした写真はやっぱり望遠だね」「ボケ具合がいい。絞りはいくつくらいなんだろう」といった調子で、作品の内容に触れることよりも関心はもっぱら技法なのだ。

 またモノクロプリンとなると、「プリンターはなに?」「用紙はどこの製品、その銘柄は?」と執拗に聞いてくる人もいる。

 それは写真の撮り方やプリントのお勉強会とでもいった見方だ。写真展を見て、上手い撮り方をする、綺麗なプリントだといった作例写真という見方しかできないというのは情けない。いまのカメラやプリンターの性能はそうした技法の習得を必要としないほど進化している。技術力を評価していた過去の価値観は捨てるべきです。作品を見てなにを感じ何を読み取るといったことが抜け落ちていたら、写真は薄っぺらなただの画像でしか過ぎないとわたしは思っています。 驚いたことに観客の方から、「作品が作者それぞれバラバラで、見にくい!」といった指摘もあったことです。

 「風景写真が好き」「花の写真が好き」といったように写真の分野の同好会としてまとまるということも腕を競い合うという意味ではいいのかもしれないが、いまは写真の趣味はシニア世代が中心だが、コンピュータ社会の中にいる今日のシニア世代は昔の同世代とは写真の感性が違うはず。写真上達法をお勉強する時代じゃない。

 私たちは、それぞれがそれぞれの方法で撮っている写真を持ち寄って、見せ合い語り合ったりしながら、写真展を開き、写真集に纏めている。金太郎飴でもあるまいし、指導者がいて、みんながそれに右に習え!といったグループ活動は望まない。

 ○○写真が上手に撮れましたという成果発表のような写真展では、心ある写真愛好家は物足りなさを感じるだろうし、共感も得られない。それぞれの作者が何を考え、写真で何を表現しようとしているのかを見てもらいたいと思っているのに、そうした期待を裏切っては申し訳ない。

 わたしの作品について多い質問は「はじめからこうしたイメージがあったのか?」ということだった。私がその質問に「モチーフ(写そうとした動機)に遭遇したら、とりあえず写します。それを何度か見ている内にイメージが湧きます」と答えると怪訝な顔をする。

 作品を制作するということは遊び心が必要。いまのカメラは「ちゃんと写る」んです。だからちゃんと遊べば、ちゃんと遊んだ心が観客に伝わる。「こんな写真見たことない」といわれれば最高の賛辞だと思っている。と答えて煙に巻いていました。まもなく「夢配展」です。大いに遊び心を楽しんでみてください。

疑 心


# by yumehaitatu | 2017-09-02 17:00 | やぶにらみ | Comments(0)

17年09月例会作品   

◆ 杉山利雄  五輪の輪
スカイツリーに五輪の輪を表現するから写真撮りに行きました。1本1本下から色が変わり、どう表現したらよいかわからず、思いついたのが5本並べたら作品になると思い5本と花火をつけて作品作りました。宜しくお願いします。
f0018492_1025538.jpg

◆ 荒城優子  想い出
不思議な座敷の屏風。。。。。
f0018492_10264913.jpg

◆ 臼木敏夫  秋風と残暑
繊々たる秋風 尺素の書 行々に謂う  皆さ~ん 今から涼しくしますよ~~
f0018492_10281210.jpg

◆ 谷口勝太郎  ジョギング
早朝のジョギング風景をイメージして作品作りをしました。
f0018492_10293693.jpg

◆ 加藤豁子  融合
築地本願寺の本堂の中を撮った物と、中目黒の街撮り2枚を重ね不透明度・描画モード・色調補正で調整しました。
f0018492_10314498.jpg

◆ 早瀬きせら  クリスタル・ハーモニー
草間彌生展で撮った作品をバックに、家にあるオブジェを組み合わせ 作画しました。
f0018492_9521965.jpg

◆ 芦川福男  みどりの季節
7月初旬、大雪山旭岳など花園詣でする。宿は、「ラビスタ大雪山」。旭岳ロープウエーまで徒歩数分、加えて、ヨーロッパの山荘風味が好きでした。山には残雪、麓はようやく、みどりの季節。ホテル玄関で撮った最初の写真がこれでした。
f0018492_17463274.jpg

◆ 西垣憲明   東山魁夷画伯作品もどき
7月に長野県御射鹿池(みしゃがいけ)に行った。静寂な池できれいであった。昔東山魁夷画伯が白い馬の作品を作られた場所なので、真似をした。
f0018492_17472879.jpg

◆ 齊藤智徳   鯉のぼり
栃木市 蔵の街 巴波川(うずまがわ)の鯉のぼりを撮影し手前に日の丸印の鯉を加えてテクスチュア(クラッキング)で絵画のようにしてみました。
f0018492_2042317.jpg

◆ 古殿絹枝   睨み
青森ねぶた祭り’は、人口30万人の北の街に開催期間中の6日間に、述べ300万人以上という観光客が集まります。山車に載った巨大な像をトリミングした後、フィルター加工で仕上げました。
f0018492_2042562.jpg

◆ 高張一司   忍びの者
多重露出で撮った紫陽花と扇子の原画に、描画モードを使っておんな忍者を忍ばせました。
f0018492_10364169.jpg

◆ 安田達也  空を駆ける
5月5日、根岸競馬記念公苑で、アンダルシアンホースダンスが披露されました。
f0018492_10384546.jpg

◆ 前島文子  おやゆび姫
ベランダに咲いた朝顔におやゆび姫を連れてきました。
f0018492_1039383.jpg

◆ 高橋玲  街
ストレイトです
f0018492_10403516.jpg

◆ 田中登美子  終焉
美しい花を咲かせた後はまた 次の季節に送ります。枯れていく葉の色合いが私は好きです。
f0018492_10413360.jpg

◆ 林美江子  昼顔
金箔市松模様に道端に咲いていた昼顔を摘み家で撮影
f0018492_10421545.jpg

◆ 月岡悦子  化身
平塚七夕でキツネのお面を顔の後ろに被っている女性が居ました。七夕祭りの雑踏の中に紛れ込んだキツネのようでした。
f0018492_104311.jpg

◆ 小間康嗣  阿波踊り
大和市で催された大和阿波踊りの一コマです。
f0018492_1043487.jpg

◆ 向山康三  梅雨空の一番電車
始発の路面電車、停留所に急ぐ人物を入れてみました。
f0018492_015187.jpg

◆ 永田廉  見つめ合い
梅雨時の出会い
f0018492_0155791.jpg

◆ 腰高和雄  昭和新山
昭和生まれの新山と、平成生まれの学生達とのコラボレーションを撮りました。
f0018492_0165329.jpg

◆ 武藤英雄  向島芸妓
'浅草、隅田の撮影会での作品です。江戸時代のお花見の様子を描いた壁画を背景に使って向島芸者の雰囲気を出してみました。
f0018492_9534879.jpg

◆ 大嶋丁未子  魚になった日
猛暑日に撮影した水族館の作品とポスターを合成し涼感を楽しんでみました。
f0018492_9554059.jpg

◆ 佐々木茂  志賀高原木戸池
緑の水面が綺麗だったのでシャッターを切りました。
f0018492_9564578.jpg

◆ 和田政夫  焼き卵
f0018492_9574944.jpg

◆ 曽我知克  獲物へ飛翔
友人に誘われてカワセミの撮影に挑戦してみました。県立四季の森公園での撮影です。
f0018492_9584321.jpg

◆ 羽太皓  静まりかえった頃
ディスプレイからのヒントで作成しました。夢配用に作りましたが夢配のパンフレットと「しまうま」には間に合わず途中を掲載しました。昼間写しものですがゴールドの月とシルバーの月は、この店が宝石店でしたのでそのようにしました。林檎は単にアクセントです。
f0018492_9594440.jpg

◆ 大木伊都子  モンスター
この夏、横浜桜木町をパニックに陥れた恐ろしいモンスター達を描きました。
f0018492_10293941.jpg

◆ 宮丸哲夫  漂流物件
周辺の海に漂う危ないものが、たくさん。
f0018492_0481263.jpg

◆ 長尾勝利  出会い
たい焼き君と人面魚が海の中で出会った、イメージ画像作成しました。
f0018492_049669.jpg

◆ 堀田義夫  老樹幻想
女の臀部にも、老人の顔にも見えた。
f0018492_049564.jpg

◆ 菅野俊雄  遺物
遠く宇宙の果て、だれが残した遺物か?または単なる宇宙ゴミ? MB3Dの作画画像をSF風の背景にしてイメージしてみました。
f0018492_0504696.jpg

◆ 漆原利大  竹燈籠幻影
堀田先生が過日の例会で、露光間ズームのテクニック使用のことを話されましたので、数年前に撮りました作品を提出させて頂きます。
f0018492_052790.jpg

◆ 寺村博行  夏休み
ひまわり夕立せみの声 西瓜を食べてた夏休み
f0018492_053166.jpg

◆ 金城敬子  月は二つあった?
地球には最初月が2つあったという説があります。その節に倣って2つ入れました。
f0018492_0534720.jpg

◆ 五嶋和夫  夏の夜の幻想
長谷寺を中心に開催された「長谷の灯り」、古都の寺社が美しくライトアップされていました。
f0018492_2159360.jpg

◆ 多田正司  遠き思い出
真鶴漁港のひなびた小屋のドアに相手の名前しか書いてない相合傘の絵がありました。片思いの切なさや古き思い出のように思えて夏祭りの提灯も入れて表現しました。
f0018492_0503737.jpg

◆ 髙橋洋子  華やかに
深紅のお座敷に浮世絵で華やかさを出しました。
f0018492_0513498.jpg

◆ 田崎龍一  耳をすます
作曲家吉田正音楽記念館(茨城県日立市)に飾られてあったレコードジャケットの数々。メロディーが聞こえてくるようだ。
f0018492_0523193.jpg

◆ 知久誠  空を駆ける
静岡県清水港に横須賀から駆けつけた護衛艦の上空を駆けるブルーインパルスの航跡がきれいでした。
f0018492_0532614.jpg

◆ 本山栄子  黄昏
みなとみらい汽車道から撮った夕景です。カットアウトを懸けて仕上げました。
f0018492_11555367.jpg

◆ 橋本和成  天平の顔
東京国立博物館、法隆寺宝物館の伎楽面を撮り、平坦な色を上中下3段に分けて画像処理を行い古代の雰囲気を出してみました。
f0018492_23114059.jpg

◆ 渡辺澄晴  向日葵のフォーメーション
向日葵を幾つかの形体にして造形してみました。
f0018492_11565668.jpg

◆ 荒島謙一  ドーン
港まつり花火大会へ大きな花火があがりました孫がポーズ?
f0018492_1159142.jpg

# by yumehaitatu | 2017-08-31 21:00 | 17年09月例会作品 | Comments(0)

玉手箱   

2017年8月玉手箱


原画を元にクリエーティブ富む作品にする。
原画

f0018492_21154225.jpg

高張一司 窓の向こう

f0018492_21170941.jpg

髙橋洋子  満面の笑み

f0018492_21212017.jpg

田崎龍一
f0018492_21224143.jpg

.杉本鉄雄 見えない恐怖
f0018492_21234622.jpg

曽我知克 珍種飛び入り
f0018492_21245401.jpg

堀田義夫 至福の刻
f0018492_21262927.jpg

月岡悦子 モテる人
f0018492_21275570.jpg

宮丸哲夫_娘の帽子
f0018492_21291126.jpg

渡利升秋 かもめ自撮り
f0018492_21300587.jpg

古殿絹枝 カモメ飛ぶ街
f0018492_21311892.jpg

前島文子 不法侵入者
f0018492_21321313.jpg

加藤豁子 かもめ使い銀座4丁目に現る!!
f0018492_21331669.jpg












# by yumehaitatu | 2017-08-05 17:11 | 玉手箱 | Comments(0)

写真雑学67 エコノミークラス症候群 渡辺澄晴   

エコノミークラス症候群 渡辺澄晴             

狭い飛行機の座席に長時間座っていた乗客が、飛行機から降りた直後に倒れ病気の事。

私の知っている地方の写真仲間も今年に入ってこのエコノミークラス症候群で救急車を呼ぶ大騒ぎがあった。彼は飛行機内ではなく、自宅でデジタル加工に夢中になり長時間同じ姿勢で座って作業していたのが原因だったようだ。

大相撲5月場所の千秋楽。5月28日、新しく買い換えたマッサージチェアでマッサージをうけながらテレビを見ていた。ところが突然、マッサージの作動が停止、脚部のエアーマッサージ部に空気が入ったまま停止してしまった。かなり強い力で両足が固定され、何度も足を抜こうと試みたが抜けない。作動は停止したままで動く気配はなく、狭い飛行機の座席に長時間座っていた乗客が、機から降りた直後に倒れる病気。あのエコノミークラス症候群なら、時おり足を動かせば予防することができることを知っていたが、これは強制的に足が締め付けられている。電話で助を呼ぼうと思ったが電話は手の届くところにはない。こんなとき地震でも来たら・・まさにパニック。幸い日曜日は娘が掃除に来る日、期待を持って待つことにした。 待つこと1時間余。娘にコンセントを抜いてもらうと脚部の空気がスーと抜け、両足が自由になった。

改めてこのマッサージチェアの取扱説明書を見て驚いた。警告のトップに動かなくなったり異常がある場合はすぐに電源プラグを抜いて、ご購入先またはお客様窓口に点検、修理を依頼する。感電や漏電・ショートなどによる火災のおそれがあります。と記してある。  冗談じゃない!両足の自由を奪われた者が、火災や地震にどうして対処したらいいのか。

人命に関わる事故なのに。車ならリコールにあたいするはず。手の届くところにメインスイッチを設ければ解決するのだが、メーカー側には改造の意志はないよううだ。

いわゆるエコノミークラス症候群は注意すれば防げるが、この強制的なエコノミークラス症候群を防ぐには、使用前に説明書を熟読することだ。このマッサージチェアに関しては見るのもいや、私には凶器にしか映らない。もし1人で使用する時はくれぐれもご要人。

エコノミークラス症候群 を動かさずにいることで脚の静脈内の血液の流れが悪くなり血栓が発生する。肺に到達して呼吸困難や心肺停止状態を引き起こし、最悪の場合、死に至る。

f0018492_18275153.jpg


# by yumehaitatu | 2017-08-05 17:00 | 写真雑学 | Comments(0)

17年08月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  紫陽花太郎
顔の様なものができたので紫陽花の中央に固定しました。
f0018492_8421969.jpg
◆ 杉山利雄 大輪
スカイツリーと花火をつけました。白飛び。黒つぶれ、色調調整。トーンカーブ。霞を取り。花火にスカイツリーを付けました。白飛びしているのでイエロを30%の筆で塗りました。
f0018492_22180873.jpg
◆ 荒城優子 渦
遙かなる時空の中で!
f0018492_8431512.jpg
◆ 臼木敏夫 寸善尺魔
はや忍び寄る黒い影
f0018492_08493077.jpg
◆ 加藤豁子 夢グラス
山手西洋館で撮った2枚をレイヤーマスクで調整 色調補正をしました。
f0018492_08494382.jpg

◆ 大川元一 Georges Nakagome 2
感覚を導入した「並置混色」を応用して、RGBの等明度の三色と黒だけを用いた印刷画の解像度を上げた作品です。
f0018492_21202243.jpg

◆ 堀節子 睨む
日中屋外で撮った石仏の羅漢像をモノクロにしてみました。
f0018492_142314.jpg

◆ 田中登美子 一ひらの輝き
今年も暑い中ハスの花が咲き朝露に輝いて美しさが増して良かったです。
f0018492_8282884.jpg

◆ 芦川福男 週末散歩
ジュネーブの短い夏。女性は国際機関に勤務か。横断歩道の真後から午後3時の人影出来。スタイルが秀逸。サンダルの赤黒緒から右脚のみタトゥーとブレスレット。洗いデニムのツナギの脇から黒地のブラタンクが覗く。そして、斜交いの縞柄の織ショルダー。
f0018492_8294354.jpg


◆ 高張一司 涼しい部屋
刺繍した布と、刺繍する女性を合成しました。
f0018492_8492833.jpg


◆ 早瀬きせら 幽玄
数枚の蛍の 画像を合わせたものに、浮世絵を重ねました。
f0018492_8513762.jpg


◆ 西垣憲明  日本の美
立派な屋敷の中から外を見たら素晴らしい庭園がありそこに和服姿の女性が通った。日本文化の美を感じた。
f0018492_8532782.jpg


◆ 林美江子  蓮の里
2008年の画像 のどかな里山を思い出し作画しました。
f0018492_8543784.jpg


◆ 小間康嗣  ポリゴン風アジサイ
5月の応用講座で大木さんに教えて頂いた『ポリゴン風』でアジサイを作画しました。レイヤーを960段かさねました。
f0018492_843722.jpg


◆ 加藤慶治  ネバネバ
納豆の糸引き(ネバネバ)は皆さんご存知の通りで、視点を変えて撮ってみました。
f0018492_844477.jpg


◆ 古殿絹枝  涼夏
富士五湖では、8月1日から順次花火大会が行われています。そのトップを切って行われる山中湖花火大会’報湖祭’。災難がないように湖の恵みに感謝と祈りを捧げる気持ちを込めているようです。
f0018492_845355.jpg


