写真雑学41「懐旧」渡辺澄晴   

懐旧 
棒の先のカメラ
 今年に入り2020年のオリンピック・パラリンピックの東京招致に向けられPRが活発になってきた。
テレビでは頻繁に1964年の回顧記録、東京オリンピックの入場式と聖火台での点火の模様がよく放映されている。以前にも書いているが、その聖火台に点火する聖火ランナーの真後ろからニコンモータードライブをつけた3本の竿がふらふら動いて見える。
 通信社のAP,UPIとタイムライフ社のカメラマンが、シカゴのボクシング会場でヒントを得て、竿の先にカメラをつけた遠隔操縦の仕掛けである。その仕掛けを日本シリーズの、優勝監督の胴上げの撮影にも使用した。
川上の胴上げ
 今年1月元横綱の大鵬さんが亡くなった。そんなことから「巨人・大鵬・玉子焼き」というフレーズが再び聞こえてきた。日本の高度成長真っただ中の1960年代、大鵬は無敵の全盛期を迎えていた。
 プロ野球では長嶋、王を擁した巨人が1965年、南海ホークスと巨人の日本一をかけた日本シリーズが行われた。巨人が3勝1敗あと1勝で優勝という前日の午後、スポーツニッポン社の写真部長のK氏が日本橋の本社に私を尋ねてきた。K氏とはなぜか気が合いお互いよく行き来していた。「明日の後楽園での第5戦を巨人に賭けてみたい。勝てば川上監督の胴上げがある。その胴上げをオリンピックの聖火台を撮ったような仕掛けを使って撮ってみたいので協力して欲しい」という趣旨だった。
  「それなら魚眼レンズで撮ってみよう」とK氏に提案した。全画面180度の測量用として開発した直径24ミリの円で写る特殊レンズで、うまくいけば必ず話題を呼ぶはずと思った、K氏も乗り気になった。
そしてそのレンズを貸与した。
 しかし大きな心配があった。当日巨人がこの試合に勝たなければ、撮影の仕掛けが他社にばれてしまうことだった。が、勝利の神は巨人に向いた。
 試合は2対2のまま9回となり、その9回裏に巨人が1得点のさよなら勝ちとなったのである。めでたく川上監督の胴上げとなった。
 もっとめでたいことは川上監督の胴上げを真上から俯瞰して撮ったユニークな写真が、この年1965年「スポーツ写真大賞」に選ばれたことだった。
 翌年は各社が真似をしてカメラをつけた数本の竿が胴上げ場面に登場した。当然ながら、長い竿を使って球場の中で撮影するのは危険!ということになり以後は竿の持ち込みは禁止になった。
<ニューヨーク 1963年>
f0018492_15352174.jpg

by yumehaitatu | 2013-03-24 15:37 | 写真雑学 | Comments(0)

<< 13年4月例会作品 堀田義夫の「やぶにらみ論法」7... >>