8月号   

堀田義夫の「やぶにらみ論法」(28)

写真的に「見る」こと

 久しぶりに会った知人に、「まだ写真やっているんですか?」と聞かれて、一瞬なんて応えようか迷った。いまの時代、楽しい趣味や道楽はごまんとある。浪花節でもあるまいし「写真一筋55年」なんて言ったら「バカじゃないの?」と思われはしないかと感じたからである。
 でも乾板の時代から、ロールフィルム、カラー写真、デジタルフォトと写真に親しんできたことを思うと、その過程で楽しみ方が違っているので本人はちっとも退屈しない。そんなことを言い訳しても納得してくれるとは思わないので、曖昧な笑いでごまかした。
 本来、愚直な性格だから、写真をやることをマラソンに譬えて「立ち止まったらおしまい」と自分に言い聞かせて続けてきたし、これからも体力、知力がある限り写真をメディアとした表現活動から離れられないと思っている。死ねほど写真が好きなのである。

 過日、当研究会の「伊豆一周の撮影会」に参加した。梅雨時ということもあって、役員たちは天候を非常に気にして傍目にも気の毒に思えた。
 わたしにも経験がある。「河津桜を写そう」とバスを仕立てて一泊撮影会を実施したのだが、当日は朝から雨が降った。バスの中はいっこうに盛り上がらないし、現地に着いても参加者の多くはバスから降りようとしないのである。
 「写真好き」の人だったら、雨には「雨が似合う被写体」を探すだろうし、風なら「風の似合う被写体」を見ようとする。そして、それに伴う表現方法を考えるだろう。
 ところが、河津桜を写そうというキャッチフレーズで集まったんだから「富士山が好き」「花が好き」といった「被写体が好き!」の人たちだった。被写体のよさに引きずられて写真を撮らされているんだから、天気が悪ければ落ち込むのも無理はない。と自分をなぐさめ気持ちを落ち着かせた。
 このことは「写真的にものを見る」という学習がないからで、もともと写真を写すということは、その場に立ち会い「見る」ということから始まるのである。
 ところが「見る」という行為には段階がある。第1段階としては「ボヤーッと眺める」、第2段階は「オヤッ!と思って見る」、第3段階になると「目を凝らして見る」、第4段階では「物事の真の姿を理解しようとする観察」、第5段階になると「事の本質を見抜こうとする洞察」になる。
 そこでよく考えてみよう。第1段階の「眺める」では、ボヤーッとしか眺めていないんだから説明的な写真しか撮れないだろう。写真をメディアに作品を生み出そうとするなら、「見る」という行為を「写真的に見る」、「見る」段階の次元を高める。ということを心がけてみたらどうだろう。

by yumehaitatu | 2006-08-05 23:43 | やぶにらみ | Comments(0)

<< 8月研究会報告 やぶにらみ論法」(27) お任... >>