◆ 前島文子  人魚の島
諫早湾に人魚の家を作りました。
f0018492_23342240.jpg


◆ 宮丸哲夫  夢中の夏
ナガサキアゲハ寿命が2週間 ジニアは花期が100日
f0018492_23351570.jpg


◆ 腰高和雄  なでぼとけ
浅草でのスナップ、向嶋芸者さんの、日ごろのご挨拶に来ていました。
f0018492_2336348.jpg


◆ 武藤英雄  アングル
開港広場でモデル撮影中のカップルに出会いました。ひと声かけて撮らせて貰いました。
f0018492_17462928.jpg


◆ 永田廉  ホタルの乱舞
ヘイケボタル ゲンジボタルは手にとれるほどに舞っていました。
f0018492_17473340.jpg


◆ 向山康三  ひび割れた情景
いくつかの画像からイメージし作りました。
f0018492_842439.jpg


◆ 安田達也 おみごと
山下公園でジャグリングをたのしんでいる若者に出会いました。
f0018492_853422.jpg


◆ 高橋玲 店先
ストレイトです。
f0018492_863755.jpg


◆ 齊藤智徳 厳冬の美幌峠
2月初旬の早朝に美幌峠に登り霧氷の付いた木を前景に氷の張った屈斜路湖を遠景に撮影した。
f0018492_125472.jpg


◆ 大嶋丁未子 ドレスアップ
木彫の女性像にドレスを合成に背景を変えて絵のようにして遊んでみました。
f0018492_14658.jpg

◆ 多田正司 不思議な路地裏
原宿を撮影中、奥の店に入る路地が派手にペイントされていました。同じく原宿で撮った店の前に置いてあったマネキン人形を配して不思議な路地裏にしてみました。
f0018492_2314142.jpg

◆ 月岡悦子 青い鳥
平塚七夕で撮ったポスターを背景に、八景島で撮ったイルミネーションを描画モードで重ね、ブラシの小鳥を入れました。
f0018492_23152018.jpg

◆ 本山栄子 花遊び(ほたるぶくろ)
淡い色に仕上げました。
f0018492_2316716.jpg

◆ 曽我知克 離陸
羽田空港第一ターミナルからの撮影です。Cockpitの窓にも光が入ったので提出しました。
f0018492_23174058.jpg

◆ 渡利升秋 鎖されて
さびが目立つとたん倉庫と南京錠を合成して鎖された闇の社会を表現したかった。
f0018492_23234548.jpg

◆ 長尾勝利 古今魔除け札
撮影会で古民家の柱に古ぼけた魔除け札が貼ってあつたので撮影、作品とした。
f0018492_23192645.jpg

◆ 菅野俊雄 スペースシップ
遠い未来、銀河帝国のプラネットをパトロールするスターシップ(宇宙船)・・・と、SF風にイメージしてみました。スターシップはMB3Dの作画画像で、浮かぶ惑星はPhotoshopで作画し、背景の銀河はNASAからの画像です。
f0018492_2195274.jpg

◆ 和田政夫 三つの風景
f0018492_21105764.jpg

◆ 金城敬子 仲良し
題名の「仲良し」は、アジサイの花言葉にしました。背景はレイヤースタイルを使いました。
f0018492_21124654.jpg

◆ 堀田義夫 森の中
塗料の缶の底に溜まった塗料を写した。
f0018492_8103091.jpg

◆ 神鷹徹  落し物
(ユウモア作品です)ハイヒールの靴底が落ちていました、落とし主はこの後どう歩いて行ったのかな?
f0018492_22131334.jpg

◆ 五嶋和夫  爽快!
開港祭のイベント、アクアボード・フライングショー。空中散歩と宙返りで気分爽快。
f0018492_22142372.jpg

◆ 知久誠  古を想う
今は穏やかな遺跡も、嘗ては戦いの連続であったクメール王朝の栄枯盛衰を垣間見えます。
f0018492_22152221.jpg

◆ 羽太皓  アフタヌーン
カットアウトの「クロム」を初めて使ってみました。モノクロになり浮き上がるような質感が気に入りましたが、そのままではこの写真と合わず、他のカットアウトと組合わせてました。原画の上のせてモノクロの不透明度を下げたり消したりしながら水彩画のようにしました。
f0018492_751588.jpg

◆ 寺村博行  自画像
不審人物を差し入れると絵もサマになったように思われた。
f0018492_20153789.jpg

◆ 佐々木茂  チロリアンランプ
近くのお宅の庭に咲いていたチロリアンランプです。PhotoshopのプラグインフィルターSilver Efexを使ってアレンジしました。
f0018492_20162770.jpg

◆ 髙橋洋子  滝つぼ
流れ落ちる滝を裏側から見る、滝の量が少なかったので少し入れて強さを出してみました。
f0018492_20171779.jpg

◆ 田崎龍一  明治の遺産
伊豆の韮山反射炉。幕末、ペリー来航をきっかけに大砲造りが始まった。
f0018492_20181244.jpg

# by yumehaitatu | 2017-08-03 21:00 | 17年08月例会作品 | Comments(0)

やぶにらみ論法 102 8万時間を豊かに過ごす   

8万時間を豊かに過ごす102

 ある識者の説によると、20才で社会人になって定年まで勤め上げたとすると、そのトータルの時間は8万時間になるんだそうです。

 また、定年を迎えて84才まで生きたとすると、そのトータルの時間が8万時間だというのです。

いまは長寿社会になりました。仕事に一区切りついたら、残りの8万時間を自分で人生を設計して豊かに過ごせる時間にしたいと思います。

 私はその時間を有効に使うために目標を決めて行動します。その方法は自分を叱咤する意味を含めて新しい年を迎える度に、年賀状でその目標を宣言しています。

 宣言すれば、無理にでもその方向に自分を向かわせます。最近の5年間を振り返ると、

 ※ 2013年;

 あなたが、そこにいるだけで その場の空気が明るくなる あなたがそこに、ただいるだけで みんなの心が安らぐ そんな、あなたに私もなりたい (相田みつを)

金平糖にように角のある自分の性格をこの詩にある「あなた」のようにしたかった。

 ※ 2014年;

 過去を追うな 未来を求めるな いまなすべきことをしっかりとせよ(マハトマ・ガンジー)

過去の栄華を思ったり、未来のことを夢見ることをやめて、いま直面している問題を一生懸命やることだと、自分を叱咤するつもりで目標に掲げた。

 ※ 2015年;

 歳を取っても 人から必要とされる人間であり続ける努力をする (外山滋比古)

歳を取ると、何事もネガティブに考え行動する。60年を超す写真という趣味に飽きないのは写真が好きだから、飽きない道だから、いつも新しく、いつも生き生きして、人に頼られる存在でありたいと願う気持ちから宣言した。

 ※ 2016年;

 生きているうちに 働けるうちに 日が暮れぬうちに (相田みつを)

エンジンが古くなると、掛かりが悪くなる。それを警戒して、相田みつをさんの詩を念じ生活習慣に定着させる目標を掲げた。

 ※ 2017年;

 振り向くな振り向くな 後ろには夢がない(寺山修司)

いろいろのことなど知らなくていい。限りのないことだもの。それより一つのことをハッキリ知った方が良い。それは自分がなにをやりたいのか! ということを。

 だが、そうした目標は立てるのですが、どれもクリヤーできた訳ではありません。目標を立てて、それを遂行する手段としてやる。結果はどうであれ、やらないより、やった方がよいに決まっているからです。

 しかし考えれば、このことは自分の生きざまを飾るために知者・賢者の名言を剽窃して、小賢しく生きてきたことに気付きました。これは銀行から多額の借金をしながら、あたかも自分の財産と錯覚しているようなものです。

 これからは自分自身の預貯金で、身の丈に合った生きざまを心懸けなければならない。

時間の使い方は命の使い方だから…。残った時間を写狂老人はいま、「老いの花道」という表題で執筆中です。

f0018492_14143339.jpg








# by yumehaitatu | 2017-07-01 17:00 | やぶにらみ | Comments(0)

17年07月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  春のうぶごえ
木のねに咲いた小さな花をとりました。中央の赤い花は原色は黄色でした。
f0018492_11211755.jpg

◆ 大川元一  George Nakagome
感覚を導入した「並置混色」を応用して、RGBの等明度の三色と黒だけを用いて、印刷画を作成して見ました。
f0018492_1625884.jpg

◆ 臼木敏夫  眠る港
天上は牽牛織女の短い逢瀬 星影を映して港は眠る
f0018492_11231050.jpg

◆ 加藤豁子  輝き
漁港の若芽干場の若芽が逆光で綺麗でした。トーンカーブで少し明るくしました。
f0018492_1124886.jpg

◆ 芦川福男  「平和」のアート
欧州国連本部脇の街路アート「平和」。カメラに収めたいアートなのでしょう。ピカソのゲルニカを想起。が、こちらは「明るい」。右端の女性マスクやハト、マラソンする姿しかり。
f0018492_1125072.jpg

◆ 荒城優子  光はあった!!!
蘇生は 生命への回帰   I.D
f0018492_11255567.jpg

◆ 早瀬きせら   厄祓い
カンボジアで撮った、若い女性の厄払いの儀式です。
f0018492_11275100.jpg

◆ 前島文子   晴れ姿
鎌倉、五所神社、お祭りの一コマです。
f0018492_23202149.jpg

◆ 林美江子   お散歩
傘のディスプレーの中に女の子をいれてみました。
f0018492_2321202.jpg

◆ 高張一司   だるまさんが
スケッチ風に加工し、ピクトリコ・セミグロスで印刷しました。
f0018492_16134063.jpg

◆ 永田廉   トランぺッター
あの大空に響き渡るここちよさ♪♪♪
f0018492_16142751.jpg

◆ 腰高和雄   マリオ・カート
浅草でのスナップ、ゲームキャラクタのマリオにふん装してカートをレンタル運転し、公道を走る外国人。
f0018492_16153158.jpg

◆ 齊藤智徳   トライアスロン大会
「2017世界トライアスロン大会in横浜」が5月に横浜でかいさいされた。生憎の雨模様でしたが力強い走りを期待して撮影。
f0018492_6502916.jpg

◆ 大嶋丁未子   浮世の灯り
和紙で作られた照明に浮世絵を合成し古いイメージにしました。
f0018492_21234394.jpg

◆ 月岡悦子   幸せ運ぶ花菖蒲
花菖蒲の花言葉には「うれしい知らせ」「優しい心」などがありますので、小さなお地蔵さまが幸せを運んで来るイメージでつくりました。
f0018492_6522043.jpg

◆ 松浦孔政   蛍狩り
50年前は中目黒でもこのくらいのホタルを見ることができたのですが…
f0018492_6532195.jpg

◆ 小間康嗣   津軽大太鼓
4月提出作品のリメイク作品です。ねぶた祭りの画像を大太鼓に貼り付けました。
f0018492_112706.jpg

◆ 向山康三   闇の洞窟
城ヶ島で撮った数枚から合成しました。
f0018492_11275311.jpg

◆ 西垣憲明    水無月
陰暦で6月は水無月と言います。この水無月の無しは「の」の意味で水の月だそうです。水を好む紫陽花と田んぼを撮影しました。
f0018492_16263162.jpg

◆ 曽我知克    Red Bull Air Race
幕張で開催された2017年のRed Bull Air Raceの一コマです。
f0018492_21244960.jpg

◆ 宮丸哲夫    路傍の花
@四季の森菖蒲園カメラマン、おしゃべり集団、いろいろ来ます。
f0018492_21254377.jpg

◆ 高橋玲    風の旋律
カメラの多重機能を使って撮ったものです。ストレイトです。
f0018492_21264585.jpg

◆ 羽太皓    危険な香り
長い行列のクレープ屋さんの裏側に廻ると、出窓に漁で使う網や浮きが無造作に置かれ、内側のアンバランスな扉に貼られているクレープの写真が曲がっていた。扉の隙間からただよう香りは計算されているようで、思わず引き込まれてしまいました。出窓と中の扉には写りこみが多かったので消し、目立たないようにカットアウトで仕上げました。
f0018492_21274030.jpg

◆ 長尾勝利    粋なポーズ
由比ヶ浜で中年の夫婦を見かけたが夫の写真ポーズが粋だったので撮影した。
f0018492_2129550.jpg

◆ 寺村博行   脚の花
脚の花咲きアゲハが集い蜜を吸う
f0018492_21354686.jpg

◆ 加藤慶治   お出掛け
以前撮影していた影絵を生かす工夫をと考えていましたが、お土産品売り場を見ていて、包装紙に素敵なものを見つけ、撮影、貼りつけました。
f0018492_21365097.jpg

◆ 多田正司   花との戯れ
大きな瓶(かめ)でかっている金魚が花に戯れるように泳いでいてまるで日本画のようでした。瓶は削除。
f0018492_21375152.jpg
◆ 菅野俊雄   クルーザー・ヤード
地球に似たプラネットの夕映えの宇宙船ヤード。3隻のスペースクルーザーが組立ラインに乗っている。・・・と勝手なイメージをしてみたMB3Dの作画画像です。浮かぶ惑星は前にPhotoshopで作画したものです。
f0018492_23041946.jpg
◆ 金城敬子  「おねぇちゃん…」
遠藤あじさい祭りで撮影した2枚の写真を合成しました。
f0018492_23112961.jpg
◆ 安田達也  大道芸のダンサー
野毛大道芸で、常連の「アルカマラーニ」によるベリーダンスが披露されました。
f0018492_23151067.jpg
◆ 知久誠  梅雨の合間
曇り空の下での白い菖蒲がきれいでした。
f0018492_23163515.jpg
◆ 堀田義夫  希望
フォトコラージュで生き抜くという希望を表現をしました。
f0018492_23174976.jpg
◆ 佐々木茂  トウゴクミツバツツジ
奥日光の竜頭の滝近くに咲いていたトウゴクミツバツツジです。ハイキー調に仕上げてみました。
f0018492_23191343.jpg
◆ 荒島謙一  ソーセイジ美味い
町内のお祭り暑い日屋台のソーセイジ一口食べて美味いなーと大喜びポーズを取った。
f0018492_23210959.jpg

◆ 渡利升秋  枯れてもなお
枯れてもきれいな花に、そっと問いかけると、枯れたから魅せられる、と返答。それを表現してみました。
f0018492_23243679.jpg
◆ 五嶋和夫  似合うでしょ!
あじさいが盛りの鎌倉御霊神社で中国女性が記念撮影。鉛筆画風に仕上げてみました。
f0018492_20095850.jpg
◆ 本山栄子  雨上がり
横須賀しょうぶ園で、激しい雨の止むのをまって撮りました。
f0018492_20113477.jpg
◆ 古殿絹枝  鯉の変奏曲
この画像を作っていると、シューベルトの‘ます’を思い出します。それは小川に遊ぶマスがゆったりと泳いでいます。そこへ釣り人が現れ、このマスを狙います。どんなにすばしこく泳ぎ回っても、釣り人の手を逃れられない。そんな哀れなマスの運命が歌われている変奏曲。今回は鱒ではなく、鯉が清らかな池を泳ぐさま。
f0018492_20133908.jpg
◆ 髙橋洋子  フクロウの家
古い木の株に宿るフクロウの家を想い作品にしました。木の株のひだを出したかった。フクロウを強調したくカラーにしました。
f0018492_20154300.jpg
◆ 橋本和成  木漏れ日
横須賀 猿島で撮影、日差しが強く木漏れ日の陰影がハッキリと出ていたので周辺の明るさ、彩度などを調整しました。
f0018492_20172286.jpg
◆ 田崎龍一  足の向くまま
ウイーンの中心街に向かって歩き始める。
f0018492_20193775.jpg

◆ 漆原利太 竹の精
竹林に季節の黄色い花をセッティングして、花を妖精の様に強調して表現しました。
f0018492_10573454.jpg



# by yumehaitatu | 2017-06-29 21:00 | 17年07月例会作品 | Comments(0)

写真雑学66 遊び心で作品送り 渡辺澄晴   

写真雑学66 遊び心で作品送り

モノクロテレビが一般家庭に普及して間もないころ、そのテレビのブラウン管の前に、上は青、下は赤、つまり青から赤へのグラデーションになったカラーフィルターを着けカラーテレビの気分になって見たことがある。一巻の映画の一部分がカラーにしたいわゆる部分天然色映画。その映画を胸躍らせて日比谷の映画館に見に行ったこともある。天然色写真というフレーズは自然の色彩を表す写真で、人工着色写真と区別するカラー写真の旧称で我々高齢者には懐かしい響きである。

スチール写真では人工的に絵具で色を着け遊んだこともあった。その後この世界は思いのままの色が選択でき、切ったり貼ったりの創作が楽しめるデジタルフォト時代になった。

パソコンに向かい、キーボードを操作して変化する画像を眺めながら笑ったり驚いたり・・。皆さんもそうだろう思う。そして完成した労作を例会に出す。その例会に毎回欠かさず出す人と、「自信がない」「恥ずかしい」「作品作りの時間がない」等々の理由で出さない人もいる。私は今「作品作りの時間がない」で苦労している。そのため、昔の作品を修正したりしてお茶を濁してきた。もう一度自分の作品を見てみよう。例会作品は、切ったり貼ったりの画像処理をしたものでなくても、撮ったそのままのストレート写真でもよい。

今月の作品もストレート写真に近く、主題の被写体に懐中電灯を当てただけの簡単なものである。用いた懐中電灯は白色LEDライトで色温度は自然光に近く、小型で軽量なので夜間撮影など撮影必需品として用意しておきたい。この作品は、家の近くで見かけた赤い新芽である。背景には木漏れ日が見えるが、写真左の新芽と右の新芽は影の中。そこでLEDライトで左の新芽に照射して右の新芽と対比して見せた。このままでも良いが、ちょいと欲が出て、プリント時には明るさをマイナス30コントラストをプラス10にしてみた。(写真参照)これでも立派なデジタル加工作品である。

もう一度、今まで撮った作品を見てみよう。「全体を少し暗くしてみたら・・」「この部分の色を変えてみたら・・」「この部分をぼかしてみたら・・」こんな遊び心が思わぬ傑作を創るものである。是非トライしてみよう。
f0018492_10542227.jpg


# by yumehaitatu | 2017-06-03 07:46 | 写真雑学 | Comments(0)

2017年06月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  紅い新芽
紅い新芽をLEDライトで照射して演出しました。
f0018492_10542227.jpg

