写真雑学25 付加価値 その1 渡辺澄晴   

時が経つほど価値がでる
 小学館で発行している昭和30年代を舞台にしたコミック「特選三丁目の夕日」「月イチ三丁目の夕日」という写真コラムがあります。
 それに連載された写真の企画展『齋藤利江の三丁目の写真館』が、東京・銀座のギャラリー・アートグラフで2回に分けて開催されます。
 実は、これらの写真は齋藤利江さんが20歳の時に「女が写真家になるなんてとんでもない!」と父の綱広さんに猛反対され、写したネガを取り上げられ40年間も行方不明になっていたものなのです。そのネガが“発見”されたのは、齋藤さんの還暦の誕生日でした。

開けてビックリ玉手箱
 父の綱広さんが亡くなって17年後の平成11年、やっと遺品に手をつける気持ちになった齋藤さんは、気にかかっていたダンボ-ル箱を開けてみました。
 すると、ずしりと重い古びたクッキ-の缶が出てきたのです。その缶の中には捨てられたと思って諦めていた40年前の懐かしいネガがぎっしりと詰まっていました。
 たまたま写真指導で桐生を訪れたとき、齋藤さんからその話を聞きました。そのとき見た「花嫁と子供たち」はカメラ雑誌で一等になった写真で、頭の中に強烈に残っていた一枚でした。
 そしてチャンバラ・紙芝居、昔懐かしい写真が続々。それらを見た私は“取り敢えず地元で発表!”と、自分ごとのように興奮して齋藤さんを急き立てました。

新記録の入場者数
 半年後に桐生の市民文化会館で全紙・全倍220点を展示。そのことが新聞・テレビで紹介されると、当時のチャンバラで遊んだ子供たちや花嫁さんが、夫・妻・子供・孫などの家族と大挙来場。
関係者の話では、個人の催しでは会館始まって以来の大入りとのことでした。そして翌月には銀座のニコンサロンでも同様で、この催しは開催日の朝・夕のプライムタイムにNHKのテレビで紹介されました。
 ニコンサロンは銀座4丁目から東銀座に移ったばかりだったので、交番にはその場所への問い合わせが頻繁にあり、関係部署には電話が殺到する大騒ぎでした。
 写真は、今回の企画展の案内ハガキです。古希を迎え今年70歳になった齋藤利江さんは、これら古い写真に更に付加価値をつけるため、すでに還暦を過ぎたチャンバラの子供たちや後期高齢者になっている写真の花嫁さんとその家族など、50年前を思い出しながら風景共々の今昔をまとめています。
f0018492_1451332.jpg

by yumehaitatu | 2010-08-08 14:02 | 写真雑学 | Comments(0)

<< 目覚める瞬間 高橋礼子 ナイトクルーズ 横田千露 >>