写真雑学29「You're not alone」 渡辺澄晴   

謹んで地震・津波による災害のお見舞いを申し上げます。

映像の力
 外出先から帰宅して間もなく発生した大きな地震。テレビからリアルタイムで知る大津波。日替わりで想像も付かないことが次第に明らかになってきました。家屋は流され田畑はガレキに覆われた大地震の爪あと、そして深刻な原発事故。この大地震でもたらした被害は甚大でした。この被害甚大という文言は終戦直前、ヒロシマに原爆が投下されたとき、国民に嘘の報道を流し続けていた当時の日本軍部(大本営)が、はじめて発した正直な報道でした。
 今回の東北関東大震災の惨状を見て、60余年前、東京大空襲の悪夢が過ぎりました。B29の焼夷弾空襲を逃れ、その避難先から電柱も橋も焼け落ち目標物を失った焼け野原を歩き回りようやく我が家の跡にたどり着いたことを想い出しました。

写真と音楽のコラボレ-ション
 何かしたいが何もできないもどかしさに心を痛めながら、テレビに見入る日々でしたが、大地震から6日後の朝、いつもとは変わったメ-ルがきました。 
 Pray for Japan Japan we are with you やyou’re not aloneの画像に乗って、We are the world の歌が流れてきました。 
 1985年にアフリカの飢餓を救おうと、マイケル・ジャクソン、ライオン・ネルリッチ‐を中心にアメリカのホップス界を代表する45名の個性的なアーティストたちが心をひとつにして歌ったあのWe are the worldです。「日本はいままで世界中に援助してきた援助大国だ。今度は国連が全力で日本を援助する」瀋基文・国連事務総長。「友情と同盟関係は揺るぎなく、日本の国民がこの悲劇を乗り越える上で、立場をともにする決意は強まるのみだ」アメリカ合衆国 オバマ大統領。「地球最悪の地震が世界一準備され訓練された国を襲った。・・・犠牲は出たが他の国ではこんなに正しい行動はとれないだろう。日本人は文化的に感情を抑制する力がある」BBC報道。
 写真やコメントはネットから取り込み編集した雑なものだが、20年以上前のWe are the worldが映像を見事に盛り上げていました。国内はもとより世界中の国々が被災者救援の輪になっているのだと、このメ-ルを見て大きな感動と元気を貰いました。

無事終息を祈ります
 連日のテレビ映像を通し原発の知識と恐ろしさも勉強しました。世界の原発史上で最も過酷な事故になったウクライナ(旧ソ連)のチェルノブイル原発事故の二の舞にならぬように福島第一原発の関係者は日夜危険な場所で頑張っています。無事に終息すること、そして危険区域から退避した皆さんが一日も早く元の所に戻れるようお祈りします。
         「桜満開」大岡川
f0018492_18402491.jpg

by yumehaitatu | 2011-04-03 18:41 | 写真雑学 | Comments(0)

<< 玉手箱浜辺のテント11’05 雪椿 渡邉澄晴 >>