◆ 大川元一  色の道
色の道は複雑で難解で、到達するには大変な努力を要します。一人の僧が果敢にも、この色の道の制服に挑戦しています。バックは宇宙をイメージし、色立体を配しました。上部に鎮座しているのは光を司るアイルランドの神ルー(Lugh)です。この作品はプロジェクターの色再現評価にも使えると思います。
f0018492_10554371.jpg

◆ 谷口勝太郎  禁煙ですよ
応用講座で大木講師より教えていただいたポリゴン風の加工を行いました。
f0018492_10563733.jpg

◆ 臼木敏夫  新生
寸胴切りした椿の木から 確かな生きる宣言です!
f0018492_10575043.jpg

◆ 荒城優子  誕生
表現 表現・・・・・・必然性の表現 I.D
f0018492_10594470.jpg

◆ 堀節子  対決
四国金比羅宮で撮った板戸のトラの絵と善通寺(空海誕生の寺)の羅漢像と鳴門の渦潮を合成して作った作品です。
f0018492_1104242.jpg

◆ 加藤豁子  ジューンブライド
角の結婚衣装店のウインドーを横から覗きました。
f0018492_111397.jpg

◆ 安田達也  雲吐くスカイツリー
3月30日撮影会、スカイツリーが雲を吐き出しているように見えました。
f0018492_15234240.jpg

◆ 芦川福男  又兵衛桜居眠り
奈良県宇陀市を4月6日訪ね、「又兵衛桜」を見参。獅子頭を思わせる枝垂れ桜と、臀部に花桃を添えた桜の園と評せましょう。ここは大阪夏の陣で豊臣方に組し活躍した後藤又兵衛の屋敷跡。先月に続いて桜と人の探索です。
f0018492_0244297.jpg

◆ 松浦孔政  鯉人たちの舟遊び
アクリル画を意識して作成しました。
f0018492_02543100.jpg

◆ 早瀬きせら  ゆ女(ゆな)
横浜「花のイベント」で撮った和風コーナーの画像に裸婦を合成しました。
f0018492_061812.jpg

◆ 前島文子  お花見
近所のおばちゃん達のお花見を教えて頂いた技法で作って見ました。
f0018492_0273525.jpg

◆ 田中登美子  朝霧を散歩
早朝霧に覆われた道路でいつもの散歩
f0018492_0282877.jpg

◆ 高張一司  店番
久しぶりにショーウインド作品を作りました。合成後、描画モードをオーバーレイに。
f0018492_0292130.jpg

◆ 林美江子  フェース
うつろな表情の絵画を、グラスの中に映し合成 家で撮影。
f0018492_8134677.jpg

◆ 腰高和雄  お・も・て・な・し
外国人の夫婦に、半玉さんの接待(おもてなし)の様子が癒されました。
f0018492_031526.jpg

◆ 月岡悦子  香りほのかに
ハーブティーとしても知られているカモミールは、甘い香りで可憐な花を咲かせます。そんな雰囲気が出るようにと思って作りました。
f0018492_15245093.jpg

◆ 西垣憲明   飲み過ぎね!
久しぶりに浅草三社祭りに行った。路地裏で見かけた風景が面白くて撮影した。
f0018492_9104698.jpg

◆ 武藤英雄  晴れの日
鶴岡八幡宮の参道で結婚式に向かう参列を撮らせて貰いました。節句のひな人形や吊るし雛で晴れの日を祝福しました。
f0018492_071817.jpg

◆ 小間康嗣  一瞬の投げ
日本武道館での全国高校柔道選手権大会の一コマです。
f0018492_11414562.jpg

◆ 高橋玲  コーヒーブレイク
カラーをモノクロにしただけです。
f0018492_11423836.jpg

◆ 大木伊都子  黒いオルフェ
ウィンドウのセクシーな女性を撮りました。煩雑な背景を映画音楽「黒いオルフェ」の歌(テキスト)で塗りつぶし作品作りしました。
f0018492_1144752.jpg

◆ 向山康三  時空間
4-5枚の画像からつくりました。
f0018492_23525272.jpg

◆ 大嶋丁未子  白い風
青森県むつ市のホテルで朝撮りました、玄関でバスに乗車時、一枚の窓ガラスの内と外吹き付けた雪と木々の雪景色に息をのみました。
f0018492_23535997.jpg

◆ 多田正司  目が回る
ステップアップ講座で教わったソフト「Nik Collecticn」で二重露出にし、孔雀の羽に回転をかけて作画しました。
f0018492_2355625.jpg

◆ 五嶋和夫  ウィンドウ・ショッピング
ある日街で、お洒落な犬たちがウィンドウ・ショッピングを楽しんでいました。
f0018492_205509.jpg

◆ 曽我知克  夜の空港
羽田空港の第1ターミナルで撮影したものです。明暗差が大きいので階調を調整しました。
f0018492_2056095.jpg

◆ 和田政夫  年輪
f0018492_20564373.jpg

◆ 長尾勝利  華麗に舞うカサゴ
東京タワー下、水族館で撮影したカサゴが華麗に舞っているように感じたので、他の画像と合成してみた。
f0018492_8114395.jpg

◆ 永田廉  仲良し鴨と鯉
鯉に囲まれた鴨の幸せのひと時
f0018492_8124164.jpg

◆ 渡利升秋  藤の精
青梅昭和記念館の女性画を藤の花に埋めこんで藤の精にした。
f0018492_814341.jpg

◆ 菅野俊雄  廃墟ランド
激変した過酷な気象に廃墟と化した、地球に似たプラネット。廃墟はMB3Dで作画し、空に浮かぶ惑星はPhotoshopで作画しました。
f0018492_815432.jpg

◆ 髙橋洋子  誘惑にご用心
お店の前の綺麗な子のお誘いにご用心、後で後悔しないように。
f0018492_0435879.jpg

◆ 宮丸哲夫  路傍の花
桜の根元にあったツツジです。 ①花の傷みを修正しました ②出来るだけ、平面にならないよう触りました。
f0018492_045144.jpg

◆ 寺村博行  落手
手は顔ほどにものを云うといわれるが ‥‥
f0018492_0455383.jpg

◆ 漆原利大  波止場の片隅
YOKOHAMAをイメージするブルーの壁面前に置かれた古くなった赤い椅子を強調するため、ストレートに切り抜きました。
f0018492_046451.jpg

◆ 金城敬子  仏舎利塔
ニック・コレクションの2重露光を使って作画しました。
f0018492_065384.jpg

◆ 神鷹徹  ハミング
春の暖かい日に散策に出ましたら沢山の花も満開で、思わず鼻歌がルンルン。
f0018492_074941.jpg

◆ 知久誠  祭りの合間に
怒涛の祭りのわずかに落ち着いた時間に写真を撮る親子と、それを微笑ましく見守る人達の心の温かさを感じました。
f0018492_085251.jpg

◆ 橋本和成  嘗ての主砲(戦艦三笠)
横須賀三笠公園にある戦艦三笠の艦橋から前方の主砲を撮り、後尾に掲げられていた日章旗を追加しました。
f0018492_7214285.jpg

◆ 堀田義夫  叫び
寺院の内陣の円柱を写してシアーをかけて変形させました。(ヘンリー・ムアーの「叫び」に触発されて…)
f0018492_1845083.jpg

◆ 田崎龍一  ゆらぐ
MM21の汽車道で、ビル群が水面に揺らいでいました。
f0018492_18455034.jpg

◆ 佐々木茂  八重桜
八重桜の写真をフォトショップの有料プラグインフィルタを使って版画風にしてみました。
f0018492_2365360.jpg

# by yumehaitatu | 2017-06-01 21:00 | 17年06月例会作品 | Comments(0)

やぶにらみ論法101 展覧会を考える   堀田義夫   

展覧会を考える                 201749

 フォトドリーム展も幹部の方々と会員の協力で終わった。私は結果として成功だと思う。ただ、隔年開催という展覧会は固定ファンがつきにくい。1回見そこなったら、3年間は見なかったことになる。それにもかかわらず、多くの熱心な観客は見に来てくれたのだから…という自分を納得させた上での評価だ。

 いま写真の愛好者は大きな岐路に置かれている。それは高齢者層と若年層では写真文化の受け取り方に大きな変化が生じているからである。

 社会現象として若年層はSNS(ソーシャル・・ネットワーキング・・サービス)を利用して必要な情報を簡単に手にすることができる。そのため特別な理由がない限り、わざわざ展覧会場にまで足を運んでくれない。いきおい展覧会を見に来る人たちは高齢者が多いという現象に陥っている。

 だいたい展覧会に行ってみようと思うにはいくつかの動機がある筈だ。私の場合は次の3つが基本になっています。

 ①;自分と自分に関係する組織などで知り合った人のために義理で見に行くケース。

 ②;自分が尊敬したり、憧れている作家が出品している展覧会には、今年はどんな作品を発表しているのかという期待感と、自分を啓発し、学ぶために足を運ぶケース。

 ③;有能な作家を擁した公募展などには、ときの写真文化の流れを知るために足を運ぶケース。

   などがあります。以上の姿勢は観客としての立場から考えてのことだが、自分が出品者の場合は、また違ってくる。

 ①;自分の作品の前にいかに長く観客の足をとどめ置くことができるか。

 ②;観客の反応はどんなものなのかという不安と期待感。

 という個人的な想いがあります。

 しかし、主催者として展覧会が成功か不成功かを考えたときには、また、別の工夫が要求されます。それは、観客から、来て見てよかったというと満足感を与えられることができたか?である。それのことは、

 ①;他の展覧会では見られない差別化を図られている。(作品の独自性・会場構成・観客対応)

 ②;作家と観客の接点の工夫されている。(人との出逢い・知的財産の共有・知的刺激の供与)

などがあると思います。

 そうした点では、今回のフォトドリーム展は小間康嗣さんや大川元一さんの、この展覧会の良かった点として制作手順が掲示されていることに観客が大いに関心を示し、会場内での滞留時間が長かったと、制作手順書の掲出が効果的だったという分析結果を聞かしてくれました。

 出品者にとってはレシピの制作に負担を感じ、敬遠される向きあるようですが、私は上掲のように、

それぞれの立場や時の流れを勘案したとき、多少の難しい問題を含んでいても、自分たちの展覧会に少しでも魅力を持って貰うためには避けて通ってはならない気がします。怠惰に前号踏襲の姿勢に流されていては、展覧会の持つ意義は失われる一方です。幹部を含め会員の方々の協力を得てデジタルフォト研究会だからこそできたという、時代に沿った展覧会を続けて欲しいと思う。
f0018492_12205187.jpg

# by yumehaitatu | 2017-05-06 17:00 | やぶにらみ | Comments(0)

2017年05月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  椿の舞
椿の花に葉をあしらって椿の舞を演出してみました。
f0018492_2345375.jpg

◆ 大川元一  掘りすぎ
毎日膨大な量の原油が、アラビア半島を中心として採掘されています。このまま掘ったら、地球のどこかに大きな穴があいてしまうのではないかと不安になります。
f0018492_2365740.jpg

◆ 谷口勝太郎  観音桜
雨引き観音の桜を版画調に加工しました。
f0018492_238036.jpg

◆ 臼木敏夫  曙光と赤い葉っぱ
わ~い 失敗しちゃった~~ (現像)
f0018492_2392162.jpg

◆ 加藤豁子  街
ウインドーを撮り、色調補正・不透明度と描画モードの調整・フイルターを使いました。
f0018492_23103768.jpg

◆ 荒城優子  時間は何処へ!
若き心に 求めに求めた 河の流れは 激流と 転じゆく I.D
f0018492_23115082.jpg

◆ 前島文子  花万朶(花ばんだ)
俳句の世界では垂れ下がった枝の花を花万朶(花ばんだ)と言うそうです。
f0018492_231309.jpg

◆ 早瀬きせら  逢瀬
千葉の「さわら雛船祭り」で撮った街灯に、お雛様を入れました。
f0018492_2132294.jpg

◆ 高橋玲  路地裏
ストレイトです。
f0018492_21331956.jpg

◆ 武藤英雄  都市空間
広角レンズを使いデホルメしたビルの造形美を形成してみました。トーンカーブでメリハリのある画像に仕立てました。ワンポイントに犬と散歩する人物のシルエットをい入れました。
f0018492_2135994.jpg

◆ 齊藤智徳  鳥の王者 鷲
海道 知床羅臼に鳥の王者 鷲の撮影に出掛けた。餌の魚を足の鋭い爪でつかみ海面すれすれに飛ぶ姿は王者の貫禄十分でローマ皇帝の紋章にもなっている。
f0018492_1734780.jpg

◆ 高張一司  大当たり
カジノの大当たりしたスロットマシンとショーガールを合成しました。
f0018492_1744435.jpg

◆ 林美江子  Calla1
海をイメージした画像に白いカラーの切抜きを配置凛とした咲き姿を強調してみました。
f0018492_1781629.jpg

◆ 古殿絹枝  極楽浄土への回廊
トンネルに描かれた観音像の壁画に光を見ました。まさにトンネルを抜けると極楽浄土です。
f0018492_179037.jpg

◆ 宮丸哲夫  花見の風景
北京の公園です。
f0018492_644893.jpg

◆ 芦川福男  桜下の挙式
4月初め関西へさくら狩り。京都府庁の旧本館は、幕末に京都を守護した会津藩の上屋敷とあって中庭の一角に「かたもり(容保)桜」を発見。加えて、桜下の挙式に出会う。「おめでとう」と遠吠えすれば、「ありがとう」が返ってきた。
f0018492_6455974.jpg

◆ 田中登美子  この先まだまだ行ける?
もう少し頑張ってみよう、明るい方へ。
f0018492_6465060.jpg

◆ 月岡悦子  花卵
丸いプラスチック容器の中に花が入っている、美術展の作品がありました。丸い容器が花の卵のように見えましたので、深い森の中に雨に濡れる花卵とそれを守る蝶の姿を作画しました。
f0018492_6473932.jpg

◆ 腰高和雄  ハイ、決まったね
モデル(客)と車夫のやり取りが長く、やっと8枚目のこのスナップが良かったと思います。
f0018492_22265750.jpg

◆ 大嶋丁未子  氷中花
葉牡丹と氷の画像を合成し寒かった今年の春をイメージしました。
f0018492_2228385.jpg

◆ 佐々木茂  ギャラリー
オスロ美術館のギャラリーです。Nik Collection Silver Efexを使って、部分カラーのモノクロ画像にしました。
f0018492_2229774.jpg

◆ 永田廉  和舟
マサカリ担いだ金太郎・・・
f0018492_2151745.jpg

◆ 小間康嗣  万燈祭り
愛知県刈谷市のお祭りで重さ60キログラムの飾りを一人で担いで練り歩きます。武将加藤清正は当地の出身ですが初代熊本城主に就きましたので熊本城を背景に入れました。
f0018492_2152563.jpg

◆ 西垣憲明   準備万端
4月22日山形の米沢城公園に行ったら桜が満開で、これから仲間で花見の宴会が行われるのか、一人準備担当者が待っていた。
f0018492_8392010.jpg

◆ 多田正司   しゃぼん玉飛んだ
しゃぼん玉を影に入れて撮った写真をハイキ―調にしてカットアウトと線画で挿絵にしました。
f0018492_840403.jpg

◆ 羽太皓   ザ・サンバ
背景がビルの看板だらけでしたので「ぼかし」や「カットアウト」「スタンプ」で消して、踊り子だけを際立たせました。
f0018492_842662.jpg

◆ 曽我知克  ブルー プラネット
さる記事に雲を写した空の写真から地球風の絵を作る法があったので試したものです。
f0018492_2059530.jpg

◆ 長尾勝利  マネキンマン
東京で撮影した画像にショーウィンドウ画像を合成した。
f0018492_14463492.jpg

◆ 菅野俊雄  AI都市
AI(人工知能)がすべてを支配するAI都市。人類から自立したAIがついにミサイルを発射・・・のSF世界のイメージです。MB3Dで作画し合成しました。
f0018492_14472595.jpg

◆ 荒島謙一  さくらの下を
絶好の日和桜見物に、しだれ桜の下を仲良し子連れがバギーで談笑。ポスタリ少し使う、影が少しきつい。
f0018492_14482841.jpg

◆ 渡利升秋  夜の防潮堤
夜の雰囲気に防潮堤を加工した。
f0018492_14491535.jpg

◆ 知久誠  競演
春爛漫の中でバレリーナを発見!初めてまじかで見ました。
f0018492_1450054.jpg

◆ 松尾エリカ  夢と現の帳(ゆめとうつつのとばり)
室内撮影の人物と野外撮影の桜の比較明合成
f0018492_7562732.jpg

◆ 堀田義夫  夢の揺り篭
トマトにヌードを組み合わせました。
f0018492_7585281.jpg

◆ 神鷹徹  指輪
「ぼかし」と「消しゴム」で遊んでみました。
f0018492_821536.jpg

◆ 本山栄子  着水
岸根公園で撮りました。 水彩画風に作ってみました。
f0018492_831120.jpg

◆ 寺村博行  残照
今日の日が終わる‥‥光に住むもの達と闇に住むもの達が交代する。
f0018492_841534.jpg

◆ 橋本和成  シンメトリ
東京国立博物館の仏頭展示室、ショウケースの側面から撮り、ガラスの写り込みの対比を強調。
f0018492_851472.jpg

◆ 金城敬子  佳き日
三島大社で撮りました。式場に入るところを撮り、庭に移動しました。
f0018492_861116.jpg

◆ 五嶋和夫  本物?
周囲の建物で全景の撮影ができなかったので、撮れた部分を使い全景を作画してみました。
f0018492_925783.jpg

◆ 田崎龍一  パフォーマンス
野毛大道芸で、連写して撮った一コマです。
f0018492_9233316.jpg

◆ 大木伊都子  フローラ(春の女神)
看板の美しい人を撮ってありました。切り絵風にしたく、フラワーアレンジメントの画像をブラシにクリッピングして絵作りしました。
f0018492_11173161.jpg

# by yumehaitatu | 2017-05-04 21:00 | 17年05月例会作品 | Comments(0)

写真雑学65 パソコン    渡辺澄晴   

写真雑学65 パソコン    渡辺澄晴

確定申告  ドリーム展を明日に迫った3月1日、確定申告に行ってきた。この確定申告は今まではすべて妻にまかせていたが、今年は自分でやらなければならない。昨年の申告控えを探したがどこにあるのか見当たらない。確定申告の相談、作成の窓口は桜木町の日石横浜ホールの中にあると聞きそこへ行った。会場内はいっぱいの人が順番を待っていた。列に並んで待っていると、しばらくして係員から書類を渡された。見るとマイナンバーを記載する欄がある。これを記載しないと受け付けないという。不覚にも家に忘れてき。急ぎ戻り再び桜木町へ。相変わらず会場内は申告者でいっぱいだった。渡辺さんは申告書のパソコンを使えますか?」「使えます」「ではCの列でお待ちください」。言われた通りCの矢印に従って行くと数人の人が並んでいたが、隣のA、Bの列にはかなりの人が順番を待っていた。この人たちはパソコンが使えぬ人たちだった。

一人の係員がA・B・Cの3人の面倒を見るのだが、C列の我々はあてがわれたパソコンで言われた通り、氏名、住所、生年月日、マイナンバー等々を打ち込むだけで、作業は簡単に終わった。係員に報告すると、「これで終わりです。この番号札を持って奥の受付へ行ってください」。受付に行くとすでに書類ができていた。「住所氏名など間違いないか確認してください。これは控えです。お疲れさまでした」係員の丁寧な挨拶をうけた。A,Bの列には大勢の人が、番の来るのを待っていた。それにしても、スマホのキーをポコポコやるくせに、パソコンが使えない人が多いのにはおどろいた。

フォトドリーム展  そのパソコンを駆使してのフォトドリーム展も無事終った。入場者も昨年より多いと聞いている。作品も傑作揃いで、その横に貼られたレシピも力作だった。出展者44人の皆さんが、一生懸命制作した作品をどんな批評をするのか、期待も大きいと思う。それだけに批評する側も軽々しくは喋れない。講評準備のため、多田正司さんがzipに圧縮して出品作品をメールしてくれ、松浦孔政さんがレシピを郵送してきてくれた。この44人の作品とレシピを何度も見比べどのように話そうかと策を考えた。が、しかし、幸か不幸か持ち時間は40分。これでは一点の作品にかける時間は40秒足らずである。作品を見る目は人によって異なると思う。ここは一言評論を、ぶっつけ本番で臨むしかないと思った。

f0018492_22200307.jpg


# by yumehaitatu | 2017-04-01 17:00 | 写真雑学 | Comments(0)

17年04月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  ヨットハーバー
碇泊中のヨットをモノクロで鉛筆画風に仕上ました。
f0018492_21345148.jpg

◆ 大川元一  SCID食う虫
カラー写真用標準色データとして、SCID (Standard Color Image Data) がありますが、その中の一つを使って遊んでみました。
f0018492_21362875.jpg

◆ 芦川福男  高原駅の標識
スイスで「ベルンの高地」を意味するベルナー・オーバーラント地方の駅頭で標識を撮った。 山岳鉄道案内、サイクル道、インフェルノ・スキーレース場、さらに、高原に移牧される子連れ牛には、「どうぞ近寄らないで下さい」の看板も。
f0018492_21373498.jpg

◆ 加藤豁子  容(かたち)
大桟橋の中の椅子に当たっている光を撮った画像2枚を重ねてフイルター加工・色調補正 そして不透明度で調整しました。
f0018492_21384272.jpg

◆ 臼木敏夫  超一流
小さい子供なら一息で吸い込みます。
f0018492_21394770.jpg

◆ 前島文子  絆
MMのビルに時計店の写真を入れました。
f0018492_1125530.jpg

◆ 安田達也  称名寺の自慢
欄干の丸みを少し強調し、モノクロ・温黒調で仕上げました。
f0018492_11255144.jpg

◆ 古殿絹枝  喝采
7年前に横浜美術館で開催された‘ドガ展’の絵葉書が出てきました。あの時の感激を今一度呼び起こしての作品です。
f0018492_1126353.jpg

◆ 武藤英雄  笑顔
横濱中華街の春節をスナップしました。獅子舞と触れ合う観客の笑顔がとても楽しさに溢れていて印象的でした。
f0018492_22164724.jpg

◆ 腰高和雄  合掌の郷
五箇山でのスナップ、画2枚を合わせて作画しました。
f0018492_22183611.jpg

◆ 荒城優子  Hanging The Clock
ひたむきに生きる青き友よ!!
f0018492_19133226.jpg

◆ 高張一司  アイラブトーマス
横須賀のベースで撮った写真をイラスト風にしました。
f0018492_19142197.jpg

◆ 林美江子  春の訪れ
シンホ゛ルカラーの緑を身に着けパレードが元町でシャムロックのステッカーをもらいセントパトリックデーを楽しみました。
f0018492_1915125.jpg

◆ 月岡悦子  思案の時
部屋の片隅に置かれている梯子の写真を背景にして、考えているような人物を影にして持ってきて、リンゴを置きました。考えを巡らす様子をイメージして作りました。
f0018492_1916730.jpg

◆ 西垣憲明   ハートブレイク
美人が落胆した様子で夜の街に埋もれていた。失恋でもしたのだろうか。
f0018492_2123683.jpg

◆ 佐々木茂  揺れる花房
庭に咲いたヒイラギナンテンです。Nik Collection Analogフィルターを使って、二重露出風にアレンジしました。
f0018492_21242089.jpg

◆ 齊藤智徳  隙あれば!
北海道 知床羅臼に大鷲の撮影に出掛け、餌の魚を捕る迫力ある姿を撮影しましたがカラスと大鷲が突堤の上で餌を前に睨みあい大鷲の威嚇にもひるまずスキがあれば横取りしようとカラスが狙っている様子を撮影しました。
f0018492_21251857.jpg

◆ 本山栄子  春うらら
三浦海岸小松が池はもう春でした。
f0018492_21262271.jpg

◆ 曽我知克  新旧共演
国内の航空会社からは既に引退してしまった747を狙っていた時、777が進入して来たので、重なるチャンスを待って撮ったものです。
f0018492_10101118.jpg

◆ 永田廉  スカジャンガールズ
スカジャンを着ている5人のおねいちゃん。何を見ていたのでしょうか。バックスタイルかっこよかったよ。
f0018492_1013451.jpg

◆ 小間康嗣  津軽の大太鼓
東京ドームの日本祭り「津軽情つ張り大太鼓」です。
f0018492_10135821.jpg

◆ 中村孝太郎  少年と愛馬
美術館の前に馬に乗る少年のオブジェがある。愛馬の背に揺られ少年の行く旅先は観る人の心の中か、
f0018492_10152822.jpg

◆ 大嶋丁未子  寒き朝
秋田の撮影旅行で雪景色に感動して撮りました、描画モードで濃淡をつけました。
f0018492_0391920.jpg

◆ 堀田義夫  封じられた妄想
浜辺に打ち上げられたペットボトルを写しました。
f0018492_10191059.jpg

◆ 高橋玲  ゆれる光のなかで
ストレイトです。
f0018492_1019576.jpg

◆ 多田正司  都会の墓場
しゃれたショーウインドーが並ぶ銀座で目立ったディスプレイの店があったので撮りました。
f0018492_1021464.jpg

◆ 長尾勝利  レトロなアメリカ
県庁付近で撮った画像にアメリカ映画の看板を合成セピア調なアメリカにした。
f0018492_22104198.jpg

◆ 菅野俊雄  伝説の古城
巨大時空ネットの海に伝説の古城の幻影。過去と未来の時空交差点からのイメージです。海と岩、ネット橋脚,古城はMB3Dで作画し、空は撮った写真をBackground処理し合成しました。
f0018492_0382419.jpg

◆ 松浦孔政  オーロラ
モンゴルにオーロラが出現したらという妄想で作成しました。
f0018492_22124164.jpg

◆ 大木伊都子  夕桜
藤城清治の切り絵風にしたく、桜の花画像を桜ブラシにクリッピングして色付けしました。
f0018492_22134161.jpg

◆ 渡利升秋  美女と闘牛士
ビゼーのカルメンを聞きながら作図した。
f0018492_6473027.jpg

◆ 荒島謙一  悠久の客家
中國の世界遺産福建省。客家円楼夕暮れ時時間が止まってるような気分を感じます。
f0018492_0421416.jpg

◆ 寺村博行  絶壁観賞
絶壁に引き寄せられる人々の動きは面白い。二諧調にしてそれを強調した。
f0018492_043542.jpg

◆ 向山康三  海底遺跡
石垣島の鍾乳洞を海底のイメージにしてみました。
f0018492_7204690.jpg

◆ 五嶋和夫  旅立ち
飛鳥Ⅱの出港風景を見て、この季節に人生の旅立ちを迎える人たちを思い、作画してみました。
f0018492_0463624.jpg

◆ 神鷹徹  CP+ Panasonic
知り合いのコンパニオンを連れてきました。
f0018492_0473658.jpg

◆ 髙橋洋子  水面(みずも)
噴水の水が止まり、そこにビルの影が映り込み散歩の犬が入り込んできた。
f0018492_18371381.jpg

◆ 橋本和成  晩秋の渓谷
昨秋の御岳渓谷での一シーン、早朝の雰囲気を出すため朝霧をかけてみました。
f0018492_1838967.jpg

◆ 羽太皓  街かど
街のスナップ
f0018492_20254016.jpg

◆ 松尾エリカ  サクラサク
桜咲く野毛にて。花は撮ってません。
f0018492_8532611.jpg

# by yumehaitatu | 2017-03-31 00:51 | 17年04月例会作品 | Comments(0)

やぶにらみ論法 堀田義夫 御輿人生   

御輿人生   堀田義夫

 「厳寒の雪国の写真を撮りたい!」そんな想いを西垣会長が会食の席で話したら、堀井裕子さんが青森の尻屋崎地方にいまも伝わる小正月の素朴な「餅つき踊り」と、「寒立ち馬」を撮影する企画があるから参加しないかと誘ってくれた。

 出発当日、東京駅に西垣・大嶋・堀田が顔を揃えたが、案内役の堀井さんがきていない、そして西垣さんに電話が入り、トラブルが発生したので指定の列車には乗れないので先に行ってくれという連絡が入った。一抹の不安はあったのですが仕方がありません、とりあえず新幹線で八戸駅まで先に行くことにしました。

 八戸駅では、「堀井さんから連絡があったので迎えにきた」といって、一昨年私たちが撮影でお世話になった顔見知りの某企業の役員の方が出迎えに見えて、すぐさま撮影ポイントに案内してくれました。

 その人は私たちが撮影している間に、次の列車に乗ったはずの堀井さんを再び駅まで迎えに行き、一時間遅れでやっと合流するといったハプニングがあって慌てましたが、勤めを休み、社有車を使って我々のため心を遣ってくれたことには恐縮しました。聞いてみると、社長さんも承知の上だという。

 このことを含めて私たちの五日間滞在中は、靑森県写真連盟、靑森コンタックスクラブ、靑森二科、鶴田写真クラブ、靑森テレビなどの方々には、撮影地の下見、その日の天候に見合った撮影地の選定、交通手段として車の提供などといったことで大変お世話になりました。

 そうしたことができたのは、前出に某企業の社長さんと書いたが、実は青森県下はもちろん東北地方では有名な、三八五ホールディングス代表・泉山元氏のお力添えがあったためだと知りました。

 その泉山社長が前出の方々と一緒に私たちを夕食に招いてくださった。いろいろ会話が弾む中で私は周辺を取り巻く人々との会話や、和やかさ、人脈の広さ、などを実感したので 「社長の生きざまは、御輿人生だと思いますよ」と感想を口にしたのです。

 社長はすかさず、「確かに周りから担がれていることは承知しています。そして僕のやっている行動から、周りに担がれていることも知らない御輿のような人生だと思うかも知れませんが、御輿は担ぐ人がいて、担がれる人がいなければなりません。担ぐ人がいなければただの箱です。御輿人生の基本は人との付き合いです。このことには心を砕いています。先生の一本の杖という本も読ませて貰いましたが、来る人は拒まず、去る人は追わずという信条には賛成です。だが、担ぐ人、担がれる人がいる中に、担ぐ振りをして、ただぶら下がっているだけの人もいます。そうしたことを見極めることは大切ですね」と語っていたのが印象に残りました。

西垣さんが「厳冬の雪国の写真を撮りたい!」と言った一言で、その御輿を担いだ堀井さん、その御輿を担がせたのが泉山社長、その社長の意向を汲んで堀井御輿を担いだのが青森県下の写真家たちと関係者の方々。そうした恩恵で、楽しませていただいた今回の撮影の旅は、かなりの強行軍だったが御輿人生を実感し、多くの教訓が得られた撮影行だったと思っています。いまからでも遅くない!これからは、人から担がれる御輿人生を心懸けなければならないと強く思いました。

f0018492_21375299.jpg


# by yumehaitatu | 2017-03-04 17:00 | やぶにらみ | Comments(0)

17年03月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  絣模様
カマキリの幼虫をモノクロでデザインしました。
f0018492_21302647.jpg

◆ 臼木敏夫  遺跡への闖入者
たくらだ女に唆されて・・・
f0018492_21313356.jpg

◆ 芦川福男  台風禍の秋
昨年10月、大雪山の渓谷逍遥の際に撮った1点。車で渓谷を遡るほどに泥水跡も失せ、せせらぎに出会ったり。「紅葉は9月まで」という山系の中の残り香でした。
f0018492_21432987.jpg

◆ 加藤豁子  シャドーダンス
空の画像に2015年の国展の彫刻の影の画像2枚を重ねて色調補正しました。
f0018492_2134484.jpg

◆ 佐々木茂  ルリビタキ嬢
公園でルリビタキの雌を見つけました。日本画調にアレンジしてみました。
f0018492_21355351.jpg

◆ 大川元一  お出かけ
芝のオランダ大使館を背景として、その大使館の隣の中学に通う長男を持つ私の長女が、まだ幼稚園にも入っていなかった頃の写真を組み合わせてみました。
f0018492_213747.jpg

◆ 安田達也  左義長の脇役
両目を入れてもらったダルマさんですが、「サイト」が大きな炎となると焼失します。
f0018492_2138659.jpg

◆ 荒城優子  蜂蜜
波乱の舞台はこれから!
f0018492_2139079.jpg

◆ 早瀬きせら  ウエルカ・モ・メ
ヘルシンキの港から乗った船を、沢山のカモメが追いかけてきました。
f0018492_2140348.jpg

◆ 武藤英雄  すがもんのお尻
巣鴨にある「すがもんのお尻」がお尻にしてはあんまり色気がないので近くで見つけた行燈のコケシ人形を合成して女性の色気のあるお尻をイメージしました。地蔵尊も女性なので仲間に入ってもらいました。
f0018492_1861033.jpg

◆ 古殿絹枝  春興
応天門(平安神宮)をくぐり抜けるひとこまを、欲しい要素だけざっくりトリミングしてイラスト風に。
f0018492_187712.jpg

◆ 腰高和雄  願いを込めて
浅草でのスナップ、背景の黒塀の隙間から漏れてた光が偶然に指先と重なりました。
f0018492_188323.jpg

◆ 前島文子  停泊中
ベイサイドマリーナの夕景が綺麗でした。
f0018492_1885981.jpg

◆ 高張一司  マンガチックな町
宮崎映画のの舞台になったと言われる台湾の町、九ふん。川崎の仮装パレードで撮った宮崎監督の顔を提灯にいれました。
f0018492_1895826.jpg

◆ 月岡悦子  夏の夜の夢
シマウマとサイの置物から、夏の夜に夢の中に出てきたイメージで作画しました。背景は仙台駅に飾ってあった絵を色や形を変えフィルターをかけて作り変えました。
f0018492_22394820.jpg

◆ 林美江子  光の街
大吹き抜きの空間に、伝統工芸江戸切子をモチーフにデザインされたラウンジをイメージ。
f0018492_22405575.jpg

◆ 齊藤智徳  御神渡り現象
北海道の屈斜路湖も午後3時頃になると御神渡り現象に似た長々と続く氷の隆起が影を落としそれに沿って餌を探してトボトボと歩いたであろう動物の足跡が物悲しくみえた。
f0018492_2241546.jpg

◆ 大嶋丁未子  樹の精霊たち
お寺の板戸を背景に顔に見える木の節を合成しました、美しい木目で楽しむ精霊たちが見えました。
f0018492_2124211.jpg

◆ 谷口勝太郎  路地暮色
写真的な雰囲気を残しながら線画をイラスト風に加工しました。
f0018492_2121349.jpg

◆ 宮丸哲夫  節分の記者会見
詳細は不明
f0018492_14504313.jpg

◆ 向山康三  砂絵幻影
伊豆の砂浜で見つけた風紋2枚から作りました。
f0018492_14514579.jpg

◆ 中村孝太郎  素足の女
異空間に迷い込んだ素足の女、赤い帽子が印象的です。でも愛犬がチョット心配そう。
f0018492_1452372.jpg

◆ 和田政夫  花守
三月になると、どうしても思い出してしまう写真です。
f0018492_14581884.jpg

◆ 曽我知克  月と飛行機
スーパ-ムーンの時から狙い続けて、やっとワンカット撮れたものです。
f0018492_14541952.jpg

◆ 小間康嗣  秋の御岳渓谷
切り絵風に作画しました。
f0018492_14552188.jpg

◆ 髙橋洋子  雛飾り
キャベツの葉を扇に見立てて雛飾りを作成しました。
f0018492_2216448.jpg

◆ 本山栄子  早春
春らしく淡い色に仕上げました。
f0018492_22173899.jpg

◆ 寺村博行  薔薇居残照
鳶は塒へ急ぐ‥‥雲は薔薇に化ける‥‥今日の日が終る
f0018492_2219479.jpg

◆ 荒島謙一  妖光
怪しげな空以前の撮影ですが何とかならないかと思案?救助ヘリが飛来人を吊るし意外性と空をテーマに
f0018492_8203522.jpg

◆ 菅野俊雄  UFOコンタクトの海
空と海をバックに、飛来したUFOと交信する球状巨大ミラー装置のイメージです。海、UFO,ミラー装置はMB3Dで作画し、空は撮った写真をBackground処理し、合成しました。
f0018492_8212481.jpg

◆ 橋本和成  クリスマス ファンタジー
昨年の暮、みなとみらい ワールドポーターズの前のイルミネーションを撮り、合成しました。
f0018492_8221163.jpg

◆ 長尾勝利  都会のオーロラ
もしオーロラが都会で見えたら上空のPM2,5や二酸化炭素の粒子に反応し不思議な色のオーロラが出来るかも?
f0018492_823019.jpg

◆ 松浦孔政  Scream
先の見えない世相を表現してみました。
f0018492_8235131.jpg

◆ 五嶋和夫  チャレンジ
ビルの壁をよじ登る子供達、でもよく見ると・・・
f0018492_8245164.jpg

◆ 渡利升秋  躍動の春へ
スポーツの春に向かって動き出す雰囲気を表現しました。
f0018492_8254345.jpg

◆ 佐藤正二  完成予想図
パースに額縁を付けて引き締めてみました。
f0018492_0562854.jpg

◆ 多田正司  夢舞台
大衆演劇場「浅草木馬館」の踊りはスポットライトが当たり夢舞台のようでした。
f0018492_0573232.jpg

◆ 西垣憲明   過疎化
日本全体が少子高齢化になり、いたるところに空き家が増えてきた。この場所も過疎化の波が押し寄せている感がある。
f0018492_2237498.jpg

◆ 知久誠   みんな集まれ!
湖で餌をまく女性に鳥たちが群がる様子がけなげでした。
f0018492_0591844.jpg

◆ 永田廉   晩秋の忍野
きれいなトウモロコシの色に癒されました。
f0018492_102074.jpg

◆ 堀田義夫  窺う
サクラの木の肌をクローズアップしました。
f0018492_111548.jpg

◆ 金城敬子  輝く秋
Nik Collectionを使って色の鮮やかさを表現しました。
f0018492_122981.jpg

◆ 大木伊都子  早春
雅叙園で古いお雛様を撮影。古風な衣装を生かしたく背景にコブシの襖絵を入れて色を合わせ、布のテクスチャーで質感を出しました。
f0018492_143599.jpg

# by yumehaitatu | 2017-03-02 21:00 | 17年03月例会作品 | Comments(0)

写真雑学64 コンテスト            渡辺澄晴   

写真雑学64 コンテスト                      渡辺澄晴

 私の所属している写真団体に、一般社団法人日本写真作家協会(JPA)というのがある。そのJPAの写真公募でこのほど、新潟市西区から大賞、金賞、銀賞を獲得したという地元新潟日報の新聞記事が新潟の友人写真家の羽賀康夫氏から送られてきた。

 県人3人上位賞を独占、応募総数は2.752点驚きの快挙。という見出しで3人の作品と顔写真が載っていた。いずれも新潟県西区。前回も大賞を受賞したのは女性(岡山県)だったが、今回も女性。その受賞作「幽玄」は、新潟県十日町市松之山地区の棚田を情趣に富んだ幻想的な雰囲気を写したもの。棚田といえばカメラマンが大勢狙う撮影スポットだが、よく見る棚田写真とは一味違った自然と光のコントラストを、一瞬のシャッターチャンスで捉えた自然と光の美しいファンタスティックな作品。公募作品は一般会員作品とともに昨年1213日から20日まで開催され会期中は5.022で賑わった。その後は大阪市立美術館、米子市美術館、仙台、岡山へ東京展と同じ内容で巡回展示される。当会から荒木優子さん、斎藤智徳さんが入選した。

 第28回からJPA公募は公表済みの作品も応募ができるよいになり、以前からデジタル加工の作品もあったが、特に創作部門を新設し、新しい表現による斬新な作品を期待する新しい部門で、われわれデジタル研究会には打って付けの部門である。

 110日の午後、第36回合同写真展フォト17を見に行った。市民ギャラリーのB1から3F全館に19のグループの作品が展示され、それを丹念に見ているうちに右足に痙攣の兆候がでたため一たん休息、‣・。とにかく見ごたえがあった。県や市が主催ならともかく、19団体をまとめて立派な写真展を開いたフォト実行委員会の統率力も素晴らしいと思った。

f0018492_17282920.jpg


# by yumehaitatu | 2017-02-04 17:00 | 写真雑学 | Comments(0)

17年02月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  マスゲーム
カマキリの幼虫をマスゲーム風に配置。バレンタインデーにちなんでチョコれー色にしました。
f0018492_11352396.jpg


◆ 渡辺脩子  霧の彼方へ
後楽園の撮影会の際に、人工の霧の中に少女が走り込んで、消えていく姿を見て多重でシャッターを切りました。
f0018492_23162819.jpg


◆ 佐々木茂  ミサゴの漁
ミサゴが大きな鮒を獲りました。迫力を出すためにモノクロで仕上げました。
f0018492_23173295.jpg


◆ 堀節子  東京ドリーム
東京ドーム撮影会で、女学生2人が通りましたので撮らせていただきました。色々なライトアップを撮って合成してみました。
f0018492_2319514.jpg


◆ 大川元一  事故
最近、高齢者の自動車事故が増えています。この写真は自宅近くの東名高速道路で起きた自損事故です。幸い、大事故にはなりませんでしたが、運転の好きな高齢者として、襟を正さざるを得ない気持ちになりました。
f0018492_23201536.jpg


◆ 臼木敏夫  煉獄の炎
話に聞くだけの 天国と地獄の狭間とか・・・
f0018492_23211798.jpg


◆ 武藤英雄  汚れなき瞳
巣鴨の通称棘ぬき地蔵で父親に抱かれて地蔵尊を洗う幼い女の子がとても可愛かったので撮影しました。そのあどけない澄んだつぶらな瞳がとても印象的でした。
f0018492_8582146.jpg


◆ 加藤豁子  タウンスナップ
代官山で撮った店先の画像の隠したい所にもう1枚画像を重ねました。
f0018492_85927100.jpg


◆ 芦川福男  スイス山樹図
昨年7月、スイスで「夏季許容」の峠越えの際に撮った岩山+樹木風景。側壁に根を下し、樹木の姿を見せるまでの時間を考えた。植木屋の造作では決してない。東洋の 「山水図」に酷似している。老いの岩山ステージなのか。親近感を抱いた。
f0018492_01221.jpg


◆ 荒城優子  透ける穴
価値観の激変
f0018492_02863.jpg


◆ 齊藤智徳  雪吹雪
裏磐梯の小さな湖畔の木々に降り積もった雪が時々吹く風に乗って一斉に青空を舞い霧のように湖面を這う景色は幻想的でした。
f0018492_032293.jpg


◆ 前島文子  左義長
大磯左義長です。
f0018492_04923.jpg


◆ 高張一司  花野
花柄の傘が綺麗だったので女性を3人入れ、花野を行く気分にしました。
f0018492_051481.jpg


◆ 月岡悦子  曲芸
箱根ガラスの森美術館内の工芸品を使って、小さな世界を作画しました。
f0018492_061053.jpg


◆ 永田廉  雪の日の川下り
思いがけない雪の日の散策中偶然に川下りの屋形船に出会いました。
f0018492_20282482.jpg


◆ 多田正司  地獄でアポーペン
上野の博物館で撮った骸骨を踊らせたくなり、思いついたのが今、世界的に流行しているピコ太郎でした。
f0018492_15301448.jpg


◆ 谷口勝太郎  八坂道暮色
線画を基にイラスト風に加工しました。
f0018492_2030544.jpg


◆ 林美江子  スイレン
深大寺植物園5年前の画像を見直し、葉の縁の自然現象が・・・
f0018492_20305822.jpg


◆ 宮丸哲夫  冬
厳冬が続きますもので
f0018492_2032546.jpg


◆ 早瀬きせら  ゴールドフィンガー
プラハの広場で撮った写真です。ワイングラスが奏でる魅惑的な音に酔いしれました。
f0018492_20325827.jpg


◆ 腰高和雄  晩秋の渓谷
フィルタのクラッキング使用で油絵調に作画してみました。
f0018492_20422986.jpg


◆ 古殿絹枝  円舞
最初に三角を二つ描いてみました。色を塗り極座標をかけ、グラデーションをかけ、もっと遊んでみようと、フィルター加工。少しでもカンディンスキーに近づきたくて。
f0018492_20431772.jpg


◆ 高橋玲  魅せられた都市
カラーをモノクロにしました。
f0018492_15361743.jpg


◆ 西垣憲明   愛
東京ドームシテーの夜、親子づれが夜のイルミネーションをたのしんでいた。親子の愛が感じられる一場面で、ほのぼのとした。
f0018492_1537870.jpg


◆ 曽我知克  十三夜の旅立
スーパ-ムーンから約一ヶ月遅れの十三夜、川崎の浮島公園で運良く撮れた、月に飛行機が重なった一コマです。
f0018492_12173256.jpg


◆ 本山栄子  花遊び(カトレア)
新宿御苑で撮ったカトレアの色を変えてみました。
f0018492_12182452.jpg


◆ 小間康嗣  にっぽんの祭り
新春に東京ドームで催された「にっぽんの祭り」の一部です。
f0018492_12191765.jpg


◆ 大嶋丁未子  見知らぬ街
新年の撮影会元町で見つけた光景、想像の街を作りました。
f0018492_12201222.jpg


◆ 中村孝太郎  彩の響き
噴水の水しぶきはまるで踊っているようです。 この動きに彩を付けてみました。
f0018492_1221376.jpg


◆ 寺村博行  トンネルファンタジー
光の世界では息を殺していたもの達が、闇に蝟集する‥‥束の間の饗宴が果てると明界へ戻り、また石になる
f0018492_12215189.jpg


◆ 向山康三  荒天の岩場
伊豆の海沿いの岩場、荒天の中で波の音だけが聞こえてきました。
f0018492_12224282.jpg


◆ 松浦孔政  効きそう?
青梅方面撮影会で目に付いた薬局名を生かす作品を作りました。
f0018492_12233280.jpg


◆ 長尾勝利  ねぇーお願いします。
昨年鎌倉に行った時、神に切に願う女性の表情が印象的でした。
f0018492_14584869.jpg


◆ 和田政夫  国道5号線
海底都市への入口
f0018492_14594530.jpg


◆ 五嶋和夫  ヒーロー登場!
ドームシティのウルトラマンの像にヒーローの登場する場面をイメージして作画してみました。
f0018492_8275547.jpg


◆ 渡利升秋  骸骨の虫干し
黄金町のイベントで出会った骸骨。
f0018492_8284929.jpg



◆ 佐藤正二  二重の喜び
優勝盃で飲むのが通常ですが、横綱へも昇進した為巨大な盃の中で喜びを表した。

f0018492_19551285.jpg


◆ 菅野俊雄  ある夏の記憶
オーロラと星屑をバックラウンドに、巨大メカと反射球が島影に浮かぶイメージです。MB3Dで作画し星の画像を重ね合成しました。

f0018492_19574135.jpg


◆ 荒島謙一  小さな祈り
寒い日であった点火に間に合わず、すでに中火であったが今年の幸を親子で祈る姿を撮影する。

f0018492_23234240.jpg


◆ 髙橋洋子  霧の中
遊園地の中での突然湧き出たドライアイスに、驚く子供と周辺が別世界に成った一瞬。

f0018492_2325371.jpg


◆ 知久誠  夕暮れの時
日が沈む少し前、赤く焼けた雲と女性のシルエットがメルヘンチックでした。

f0018492_23265938.jpg


◆ 堀田義夫  北国からの便り
靑森に抱いていた心象をスーパーインポーズで纏めました。

f0018492_2328997.jpg


◆ 羽太皓  Apple
雪道の駐車場に停めてあった除雪車のタイヤです。白い部分はタイヤのゴムの部分でほとんど雪で覆われていました。ホイルには雪が付いていません。輪郭抽出でメリハリをつけましたが形は変えていません。リンゴその物でしたので撮りました。

f0018492_23294487.jpg


◆ 金城敬子  冬日和
穏やかに晴れた日の光景です

f0018492_23312475.jpg


◆ 大木伊都子  The crisi (危機)
新大統領就任にともないUSAのみならず世界的にも重大な局面に来ている。トリックアートで撮影した狼男をアレンジしてこの「クライシス」を表現しました。

f0018492_2333439.jpg


◆ 安田達也  淑女のハロウィーン
昨年の川崎ハロウィーンで素敵な淑女に出会いました。

f0018492_1715321.jpg

◆ 堀井裕子  望郷
日本海に流れ着いた流木、遠く離れた故郷を懐かしんで眺めているように見えました。
f0018492_21413761.jpg

# by yumehaitatu | 2017-02-02 23:00 | 17年02月例会作品 | Comments(0)

やぶにらみ論法99「越智祥之 Final Shot」  堀田義夫   

やぶにらみ論法99「越智祥之 Final Shot」  堀田義夫

新しい年を迎えました。昨年を振り返ると8月には本研究会の2代目会長だった、越智祥之さんが黄泉の国に旅立たれたという悲しい思い出がありました。

平成16年でした「俺の夢を実現させたいので力を貸して欲しい」と彼と酒を飲みながら話したことがありました。即座に「あァいいでしょう、やりましょう」という返事が返ってきた。なんのために力を貸せと言ったのではないのに、そのときは失礼だが[軽い男]と思ったのです。

私は越智さんのマネージメント能力を高く評価して誘ったのです。後日、何で軽々しく私の誘いに乗ったのかを聞いてみたら、「夢を持ってそれをやろうとする、先生の姿勢に共感したから…」と答えてくれました。私は時代と共に歩む写真文化を望んでいたのです。その夢の第一弾として、ある有能な作家をゲットするように依頼したのですが、アタックした結果は不調に終わったという報告は受けました。

それは「一度声をかけてダメなものは無理に誘っても戦力にはならない!」と常に私が言っていたからその話は終わったものと思っていました。

そして3年。その作家が当研究会に入会するという話になりました。それは3年間その作家と個人的にネゴを取り、当研究会の活動情報を提供しながら、やっと口説き落としたらしいのです。その作家はいまでは当研究会では余人を持って代えがたい人財に育っています。撮影会・旅行・展覧会といった諸行事には、親身になって会員のために行動してくれました。だからいつも多くのファンに囲まれていました。

また歴史に深い関心や知識を持ち、私があるとき本で読んだ曖昧な記憶から[道元上人]と言ったことを聞きとがめ、[上人]というのは僧侶の敬称だが、[道元禅師]と呼ぶのが正しい。[禅師]の称号は禅僧が朝廷から賜る称号なのだと教えてくれたことがあります。

若い頃、自分を知識人に思わせるためにいろいろの本を読みあさり得た知識は、言ってみれば、銀行から大きな借金をするようなもので、決して自分の財産ではないということを知らされたのはこの越智さんの指摘からでした。そのときから私は借金人生から脱却することを心がけ、自分自身の財産を自分で作らなければならないことに気付きました。

私の仲間が今年2月に個展を開くつもりでいます。その人が自分の個展の一部の壁面を提供して越智さんの遺作をかざってあげたいという申し入れを受けました。その作家の越智さんへの想いや、熱意に押されて私もコンセプトの組み立てや作品の選択、プリントで協力することを約束させられました。

越智さんは写真界を生業の場として勤めを果たし、卒業後は人脈の広さ、万民から愛された面倒見の良さ、卓越したマネージメント能力で当研究会に大きな功績を残しました。写真文化をこよなく愛し、人生を写真で締めくくった感のある「越智祥之Final Shot」をいまは是非、皆さんに観ていただきたいという想いでいっぱいです。
      越智さん(平成18年)

f0018492_22572014.jpg


# by yumehaitatu | 2017-01-07 22:58 | やぶにらみ | Comments(0)

17年01月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  ゆりの顔
今年も皆さんの幸を祈り、ユリを配した顔を創りました。
f0018492_2337186.jpg

◆ 大川元一  彼此岸(ひしがん)
永平寺での写真です。室内と戸外との対比がはっきりしていましたので、これを現世と来世になぞらえた作品にしてみました。
f0018492_22231711.jpg

◆ 臼木敏夫  歳月の門
すべやかに移りゆく日々・・・ 軽々しく見送る勿れ
f0018492_22243529.jpg

◆ 加藤豁子  ハッピー ニューイヤー
住宅街のイルミネーションの豪華さに魅かれ撮った2枚を重ねました。
f0018492_22254861.jpg

◆ 前島文子  妖精の舞
箱根ガラスの森で撮りました。
f0018492_22264661.jpg

◆ 早瀬きせら  彫師 恵華
以前から刺青に興味があり、国内外問わず撮っていたのですが彼女のタトゥーは綺麗でした。
f0018492_22275625.jpg

◆ 荒城優子  Fall from.........!
民衆の叫びと強さを 超えたものはない D.IKEDA
f0018492_2229972.jpg

◆ 齊藤智徳  静寂
裏磐梯の小さな池に朝日が射し込み夜半に降った雪と薄氷の融けている部分に木々が映り込み静寂で美しい景色を作り出している。
f0018492_22311832.jpg

◆ 高張一司  冬日
レンズフィルターで暖かい感じにし、エッジのポスタリゼーションで絵画調にしました。
f0018492_22324649.jpg

◆ 林美江子  福来る
アクリル水槽の中 ゆったり、のんびり泳ぐふくを見てると急に様子が変わり変身私も興奮感激
f0018492_22361248.jpg

◆ 荒島謙一  天狗サル
なんとも立派な鼻ですボルネオに生息してるらしい貴重なサルだそうです。
f0018492_2238452.jpg

◆ 千村道夫  夏の暑い日
今年は特に暑かったので、暑さを感じてもらいたいと思いました。
f0018492_2240448.jpg

◆ 腰高和雄  千客万来
青森県蔦温泉での撮影、11月中旬でのブルトーザでの除雪は初との事でした。
f0018492_224234100.jpg

◆ 月岡悦子  希望
三渓園の松の木にいた鷺ですが、鷺は「路を示す」と言われ出世を導いてくれる鳥だそうです。2017年は酉年なので、縁起の良い鷺にウルトラマンパワーを授けてより良い年になるように願って作画しました。ウルトラマンは先日の撮影会、東京ドームで撮りました。
f0018492_2246587.jpg

◆ 中村孝太郎  ボルダリンク
東京オリンピックの追加種目に決定したボルダリング若者に超人気のスポーツ、入道雲を見てきっと練習したいだろうな?
f0018492_23131416.jpg

◆ 高橋玲  美脚
カラーをモノクロにしました。
f0018492_225198.jpg

◆ 多田正司  聖夜
デジ研の「東京ドームシティイルミネーション撮影会」で撮った写真を中心に作ってみました。
f0018492_225249100.jpg

◆ 古殿絹枝  Happy 2017
尾の長い鳥は、縁起が良い高貴な鳥とされ、奈良の正倉院の宝物などにもその姿を垣間見ることができます。祭りの山車に飾られていたオナガドリ。今まで持ってて良かった! ‘いつ使うの? 今でしょう!’
f0018492_22535117.jpg

◆ 安田達也  湘南の閃光
「湘南の宝石」と言われる江の島シーキャンドルを、ズーミングで撮り、1列をグラデーションで着色しました。
f0018492_22574910.jpg

◆ 大嶋丁未子  白い風
昨年2月に山形の最上川で撮影したものをふる里を思いモノクロにしました。
f0018492_23141554.jpg

◆ 武藤英雄  護衛艦いずも
「護衛艦いずも」の満艦飾が大桟橋で行われました。ヘリ空母の大きな船体でその雄姿にびっくりしました。艦内の見学を待つ長蛇の列に加わり内部を観覧しました。戦闘艦らしい外観の精悍さを出すためにモノクロ、ソラリゼーション等で加工してみました。
f0018492_22593239.jpg

◆ 小間康嗣  美男美女
どなたかが「レトロな看板」と「レトロな男女」と話されましたが昔も今も「美男美女集団」です。
f0018492_2303719.jpg

◆ 永田廉  飛翔
青梅、玉堂美術館庭園にて
f0018492_2314182.jpg

◆ 長尾勝利  暮れの雪に傘の花
昨年末の雪の朝学童の登校時の表情を撮りました。
f0018492_12323388.jpg

◆ 小林紀夫  波
谷口講師のステップアップ講座「HDR風画像の作成」を学び作画しました。
f0018492_1235980.jpg

◆ 松浦孔政  ペルソナ
仮面をかぶっっている彼女の内面を表現してみました。
f0018492_12361889.jpg

◆ 芦川福男  ぼくミュンヘン児
ぼくの姓はアイヒラー、名は拓(たく)です。年齢は4歳。父は、「ドイツ人と京都育ちの日本女性の間に生まれたハーフでその名は”太郎”。 母は、仙台育ちで名前は”まり”。クォーター児のミュンヘン暮らしには、すでに「バイリンガル会話が根付き」つつあります。
f0018492_10134357.jpg

◆ 知久誠  幸せのゴールドボール
クリスマスイルミネーションでのカップルのワンショット。スマホでの自撮りが幸せそうでした。
f0018492_2023138.jpg

◆ 曽我知克  Top to Top
入間基地航空祭で撮影したものです。
f0018492_11425386.jpg

◆ 向山康三  海の音
伊豆の海沿いの岩場、とてもドラマチックな光景でした。
f0018492_10171341.jpg

◆ 西垣憲明   夢
伊豆に行ったら素晴らしい竹林がありそこに若者が多くいた。お互いこれからの夢を語りあっているのか幸せそうであった。
f0018492_1019158.jpg

◆ 羽太皓  我が地区の正月
綾瀬市で1地区しか行われていない正月の行事です。1月2日に地区の家々を回る獅子舞です。家の人を撮れないのが残念でした。
f0018492_10203134.jpg

◆ 渡利升秋  鯉と白いカラス
カラスを白化粧し、池の中の鯉に乗せて泳がせた。
f0018492_10273741.jpg

◆ 寺村博行  水鏡
ストレートです ‥‥ 怖くもなく暗くもなく気持ち悪くもなく新年にふさわしい、美しい御婦人のポートレートを出品できたことは吾ながらとても嬉しい。
f0018492_10284648.jpg

◆ 本山栄子  頑張れ!
箱根駅伝の競り合いを、日本橋で撮りました。
f0018492_10295142.jpg

◆ 田崎龍一  ぎゅうぎゅう詰め
さくらんぼと格子戸の窓枠の写真を重ね合わせ、フィルター(球面とラップ)をかけて作画しました。
f0018492_1031691.jpg

◆ 金城敬子  酉年にちなんで・・・
今年の干支は酉なので「かるがも」にしました。
f0018492_10321178.jpg

◆ 橋本和成  恋の駆け引き
青梅の路地裏の一軒、猫の作り物が装飾されており、中央の猫(メス?)を2匹のオスが張り合っている様子に見立ててみました。
f0018492_10331732.jpg

◆ 五嶋和夫  ファンタジーナイト
東京ドームシティで撮った何枚かの画像を合成してみました。
f0018492_1034228.jpg

◆ 髙橋洋子  暮れの船泊り
古い船が並ぶ川瀬に整備されたのか、綺麗な船が並んでいる。新年を迎いる準備なのか、川の上の高速道路も静かに見えた。
f0018492_10415515.jpg

◆ 堀田義夫  まどろむ
漁港に放置された漁網とブイをモチーフに制作。
f0018492_10364619.jpg

◆ 菅野俊雄  スーパーソニック幻影
月光に照らされた海に、超音速飛行物が上空を横切る幻想イメージです。月光の海と岩礁、飛行物体はMB3Dで作画し、月の画像を重ね合成しました。
f0018492_10375048.jpg

◆ 大木伊都子  福よ来い
富士国際花園で撮影。福よ皆に降りて来い。
f0018492_13442488.jpg

◆ 佐々木茂  メジロとシジュウカラ
木の股にある水たまりが野鳥達の水飲み場になっています。色々な鳥がやってきました。絵画風にアレンジしました。
f0018492_21145743.jpg

◆ 堀井裕子  小春日和
公園の片隅の花壇を早春の太陽が優しく包み込んでいました心がホッとするように作画しました。
f0018492_1203753.jpg

# by yumehaitatu | 2017-01-05 21:00 | 17年01月例会作品 | Comments(0)

写真雑学63 遺影 渡辺澄晴   

写真雑学63 遺影

文化勲章を受章し昭和の日本画家を代表した堅山南風画伯の日常生活を写してほしいと、南風家から友人を通して依頼があったのは、今から36年ほど前の1980年の春。制作は東京世田谷の自宅ではなく、静岡県田方群は伊豆半島の富士山の見える山の上の別荘で、さすがに閑静な場所だった。当然ここへは定期バスはなく、マイカーでしか行けない。撮影時間を考えると、とても日帰りは無理。相談の結果、別荘に泊めてもらい画伯の一日を観察しながら撮影することにした。休日や休暇を利用して数日画伯と行動を共にしたこともあった。「こんど渡辺君はいつ来るの。」写真嫌いと聞いていたが、画伯に気に入られていたようだった。久し振りにまとまった写真が撮れると、こちらも張り切った。

その年の1230日肺炎のため田方の別荘で画伯が死去したことを新聞で知った。急ぎ上野毛の自宅に伺った。関係者から「渡辺さん、遺影になる写真撮っていませんか?」青山の斎場に飾る遺影だという。そのつもりで撮ったのは一枚もない。が、あの大催場に飾る写真なら、いつか秋山庄太郎さんの写した堅山画伯の威厳のある肖像写真を見たことがある。あの写真を飾らして貰おう。ご無沙汰のお詫びがてらに麻布の秋山事務所に電話した。「サイズを調べて伸ばしておくよ」と先生は気持ちよく引き受けてくれた。葬儀の当日、檀上には巨匠秋山庄太郎撮影の威厳に満ちた堅山南風画伯の遺影が飾られてあった。

 

妻の遺影 「渡辺キミさんは、ステージ4(末期)の肺癌です。お年ですから手術も放射線治療もできません。最後に打つ手は抗癌剤治療ですが・・」昨年の3月呼吸困難をおこし救急車で病院に運ばれ、検査の結果担当医師から告げられた言葉である。抗癌剤といえば、頭の毛が抜けるというのがすぐ目に浮かんだ。ステージ4の癌ならどんなに頑張っても余命は長くはない。毛が抜けないうちに写真を撮っておこう。そう思って妻の了解をとり挑戦をしてみたが、お互い気持ちのタイミングが合わず。満足した写真が撮れないでいた。

日を追って酸素の量が多くなり、持ち歩くボンベでは最高5にしないと歩けない状態になっていた。

 1022日(日)、妻は赤いセーターに赤い帽子をかぶり緑のスカーフを首に巻き外出の準備をしていた。月に1回、気の合った近所の奥さんたちが茶菓子を持ち寄り談笑するお集り会で、それをサロンと言っていた。妻はそのサロンを楽しみにしていた。「赤に緑。いい組み合わせだね!帽子も似合うよ」子供に言うように褒めた。歩いて1分もかからぬ裏の家に行くのに・・。「せっかくだから写真を撮ろう。」白い襖の前に妻を立たせ撮影の準備にはいった。「酸素のクダ外してよ・・」過酷な要求だった。健康な人なら「息を止めろ!」に近かったと思う。「こんなの着けては様にならないわね!」と言って妻は鼻からクダを外した。急ぎシャッターを切った。気持ちのタイミングが見事に合った。手ごたえありのサインを指で妻に送った。妻もホットした顔を見せ、満タンのボンベを転がしサロン会場へ向かった。<製作中の堅山画伯>
f0018492_14550122.jpg

# by yumehaitatu | 2016-12-03 17:00 | 写真雑学 | Comments(0)

16年12月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  万華鏡
モデルをアナログとデジタルの合成で構成しました。
f0018492_14362222.jpg

◆ 加藤豁子  わ~い サンタの館建設じゃあ!
工事現場の沢山のクレーン・サンタ達・透明チューブの3枚の画像を各々変形・色調補正・レイヤーマスク加工をして重ねました。
f0018492_14373474.jpg

◆ 臼木敏夫  ペンペン草の胸飾り
後は宴席待つばかり
f0018492_14385542.jpg

◆ 堀節子  待って―
皆と遊んでいた天使が、夕方になり天へと帰って行くのを追いかける人々。
f0018492_1440454.jpg

◆ 高橋礼子  溢れる 若さ
若いっていいですね
f0018492_14445339.jpg

◆ 大川元一  僕、ここだよ
今までの「美女と花」は当分やめにして、自分で撮影した写真という原点に帰ることにしました。写真は伊香保の石段の途中にある「おみくじ」などを奉納する場所で、たくさんの「あひる」のおもちゃも奉納されていました。
f0018492_14461452.jpg

◆ 荒城優子  忘却
what is the time?
f0018492_14485120.jpg

◆ 前島文子  夜廻り隊
フクロウの森で撮りました。
f0018492_14494231.jpg

◆ 早瀬きせら  大人の階段
川崎のハロウィンで撮りました。
f0018492_14504728.jpg

◆ 向山康三  歪んだ大地
秋山郷でみつけた老木を素材に作ってみました。

f0018492_2114985.jpg

◆ 加藤慶治  五月晴れ
季節外れでごめんなさい。挿絵風を勉強中です。
f0018492_14525722.jpg

◆ 西垣憲明  あれから8年消えた看板
8年前デジ研で青梅撮影会に行った時、あった看板が見つからないので町の人に聞いたら、店が無くなり看板もなくなったとのこと、8年の年月を感じた。
f0018492_14541562.jpg

◆ 高張一司  安いよ 買ってよ
売れてなさそうな土産物屋。イラスト風にしました。
f0018492_14552556.jpg

◆ 林美江子  ファンタジー2
3D映像、クラゲ、水玉模様でクラゲの住む海の世界を・・・
f0018492_14563792.jpg

◆ 齊藤智徳  山古志の闘牛
山古志の闘牛場で闘牛の場面を撮影した一まいです。生憎雨模様の日でしたが泥まみれの壮絶な戦いを撮影できました。ストレート写真です。
f0018492_211562.jpg

◆ 羽太皓  ファンタスティック館
変わった趣向をこらした風変わりな館に出会い、思い切り奇抜にしてみました。
f0018492_9144471.jpg

◆ 松浦孔政  渓谷のおもひで
御岳渓谷で目に留まったカーテン越しの別荘の部屋を妄想して作成いたしました。
f0018492_9155487.jpg

◆ 小間康嗣  勝負あり!
全日本剣道選手権決勝大会(東京武道館)の試合風景です。
f0018492_917139.jpg

◆ 芦川福男  針峰にはアルピニスト
今夏、スイスの名峰をめぐる。中で、Aiguille du Midi山(展望台、標高3824m)で撮った1枚が「針峰に集う山好き」。それを、イラスト風味、または、水彩画風に仕上げた。好天ならば、Mont BlancやMatterhornも眺望できる立地でした。
f0018492_23293937.jpg

◆ 月岡悦子  都会のフクロウ
みなとみらいの夜景の写真2枚を合成して、森から逃げ出したフクロウが、都会の雑踏の中で静かに生きる姿をイメージしました。
f0018492_23304463.jpg

◆ 腰高和雄  天秤(バランス)
築地市場でのスナップ、ターレの荷台が軽かったのでバランスを量るため異邦人を乗せました。
f0018492_23325731.jpg

◆ 永田廉  晩秋の彩り
きれいな紅葉と渓流に魅せられました。
f0018492_1121449.jpg

◆ 和田政夫  雪の赤レンガ倉庫
雪の日、警備員が見回りで歩く、赤レンガ倉庫のストレート写真です。
f0018492_1131020.jpg

◆ 宮丸哲夫  生り年です
手入れしない柿は1年おきに鈴生りです。
f0018492_955584.jpg

◆ 曽我知克  Roll(横転)
好天に恵まれた入間基地航空祭での写真です。
f0018492_9571115.jpg

◆ 千村道夫  光陽
小春日和の光陽が素敵でした。
f0018492_1005187.jpg

◆ 堀田義夫  蒼い流れ
日帰り撮影会の折のものです。
f0018492_2138103.jpg

◆ 大嶋丁未子  片隅
電燈の灯りが懐かしい裏通り、看板を派手なものに入れ替えました。
f0018492_21433831.jpg

◆ 佐々木茂  吐竜の滝
信州・清里にある吐竜の滝です。
f0018492_2218226.jpg

◆ 中村孝太郎  砂漠は生きている
砂漠を旅する若者、偶然にも絶滅したはずの恐竜に遭遇、臆せずスマホでハイパチリ!
f0018492_8503119.jpg

◆ 本山栄子  花遊び
鎌倉文学館で撮った薔薇をグラデーションと描画モードを使って作りました。
f0018492_22123274.jpg

◆ 長尾勝利  銀座の遅い朝
銀座で撮影した画像を朝から昼頃の映り変わりの、イメージ画像を作成してみました。
f0018492_22133722.jpg

◆ 菅野俊雄  月光のパゴダ
峻険の峰々とパゴダの、寂寞の天地に月光満ちる、イメージです。パゴダと峰々はMB3Dで作画し、月の画像とブラシの雲を追加し合成しました。
f0018492_221453100.jpg

◆ 五嶋和夫  海ほたるの夕暮れ
日中撮影した海ほたるですが、夕景に加工してみました。
f0018492_22155777.jpg

◆ 寺村博行  観音菩薩
なにほどの御利益ありや知らねども かたじけなさに涙こぼるる
f0018492_12583970.jpg

◆ 渡利升秋  無惨焼け焦げて
交通事故車が駐車場に戻って炎上した。スマホで撮影したものをHDR風にして無惨さを表現した。
f0018492_12594595.jpg

◆ 大木伊都子  光りの贈り物
ハウステンボスで撮った夜景数枚を組み合わせて絵作りしました。今年、サンタさんは美しい光を贈ってくれました。
f0018492_1305066.jpg

◆ 小林紀夫  妖怪
仮面舞踏会で使える真珠は・・・。

f0018492_23215414.jpg

◆ 神鷹徹  リボンをあげる
Merry Xmas リボンをつけてあげるね ♥

f0018492_1453248.jpg

◆ 知久誠  秋を楽しむ
立川昭和記念公園でのスナップ。訪れた人たちが皆それぞれ秋を感じ、楽しんでいました。

f0018492_1464363.jpg

◆ 荒島謙一  手長サル
尾長サル類のフランソワルトン。暗い檻に居て普段はなかなか撮影できない、やっと素顔を見た。
f0018492_21134950.jpg

◆ 橋本和成  バス停で一杯
青梅街道のバス停で撮影会仲間が一杯飲んでいるところをパシャッ。内部の明るさを調整。

f0018492_14581155.jpg

◆ 金城敬子  御岳渓谷
日帰り撮影会で撮りました。2枚を合成しました。

f0018492_14592284.jpg

◆ 多田正司  奇面の港
象の鼻で張りぼての大きな顔にライトを入れて浮かび上がらせるイベントの写真が載っていたので撮影に行き、合成しました。

f0018492_150439.jpg

# by yumehaitatu | 2016-12-01 17:00 | 16年12月例会作品 | Comments(0)

 「やぶにらみ論法」98     大人気の美学  堀田義夫   

 「やぶにらみ論法」98     大人気の美学  堀田義夫 2016/10/14

 平成28年10月11日~16日、当研究会の会員、大嶋丁未子・高橋洋子・堀井裕子さんが昨年に引き続き「昔姫・3人展」を開催した。私は、連日会場に詰めて多くのことを学んだ。

その第1は、大胆な会場の設定

 貸しギャラリーだから、1メートルでも展示壁面を広く使いたいと思うのが普通だが、その壁面の2割に当たる部分の壁面を撤去した大胆さな会場構成だ。エントランスホールから会場の全景が目に飛び込んでくる。賃貸料の2割を、会場構成費に消費されているのだが、男社会では、必ず「もったいない」と言って反対される。そんな大胆なことをやってのけた度胸の良さは見事、昔は「男は度胸、女は愛嬌」といっていたが、いまは時代が変わって異性文化には、前例にとらわれない度胸の良さがあると思った。

第2として、展覧会の原点を問う姿勢

 もともと17世紀フランスで広まった「サロン」という言葉は、名士たちの応接間、あるいは社交場として美術団体の定期展、音楽家の演奏会などが併催された。そうした意味では、作品の制作者と観客が共に楽しい雰囲気に浸れる空間でなければならない筈だが、日本では展覧会場で大声で話し合ったり笑ったりすることは御法度なのだ。国民性なのかも知れない。

 ところが、「昔姫・3人展」の会場はまさにサロン化していて、作品を見ながら作者と観客との会話が弾み、文明・文化論まで飛び出しその賑やかなこと、長い人になると1時間くらい帰らない人がいる。

 それは作家たちの人柄や気遣いもあるのだろうが、会場の雰囲気が柔らかく他の展覧会と比べ大きく違う。その違いを観察すると、作家たちの目線の低さにあるように思えた。

 例えば、鑑賞者の知りたいことについて専門的技術論やメディア論はもちろんだが、どこで撮ったの?どうしてこんなところを知っていたの?私の故郷の近くだけど全く知らなかった、今度行ってみたい。

 私も行ってみたいけど、いまではとても行けない!、珍しいとこを見せて貰ってとても嬉しい、こんな所で生活している人は可哀想、などと観客と作家が目線を合わせながら対話の広がりを楽しんでいた。

 俺たち、私たちのやっていることを見せてやるんだといった高所からの目線を感じない。素晴らしい雰囲気の漂う展覧会だと思った。

 尊敬される作家はそれなりの振る舞いが要求される。それは“大人気”である。「大人気」とは自分を引くことだ。他人(観客)にとって良いことのために、自分を少々犠牲にしても、さりげなく振る舞う姿勢が大切なのである。一般的には売れっ子作家になると真っ先に失うのがこの「大人気」である。自己PR・承認欲が優先してしまう。そうしたことでも作家たちの心配りには遺漏がなかったように思う。

第3は作家たちへの羨望

 靑森から来た、奈良県から、静岡県、千葉県、埼玉県からといったように遠くから駆けつけた観客とお目にかかり懇談する機会を得た。これは出品作家の人徳のなせる業だ。ただただ驚くばかりです。

 実は昨年も私はその人たちにお目にかかっている。ということは毎年足を運んでくれているのだ。写真を通した厚いお付き合いをしている出品作家の人徳には敬服する、私たちが自慢の仲間たちである。
f0018492_17043798.jpg

# by yumehaitatu | 2016-11-05 17:01 | やぶにらみ | Comments(0)

16年11月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  雨にもめけず
雨の多かった今年はアサガオには不運な年でした。ストレイト写真です。
f0018492_2255689.jpg

◆ 加藤豁子  揺蕩う(たゆたう)
ウインドーの中の大きなポスターの女性を硝子越しで撮り下の方にグラスの画像を重ねました。
f0018492_2272617.jpg

◆ 臼木敏夫  竜田姫
北から南へと 山々を美しく染め上げて。。。
f0018492_2284783.jpg

◆ 加藤慶治  おしゃれな館
挿絵 (2)です。 薄く色を付け、挿絵風にしてみました。おしゃれな感じに仕立てたつもりです。
f0018492_2210428.jpg

◆ 荒城優子  真珠
<慈悲の心も必要> Y.F
f0018492_22111670.jpg

◆ 早瀬きせら  クレーンジャングル
日課の早朝ウオーキングで、インターコンチネンタルホテルのエントランスの鏡に一台のクレーンが このように映っていました。左右と上下にシンメトリーに作画しました。
f0018492_813449.jpg

◆ 前島文子  美味しそう
大好きなマグロを見たらよだれが出そうでした。
f0018492_814545.jpg

◆ 谷口勝太郎  黄龍
紅葉風景を黄色の昇龍をイメージしてHDR風にレタッチしました。
f0018492_8161936.jpg

◆ 千村道夫  どこに行くの
場所は忘れましたが、どこかの博物館で可愛い子供に出会いました。
f0018492_9255910.jpg

◆ 小間康嗣  ネット上の攻防
バレーボール女子大学選手権大会の熱戦を切り絵写真に作画しました。
f0018492_22225024.jpg

◆ 高張一司  モニュメント・バレー
夕焼けを合成しました。
f0018492_22235253.jpg

◆ 林美江子  クリスマス 
旅の思い出を・・・撮影(人形)イルミネーションと合成。
f0018492_22264634.jpg

◆ 武藤英雄  聖母
上野国立西洋美術館前に展示されていたポッティテェりの聖母像の絵画が素晴らしかったので撮影しました。その印象をこんな作品にしてみました。
f0018492_1124925.jpg

◆ 腰高和雄  ショールーム
銀座4丁目でのスナップです。エッジの強調(フィルター)使用。
f0018492_1135773.jpg
 
◆ 古殿絹枝  下町の貴婦人
豊島区の‘鬼子母神’で出会ったご婦人。決して顔を上げてもらえなかったのですが目の前で次々装着するアクセサリーがご自慢の様子。
f0018492_7483413.jpg

◆ 月岡悦子  苦悩からの脱出
宇都宮市にある大谷資料館で撮った3枚の写真から、「悩み苦しみの後に、希望を抱き歩き始める」というイメージで作画しました。
f0018492_20504246.jpg

◆ 高橋玲  HEAT OF LOVE
カラーで写したものをモノクロにしました。
f0018492_2052159.jpg

◆ 安田達也  白い影
ファッションブランドのショーウインドーで見かけました。
f0018492_2052561.jpg

◆ 大嶋丁未子  追憶
ショウルームに飾られた絵に惹かれて撮影しました.定かでない思い出をイメージしてカットアウトを使いました。
f0018492_2304498.jpg

◆ 堀田義夫  高原列車は行く
横須賀花の国で写しました。少しでも癒される雰囲気が伝われば…
f0018492_2315875.jpg

◆ 曽我知克  ライトの輝き
羽田空港に着陸する機体のライトが海面に反射した瞬間です。
f0018492_233796.jpg

◆ 西垣憲明  静寂
夜の漁港は人もいなく、静かで若干寂しさもある。
f0018492_2341520.jpg

◆ 多田正司  渚の二人
海岸で撮った楽しそうなカップルの写真をイラストにしました。
f0018492_22455365.jpg

◆ 中村孝太郎  秋日和
秋の柔らかな日差しの中3匹の蝶が楽し気に飛んでいます。お気に入りの花が見つかったのでしょうか。
f0018492_2246551.jpg

◆ 和田政夫  早く閉めて下さい
開店準備中のストレート写真です。銀座にて
f0018492_22475545.jpg

◆ 長尾勝利  恥じらい
地域のお祭で演技を終えた中高生男女の表情と成人踊りの画像を、合成しました。
f0018492_22491386.jpg

◆ 荒島謙一  森の人 (オランウータン)
オランは人。ウータンは森、なかなか人の前に出てこないまして目線をくれたので!感謝。
f0018492_22501057.jpg

◆ 向山康三  鉄を打つ
すべて手作りの刃物工房、一人の若者が黙々と鉄を打っていた。
f0018492_22274737.jpg

◆ 池上晃  経絡のツボ
お灸をすえる時の体の神経ポイントを経絡の穴(ツボ)というそうな。ブータンで撮った棚田写真を白黒にして眺めていたら人体の神経回路に見えてきた。
f0018492_22293031.jpg

◆ 永田廉  蜘蛛の巣
路上で見つけた蜘蛛が枯葉にしがみついている姿がとても愛おしくシャッターを押しました。
f0018492_22311087.jpg

◆ 寺村博行  満月の夜
満月の夜、底棲動物達は生殖の大饗宴を張る。
f0018492_22322691.jpg

◆ 深瀬彊  悪夢
屋外展示場の彫刻をモンタージュして背景を敢てモノクロにし、怖―い悪夢を作りました。
f0018492_22333666.jpg

◆ 大木伊都子  魔女は子煩悩
川崎ハロウィンで撮影。魔女の子は照れて顔を上げてくれません。怖い魔女も我が子にはあまい子煩悩でした。
f0018492_22344646.jpg

◆ 宮丸哲夫  夏から秋へ
布袋草が咲きました。
f0018492_21242141.jpg

◆ 菅野俊雄  危機一髪
巨大ドラゴンメカの大爆発と脱出した女性戦士を、スターウォーズ的世界でイメージしてみました。メカニカルの構造物はMB3Dで作画し、人物はDAZ Studioで作画しPSccで合成しました。
f0018492_21252997.jpg

◆ 松浦孔政  縄張り争い
植物化願望の女性と犬との静かなる縄張り争いのひとこまです。
f0018492_21263252.jpg

◆ 佐々木茂  秋の白樺林
八千穂高原の紅葉です。
f0018492_22145868.jpg

◆ 高橋礼子  ご馳走をどうぞ
見ただけでお腹がいっぱいになりました。
f0018492_2216077.jpg

◆ 羽太皓  青い風景
デイスプレイとガラスに映った風景を重ねてつくりました。
f0018492_22171038.jpg

◆ 渡利升秋  激写
くりはま花の国、冒険ランドのゴジラを激写するカメラマンを激写した。
f0018492_22191425.jpg

◆ 髙橋洋子  福来たる
布袋さんのふくよかな笑顔いっぱいの様子を見て、此れを元に作成しました。
f0018492_22201432.jpg

◆ 橋本和成  予兆
昭和記念公園のヒマラヤスギの実を見て、日常世界にない雰囲気を感じたので何かが起こりそうな絵に仕立ててみました。
f0018492_052625.jpg

# by yumehaitatu | 2016-11-03 21:00 | 16年11月例会作品 | Comments(1)

デジフォト玉手箱 2016年10月   


原画 佐藤正二
f0018492_21213999.jpg


◆1a.齊藤智徳 ウナギのひがさ踊り
f0018492_21231042.jpg
◆1b.佐々木 茂 無題
f0018492_21314472.jpg
◆1c.新家正子 夢のかなたへ

f0018492_21324447.jpg
◆1d小林紀夫 ブルーインパルス
f0018492_21343777.jpg

◆く1佐藤正二 特殊建設機械
f0018492_21413500.jpg
●5-1渡利升秋 空の覇権
f0018492_21425645.jpg
●5-2 渡辺澄晴 玉手箱

f0018492_21435068.jpg
●5-3 前島文子 花器
f0018492_21445306.jpg
●5-4宮丸哲夫 持ち上げられて
f0018492_21455955.jpg
●5-5 月岡悦子 秋の訪れ
f0018492_21464673.jpg
●5-6 腰高和雄 鰻下り
f0018492_21475482.jpg
●5-7橋本和成 知恵の輪
f0018492_21484530.jpg
●5-8加藤豁子 融合
f0018492_21494289.jpg
●5-9神鷹 徹 珍獣の恋
f0018492_21503705.jpg
●5-10西垣憲明 不思議なモニメント
f0018492_21531689.jpg
●5-11_伊藤彰洋_戦争反対
f0018492_21535920.jpg
以上






# by yumehaitatu | 2016-10-01 21:40 | 玉手箱

写真雑学62 越智さん 渡辺澄晴   

写真雑学62 越智さん                 渡辺澄晴

日本光学工業株式会社。(㈱)ニコンの前の名称である。製造されたニコンカメラがユーザーの手元に渡る流通経路は、特約店を通してカメラ店、そしてユーザーという手順になっていた。当デジタル研究会の前会長越智祥之さんは、その特約店樫村のセールスマンだった。すらりとしたスリムな青年でいつもニコニコと笑顔で我々に接してくれた。その越智さんと奇遇にもこのデジ研で一緒になった。ジョークを云い周囲の人を笑わすことも昔のままだった。ニコンにはニッコールクラブというユーザーのための組織があり、年に何度か各地でモデル撮影会が今も行われている。その撮影会や新製品発表会、カメラショー等々のイベントには特約店の越智さんも手伝いに来てくれた。越智さんを知ったのは1964年の東京オリンピック直後だから50年以上にもなる。細く長い付き合いだった。あの笑顔を思い浮かべながら、謹んで故人のご冥福をお祈りします。

どんなに時間をかけようが、お金を掛けようが作品は結果で評価される。その作品には作者の個性が出るように評価も人によって異なると思う。マンツーマンなら言いたいことも言えるが大勢の人の前では作者のことも考え、ひとことも言えず遠慮してしまうこともある。しかしその逆もある。越智さんの作品はどこかひとこと言わせるようなスキがあり、遠慮なくそれを指摘できた。そのことで会の雰囲気を和ませたことにも多かったと思う。

いま写真は多様化する価値観に、当会のようなデジタルフォトという新たなテクノロジーが加わり、どこに向かって進むのか、不確実で未知数の多い時代になった。工夫を凝らした皆さんの作品を毎月見るのはとても楽しく勉強になるが、この苦労して創った作品を講評するとなるとかなり気をつかっている。「出来もしないくせに・・」「勝手なことを言うな・・」など周囲から雑音が聞こえてくる思いを感じながら、難解な加工作品でも講評は鑑賞側の目で評価して、仕事だと割り切りひとこと言わせてもらっている。その小生、今年9

15日で88

歳の米寿を迎えた。どうかこれからも年の功に免じて多少の毒舌はお許しいただきたい。

写真説明  札幌で行ったニッコール撮影会土門先生(土門拳)と木村先生(木村伊兵衛) 越智さんも参加してました。】

          土門拳

f0018492_19004513.jpg
木村伊兵衛
f0018492_19011529.jpg







# by yumehaitatu | 2016-10-01 17:00 | 写真雑学 | Comments(0)

16年10月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  アサガオのファンタジー
一輪の花をファンタスティックに創ってみました。
f0018492_22391456.jpg

◆ 高橋礼子  渓谷を行く
心が洗われる気がしました。
f0018492_23113386.jpg

◆ 堀節子  子供にとっては迷惑
藤沢六会のねぶた祭りで、子供を抱っこしたり、小脇に抱えたり、手を引いたりと、それで跳人を踊ってましたが子供は大丈夫なのでしょうか、今の若い人は・・・・。
f0018492_225858.jpg

◆ 加藤慶治  館(やかた)
以前鉛筆画として作品を出しましたが、それに薄く色を付け、挿絵風にしてみました。
f0018492_2261591.jpg

◆ 加藤豁子  増殖
ガラス越しに撮ったキャラクターを2枚コピーし変形・描画モード・不透明度を変え重ねました。
f0018492_227762.jpg

◆ 大川元一  Dahlia (ダリア)
10月の花と美女は、Dで纏めました。 Dainty Dame Deborah Dances with Dandy Dahlias  今月は「王様と私」のデボラ・カーです。上品な美女である彼女には、ダリアがぴったりだと思います。
f0018492_20534876.jpg

◆ 臼木敏夫  行路難し
行路難し 水に在らず 山に在らず
f0018492_20544494.jpg

◆ 武藤英雄  た・そ・が・れ
みなとよこはまの「た・そ・が。れ」の美しさは飽きることのない美しさです。
f0018492_9301238.jpg

◆ 西垣憲明   温泉の楽しさ!
青森県にある不老ふ死温泉に一泊した。そこにある海のそばの露天風呂からの夕日がきれいであり、温泉客が楽しそうである。
f0018492_12431890.jpg

◆ 早瀬きせら   パパイクメン、ボクぷりっけつ!
タイトル 気に入ってます。
f0018492_12442878.jpg

◆ 荒城優子   夏の思い出
タイトだった!!!
f0018492_12452427.jpg

◆ 谷口勝太郎   八坂道暮色
八坂道の夕景をイラスト風絵画調に加工しました。
f0018492_20335651.jpg

◆ 高張一司   屋上
上から撮ったように見えますが。。。
f0018492_20351724.jpg

◆ 林美江子  ファンタジー
撮りためた水族館の画像を見直し 幻想的なクラゲに癒された作品です。
f0018492_20363966.jpg

◆ 高橋玲  帰路
カラーをモノクロにしました。
f0018492_22403879.jpg

◆ 田中登美子  今日の私
明日もきっと良い日!
f0018492_2241384.jpg

◆ 前島文子  祈り
越智さんを忍んで奥日光を背景に増上寺のお坊さん、お墓を入れました。
f0018492_22425388.jpg

◆ 齊藤智徳  竹林にトラ
精悍なトラの顔は魅力がありますが竹林で出会えば一層引き立つと思い作品にしてみました。京都天龍寺の美しい竹林にスマトラ トラを配してみました。鳥はシロフクロウです。
f0018492_22444023.jpg

◆ 池上晃  巡礼のおばさん
今年8月ブータンにて撮影
f0018492_2385880.jpg

◆ 腰高和雄  ガラスの森美術館
昨年11月下旬に、箱根ガラスの森美術館で撮りましたスナップです。
f0018492_23102023.jpg

◆ 古殿絹枝  秋空
なかなか‘天高く’という訳にはいきませんが、手作りiPadに虹を映してみました。
f0018492_23134338.jpg

◆ 宮丸哲夫  五分と五分
しばらく続きそうです
f0018492_23144587.jpg

◆ 荒島謙一  ナイスキック
蒸し暑い日でした公園で孫とボール遊び相手キックしても的外れに飛んで行った。
f0018492_23155651.jpg

◆ 月岡悦子 赤い花
ガラス工芸品が面白い形をしていたので、写真に撮り赤い花を添えました。
f0018492_23172021.jpg
 
◆ 中村孝太郎 夏の想いで
白い大きな雲と高原に咲く黄色い花々、遠い日の母の故郷を思い浮かべます。
f0018492_1083672.jpg

◆ 多田正司 迫りくる高波
撮っておいた高波と少女二人を配置して合成しました。
f0018492_2238897.jpg

◆ 和田政夫 新発売 「欣求浄土deGO!」
天国への近道教えます。
f0018492_22392676.jpg

◆ 菅野俊雄 プラネット
凍結の峰々(MB3Dで作画)に、雲で覆われたプラネット(PSccの3Dで作画)を合成してみました。
f0018492_22402993.jpg

◆ 向山康三 雨上がり
濡れたバラを中心に雨上がりのイメージをつくりました。
f0018492_214348.jpg

◆ 佐々木茂 奥日光・小田代ヶ原の草紅葉
紅葉シーズン始まりの草紅葉の小田代ヶ原です。
f0018492_215842.jpg

◆ 大嶋丁未子 ミステリー
幾度も挑戦した被写体ですが今回運よく作品にすることが出来ました。
f0018492_216550.jpg

◆ 寺村博行 何処へ
人は知りあい、人は微笑む。貴女はそれを探しに行く。
f0018492_218838.jpg

◆ 小間康嗣 横浜パレード
ステップアップ講座で佐々木講師から教わった「Vitual Painter」の油彩を使いました。
f0018492_2152830.jpg

◆ 大木伊都子 freeze
雌ヒョウのようなモデルさんが近づくと帽子にされはしないかと猫ちゃん凍りつきましたぁ。背景の単純化と猫にポリゴン風加工。
f0018492_21531224.jpg

◆ 松浦孔政 悩める私
「ステルス人間にはなったけど、これで社会生活ができるの?」と悩んでいる私の表情を想像してみてください?
f0018492_21541216.jpg

◆ 髙橋洋子 街角の絵
派手な色の家の壁にスプレーの跡、そこへ悪仲間の登場です。
f0018492_21551991.jpg

◆ 本山栄子 いるかとジャンプ!
ビックリしました。
f0018492_21564040.jpg

◆ 渡利升秋 黄昏のレストラン
海岸近くのレストラン。すぐ近くに見えるはずの夕焼けを合成した。
f0018492_21574613.jpg

◆ 永田廉 夏の思い出
今年の夏の猛暑を花火で表現しました。
f0018492_21584284.jpg

◆ 小林紀夫 榊御輿
横浜根岸地区で3年に1度行われている、色鮮やかな榊襦袢を身にまとい、化粧をした担ぎ手が地域を練り歩く。今年の横浜市無形文化財に指定されました。
f0018492_2159466.jpg

◆ 羽太皓 夏の記憶
夏の江ノ島で出会った光景です。今は更地の砂浜です。
f0018492_2051281.jpg

◆ 金城敬子 湖面の輝き
湖面の輝きを表現しました。
f0018492_2053347.jpg

◆ 橋本和成 飛び乗り
野毛山動物園、モルモットのふれあいコーナーでのシーン、膝から背中伝いに掌に飛び移る様を作ってみました。
f0018492_16291865.jpg

◆ 堀田義夫 終焉
どのくらい生きてきたのだろう。圧倒された。
f0018492_21563697.jpg

◆ 堀井裕子 旅愁
秋の夕刻、ひんやりと澄んだ空気が漂う中に咲くコスモスと空が美しく、秋の夕暮れと清涼感が伝えられたら・・・。
f0018492_21574949.jpg

◆ 深瀬彊 熱演
f0018492_21584395.jpg

# by yumehaitatu | 2016-09-29 21:00 | 16年10月例会作品 | Comments(0)

写真は売れる(97)      堀田義夫   

写真は売れる(97)          堀田義夫
 最近経験したことだが、東北大震災支援チャリティー展・熊本地震義援チャリティー展などに出品を要請されたので仲間たちに呼びかけて協力することにした。
 そのとき感じたことは、仲間たちの「写真なんかどうせ売れっこない!」という反応だった。だが、参加しての結果から、“写真は売れる” ということを確信した。
 具体的には、5月に開かれた「手工芸作家協会」主催のチャリティー展(慈善金集め)では、私が出品した10点の作品の内9点が売れた。
 もちろん買ってもらった中には趣味の仲間や知人が義理で買ってくれたこともあるが、皆さんの善意に頼るのがチャリティーなら、義理だろうが、迷惑をかけようが、それも許されると思っている。
 そうした仲間や知人たちの応援を得て、個人としての売り上げでは一番多かったと会長さんから感謝された。ちなみに私が出品したのは“堀田義夫「繪写真の世界」”の版画のカテゴリーの作品だ。
 ところで、こうした展覧会は作品の売値の上限値が決められていることが多い。そうしたとき私は上限に近い値をつける。「写真なんか売れない!」ということが世間の常識なのかも知れないが、私は写真じゃなくて作品を出品している。だから良ければ買い手は現れると思っているからだ。
 6月に行われた画廊主催のチャリティー展ではオーナーから「いくらにしますか?」と聞かれて、「いくらでも良いよ」と言ってきたという仲間がいた。
私はそれは違うんじゃないと思う。自分がチャリティーの趣意に賛同して参加したのなら、自分の自信作?を提供するだろう。それをゴミ扱いとまでは言わないが,「いくらでもいい」なんていうのはおかしい。作品が可哀そうだ。
堂々と作品に見合う値段(上限値は決められているからそれを勘案して)をつけるべきだと思っている。
 会期中にそのチャリティー展を開催している画廊に立ち寄った。オーナーがお客さんと作品の前で話し合っているところだった。私の顔を見たオーナーが「あら、先生丁度良かった、このお客さんがとても気に入った作品だといって私にいろいろ聞くんだけど、私写真のことがよくわかんないんで困っていたの」そしてお客に向かって「作家の先生です。この人に聞いてください」といってお客さんの前から離れた。
 そのお客さんは「気に入った作品と作家さんに会えたのも何かの縁、買わせてください」と商談成立。 オーナーは、こんなに写真が売れるとはいままで思っても見なかった。といって驚いていたが、デジ研から出品した3人の4点の作品は2日目にはすべて売れきれてしまった。
 写真をやっている人たちが「写真なんか売れっこない」と思っているのは錯覚でしかないのです。もし、売れないとすれば、それは既視感のある「なぞり写真」だからだ。買ってくれたお客さんの反応は「これ写真なの?」と異口同音に驚いていた。その理由は、いままで自分が持っていた写真の概念と違った、写真の別の顔に気付かされたことが作品を手元に置いておきたいという気を起こさせるのである。
 今回の夢配展でも、小閒さん・曽我さんの作品に関心が持たれて商談が進展していると聞く。斬新な作品なら、手に入れたいと思う人は必ずいる。そうしたことを感じた。
潮騒の町
f0018492_17365092.jpg

# by yumehaitatu | 2016-09-03 17:33 | やぶにらみ | Comments(0)

16年9月例会作品   

◆ 渡辺澄晴  ポケモン
社会的話題のポケモン探しの人々。
f0018492_22155873.jpg

◆ 大川元一   クレマチスの女
今月はCでまとめました。Cute and Clever Catherine and Clematis モデルは「シェルプールの雨傘」のカトリーヌ・ドゥヌーブです。
f0018492_22164752.jpg

◆ 西垣憲明   ここは何処だ
柴又で撮影した「とらさん」をいかしたくて上野で撮影したものと、軽井沢で撮影したものを併せ作品にした。
f0018492_2217438.jpg

◆ 臼木敏夫   月の夜
月に杯を挙げる酔人も いるだろうな~ 一杯 一杯 復一杯
f0018492_21195259.jpg

◆ 加藤豁子   不安 夏の終わりに
沢山並んでいた海の家が一斉撤退中。烏達が来襲。不気味。並べられたミニリンゴの画像をコピーし色他を変えて重ね。描画モードで沈めました。
f0018492_2121447.jpg

◆ 本山栄子   さわやか
八景島で撮った紫陽花を淡い色の水彩画風に作り額に入れました。
f0018492_21243714.jpg

◆ 武藤英雄   おさげ髪
蓮の葉を頭にかぶったおさげ髪の女の子に声をかけて撮らせて貰いました。望遠レンズで少女の自然な表情を狙いました。
f0018492_2126851.jpg

◆ 高張一司   オーケストラ
モーツアルトのポスターとミニチュアのオーケストラを合成しました。
f0018492_21271760.jpg

◆ 月岡悦子   宵待草
江の島灯篭祭りで撮った3枚の写真から、宵待草に思いを馳せる女性をイメージして作画しました。
f0018492_951985.jpg

◆ 前島文子   新婚旅行
海のオブジェに男女をシャボン玉に入れて配置しました。
f0018492_952244.jpg

◆ 腰高和雄   レトロな店先
帝釈天商店街の入り口にあった、寅さんも覗いたであろうレトロな店先です。
f0018492_20453651.jpg

◆ 高橋玲   迷走
カラーで撮ったものをモノクロにして見ました
f0018492_20463647.jpg

◆ 荒城優子   Spring(跳ね跳びます)
時間の取締りにご用心!
f0018492_2047448.jpg

◆ 永田廉   視線
爽やかな青空に心弾みます。
f0018492_20484359.jpg

◆ 曽我知克   習作(光跡)
生憎風向きが悪く、露光時間がままならなかったため別撮りと合成したものです。
f0018492_2145083.jpg

◆ 小間康嗣   一本足打法
夏の甲子園にむけた高校野球神奈川県予選での熱戦シーンです。
f0018492_21481055.jpg

◆ 高橋礼子   光と形
花弁の先が巻いてとても面白い。光もとてもきれいでした。
f0018492_2150452.jpg

◆ 古殿絹枝   華やぐ街
27台の壮麗な山車が練り歩く「三社大祭」は、八戸の短い夏を熱く彩ります。線画を基に、イラスト風にしたものです。
f0018492_21515029.jpg

◆ 佐々木茂   初秋の小田代ヶ原
夏の終わりの小田代ヶ原です。
f0018492_21525918.jpg

◆ 宮丸哲夫   職場拝見
真夏にピッタリ!
f0018492_221367.jpg

◆ 多田正司   セミヌード
蝉の脱皮 セミの衣替え セミヌード
f0018492_2224891.jpg

◆ 堀井裕子   視線
霞のかかった月に彫像を重ね憂いに満ちた雰囲気を作画しました。
f0018492_224033.jpg

◆ 向山康三   秋彩(あきいろ)
紅葉した森の中に迷込んだ少女をイメージしました。
f0018492_2252318.jpg

◆ 和田政夫   夜明けのユリ園
富士見高原(長野)の早朝撮ったユリをフォトショプのガイドから反射機能を使い制作する。
f0018492_227474.jpg

◆ 大嶋丁未子   緑陰の街
古い写真を8月応用講座で谷口講師に教えて頂いたイラスト風に仕上げました。
f0018492_228458.jpg

◆ 荒島謙一  たべられるー
孫のサービスで暑いのによく行きますねー。実物大の恐竜が突然現れる、大人もびっくりダイナソーショー恐竜をリアルに。
f0018492_2291240.jpg

◆ 羽太皓  僕の夏休み
車もコンピューターで走る時代が迫っています。いずれ水陸空を脳連携で自由に走り、飛べる時が来るはず。そんな夢を夏休みの宿題にしました。
f0018492_20482081.jpg

◆ 中村孝太郎  寅さん・恋路はるかに
寅さんマドンナを求めて南の島へ!でも結末は悲恋の旅でした。
f0018492_759554.jpg

◆ 寺村博行  月に吠えるver.3
絶滅した狼の咆哮が輝く月にコダマする。
f0018492_2154748.jpg

◆ 小林紀夫  コイ物語
銀座で工事現場の仕切板に鯉のぼりの絵が描かれていたので若いカップルをいれ、「裕次郎」の唄からタイトルを付けました。
f0018492_2165343.jpg

◆ 齊藤智徳  ねぐらへ帰るタンチョウヅル
北海道釧路湿原の1月末 雲が夕日に赤く染まり始める頃 タンチョウヅルがねぐらへとさんさんごご帰ってくる様は雄大で人の心を和ませる。
f0018492_2175964.jpg

◆ 堀田義夫  旅路の果て
下北半島の北北西の風が吹き抜ける海岸線を写しました。
f0018492_7581769.jpg

◆ 菅野俊雄  フラクタルから生まれた顔
マンデルブロが導入した幾何学の概念であるフラクタル。その複素平面系のマンデルブロ集合図形と、MB3Dで作画した3Dフラクタルの顔画像を合成してみました。
f0018492_841838.jpg

◆ 髙橋洋子  不思議な現象
灰皿と映り込みのバランスが面白く作成しました。
f0018492_20222146.jpg

◆ 伊藤彰洋  夢の中
ワシントン広場で撮影しました。自分のイメージがカラーではなくモノクロでもなくセピアが一番イメージに合いました。アクションキーの「セピア」で仕上げました。
f0018492_20231529.jpg

◆ 池上晃  ブータン山麓
ブータン山麓、死者の来生の幸せを祈る旗ダルシンがいっぱいはためいておりました。
f0018492_2024830.jpg

◆ 知久誠  心を無にして
群馬県赤城山での小笠原流弓術披露でのワンショット。無の境地になり矢を放つ難しさ思い起こしました。邪念多き学生時代に少し経験をしました。
f0018492_202529.jpg
◆ 金城敬子  古木
苔むした古木のコケをテクスチャを使って強調しました。
f0018492_11585703.jpg

◆ 松浦孔政 DUCK
3D CGの仮想カメラと仮想照明の特性実験用に作成しました。
f0018492_12000212.jpg
◆橋本和成 着水
称名寺の池にカモが着水するところを撮影、水面に映る影を強調するように画像処理をした。
f0018492_12004082.jpg
◆五嶋和夫 ドキッ!
みやげ物店にいた外国人女性客のすらりと伸びた足に思わずカシャッ。
f0018492_16320761.jpg
◆神尾 實 阿波踊り
大和市の今年の阿波踊り大会のあるグル-プの写真の一枚を強調してみました。
f0018492_16324267.jpg










# by yumehaitatu | 2016-09-01 20:14 | 16年09月例会作品 | Comments(0)

写真雑学61     反骨のボクサー     渡辺澄晴   

写真雑学61     反骨のボクサー     渡辺澄晴

 東京オリンピックを2年後に控えた1962915日、社命によりニコンのニューヨーク現地法人に転勤した。妻と2歳の長男を日本に残しての単身赴任だった。偶然にもこの日は私の33歳の誕生日でもあった。その頃の日本経済は1ドルが360円の時代で、まだ急成長以前。勤務先のオフィスは、マンハッタン5番街111番地。ブルックリンのアパートから地下鉄に乗って30分の所にあった。

 赴任して間もなく、UPI通信社の依頼でシカゴに飛んだ。世界ヘビー級チャンピオンフロイド・パターソン対ソニー・リストンとのタイトルマッチを、リングの上から撮影したいというUPI通信社の依頼によるものであった。野球場の特設リングに250枚撮りカメラを5台取り付け、それらをリングサイドからカメラマンが1人で操作する工事である。今なら何でもないことだが、当時としては画期的な企画だった。試合は1ラウンドでチャンピオンのパターソンがリングに沈んでしまうあっけない結果だった。翌朝新聞紙上にはノックアウトの連続場面がユニークなアングルで載っていた。

嬉しいパニック 1960年、ローマオリンピックで金メタルを獲得したモハメド・アリがプロに転向し1964年、前述のソニー・リストンを破り世界ヘビー級の王者となった。そのモハメド・アリが1976616日プロレスラー、アントニオ猪木とによる格闘技戦で来日した。テレビでは羽田空港に2000人のファンが押し寄せ、大混乱の様子が報じられた。その彼を「ニコンの工場(品川‣大井)に呼ぼう」と、いうことになった。「来るわけがない」「駄目でもともと」「無理は承知」」で、交渉したところ、あっさりOKの返事がきた。まるで狐につままれたようだった。

 試合を2日後に控えた超多忙をさいてモハメッド・アリが乗った車が工場に到着した。休む間もなくニコンF3の組み立てラインを見学したが、その途中従業員の作業着にサインしたり女性社員にボクシングのポーズをしたりのサービス。他の職場の人たちは社内放送の制止も聞かず仕事を放棄して見学通路に待ちはだかる嬉しいパニックのひと時だった。帰りには、ささやかな土産だが、ニコンF3を寄贈した。そのモハメッド・アリが去る6月3日に亡くなった。

 人種差別を受けた悔しさから獲得した金メタルを川に投げ捨てたり、ベトナム戦争に反対し、兵役拒否で禁固5年と1万ドルの罰金を科せられ、その後も信念を曲げずに戦い続け、1971年に最高裁判所で無罪を勝ち取った反骨のボクサーモハメッド・アリさん。謹んでご冥福をお祈りします。
f0018492_17561042.jpg

# by yumehaitatu | 2016-08-06 17:45 | 写真雑学 | Comments(0)